Search

検索したいワードを入力してください

面接は何分前に行くべきか|遅刻しないための5つのポイント

初回公開日:2016年11月01日

更新日:2018年07月20日

記載されている内容は2016年11月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

面接では特に、何分前に会場に着けば良いのかを気にすることが多いかと思います。そこで今回は、「面接の何分前に会場に到着するべきか」というテーマで、考察していきたいと思います。一般的にベストと考えられる面接会場への到着時間について見ていくので、ぜひ今後の参考になさってください。

面接は何分前に行くべきか|遅刻しないための5つのポイント

面接は何分前に行くべきか

「面接の何分前に行くべきか?」という疑問に対して、一概にこの時間が1番いいとは言い切れませんが、一般的に多くの人が良いと考えるタイミングは15分前です。

まず、就活面接において遅刻は厳禁です。そのため、受付や移動などで想定外の時間が取られる可能性もあるので、面接時間ぴったりに到着したり、5分前に着いたりするのも危険です。

心の準備などもあると思うので、やはり時間ギリギリの到着は避けるべきでしょう。

10~15分前が目安

面接開始の何分まえに行くべきかというと、10分〜15分前が到着の目安です。場合によっては10分前に到着しても受付や移動で忙しくなってしまう場合があります。

全くゆっくりする時間がないと、直前の確認ができないので、不安感が残ったまま、少し慌てた状態で面接に臨むことになります。自信のある方は問題ないですが、そうでない方は余裕を持って万全の状態で臨みましょう。

早すぎる到着は迷惑になる

面接受付が始まっていないのに、受付付近で待っていると、企業としても何かしらの対応をしないと、就活生以外の訪問者に対して、その企業がマイナスのイメージを持たれてしまう危険があるので対応をしなければいけなくなります。

この場合は、約束の何分前に行くべきかという問題ではなく、例外対応が増えるという問題になるので、企業にとって早すぎる到着は、あなたという仕事が増えるという点から、印象が良くない行動です。

取次に時間がかかることもある

企業は面接を行う担当者が当初から決まっています。しかし、面接担当も、通常業務を兼任して、採用業務を行なっていることから、場合によっては面接時間に面接担当に取次が行えない可能性もあります。

何分前に到着行くべきかということを考える際にはこういった考えてもいないことが起きるリスクも考えておかなければならないので、余裕を持った時間に到着をすることがベストです。

10分〜15分前到着で余裕を持ちましょう。

面接に遅刻しないためのポイント

面接で何分前に行くべきなのかということを考えますが、面接の到着時間を考えるのは遅刻は厳禁だということを皆さん感じているからでしょう。

面接の遅刻は約束破りと一緒ですので、止むを得ない事情がある場合を除いて避けなければいけないということは肝に命じておかなければいけません。面接で遅刻をしないようにしっかりとポイントを確認をして、遅刻のリスクを少しでも自分でマネジメントしていきましょう。

ポイント1:電車の遅延の可能性に配慮する

電車の遅延は予測がつかないので、早めに出発しておく以外に、防ぎようがありません。遅延や迷子になった場合には、ギリギリに着くことはありますが、先ほども述べたように、心が落ち着く前に面接が始まってしまったり、夏なので汗が止まらない状態で面接に臨むことになってしまったりすることもあります。

まず、面接に何分前に行くべきかということを考える前に最寄駅に何分前に行くべきかということも考えましょう。

最寄り駅に早めにつくようにする

受験先企業の前で面接時間まで待つのは迷惑ですが、付近のカフェや駅で時間を待っておくのは迷惑にはなりません。遅刻のリスクを避けるためにも、面接時間よりだいぶ余裕を持って、受験先企業の最寄り駅には到着しておきましょう。

また、最寄り駅に何分前に行くべきかということですが、これは一概には言えないのですが、少なくとも余裕を持って15分前に受験先企業に到着できる時間を持てる時間と考えておけば良いでしょう。

ポイント2:初めての場所なら早めに家を出る

面接の時に初めてその会社に訪れる場合も多いでしょう。もし企業の最寄り駅が初めて降りる駅だと、改札や出口などでも余計に迷う可能性が高くなります。

初めての場所ならなおのこと早く出るべきです。最寄り駅まで時間に余裕を持ち到着し、まずは受験先まで歩いてみてから、最寄り駅や、カフェなどで時間を潰すというのがベストな選択肢です。

道に迷ってしまう可能性もある

最近はスマホなどの地図アプリで受験先企業を探しながら歩いて行く人がほとんどでしょう。しかし、受験先企業が、支店を複数近郊に構えており、どこかわからなくなってしまうなどして道に迷う可能性というのは十分にありえます。

道に迷ってしまわないという思い込みが1番危険です。道に迷うということも視野に入れて早めに最寄り駅に到着して、まずは受験先を探してみるというのも迷わない1つの手です。

