Search

検索したいワードを入力してください

面接で「将来の夢」を聞かれたときの答え方と例

初回公開日:2016年11月03日

更新日:2019年11月27日

記載されている内容は2016年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

面接でよく聞かれる事の中に将来の夢があります。将来の夢はあるけど、仕事とは全然関係ない夢だったり、仕事と関係あるけど、どう答え方たらいいのか、悩んでしまいますよね。そこで今回は面接で将来の夢を聞かれた時にどういう風に答えるべきか答え方と例を挙げていきます。

面接で「将来の夢」を聞かれたときの答え方と例

面接で「将来の夢」を聞く採用担当者の意図

まず前半では、人事担当者がこの質問をする意図を知る事から始めます。意図を知ることで人事担当者があなたの答えから何を知りたいと思っているのかが分かります。そして後半では答え方と具体的な例文を挙げていきますので、ご覧ください。

仕事への積極性を見たい

なぜ人事担当者が将来の夢を聞くのでしょうか。仕事と関係ないように見えて将来の夢の答え方で、仕事に対する意欲や向上心、仕事への積極性が読み取れるのです。そのため将来の夢を聞くんですね。将来の夢を持っている人は目的意識を強く持っているのです。人は目標があると目標に向かって頑張る物、特に仕事の延長線上に夢がある人ほど仕事への積極性も強いと判断できます。そうした仕事に積極的な人を企業はほしいと思っているのです。

将来の夢を聞かれた時の答え方のポイント

仕事の先にある夢を答える

夢のためにどのような事を日々実践しているのか、どんな努力をしているのかを答えれると良いでしょう。日々何かに取り組む意欲的な人は、仕事でも努力をして意欲的に働いてくれる人という印象を受けるので、日々努力している事も話の中に入れると良いでしょう。

会社の経営方針と夢が一致している

会社の経営方針と夢が一致している方が会社側もあなたも都合が良いですよね。会社は目的のために人材を得る事ができますし、あなたは夢という目的のために意欲的に働けます。こうした会社の経営方針と一致している事は夢を答える時に盛り込むべき重要なポイントなんです。

例文

出典: http://kenjasyukatsu.com/archives/1882 | 新興国にインフラを整備し、彼らが豊かに暮らすための基盤を作りたいと思っています。 学生時代、ボランティア団体...
答える時の文章構成は以下のような答え方が伝わりやすくて良いでしょう。

①成し遂げたい事
②きっかけ・理由
③どんな人間になりたいのか
④現在努力している事
⑤望企業の業務内容と理念との関係性

終わりに

いかがでしたか?将来の夢を人事担当者が聞く理由には人材を選ぶ際にとても重要な意味を持っている事が分かりましたね。答え方にもポイントがあり、夢と志望企業との目的意識の一致があるのかも重要な事なのが分かりました。夢を答える時は最後にある文章構成例のように答えると人事担当者にも伝わりやすいですので、参考にしてみるといいでしょう。

他にも、面接の方法や履歴書の書き方などの就活の不安は新卒エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

Related