Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

職歴要約の役割とは?|書き方のコツ4つと職種別記入例

今回は「職歴要約の役割とは?|書き方のコツ4つと職種別記入例」と題して、「職歴要約の役割とその効果的な書き方」をメインに取り上げ、その際に必要となるポイント・コツ・注意点・職種別記入例などを具体的にご紹介します。記事を読み、ぜひ参考にしてください。

職歴要約の役割とは?|書き方のコツ4つと職種別記入例

職歴要約(職務要約)とは?

職歴要約の役割とは?|書き方のコツ4つと職種別記入例
職歴要約(職務要約)というのは、主に「これまでの職歴をわかりやすくその要点だけを伝えた内容」となり、一文体の体裁を取る場合もあれば箇条書きである場合もあり、書類選考時に「この点だけは強調したい」といった点を目立たせて書くための要約になります。

職歴要約の用途はとにかく「一目でその人の職歴・過去歴がきちんとわかるようにすること」にあり、そのための簡潔な文体がどうしても必要になります。

職務経歴書の内容を冒頭にまとめたもの

先述で紹介したように、職歴要約というのは「職務経歴書の内容を冒頭にまとめたもの」で、その部分を読んだだけで、ある程度の職歴がすっと伝わる内容のことを指します。つまりこの場合、それだけのライティングスキルが必要となるため、その点に配慮しましょう。

就活時でも転職時でも、この職歴要約を書かせる企業はかなり増えてきているため、そのためのポイント・要点を先に押さえておき、強調の仕方を覚えておきましょう。

職歴要約(職務要約)を記入する際のポイント

職歴要約というのは、その転職希望者の職歴・自己PRの内容を一目で伝えることに用途があるため、読み手としては「その職務経歴書のメニュー・あらすじを読むような感覚」になるでしょう。いわゆるごく簡潔なまとめの部分となり、そのための要約力が必要です。

この場合、職歴要約の書き方をまず決めておくことがポイントで、通常の文章で仕上げるか、それとも箇条書きで仕上げるかを決め、自分に見合った体裁に配慮しましょう。

1:なぜ職歴要約(職務要約)が必要なのか?

職歴要約の役割とは?|書き方のコツ4つと職種別記入例
職歴要約が必要な理由は主に2点あり、1つ目は「読み手がわかりやすいこと」と、2つ目は「転職希望者にとって自分の売り込みをする上で、強調したい部分をしっかり伝えられる点」となります。

つまり二重の特典が得られることになり、職歴要約の有無によっては「その人が何を主張したいのか」がわからない場合があるため、この点をクリアにすることに非常に適していると言えます。この2点に配慮し、職歴要約を仕上げましょう。

採用担当者は多忙で全文に目を通せない

基本的に就活時の採用担当者というのは、求職者によって提出された職務経歴書をすべて読んでいる可能性は少ないです。中には隅々まで目をとおす場合もあるでしょうが、そのほとんどは「企業にとって魅力的な点だけ」をピックアップする形で読んでいます。

その場合でもこの職歴要約があればすぐにピックアップされやすく、その要約のわかりやすさをもって、即時採用の運びになる場合も想定されます。

パッと見の印象で決めることがある

だいたい転職希望者に提出された職務経歴書というのは「どれも似たようなもの」である印象があり、担当官の方でも、その中から魅力的な求職者を見付けるのは至難となります。その場合、職歴要約をもって魅力的な人材を発見すれば、それをメインに採用を進めます。

この場合、「パッと見の印象で決めることがある」という傾向が顕著にうかがえ、その直感によって選んだ人材は確実に裏切らないといった暗黙の信頼もあります。

「ここを読んでください」というアピールの役割

職歴要約の用途は先述のように、自分がアピールするさまざまな内容の中で「ここを読んでください」というアピールの役割を持っています。一目で担当官を引き付けられるきっかけを作ることもでき、これは転職希望者にとって非常に大きな魅力・利点となるでしょう。

転職活動時の要点としては、やはり「担当官・企業側に自分を必要としてもらえるかどうか」にあり、その点を最大限にアピールできる方法は取らなければなりません。

「面接で聞いてほしい点」としても効果的

採用フローを見る上でも、一般の採用過程では「書類選考」から「面接」への運びとなります。この書類選考時に職歴要約によって自分のウリをアピールしておくことで、次のステップである面接時には「そのアピールする点をさらに追及してくれる」という利点があります。