「駅近く」でも注意が必要

「駅近く」という思い込みで気分を最初から余裕に持っておくことも危険です。駅によっては、改札口が複数箇所あり、それを間違ってしまうと時間が余計にかかることも考えられます。

「駅近く」ということであれば、どの改札から出るのかということも含めて事前に入念に確認が必要です。もし確認できないのであれば、現地の下見や、早めに到着して、付近を歩いてみることも重要でしょう。

ポイント3:受付が無人の可能性を考慮する

企業はセキュリティの関係で受付に電話1本置いておいて内線で担当者を呼び出すということもしばしばあります。受付が有人という考えはもはや当たり前ではありません。

受付が電話ということになると、電話応対者に対して取次をお願いしなければならないですし、疑問点があっても電話で聞かなければなりません。

ギリギリに到着し、内線電話をしている間に時間を迎えてしまうということにならないようにしましょう。

有人の場合すぐに取り次いでもらえることが多い

もし受付が有人の場合は、受験生が来社予定ということは受付に伝わっているはずです。友人の場合はきちっと受付に挨拶をして、面接のために来社をした旨を伝えましょう。

面接は受験先企業に入室した瞬間から面接は始まっていると考えないと、面接官が受付担当者にイメージを聞く可能性も十分にあるでしょう。

くれぐれも受付担当だからということで気を抜かないようにしましょう。

無人の場合取り次ぎに時間がかかることもある

無人の場合は、内線に電話をして電話を受けた担当者が面接担当を呼び出してという間に一手間がかかってしまうことがほとんどでしょう。この場合は面接担当への取次に時間がかかってしまうことも大いに考えられます。

ギリギリに到着をしてしまうと、面接担当は会場に向かっており、電話担当者に迷惑をかけてしまう可能性もあります。無人ということは取次に時間がかかる場合があるということを想定しておきましょう。

ポイント4:会社情報を把握しておく

会社の情報を把握しておくことで、面接の時間への対策も、実際の面接への対策もとることができるのでしっかりと調べておきましょう。

その会社の所在地や、当日の担当社員を調べておくことによって、迷った時に、的確に誰への電話なのかを伝え、迷っているということを伝えるとすぐに取り次いでもらえます。

そして、さらに、担当社員を面接担当だと仮定をして、何を聞かれるのかを想像することで当日の流れも予測できます。

最寄り駅・最寄りの出口

最寄り駅と最寄りの出口は調べておきましょう。当日に最寄り駅と最寄りの出口を調べた場合には、電車の遅延などの予期せぬ出来事があり、急がなければいけない場合に対応できません。

何かあった時のためにも、迷って受験先に迷惑をかけないためにもしっかりと最寄り駅と最寄りの出口は調べた上で当日を迎えましょう。

駅から会社までの道順

駅から会社までの道順も事前に調べておかなければなりません。近頃は地図アプリがあるので、それを見て向かう人が大半です。しかし、地図アプリの道順は、機械的に割り出した今いる現在地からのルートということになるので最短での到着ルートではないです。

なるべく柔軟に対応をするためにも受験先には早く着いた方が絶対に良いので、最短ルートを事前に調べて、15分前には必ず着くルートを事前に確認しましょう。

会社の入り口

会社はオフィスと店舗が別々の会社もあります。当日の訪問先がどちらなのかは当日に立て看板が見えやすい位置に置いてあることが多いです。

事前に集合時間より前に、受験先の前を通り、立て看板のような掲示がないのかを確認して、当日どこに向かうのかを調べましょう。時間には余裕を持って、場所に戸惑うことなく集合を迎えましょう。

会社の正式名称

会社の正式名称をしっかりと調べておかなければ面接や訪問した受付先で違った名称を伝えると大変失礼にあたります。株式会社の位置が名称の前に付くのか、後ろに付くのか、省略した名称ではなく正式名称があるのかをしっかりと調べておくことは必須です。

場合によっては、交通費支給の場合には書類に正式名称を記載することもあります。そういった時に間違えないためにもしっかりと確認しておかなければいけないでしょう。

アポイントをとった社員の部署・氏名

アポイントをとった社員の部署と氏名をしっかりと確認をすることも必要です。言うなれば、アポイントを取った社員は、担任の先生のようなもので、当日に面接まで円滑に進めるように進めていく担当の社員という意識をして置いても良いでしょう。

何かあった時にはアポイントをとった社員の部署と氏名をしっかりと伝えた上で取次をお願いをすれば円滑に何かあった時に対応をしてくれます。

面接官の部署・氏名

面接官が事前にわかる場合は、部署と氏名は必ず覚えておいた方が良いでしょう。社会人のマナーとして、相手の名前を覚えることはマナーの1つとなります。

当日面接官ということなので、直接あなたの合否を決める権限を持つ人間のうちの1人です。何かあった時に面接官に連絡をするように受験先へ依頼をするとスムーズに話が進むでしょう。

就活は一人で悩まず「エージェント」に相談しよう!

