Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月23日

面接の流れを知って面接対策をしよう!転職活動における面接の流れ9つ

転職活動における面接は最初の時点でつまづかないように、きちんと流れを把握しておく必要があります。転職活動を成功させるためにも、受付から面接をおこない退室するまでの流れや対策もしっかりと頭に入れておきましょう。ぜひ参考にしてみて下さい。

面接の流れを知って面接対策をしよう!転職活動における面接の流れ9つ

転職における面接の役割

転職における面接の役割とはどのようなことかご存知でしょうか。

転職における面接では、採用者にとっては「仕事への意欲があるか」や「コミュニケーション能力があるかどうか」、「資質があるかどうか」を確認する役割があります。

転職を考えている方にとっても面接には役割があり、「仕事内容や価値観の確認」、「生活する上で働き方は合っているかどうか」などを見極める事などが考えられるのではないでしょうか。

転職活動における面接の流れ9つ

転職活動における面接の流れを9つの項目にわけてご紹介します。

転職活動を成功させるために覚えておきたい事は、「面接の流れ」です。面接の流れはどのような会社の採用試験面接であってもさほど変わりはありません。

採用担当者、面接担当者の質問の細かい違いはあるでしょうが、採用したい人材について知りたい事はどの企業でも共通しています。

面接の流れを把握していれば、面接で慌てる事もなくなっていくでしょう。

転職活動における面接の流れ1:面接会場に到着

転職活動における面接の流れとして、まずは「面接会場に到着」するという事が考えられるでしょう。

面接会場に到着する時間は、余裕を持った行動で対応していきたいと考え、早めに到着してしまおうと考える方もいらっしゃいますが、受付時刻の5分から10分前にして下さい。

早めに採用会場に着く事はマナー違反になってしまいます。早すぎる場合は、会場の外で服装や身だしなみのチェックなどに時間を使うようにしましょう。

転職活動における面接の流れ2:面接開始

転職活動における面接の流れとして、次に「面接開始」になります。

面接が開始される際、入室から着席までの流れはきちんと頭に入れておきましょう。面接室ヘは2回ノックをして面接官から返事があってから入室して下さい。

面接室に入室する際は「失礼します」と一言声をかけることを忘れないようにします。ドアを閉める際は音を立てないようドアを閉めましょう。

後ろ手でドア閉めるのではなくお尻を向けないよう注意して閉めます。

転職活動における面接の流れ3:自己紹介

転職活動における面接の流れとして、次に「自己紹介」になります。

着席前に軽くお辞儀をした後、自分の名前をフルネームで伝えて「よろしくお願いします」と一言伝えるようにしましょう。

「自己紹介をして下さい」という質問をされますが、経歴などを交えて採用されたい企業にとって活躍できる人材である事をアピールしていきます。

面接官の目を見て話し、今までの職場で活かしてきた能力や経験を話せるようにしましょう。

転職活動における面接の流れ4:自己PR

転職活動における面接の流れとして、次に「自己PR」になります。

自己紹介と絡めてPRを訪ねてくる企業もあるでしょう。自己PRを聞く事によって、面接担当者は仕事をしていく上で活躍してくれるような人材かどうかを判断する材料としています。

志望職種で求められるような経験やスキルがある場合はしっかりとアピールしていく必要があるでしょう。

応募動機や志望職種などと関係のない自己PRをしないように心がけて下さい。

転職活動における面接の流れ5:質疑応答

転職活動における面接の流れとして、次に「質疑応答」になりますが、さまざまな事を聞かれますのでしっかりと準備しておきましょう。

質問は企業によって異なりますが、「経歴」、「現職について」、「転職理由」、「志望動機」、「スキルや資格について」、「キャリアプラン」、「入社後のビジョン」などが考えられます。

