Search

検索したいワードを入力してください

【インターン面接】即答できないと悪印象!よく聞かれる質問例文集

初回公開日:2016年11月01日

更新日:2019年11月27日

記載されている内容は2016年11月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

インターンシップでも人気企業には希望者が集中しますから、選考は簡単に通るものではありません。しっかり準備をして貴重な機会をかちとりましょうね。本稿はインターンシップ選考の面接準備として、よく聞かれる質問例について解説していきたいと思います。

【インターン面接】即答できないと悪印象!よく聞かれる質問例文集

インターンシップ面接での質問は「自己PR」と「志望動機」

インターンシップは学生にとって、就業体験という名の企業研究です。実際の就活に入る前にいろんな業界や職種の体験をしておくことは、企業研究としての情報面、将来につながるキャリア面から大変有効です。選考のポイントはどんなところにあるのでしょう。インターンシップでは、

①自己PR
②志望動機

これらがエントリーシートから面接まで、選考で質問される内容の骨子になります。

自己PRを聞き出す質問例

■例1:「あなたが頑張ってきたこと」
■例2:「学生時代に力を入れていること」
■例3:「自分の強み、弱み」
■例4:「あなたが挫折したことや失敗したこと、そこから学んだこと」
これらの自己PR系の質問の対策として整理することは、

①自分の経歴
②学生時代の経験
③趣味

以上のことから価値観や信条などの人生に対する考え方など
キーワードを使って簡潔にまとめましょう。経験や、持っている資格をアピールする時は、どのように企業で役立つかを伝えられると良いですね。

志望動機を聞きだす質問例

質問例1:「なぜインターンシップに参加したいのか」
質問例2:「どんなことを学びたいのか」
質問例3:「何を身に付けたいのか」
質問例4:「具体的に取り組んでみたい仕事はあるか、何か」
インターンは採用面接ではありませんが、企業は学生に出会う貴重な機会を、採用の準備段階とみています。志望動機の部分は、深く掘り下げて聞かれることもありますから、よく対策しておきましょう。

①企業研究
②業界研究

企業概要や特長をとらえた上で、志望動機をまとめます。その上で更に、

①職業観
②キャリアの計画
③将来の夢

などを整理しましょう。

インターンシップ面接では思考力が問われることも

論理的思考力や発想力は、企画やマーケティングなどの知的労働では非常に求められる能力です。これらの職種ではインターンシップの段階から、学生の貢献性を見極めたいと考えています。苦戦する学生も多い分野です。

思考力を問う質問例1:「渋谷のスターバックスの一日当たりの売上高を推測してください」

思考力を問う質問例2:「大阪にある本屋の売上高を倍にする施策を考えてください」

コンサルティングファームなどに多い、一般にケース面接などと呼ばれる、この種の質問には対策本などで準備することをお勧めします。資料紹介・解き方の解説もありますから、段階を踏んで的確に答えるようにしましょう。

インターンシップ面接は、自己PRと企業分析をしっかり対策しよう!

インターンシップ対策は就活の前段階ですが、企業と学生の両者にとって、PRと選考の、しかけ合いとも言えるでしょう。業務を体験でき、将来の仕事のイメージをつかむチャンスです。今まで何を学び何ができるのかを伝え、今後やりたいことを語れるようにして、さあインターンシップにトライしてください!あなたの就活の起爆剤となりますように。

インターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。しかし、中にはインターンシップに行けない企業もあります。そのような場合には人事や社員と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子を知るといいでしょう。

Related