Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか

職務経歴書は転職の際に必ずと言っていいほど必要になる書類です。履歴書とは別に用意しておきましょう。職務経歴書を作成するにあたり、必要なことは自分のスキルの棚卸しです。それまで仕事によって培ったスキルや経験を人事担当者に余すことなくアピールします。

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか

職務経歴書とは

職務経歴書とは、今まで経験してきた仕事を記載した書類です。職歴や保有資格はもとより、前職の業務内容で得たスキルや担った役割、努力してきたことを簡潔に記入し、応募した職種にて活用できる能力や知識をアピールするために使います。いわば、企業に自分を売りこむための書類です。

転職時の職務経歴書は必須なのか

転職の際には職務経歴書は「必要なもの」と考えた方が良いでしょう。職務経歴書がない場合の自己アピールの場は基本的なデータしか書き込めない履歴書と、面接の一発本番のみです。面接時に自分の強みや能力、知識を十分に伝えきれるでしょうか。

職務経歴書を作っておくことで、自分のキャリアを今一度見つめ直すことができ、また、面接時に聞かれるであろう自分の強みや能力や知識を再確認できます。

職務経歴書が不要と指示されている時以外には、作成し、持参することに問題はないでしょう。

履歴書との違い

履歴書は自分の学歴や職歴、賞罰などを相手に伝える手段です。自分の基本的なパーソナルデータが履歴書です。

職務経歴書は自分を積極的にアピールする手段です。職務経歴書は今まで培ってきた能力、知識などを詳細に記すことで、「採用企業が自分を選ぶことにより、これだけのメリットがある」ということを伝えます。

職務経歴書は、書類選考を突破するために必要な重要な材料です。

職務経歴書の7つの記載のポイント

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
職務経歴書はパッと見たときの印象も重要です。文字で埋め尽くされたペーパーを読むのは面接官といえどもうんざりして、斜め読みしかしてくれない可能性があります。適度な余白を含んだ見やすいものにしましょう。

もっとも重要なことは、書類選考時に人事担当者が話をしてみたいと思わせることです。

職務経歴書の記載ポイント1:職務経歴書に現在の年収や希望収入は書くべきか

履歴書や職務経歴書に、年収や希望年収を書くことはオススメできません。履歴書や職務経歴書に記入することにより、書類選考で落とされる可能性もあります。

会社側で雇用する場合、年収について予算を立てています。職務経歴書などに希望年収が書いてあり、その希望が予算よりも高かった場合、どんなに能力がある人でも「折り合いがつかない」というように理解されます。

面接までも辿り着けない可能性が非常に高くなります。

現在の年収は書かない

職務経歴書には現在の年収は書かないことが一般的です。もちろん年収実績を求められていた場合には記入しますが、それ以外では年収を書くことは悪影響に繋がることが考えられます。

希望年収は書かない

職務経歴書には希望年収は書かないことが一般的です。

希望の年収がある場合には面接で交渉しましょう。年収の相談をした場合には、履歴書に「応相談」というように一言書きましょう。

年収実績欄がある場合

年収実績欄がある場合には総支給額を記載します。総支給額とは、社会保険料や税金、その他の控除を引く前の支給額です。

源泉徴収票を確認するとすぐにわかります。総支給額と書かれた項目が、あなたの年収になります。誤って控除された後の手取りの金額を答えてしまうと、年収がダウンしてしまうので注意してください。

職務経歴書の記載ポイント2:求める実務能力を満たしているか

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
企業が中途採用者に求めることは「即戦力」これに尽きます。即戦力とは、仕事に就いた時にすぐに実務に取りかかれる能力です。

職務経歴書から人事担当者が見定めることはまさに「即戦力として通用するか」です。前の職場で培った経験が応募企業でも活用できるか、経験した職務が即戦力として生かせるかを見極めます。

職務経歴書には業務内容やその業務をするために努力したこと、得たスキルは惜しみなく記入しましょう。ただし、盛りすぎはすぐにバレるので注意が必要です。

職務経歴書の記載ポイント3:仕事に意欲を持っているか

仕事に意欲がなければ長くは続けられません。企業は長く勤めてくれる人材を探しています。そのため、仕事への意欲は非常に大切です。

仕事への意欲は志望動機や自己PR、転職回数や在籍期間などから読み取れます。転職が多い場合、書類選考で落とされる確率はぐんと高くなります。書類選考を突破するために、就いた仕事内容を詳細に記入し、その職で得たこと、工夫したことをエピーソードを交えて書くことをオススメします。