面接でも書類選考時と同じく、自己PRを最大限に発揮しなければなりません。その場合の取っ掛かりを作るためにも、職歴要約の役割は実に大きいでしょう。

2:「職歴」自体は3~4行程度でシンプルにまとめる

職歴要約はわかりやすくまとめることが魅力のため、あまり長々と書くべきではありません。この「わかりやすさ」、「相手に自分のアピールをすんなりインプットさせる」といった点が職歴要約の主な用途となるため、ある程度のライティングスキルが必要になります。

長くても3~4行程度でシンプルにまとめておき、それ以上になるようなら「省略できる箇所」を探す必要があります。とにかく短く、シンプルにまとめておきましょう。

経験社数すべてを書く必要はない

間違っても職歴要約で「経験社数すべてを書く」ということはやめましょう。それでは何のための職歴要約なのかわからず、結局通常の職務経歴書の内容と変わらなくなります。職歴要約を仕上げる場合には先述のように、シンプルに5行以内でまとめておきましょう。

つまり職歴要約というのは「短ければ短いほど良い」となり、その短文の内容で伝えたいことをすべて盛り込めればOKです。そのためのスキルを会得しましょう。

数字を盛り込むとスマートにまとまる

職歴要約を仕上げる際に、数字を適所に盛り込むとスマートに作成できます。この場合の「数字」というのはたとえば年号であったり、特定のデータ数値であったりいろいろですが、説明したい内容を「データ化して伝える」という方法になります。

「評価5」などと明記されていれば、その「5」に至るまでの過程をわざわざ言葉で説明しなくても、その数字を見ただけで内容が伝わります。まとめる力を会得しましょう。

3:最後の一文は志望理由を絡めると印象アップ

職歴要約といっても飽くまで企業へ提出するPR文ですから、その最後の箇所では「志望理由を絡めておく」などの工夫・アレンジを加えておくと良いでしょう。企業としては「この人材は使えるかどうか」が1番のポイントとなるため、そのためのアピールになります。

できるだけ簡潔に内容全体を作成しておき、その最後の箇所で「これらの経験を生かして貴社へ貢献したく存じます」などの文句を付けておきましょう。

4:志望先に合わせてアピール箇所を変える

職歴要約の役割とは?|書き方のコツ4つと職種別記入例
これは基本となりますが、職歴要約を作成する場合でも自己PR内容と同じく、必ず「志望先に合わせてアピール箇所を変えること」が必須となります。IT関連企業に対して「美味しい食品をどんどん製造していきたいです」などと書いても意味がありません。

むしろ当てが外れたアピールなどをすれば、その企業に対して失礼になる場合もあるので、転職活動を円滑に進めるためにも、この点には十分配慮しておきましょう。

職歴要約(職務要約)の記入例

さて、先述では「職歴要約についての一般的な体裁・作成のための概要」などをご紹介してきましたが、ここからは「職歴要約(職務要約)の記入例」と題し、具体的にどのように記載するべきかをご紹介していきます。

職歴要約というのは先述のように「自分の職歴においてこの点は主張したい」といった部分を抜粋して伝える(強調する)ためのものなので、その点をしっかり踏まえて作成しましょう。

営業職

基本的に職歴要約の内容はその職種にこだわらず、要約方法・その体裁は同じになります。どの部分を要約して強調したいかにポイントを置きましょう。

【例】大学卒業後、コピーライター社◯◯に入社。営業職として新規プロジェクトの発展を中心に取り組みました。入社後3年目、毎年目標売上を常時達成により社内賞も受賞。チームリーダーとして貢献し、グローバル企業の業績管理の経験もあります。

経理職

経理職の場合はなるべく数値などを活用してPRしておき、自分がどのような仕事に携わったかを明確にアピールしましょう。

【例】大学卒業後、○○データ企画に入社。2014年から15年にかけ、顧客リピーター3倍増に引き上げる宣伝戦略に成功し、社内で○○賞を受賞。その後、マーケティングに関する新規プロジェクト貢献に取り組みました。入社後、キャッシュフロー設計による業績管理の経験もあります。

総務職

総無職の場合の職歴要約では、人事に携わった経験があればそれをポイントとし、できるだけコミュニケーション能力の豊富さをアピールすると良いでしょう。

【例】大学卒業後、○○株式会社入社。新人研修後、管理部総務課配属し、名刺発注、株式関連業務、社員旅行企画などに携わってきました。その後、グループ会社サポートに関する業務に取り組み、企業規模拡大に貢献した経験があります。