それぞれの質問は面接時によく聞かれる項目ですので、答えをきちんと用意しておきましょう。

経歴

今までの職務経歴は自分のスキルや経験をアピールするチャンスです。

面接担当者は、採用したい人材がこれまでにどのような経験を積んできて、どれだけのスキルがあるのかどうかを知りたいと考えています。

他にも応募者が多い場合、希望職種で自分のスキルを活かせるような人材かどうかを見極めるため同じ質問をしているはずです。

他の応募者を意識しすぎる事はせず、自分だけの強みといえる経験を具体的に答えましょう。

現職について

現職についての質問もされる事も頭に入れておきましょう。

現職ではどのようなポジションで、どのようなプロジェクトに関わってきたのか、など聞かれる事があります。

自分の培ってきたスキルや対応力について、具体的に数字などの例をあげて答えるようにしましょう。

現職について、他にも「なぜ退職を考えているのか」なども聞かれる事があります。そのような場合は現職についての愚痴や不満は言わないようにして下さい。

転職理由

転職理由は退職理由とつなげてきかれる事も多く、転職理由や退職理由は暗くなり過ぎないように気をつけましょう。

転職理由について、前職に対し不満があったという事を伝えてしまうと、採用した場合に同じような理由で退職するのではないかと危惧されてしまいます。

転職理由は、面接を受ける会社で「挑戦してみたい事がある」や「将来的なビジョンを実現させるため」などの前向きな理由を話すようにしましょう。

志望動機

「志望動機」は、面接で必ずといっていいほど聞かれる質問です。

志望動機には、どうしてもこの企業でなければできないことがあるなど、理由を答えられるようにしましょう。企業分析をきちんとおこなっているかどうかもチェックされます。

企業分析をしていなければ、志望動機をはっきりとさせる事は難しいでしょう。前職の経験を活かして、自分自身が企業に貢献できる人材である事をアピールしていける動機を考えてみて下さい。。

スキルや資格について

自身が取得しているスキルや資格についても尋ねられることがありますので、スムーズに答えられるように事前に確認しておきましょう。

スキルや資格は、転職理由や志望動機を聞かれてから質問される事が多く、持っているスキルや資格が実際に志望職種で活かすことができるのかどうかをチェックされることになります。

志望している職種において、自身が持っている資格やスキルの中で役立つようなものを選んで答えるようにしましょう。

キャリアプラン

キャリアプランや将来の夢を尋ねられることも多いため、しっかりと答えを準備しておく必要があります。

キャリアプランとは、今後の目標をもって実現するための計画を立てることです。「キャリアプランはありますか」といった質問の意図は、入社後のミスマッチを防ぐ事が考えられるでしょう。

せっかく採用してもキャリアプランと見合わなければ、すぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまいますので気をつけて下さい。

入社後のビジョン

入社後のビジョンもキャリアプランと同じような質問として回答を用意しておくことが大切です。

入社後に自分がどのような人材になっていきたいのか、という事を具体的に部署名や役職などをあげて答えるようにしてみましょう。

企業分析をきちんとしている事もアピールできますし、入社後の目標を持っていることで、仕事に対して前向きに考える事ができ、活躍してくれそうな人材であると判断される可能性があります。

転職活動における面接の流れ6:条件の確認

転職活動における面接の流れとして、次に必要なのは「条件の確認」になります。

採用面接の流れによっては条件確認の場が設けられない事もありますが、内定後に条件を確認する面談を設けてくれる事もあるでしょう。

自分の中で譲れない条件はしっかりと答えられるようにしておきます。条件として考えられるモノは収入や休日、勤務地などです。

入社日なども聞かれる事がありますので、自身で可能な希望日を伝えるようにして下さい。

現在の収入

条件の確認の中で、現在の収入を尋ねられる事があります。

現在の収入を基本として、給与を決定する場合が考えられますので、自分の月々の給与所得だけではなく、ボーナスや役職手当などでいくらもらっていたのかなども伝えます。

収入について聞かれた場合、給与などの交渉もしやすくなりますので、希望条件をしっかり伝えられるようにしておきましょう。通勤手当や住宅手当なども確認しておくと安心です。

休日について

条件の中で休日について尋ねられる事もあります。

休日が週にどのくらいもらえるのかという点については、働くうえでとても重要な事ではありますが、休日を条件として重視しているとやる気がないと思われてしまいますので気をつけましょう。

決まった日数だけ休日があるかどうか、残業時間や育児休暇はあるのか、産後休暇はあるのかなどを確認し、譲れないと考えている条件だけは伝えるようにしてみてはいかがでしょうか。