就活について不安なことがある方は、「キャリアパーク」がおすすめです。

1分ほどでエントリーでき、経験豊富なプロのキャリアアドバイザーがあなたの性格や長所を見極め、あなたに合った企業を紹介してくれます。

模擬面接やES添削他、就活でのお悩み相談も可能です。


面接が不安だったり、就活がうまくいっていないと感じている方は、「キャリアパーク」に相談してみてはいかがでしょうか?

面接の取次をお願いする方法

面接は、多くの場合は、受験先の会社に赴いて面接をさせてもらいます。ほとんどの場合は、時間に担当が出迎えてくれるわけではなく、受付に取次をお願いをする形です。

受付から、面接担当社員への取次をお願いをする時からあなたへの視線は向けられています。

会社には取引先企業などのその会社への訪問客がたくさん出入りします。失礼のないように取次をお願いしましょう。

有人の受付の場合

有人の受付の場合は、受付担当社員に、面接が目的でやってきたことを明確に伝えて、担当社員名がわかっていればそれも重ねて伝えましょう。

大抵の場合は、朝礼などで、受付担当社員に面接であなたが来ることを伝えられているといます。なので、面接でやってきたと明確に答えると、すぐに担当社員を呼び出してくれます。

しっかりとなぜやってきたのかを明確に伝えましょう。

無人の受付の場合

無人受付の場合は、電話だけが置いてありそれが内線電話となっていて、内線電話受付担当へ電話がつながる形がほとんどです。

内戦電話での受付の場合は電話のマナーが重要です。しっかりとお世話になっているということと、面接でやってきたということを電話口で丁寧に伝えましょう。

もちろん立て看板などに、この場で大気などが書かれている場合には電話をする必要はありません。

受付がない場合

受付がない場合は、事前に伝えられている情報か、掲示されている情報の指示通りに動くことが鉄則です。たいていの場合は、立て看板に指示があるか、事前にメールなどであなたに当日の動きを連絡があるはずです。

もし万が一それでも当日どうしたらいいのかがわからない場合は、一度会社の外に出て、携帯から会社の担当社員宛に電話を入れましょう。

面接に遅刻するときの対処法

やむを得ない事情で面接に遅刻をしてしまうことは少なからずあるでしょう。そういった時には、面接は、担当社員との約束をしているわけなので、報告を必ずしなければなりません。

確かにイメージは下げてしまいますが、何も報告せずに遅刻してしまうことの方がイメージが下がります。

面接への遅刻はまず先に担当社員へ連絡することが重要だということを覚えておきましょう。

できるだけ早く電話連絡をする

悪いできごとや失敗は、報告をしなければいけない人がいなければ早めに報告をしなければいけません。特に仕事となればなおさらです。

遅刻ということも、早めに連絡を取らなければいけないことです。遅刻が確定した時点ですぐに電話連絡をしましょう。もし万が一電話が繋がらなければ、Eメールでの報告ではなく、5分など時間をおいて再度電話をしましょう。

電話連絡で伝える内容

電話連絡で伝えなければいけない内容は、遅刻をしてしまうことと、理由と、到着予定時刻です。面接への遅刻は、やむを得ない事情であることが大半でしょう。

確実に余裕を持った到着時刻を伝えて、遅刻する事情を、もし証明できるような公的機関の証明書などがあれば、それも重ねて持ち合わせてください。公的な証明書でない場合には証明できるものを持ち合わせる必要はないのでここは注意しましょう。

遅刻を伝える電話の例文

電話で遅刻を伝える際の例文についてご紹介します。

「お世話になっております。私、本日面接の予定を13時より頂いております、◯◯と申します。

本日13時から予定頂いておりました面接なのですが、現在◯◯線で向かっているのですが、人身事故の影響により電車が止まってましまっており、他の公共機関への乗り換えが難しく13時への到着が難しい状況です。

つきましては、本日の面接のお時間を調整をお願いさせていただけませんでしょうか?」

面接を欠席する場合

残念ながら面接を欠席する場合には、当日の早めに連絡を必ずするようにしましょう。あなたがこないということで予定を変えなければいけません。

社会人は報連相がマナーです。何かあって迷惑をかけるときにはすぐに報告をする必要があります。

時間管理は社会人として最低限のマナー

時間管理は社会人として最低限のマナーです。時間の管理ができない人は社会人失格です。それくらい時間に社会はシビアだということを重ねて覚えておかなければいけないでしょう。

社会の仕事はお互いの信頼関係のもとの約束から成り立っているので、時間を守らないことは、約束を破ることと同じことです。

面接には時間に余裕を持って臨もう

就活面接において遅刻は厳禁です。そのため、受付や移動などで想定外の時間が取られる可能性もあるので、面接時間ぴったりに到着したり、5分前に着いたりするのも危険です。

面接のコツは余裕を持った時間に到着することと言えます。面接には時間に余裕を持って臨みましょう。

Related