職務経歴書から「今回こそは長く勤めたい」といった意欲をアピールしましょう。

職務経歴書の記載ポイント4:プレゼン能力があるか

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
職務経歴書はいわば自分自身をプレゼンする書類です。プレゼンは、ただ単に説明することではありません。相手を惹きつけ、興味を持たせるかが重要な鍵です。

職務経歴書も同じです。いかに自分が企業にとって有益な人間かを職務経歴書でアピールし、人事担当者に興味を持ってもらえるかでプレゼン能力の良し悪しがわかります。

職務経歴書の記載ポイント5:発揮できる強みを自覚しているか

自分自身の強みを把握し、職務経歴書でアピールしましょう。自分の強みを知った自己アピールは企業へ向けての強力な自己アピールになります。

なぜなら、その強みが企業の欲しい人材とマッチしている場合に、「企業が求める人材を熟知して応募している」、「応募者には企業への強い関心と、熱意がある」ことがわかるからです。

職務経歴書の記載ポイント6:転職目的が納得できるか

退職理由は人間関係や長時間の労働など前向きではない理由がほとんどです。しかし、職務経歴書で、そのまま正直に退職理由を書いてしまうことはオススメしません。なぜなら、同じ理由で再び退職してしまわないかと企業側は考えるからです。

転職の目的を前向きなものにリフレーミングしましょう。長時間労働がきつかったのなら、「もっと効率的に仕事を進め、成果を出したい」などと人事担当者が納得するような前向きで意欲溢れる目的にしましょう。

職務経歴書の記載ポイント7:記載内容に信憑性があるか

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
職務経歴書に記入する実務経験や能力、実績は当然人事担当者も確認しています。信憑性のあるなしは職務経歴書や面接でほぼわかります。

実務経験によって培った能力や実績を職務経歴書を書くことによって棚卸しができます。経験をごまかすことなく、正確に具体的に行うことで、自分の能力がどれくらいなのかをきちんと把握しましょう。

求人の多い職種

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
現在、人手不足を背景に売り手市場となっています。特にマンパワーが必要なサービス業や専門知識の必要な職種、主に建築、建設現場などは求人の数が多くなっています。

未経験でも、職務経歴書でアピールできることがあります。全く異業種であっても、前職で培った技術や能力は無になりません。社会人力、コミュニケーションや高い意欲、ポテンシャルなど、実務能力以外のスキルもアピールポイントです。

求人の多い職種1:建設躯体工事の職業

建設躯体工事とは、建物の骨組みを作る工事です。工期の中でもっとも時間を要する工程で、建物の主要構造部を作る重要な工事です。

建設躯体工事の職業は有する資格により年収が異なります。

建設躯体工事の職業では、コミュニケーション力があるか、マネジメント力やリーダーシップがあるか、臨機応変な対応力を求められます。職務経歴書はこれらを踏まえて作成しましょう。

求人の多い職種2:警備員

警備員は警備に従事する人のことをいいます。警備員は体力と忍耐力が命です。

警備員の年収は平均304万円です。年代によって収入は変わりません。また、事業所の規模によって年収が変わるため、大きな規模の事業所を選ぶことをオススメします。

警備員は経験よりも人柄や勤勉さに重点を置く会社も多いです。職務経歴書はそれを踏まえて記入しましょう。

求人の多い職種3:医師

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
医師の転職理由で一番多いのは「年収UP」です。医師は年収に大きく差がつきやすい職種です。しかし、年収ばかりを優先して転職すると失敗する可能性があるので注意しましょう。

職務経歴書には取得したスキルや保有資格を記入します。所属学会も同じように記載しましょう。研究内容や論文などがあれば記入した方が良いですが、文字数が多くなって読みづらくなります。別紙に簡単にまとめた方が読みやすいでしょう。

