Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月20日

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点7つ|面接官の質問意図は?

自分の弱み・強みについては面接でよく聞かれる質問です。どのようにアピールしたらいいのか、迷う人も多いのではないでしょうか。この記事では面接で強み・弱みをアピールする際の注意点を紹介していきます。面接突破したい方はぜひ読んでみてください。

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点7つ|面接官の質問意図は?

面接で強み・弱みの質問は定番である

面接でよく聞かれる質問といえば、自分の長所、短所についてです。では、企業はなぜ長所、短所を聞くのでしょうか。その質問から、どんなポイントを見ているのでしょうか。ひとつずつ解説していきます。

面接で強みを聞く理由

まずは、面接で自分の長所、強みについて聞かれる理由はなんでしょうか。企業が、あなたの強みについて聞くのは、企業が求めている人材とマッチしているかどうか、社風に合っているかどうかをみています。

例えば、営業職を面接しているのに自分の得意分野が事務ソフトを使える事、と伝えてもそれは企業の求める人材とは異なってきます。

面接で弱みを聞く理由

企業は面接で弱みについて聞くのは、あなたが客観的に自己分析をできているかどうかを見ています。社会において、客観的に自分の能力を判断できているかは重要なポイントとなってきます。

そこで、面接で自分の弱みについて聞く企業が多くあります。

強み・弱みの質問で見ているポイントは?

企業は強みを聞くことで、あなたが自分の長所をきちんと理解していてそれを活かすことができるのかを見ています。短所を把握して、それを克服する努力をしているかを判断しています。

自分の能力を把握しており、それを仕事に反映できるのかをポイントにしています。

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点7つ

面接で自分の強み・弱みを効果的にアピールするには、いくつかのポイントがあります。そのポイントをひとつずつ解説していきます。

自分自身の強み、弱みと照らし合わせながら、あなたなりのアピールポイントを見つけてみてください。

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点1:企業や仕事内容に即した内容にする

面接で強み・弱みについて聞かれたとき、その企業の仕事内容と関係のある内容で答えましょう。企業はあなたの強みが具体的に仕事にどのように活かせるか、会社にとってどんな戦力となり得るのかをみています。

例えば事務職の仕事を面接する時に、強みはピアノが得意なことです、と答えても会社にとってそれは戦力となりません。事務職であった場合はパソコンのエクセル、ワードが使えることなど、アピールするのもいいでしょう。

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点2:仕事で必要な事にする

面接で強み・弱みをアピールするときに、即戦力になるほど有利になります。あなたの強みと仕事内容が一致するような内容を答えましょう。あなたが企業に入社することで、どのような貢献ができるのか、会社にどのようなメリットをもたらすことができるのかアピールしましょう。

例えば、海外とやりとりをする企業であれば、語学ができることが強みになります。英語だけでなく、他の言語もできるのであれば、ぜひアピールしましょう。

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点3:採用リスクにつながる内容にしない

面接で強み・弱みをアピールする際に、弱みを伝えるときは仕事内容と直接関係のない内容にしましょう。

例えば接客業の仕事の面接で強み・弱みについて聞かれ、「私の弱みは人見知りをするころです。」と伝えてしまうと、人見知りの人が接客業をできるのだろうかと、不安を与えてしまいます。

また、「時間にルーズ」「協調性がない」なども、社会人として不安要素を与えてしまうので避けましょう。

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点4:弱みはポジティブ変換する

面接で弱みを聞かれたときに、その弱みをポジティブな言葉に変換して伝えましょう。

例えば短所が「優柔不断」だった場合、そのまま自分の弱みが優柔不断であると伝えるのではなく、「物事を決めるのに時間がかかること」など、相手にネガティブな印象を与えない言葉にして伝えましょう。

また、「物事を決めるのに時間はかかりますが、周囲の意見を柔軟にとりいれることができます。」などその弱みをポジティブに変換しましょう。

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点5:嘘をつかない

面接で強み・弱みを聞かれた際に嘘をつかないこと、というのが重要になってきます。面接では必ず本当のことを伝えましょう。

例えば、資格や、パソコンのスキル、語学力などで嘘をついて採用された場合、嘘が露見すると初めから信用を失うことになります。

これといった特技のない人でも、コミュニケーション能力が高い、集中力がある、などあなたにしかない良さが必ずあるはずです。そこをアピールしていきましょう。

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点6:実際のエピソードを交える

面接で強みを聞かれた時に、長所→エピソード→仕事にどう活かすか、の順で伝えましょう。

例えば「わたしの長所は忍耐力のあるところです」と伝えたあとに、部活で練習を重ねて、成果をだしたことなど具体的なエピソードを伝えます。エピソードを話すことで、あなたの長所を裏付けることができます。

最後に、その忍耐力を活かして粘り強く、あきらめないことを活かしていきたいなど、仕事にどう活かしていくのかを伝えましょう。

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点7:弱みがないという回答はNG

誰でも自分の弱みは面接で話したくないものですが、どんな人間にも欠点はあります。「弱みはありません」という回答は不自然であり、嘘をついている印象を与えます。

ですので、前述したような方法で自分の弱みについてきちんと伝えましょう。ポイントをおさえれば、それが減点になるリスクを避けることができます。

弱みをポジティブに変換する方法

弱みと聞くとネガティブな印象を思いうかべがちです。しかし、弱みから自分の長所を見つけることもできます。

自分の短所はとらえかたしだいでは長所ともなり得ます。このあと、くわしく説明していきます。

強みと弱みは表裏一体

自分の弱みはポジティブにとらえると強みに変換することができます。いくつか例を挙げていきます。

・「優柔不断」は、柔軟性がある、他の人の意見をきちんと聞いてとりいれることができる。
・「心配性」は、事前に準備をかかさないのでミスをおさえられる。
・「思いつきで行動する」は、行動力があるのでチャンスをつかみやすい。

このように短所と長所は表裏一体です。自分では弱みだと感じている部分も強みに変えることができます。

自分の弱みを分かっていることの重要性

自分の弱みについて「わたしの短所は○○です」と言いっぱなしにしないこともポイントです。自分の弱みを伝えたあとに、それをどのようにカバーしているのか伝えましょう。

自分の弱みを理解しているからこそ、それをカバーする努力ができる、成長することができます。自分の弱みがどこであるか、客観的に知ることは結果として強みとなります。

面接で強み・弱みを聞かれたときの正しい答え方を知ろう

面接で強み・弱みをアピールする際の注意点について紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。正直に自分の弱みについて言っていいものだろうかと迷う人も多いことでしょう。
ポイントさえおさえれば、あなたの強みとなります。

あなたの良さをアピールするためにも、強み・弱みの正しい伝え方を知ることが重要です。ポイントを踏まえて、あなたなりのベストな答え方を見つけましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related