Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月21日

面接で成功体験をうまく答えるポイント5つ|成功体験がないときの対処法

面接では必ずと言ってよいほど、面接官から成功体験についての質問を受けるものです。どのように回答をするべきなのでしょうか?この記事では成功体験を質問された際の受け答えのポイントに加えて、成功体験がない時の対処法についてもご紹介しています。

面接で成功体験をうまく答えるポイント5つ|成功体験がないときの対処法

面接官が成功体験を聞く理由

就職活動にせよ転職活動にせよ、「今までどのような成功体験を得ましたか」という質問は必ずと言っていいほど聞かれるものでしょう。

面接官が応募者に成功体験について尋ねるのは、その質問を通じて応募者が努力家で勤勉であるかどうか、これまで仕事に対してどのように取り組んできたのかを見定めたいと考えているからです。

面接で成功体験をうまく答えるポイント5つ

面接官にいきなり成功体験について尋ねられても、まごついて上手く答えられないという方も多いはずです。

しかし、それでは面接官の心証を損ねてしまうことでしょう。

どのような成功体験を得ましたか」という質問はよく聞かれるものですので、あらかじめ質問されると想定して回答のポイントを心得ておくことが肝心です。

ここからは面接で成功体験を上手に答えるためのポイントをご紹介していきますので、ぜひご参考ください。

面接で成功体験をうまく答えるポイント1:その体験で何を得たのかを明確にする

面接で成功体験をうまく伝えるためには、まずは成功体験を通じて具体的にどのようなもの・ことを得たのかを明確にすることが大切です。

自分では成功体験だと思っていても、他人から見ると「何を得られたのか不明瞭」と思われてしまうこともしばしばですので、面接官に客観的に「この経験を通じてこんなスキルや能力が得られました」とアピールできるようになりましょう。

面接で成功体験をうまく答えるポイント2:最初に成功した内容(結果)を述べる

冒頭で成功した内容や結果を先に述べるというのも、面接で成功体験をうまく答えるためのポイントとして挙げられるでしょう。

最初に「このような成功をした」「このような成果を得られた」ということをアピールすることで、面接官にその後に続く話を興味を持って聞いてもらうことが可能です。

成果を伝えるのが後回しになってしまうと、面接官は「だらだらと話が長い」とマイナスの印象を抱くことでしょう。

面接で成功体験をうまく答えるポイント3:具体的に5W1Hをまとめる

面接で成功体験を上手にアピールするためのポイントとして、5W1Hにもとづいて具体的な内容にまとめるということも挙げられます。

5W1Hとは「When(どこ)でWhen(いつ)Who(誰が)What(何を)Why(なぜ)How(どのようにして)」行ったのかを、人にわかりやすく伝えるためにおさえるべきポイントのことです。

面接官に成功体験を関心をもって聞いてもらえるよう、5W1Hをもとに整理をしましょう。

面接で成功体験をうまく答えるポイント4:そこから学んだことも忘れずに述べる

成功体験からどのようなことを学んだのかという点も、面接で成功体験を上手に答えるために気を付けたいポイントでしょう。

成功体験を通じてさまざまな学びを得ることで、人としてもビジネスパーソンとしても一回りも二回りも成長することができるからです。

裏を返せば、成功体験を積んだとしてもそこから学びを得られなければ、今後の成長にはあまり意味がないと言えるでしょう。

面接で成功体験をうまく答えるポイント5:最後に今後どう活かせるかを伝える

面接で成功体験を面接官に上手にアピールするためには、今後その経験をどのように活かすのかを伝えることも大切です。

「成功経験を通じて成長を遂げることができた」というだけではなく、それを今後の自分の成長にどのように活かすことができるのか、また応募先企業に採用された場合それをどのように活用することができるのかを説得力を持ってアピールしましょう。

成功体験を話すときの注意点3つ

成功体験を伝えるだけでは、面接官に自分の強みやよさを十分にアピールすることはできません。伝え方によっては、面接官に悪い印象を与えてしまうことさえあります。

では、面接で成功体験について問われた時に、どのような点に気を付けるべきなのでしょうか。

ここからは成功体験を面接で話す時に注意すべきポイントをご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

成功体験を話すときの注意点1:何も答えられないのは要注意

まず知っておきたいのが、成功体験について聞かれて何も答えられないのはNGであるということです。

成功体験について面接で聞かれるということはあらかじめ想定できることですので、それにもかかわらず何も答えられないというのは面接に対して不準備である証拠になってしまいます。

成功体験を聞かれることを予想して、あらかじめ回答を準備しておくべきでしょう。

成功体験を話すときの注意点2:ウソの成功体験は必ずばれる

話を盛ったりウソをつくと必ずばれるというのも、成功体験を話す時に気を付けたいポイントとして挙げられるでしょう。

面接官は数多くの応募者を審査してきた経験から、応募者が本当の成功体験を話しているのか嘘をついているのかを簡単に見分けることができます。

ウソをつくと面接官の心証を大きく損ね、それが原因で面接に落とされてしまいかねません。

成功体験を話すときの注意点3:面接官は質問を掘り下げてくるので解答準備をしておく

成功体験を伝える際の注意点のひとつとして知っておきたいのが、面接官は質問を掘り下げてくるので、それに対する回答をあらかじめ準備しておくということです。

「私の成功体験はこのようなものです」と伝えた後、面接官は必ず「それを通じてどのようなことを学びましたか」「その経験は自社でどのように活かせるでしょうか」といった追加質問をしてくるので、それらを想定して面接準備をする必要があるでしょう。

成功体験がないときの対処法3つ

「面接でアピールできるような成功体験がない」という方も少なくないことでしょう。では、この場合どうすればよいのでしょうか。

ここからは、面接で伝えられる成功体験がない時の対処法についてご紹介していきます。

成功体験がないときの対処法1:ごく身近なものから仕事に繋がる成功体験を探す

成功体験がない時の対処法としてまずご紹介したいのが、ごく身近なものから考えて仕事に繋がる成功体験を探ってみるということです。

ほとんどの人は、自分では気づいていないだけで何らかの形で成功体験を積んでいるものですので、身近なところからひとつずつ考え、些細なものでもよいのでリストアップしていきましょう。

成功体験がないときの対処法2:力を入れて取り組んだことを伝える

成功体験がない時には、努力したこと・力を入れて取り組んだことを伝えるのも効果的です。

力を入れても失敗をしたり努力が実らなかったことであっても、それを通じて反省点や改善点を見つけて自己成長につなげることができたのならば、「失敗から学び成功につなげる」という成功体験に含めることができます。

成功体験がないときの対処法3:自分の趣味や特技から掘り起こす

成功体験がない時の対処法のひとつとして、趣味や特技から掘り起こす作業を行うのもおすすめです。

好きなこと・趣味や特技から自分の強みやスキルを客観的に把握し、それらをどのようにして得ることができたのかを考えてみれば、おのずと成功体験が見つかるでしょう。

日頃から成功体験を積み重ねよう

今回は面接で成功体験を聞かれた時の回答ポイントや注意点についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

日頃から目標を作り、それに向かって努力をして実現をするという成功体験を積み重ねていくことで面接で効果的に自己アピールできるようになりますし、自己成長を遂げることができるので一石二鳥です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related