求人の多い職種4:建築・土木・測量技術者

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
専門知識を必要とし、技術的な仕事に従事します。建築、土木技術、測量士は土木施工管理技師や建築士、施工管理技師、測量士などの資格があります。建設、土木、測量の業界へ転職するなるぜひとも取得したい資格です。

建築、土木、測量技術者は正確性、チームワーク、精度や効率が求められる職種です。職務経歴書はそれらを踏まえて作成しましょう。

求人の多い職種5:建設の職業

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
建設の職業とは大規模な建造物を作る仕事に従事します。都市機能や生活に重要な役割を果たします。建設はたくさんの職人によって行われます。代表されるのは、建物を建てる大工や高所で作業する鳶、壁を塗る左官、ダムや道路では土木作業員も建設の仕事にカウントされます。

建設の現場スタッフの平均年収はおおよそ303万円です。大工や鳶などは高めの年収です。転職する場合には、職人関係は専門学校や職業訓練校に入校するか、職人のもとに弟子入りする必要があります。

求人の多い職種6:外勤事務の職業

外勤事務とはガスや電気のメーター検針や集金などに代表される職業です。そのほかには新聞代の集金や調査票を配布、回収する仕事があります。外勤事務の多くの求人は「外勤・内勤事務」と表記されており、外回りだけが仕事ではなく、PC作業やデスク上での事務仕事もあります。

外勤事務の年収は、基本的には内勤事務と同じ約300万〜ですが、それに外勤手当がつくので内勤よりも高収入になります。

外勤事務では運転免許が必須です。基本的には営業は行いませんが例外もあるので、外勤事務を志望する場合には、その点を注意しましょう。

求人の多い職種7:生活衛生サービスの職業

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
生活衛生サービスとは、理容、美容師やクリーニング業務など個人に対する衛生サービスを提供する職種です。

生活衛生サービスだけではなくサービス業全般に言えることですが、マンパワーに頼ることが多く、非効率な業務や生産性が低い一面もあり、従業員の我慢によって成り立っている企業も少なくありありません。また賃金も安い傾向にあり、年収は高くありません。

個人対個人の仕事が多いので、人とのコミュニケーション能力が高い人や人の役に立つことにやりがいを感じる人や人が喜ぶ姿を見るのが好きな人には向いています。

求人の多い職種8:土木の職業

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
土木の職業は、設計分野と施工分野に分かれています。求人が多いのは施工分野です。施工分野で土木施工管理技師の資格を有している人は有利な転職が見込まれます。

施工分野でもっとも求人が多いのは土木作業員です。土木作業員の年収の平均は一般的なサラリーマンよりも安いのが現状です。しかし、施工管理技士を筆頭にする資格や各種免許を有することにより、年収のアップは十分見込まれます。

土木作業員は技術を向上すれば昇給が期待できます。キャリアアップも努力次第で認められ、実力がものをいう世界です。

求人の多い職種9:発掘の職業

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
発掘とは移籍を掘り起こし古代の生活を再現する仕事です。発掘は初めは重機を使いますが、狙った地層に近づくと全て人の手によって掘り起こされます。

小さな道具を使い、丁寧にじわじわと掘り起こして行くので、多くの人手が必要です。発掘スタッフは特に資格は必要ありません。屋外で土を扱う仕事なので、健康で体力がある人材が求められます。歴史に対して興味があれば楽しく働けます。

発掘スタッフは基本的にアルバイト採用が多く、日当が6000円程度で週3〜5日の勤務です。発掘調査員の資格を有していても年収はそれほど高くはありません。

求人の多い職種10:販売類似の職業

販売類似の職業とは、質屋や保険代理店、不動産仲介など、売買の斡旋などを行う職業です。年収は、各業種によって異なります。

売買の仲介、斡旋を行うため、コミュニケーション能力やプランニング力、接客の丁寧さが求められます。

職務経歴書の記載ポイントを把握しましょう

職務経歴書7つ記載ポイント|現在の年収や希望年収を書くべきか
職務経歴書は自己アピールためのツールです。人事担当者に、「会って話がしてみたい」と思わせるような力のある職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書のポイントは、見やすく、読みやすく、わかりやすいが鉄則です。自己アピールは読んでもらってその効力を発揮します。魅力ある職務経歴書を作成しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related