勤務地について

勤務地についても条件を確認しておくと良いでしょう。

企業によっては勤務地が複数ある場合もあります。譲れない理由があり希望する勤務地があるのであれば伝える事もできるでしょう。希望勤務地については、納得のいく理由が必要になります。

企業側から条件として提示される事もありますので、譲歩できる条件を自分の中で決めておくようにして下さい。希望どおりとはいかなくても、企業で考慮してくれる可能性があります。

入社可能時期について

入社可能な時期についても条件として確認しておく必要があります。

入社可能時期は、退職せずに転職活動をしている方にとっては調整が必要になりますので、しっかりとした確認が必要です。

転職先の企業に提示された入社日に入社するのが無理な場合もあるでしょう。そのような場合には転職先の企業にきちんと入社日の日程を交渉する必要があります。

転職活動における面接の流れ7:逆質問

転職活動における面接の流れとして、次に「逆質問」になりますが、「特にありません」などの返答はしないようにしましょう。

逆質問では入社する上で確認したい仕事内容に絡んだ話をするようにします。企業の経営の中で今後注目していく分野やマーケティング方法など、仕事に対する意欲や興味がある事をアピールしましょう。

転職活動における面接の流れ8:面接終了

転職活動における面接の流れとして、逆質問の後は「面接終了」となります。

面接が終了した後も気を抜かずしっかりとした姿勢や所作を心掛けるようにして下さい。面接が終了したからといっても退室する最後まで面接官はチェックしています。

転職活動における面接の流れ9:面接に対するお礼

転職活動における面接の流れとして、面接が終了した後も「面接に対するお礼」を忘れないようにしましょう。

面接が終わった後、「ありがとうございました」と一言挨拶をしてから退室するようにします。面接のための時間を設けてくれたことを感謝し、練習してきたと思われないように自然に言葉にしましょう。

ドアの前まで移動した後は「失礼致します」という声をかけて一礼してから静かにドアを開けて退出し、静かにドアを閉めます。

面接以降の転職活動の流れ4つ

面接以降の転職活動の流れを4つご紹介します。

転職活動の中で、面接以降にどのような流れになるのかを頭に入れておくと入社までスムーズに準備する事ができるようになるでしょう。

流れとして主なものは「面接」、「内定の連絡」、「入社準の準備」、「入社」となります。面接で良い結果が出せれば、入社までもうすぐです。

面接から入社までの間の流れを知ってスムーズに準備を進めていくようにしましょう。

面接以降の流れ1:面接

面接以降の流れとして、まずは「面接」に関する確認を怠らないようにしておきましょう。

面接ではさまざまな質問に対してきちんと答えられるようにしておきます。身だしなみやマナーを確認し、自分の強みをアピールしていく事がおすすめです。

面接以降の流れ2:内定の連絡

面接以降の流れとして、次の段階へ進める事ができれば「内定の連絡」がいただけます。

内定の連絡方法は電話の場合もありますし、メールでの連絡も考えられますので、どちらにしてもすぐに対応できるようにしておく必要があるでしょう。

内定の連絡の中で条件を再確認する事も忘れてはいけません。確認してから内定を承諾するか辞退するかを決めるようにしましょう。

面接以降の流れ3:入社準備

面接以降の流れとして、内定の連絡をもらった後は「入社準備」をしなければいけません。

内定を承諾した場合、入社までの準備をはじめます。まずは現在の職場で退職する準備を整えなければいけません。引継ぎなどもありますのでできるだけ早く伝えるようにしましょう。

面接以降の流れ4:入社

面接以降の流れとして、入社準備ができれば、晴れて「入社」という事になるでしょう。

新しい職場に早く慣れるように、自分自身の仕事について事前に勉強しておく事も必要になります。どのような知識が必要になるのかなどを採用担当者に聞いておくと良いでしょう。

面接の流れを知って面接対策をしよう

面接の流れを知る事の必要性と、面接はどういった流れで行われるのかなどをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

面接の流れを知る事は、面接の対策を立てる上でとても重要な役割を持っています。

面接の流れを知る事で、採用担当者の目的だけではなく、面接の際に受身になりがちな転職希望者が積極的に面接に臨む事ができるようになるのではないでしょうか。

流れを頭に入れ、どのような対策をしていくか考えていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related