販売職

販売職に就く場合の職歴要約では、顧客ニーズに配慮したアピール内容を工夫しておき、自分の実績などはなるべく数値化しておくと良いでしょう。

【例】大学卒業後、○○フーズ株式会社入社。入社後より店舗スタッフとして従事し、販売に関するサービス管理において30%以上の満足度を獲得。その後、企画ごとに販売アドバイザーとして経験を伸ばし、リピーター顧客の向上に携わってきました。

事務職全般

次に事務職全般へ転職する場合の職歴要約ですが、この場合は先述の事務職の場合と同じくコミュニケーション能力の豊富さをアピールし、なるべくオールラウンダー性をPRしましょう。

【例】大学卒業後、○○オフィスワーク入社。入社後、事務管理職とシステム管理を兼任し、自社独自の○○開発プロジェクトに参加。その企画に必要な交渉を関連企業との協力の下で行ない、その際はチームリーダーとして規模拡大に貢献しました。

エンジニア職

職歴要約の役割とは?|書き方のコツ4つと職種別記入例
エンジニア関連の職種においても、その経験を簡潔にまとめておき、自分がウリにしたい部分があればその点をさらに強調しましょう。

【例】大学を卒業後、管理システム開発を担う◯◯マイクロ社に入社。システムデザイナーとして開発経験を積み、株式会社◯◯に移転後はプログラム基本設計・開発・編集までを経験。現在はプロジェクト管理者兼監督に携わり、顧客ニーズ向上に貢献しております。

転職エージェントを活用しよう

ここまでは「職種別での職歴要約(職務要約)の記入例」をご紹介してきましたが、ここからは「おすすめの転職エージェント」と題して、自分のキャリアを踏まえた上で着実かつ円滑転職活動を進められるためのサイトをご紹介します。

転職エージェントというのは実務キャリアを上手く活用し、その後の転職をさらに円滑に運ぶための土台として活用されます。

書類添削や面接アドバイスももらえる

転職エージェントを利用する上での大きな利点は、まず求職者の個別能力・環境に合わせた転職活動を円滑に進めるための必須情報を与えてくれる点です。その際に、職務経歴書・履歴書などの添削をしてもらうこともでき、完璧な活動内容を充足できます。

文章というのは自分ではなかなか採点することができないため、このようなプロの第三者に添削してもらうことによって、さらに鉄壁の活動内容を進められます。

おすすめの転職エージェント3選

職歴要約の役割とは?|書き方のコツ4つと職種別記入例
転職エージェントを利用する上では、職歴要約の記載方法、履歴書の魅力的な書き方・職務経歴書の効果的な記載法などを的確に教えてもらえる上で、求職者個別の能力・状況に見合った支援が約束されます。

このような自分にとっての土台をしっかり踏まえておき、着実に自分が希望する転職先への足掛かりとすることが理想となるでしょう。

1:BIZREACH

多くの立場・環境から求職者が集まる「BIZREACH」ですが、ここでもやはりキャリアデザインに配慮したPRの方法が提示されます。

多彩な職種分野から独自の求人情報をストックしつつ、求職者にとって効率の良いキャリアデザイン提示に定評があり、必要書類の書き方も手取り足取りの形で、非常に丁寧に支援してくれるでしょう

中途採用でも希望する転職先への斡旋成功率が高いです。

2:マイナビAGENT

一般的にマイナビエージェントは「転職希望者にとって安心できる転職先」として有名で、アフターサービスに配慮してくれる上、個別状況に見合わせた転職支援をしてくれる点で理想的です。

必要書類の作成方法にしても丁寧に支援してくれる上、企業情報の把握にしても十分活用できます。「自分にとっての適職」を確実に見分けてくれる点はやはり魅力でしょう。

3:リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、「転職に必要な活動内容の充実」にまず着目し、企業研究・企業情報の活用方法をはじめ、企業ニーズを把握するための情報・方法を提示してくれます。

企業ニーズを着実に把握させ、転職活動に必要な情報のピックアップをする上で、求職者と企業側のニーズを合致させるための必要な行動・情報を具体的に提供してくれるでしょう。

上手な職歴要約で採用担当者にアピールしよう

いかがでしたか。今回は「職歴要約の役割とは?|書き方のコツ4つと職種別記入例」と題して、「職歴要約の役割とその効果的な書き方」をメインに取り上げ、その際に必要となるポイント・コツ・注意点・職種別記入例などを具体的にご紹介しました。

職歴要約というのは、自分の過去歴を魅力的に要約するためのものであり、その一文を見ただけで求職者の主張にインパクトを持たせる内容になります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related