Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

面接での「3年後の自分」についての答え方|ポイント3つと注意点4つ

会社での面接時に「3年後の自分」について聞かれた際の「答え方・ポイント・注意点」をご覧いただきます。これから面接を控えている方も必見の内容です。志望する素敵な企業へ入社を果たし、素晴らしい未来へ向かって歩んでいきましょう。

面接での「3年後の自分」についての答え方|ポイント3つと注意点4つ

面接で「3年後の自分」について聞かれる理由3つ

会社へ就職するために行う面接では、「3年後にはどういう自分になりたいのか」と問われることがあります。

新入社員には「将来の展望」をもっているのかを問われることが多いです。では、なぜ面接で「3年後の自分」について聞かれるのか、その理由を3点見ていきましょう。

面接で「3年後の自分」について聞かれる理由1:ビジョンを持っているかを知るため

面接官が「3年後の自分」について聞く理由の1つに「将来の確かなビジョンをもっているのかを把握するため」という理由が挙げられます。

末ながく自社での就労を期待しているのが企業ですので、これからどのような気持ちで会社へ貢献してくれるのかを知るためです。

労働意欲がない人材は会社にとって負担ですので、やる気ある人材が企業には必須です。やはり、豊かなビジョンをもって働く人材が求められるでしょう。

面接で「3年後の自分」について聞かれる理由2:入社意欲を知るため

「3年後の自分」について問われる理由は、「入社したい度合の確認」をしたいためです。

新入社員は入社後に多大なストレスを感じることがあり、それには新境地での慣れない労働や人間関係に起因しています。「新入社員が退社せずに困難へも向かっていける人材であるか」を面接で確認しておきたいための問い掛けです。

入社直後に辞められてしまうと会社にとって大きな負担を伴いますので、入社意欲を高めて面接に臨みましょう。

面接で「3年後の自分」について聞かれる理由3:企業との相性をチェックするため

双方の相性を確認するため、「3年後の自分」について面接官が聞いてくることがあります。

新入社員が会社との相性が良好かどうかは、将来へのビジョンとも関連してきます。そのため、面接官は「3年後の自分」についての問いを投げかけることが多いです。

企業のビジョンと新入社員の意志が合致すれば、これほど最上のマッチングはありません。これから面接をする人は「3年後の自分」についてのビジョンをもって臨みましょう。

3年後の自分をアピールするポイント3つ

入社の面接時、「3年後の自分」についてアピールすべき事柄を3つ見ていきます。

はじめて入社を控える人は、充実した面接が実践できるよう自分の将来を見据えて検討しておきましょう。

3年後の自分をアピールするポイント1:明確な目標を提示する

面接官へは、入社して「3年後の自分」がどういった目標を掲げて頑張っているのかを明確に伝えましょう。

長期の労働は会社と自分にとっても大きなメリットがあります。「3年後の自分」を現時点で想像できるイメージ力も重要です。

何の考えもない新入社員では、企業によいイメージをもたれることはありません。やはり、面接では先方に入社後の企業努力の内容を明確に伝えましょう。

3年後の自分をアピールするポイント2:目標達成に向けての道のりを明らかにする

入社後、目標を達成するための道程も面接官へ伝えて明らかにしておくとよいです。

会社員として目標をもつことは素晴らしいことですが、明確な道のりも想定できていなければ「無駄な道のり」となってしまいます。掲げた目標に向かって、どういった努力をしていくのかを伝えることが肝心です。

「3年後の自分」が「どのような努力をした結果」に「想定している目標を達成できているか」というイメージが重要といえるでしょう。

3年後の自分をアピールするポイント3:成長することで企業にどう貢献できるか明らかにする

入社後に徐々に実力を身につけていくうえで、会社へ「どのような貢献ができるのか」の具体案を述べるとよいです。

面接時に「3年後の自分」のイメージが明確にできている人材は優遇されます。数年後までにどのような仕事を経て会社への貢献をどこまで考えているかは、企業にとって重要な面接ポイントです。

