Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の封筒の書き方・縦書き住所の数字・御中と様の使い分け

初回公開日:2017年10月17日

更新日:2017年10月17日

記載されている内容は2017年10月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人になると、さまざなな書類を封筒に入れて郵送するという機会も多いでしょう。封筒の宛名などはなんとなく書いてしまいがちですが、書き方のルールを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。今回は「履歴書」に焦点を当てて、基本的な封筒の書き方をご紹介します。

履歴書の封筒の書き方・縦書き住所の数字・御中と様の使い分け

基本の履歴書の封筒の書き方はこれ!

社会人になると、さまざなな書類を封筒に入れて郵送するという機会も多いでしょう。また、大学生でもアルバイトに応募するときや、大学側とのやりとりで封筒を使って郵送することは少なくありません。封筒の宛名などはなんとなく書いてしまいがちですが、きちんとした書き方のルールを知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか。

今回の記事では「履歴書」に焦点を当てて、基本的な封筒の書き方や注意するべき点、書き方の例などもご紹介します。封筒に宛名を書くことに慣れている、という人も、はじめて封筒に宛名を書く、という人も、ぜひ目を通してみてください。

まずは、基本となる封筒の書き方を表面と裏面に分けて見ていきましょう。

封筒の表面の書き方

履歴書を送る封筒の表面には、送り先の「郵便番号・住所・宛名」、そして赤字で「履歴書在中」の文字を書きます。郵便番号を書く部分がもともとある封筒もありますが、ないものでも問題ありません。そのときは封筒の右上に「〒」のマークを書いた上で、続けて郵便番号を書きます。

住所は必ず都道府県名から書きはじめ、丁目・番地は「ー(ハイフン)」で省略せずに「の」でつないで書きましょう。送り先がオフィスビルの中にある場合は、ビルの名前や階数まで明記します。住所が二行になってしまっても大丈夫ですが、二行目の行頭は一字分下げて書きます。

宛名は住所よりも大きめの字で、封筒の中央に書きます。会社名は正式名称で、(株)などを使わずに「株式会社」と省略せずに記します。担当者の名前が事前に分っているときは、担当者の個人名までフルネームで書きます。その人に肩書きや役職がある場合には、必ず「肩書き・役職・氏名」の順番で書きましょう。

また、応募書類の郵送であることが分かるように、封筒の左下に「赤字」で「履歴書在中」と記します。定規を使ってその文字を四角で囲むとなおよいですが、こうしなくても問題はありません。もともと封筒に印字してあるものや、スタンプになっているものを利用してもよいでしょう。

封筒の裏面の書き方

封筒の裏面には「自分の住所・氏名・郵便番号・郵送する日付」を書きます。住所は表面と同じように都道府県名から書きはじめ、アパート名まで忘れずに書きましょう。

氏名は住所よりも大きめの字で書きます。正式には封筒の継ぎ目の右側に住所を書き、左側に氏名を書くことになっていますが、近年では、住所と氏名の両方を継ぎ目の左側に書くことが一般的になりつつあるので、どちらで書いても問題ありません。

住所と氏名の上に、郵便番号を書きます。そして必ず、封筒の左上に郵送する日付を記しましょう。ただし、同封する履歴書に書いてある日付と同じ日付にし、縦書きで漢数字で書きます。

また、封筒に宛名を書くときは、書類を入れる前にすべて書いてしまったほうがよいでしょう。入れた後に書くと、内の書類が汚れてしまう可能性があるからです。封筒をすべて書き終えたら、履歴書などの書類を入れます。
転職エージェントを利用すると、プロのエージェントが履歴書の書き方や面接でのマナーについてくわしくアドバイスをしてくれる場合があります。

登録はもちろん無料で、相手の会社とのやりとりを代行してくれる場合もあり非常に便利なので、ぜひ利用を検討してみてください。

履歴書の封筒を書くときの注意点は?

数字の書き方

先ほど紹介した、履歴書を郵送する封筒の基本の書き方は「縦書き」の場合の書き方です。縦書きのときは、住所の番地は漢数字で書きます。裏面の郵送する日付も漢数字です。横書きの場合は、番地などの数字は算用数字(アラビア数字)で書きます。

「御中」と「様」の使い分けに気を付ける

「御中」と「様」の使い分けですが、誰でもはじめは迷ってしまうものではないでしょうか。簡単に説明すると、会社や会社の中のある部署などの「組織」に宛てて郵送するときは「御中」を使います。一方で「様」は、担当者などの「個人」に宛てるときに使用します。

以上を踏まえると、履歴書を郵送するときには一般的に、「会社名、部署名、採用担当○○(個人名)様」と書いておきます。履歴書の場合、特に指定がないときは「採用ご担当者様」としておけば問題ありません。

履歴書の封筒への入れ方

履歴書を封筒に入れるときは、せっかく準備した書類に汚れがついたり、折曲がるのを防止するために、クリアファイルに入れてから封筒に入れます。

封筒は書類を折らずに入れられる大きさのものを用意しましょう。A4サイズの書類であれば、「角形A4」か「角2号」という大きさの封筒なら書類がそのまま入ります。また、封筒の色は茶封筒でも大丈夫ですが、できれば白い封筒のほうがよいでしょう。

履歴書を入れて封筒を閉じたら、テープではなくのりでしっかりと封をします。そして封をした境目に密封したという意味である「〆」を書きます。このとき、「×」に見えないように注意してください。

書き方の例

さて、ここまで履歴書を郵送する封筒の書き方と注意点を紹介してきました。基本的な書き方は理解していただけたでしょうか。

簡単におさらいすると、封筒の表面には「送り先の郵便番号・住所・宛名」と赤で「履歴書在中」の文字を書き、裏面には「自分の郵便番号・住所・氏名」と「郵送する日付」を忘れずに書きます。数字の書き方は、縦書きの場合は漢数字で、横書きのときは算用数字(アラビア数字)で書き、「御中」と「様」の使い分けに注意します。

下のリンクでは、より詳細に封筒の書き方が説明されているので、書き方で迷ったときは参考にしてみてください。書き方に自信のある人でも、もう一度確認してみると、また新しい発見があるでしょう。

渡し方によって書き方は違うの?

郵送の場合

履歴書を封筒で郵送するときは、必ず郵便局の窓口に行き、重さを量った上で切手を貼りましょう。こうすることで、郵便料金が不足する、といった事態を防ぐことができます。

提出期限が決められている場合は、確実に期限内に到着するように余裕をもって送りましょう。期限間近で急ぎのときは宅配便や速達で郵送します。書留めで送ってしまうと、受け取るときに採用担当者の手間をとっていまいますので、避けたほうがよいです。

また、採用担当者とのメールでのやりとりが可能であれば、履歴書を郵送した旨の連絡を入れておくとより良いです。

手渡しの場合

履歴書を手渡しで持って行く場合でも、必ず封筒に入れて持参します。手渡しの場合は、封筒の表面に宛名を書く必要はありません。ただし、赤で「履歴書在中」の文字は必ず書きましょう。裏面には、郵送するときと同じように、「自分の郵便番号・住所・氏名・日付」を書きます。

履歴書手渡しの場合は、その場で中身だけ提出するように求められることがあるので、封筒にのり付けはしないで、すぐに取り出せる場所にしまっておくと慌てずにすみます。面接官に直接渡すときは「履歴書」のみを渡し、受付で渡す場合は「封筒ごと」提出するところが多いようです。

また、履歴書は郵送・手渡しどちらの場合でも、必ずコピーをとっておきましょう。自分が書いた内容をすぐに確認することができますし、面接の直前まで話す内容を練り直すことができます。

正しいマナーを身につけよう!

今回の記事では「履歴書」に焦点を当てて、基本的な封筒の書き方や注意するべき点、書き方の例なども紹介してきました。基本的な書き方をおわかりいただけたでしょうか。履歴書に限らず、一度基本の封筒の書き方を覚えてしまえば、いろいろな場面で応用することができます。

採用者を選考する上で履歴書の内容はもちろん重要ですが、履歴書が郵送されてきた封筒の見た目が、担当者に与える印象も大きいです。ぜひこの機会に正しい書き方を身につけて、見た目も美しい封筒を書きたいですね。

メールなどでのやりとりが主流になってきている現在でも、重要な書類を手渡しや郵送で送る機会はまだまだあります。電子機器の利用が増えてきている今だからこそ、基本的なビジネスマナーを今一度見直してみるとよいでしょう。
重ねてになりますが、転職のときはエージェントに代行を頼むのがおすすめです。

面倒な手続きから、相手の会社とのやりとりまで基本的には代行してもらえます。

Related