お世話になる会社への恩返しですので、実力を遺憾なく発揮して「お互いに成長していく」という姿勢が大事でしょう。

3年後の自分をアピールする際の注意点4つ

入社面接の際、「3年後の自分」をアピールするときの注意点を4つ見ていきます。

希望する会社への就職を実現させるため、「しないほうがよいNGポイント」ですので、これから面接を行う人は必見です。

3年後の自分をアピールする際の注意点1:実現可能性がないものはNG

無茶な「3年後の自分」をイメージした内容を伝えるのはNGです。

あくまでも実現可能な範囲の「3年後の自分」についての返答が望ましいといえます。過剰なアピールは、かえって裏目に出てしまいますので要注意です。

会社は新入社員へ実直な労働を期待しているので、あまりに現実離れした「3年後の自分」のイメージは得策とはなりません。現実味のある「実現できそうな3年後の自分」についてアピールするとよいでしょう。

3年後の自分をアピールする際の注意点2:曖昧なアピールはNG

「3年後の自分」をイメージしきれておらず、曖昧な答えをしてしまうのはNGです。

「企業の方向性に合った3年後の自分」についてアピールできることが最善。何か話さなければいけないと焦り、闇雲な内容の「3年後の自分」について話してしまうことは控えましょう。

やはり、会社側も想定できる範囲のアピール内容であることが必須です。しっかりと3年後の自分と会社をイメージして端的なアピールをしましょう。

3年後の自分をアピールする際の注意点3:プライベートな目標は答えない

面接の際、「3年後の自分」についてとはいえ、「プライベートな目標を伝えることはNG」です。

会社にとって、新入社員のプライベートな目的は関係ありません。面接官にとっても興味がありませんので、あくまでも「企業の運営や発展に関する3年後の自分」をアピールしましょう。

入社の面接は試験でもあるので、私用な目標の話はすべきではありません。「社風に寄り添った素晴らしい3年後の自分」の理念を話しましょう。

3年後の自分をアピールする際の注意点4:3年後の自分は最終目標ではなくその先のことも考えるのが大事

面接で話す「3年後の自分」とは、あくまでも通過点ですので、その後の最終的な目標を伝えることが大事です。

新米社員にとって3年後の自分でも大きな目標ですが、企業はその先を見据えて面接を行います。そのため、「3年後の自分が最終的な結末ではない」というアピールが重要です。

5年10年先の目標も掲げられると企業にとっても有益な人材として評価されますので、大きな目的を抱いて面接に臨みましょう。

3年後の自分をイメージするために大切なこと3つ

「自己分析」「業界研究」「企業研究」という3年後の自分をイメージするために重要な事柄があります。

入社の面接時、自信をもって話ができるよう、将来設計のイメージ抱きましょう。

3年後の自分をイメージするために大切なこと1:自己分析

将来の自分を見つめる「自己分析」は面接時に話す重要な内容です。

数年後の自分が「どのような成果をあげて頑張っているのか」の想定が必要です。それには、自分の性格・気質を把握しておく必要があります。

どのジャンルの職務がもっとも合っているのか自己分析できていれば、面接時にもアピールポイントとして伝えやすくなるでしょう。

3年後の自分をイメージするために大切なこと2:業界研究

これから入社する分野の「業界研究」は将来の自分をイメージする必須の作業です。

「会社の成長に合わせて3年後はどのような自分になっているのか」を想定しておくと目的を維持しやすいです。

各業界は、それぞれの分野で異なる戦略を繰り広げて会社を大きく発展させていきます。その発展がどのようなスタイルになるのか、イメージをしっかりと研究しておきましょう。

3年後の自分をイメージするために大切なこと3:企業研究

自分が入社する会社は、どのような将来性があるかの「企業研究」が大事です。

業界としては発展していっても、自分が入社する会社が破綻してしまっては将来性がありません。「3年後の自分と企業の発展を見越したイメージ」をもっておくことが必須です。

衰退してしまう企業も多くある昨今、魅力的な繁栄をお互いにしていけるように興味ある企業の研究を忘れずに実践しましょう。

明確な目的意識を持って3年後の自分をイメージしてみよう

就職時の面接で「3年後の自分」について問われた際の「返答・ポイント・注意点」をご覧いただきました。ご覧になり、理解が深まったでしょうか。

短絡的な思想での入社は、企業へはもちろん自分の人生をも無駄にしかねません。「3年後の自分はどのような状況になっているのか」、そして「どのようになりたいのか」といった想定を明確化させた就職活動が、企業と自分の未来を明るくさせる大切な考え方となるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related