Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月20日

面接で強みをアピールする時のポイント7つ|自己PR・長所・強みの違い

面接では自分の強みを積極的にアピールしていくとよいといわれています。そこで今回は、面接で強みをアピールする時のポイント7つと自己PR・長所・強みの違いなどについてご紹介していきます。記事を参考にして面接を成功に導いていきましょう。

面接で強みをアピールする時のポイント7つ|自己PR・長所・強みの違い

面接の強みアピールは採用結果に大きく関係する

緊張感漂う就職・転職活動の面接でどのように自分の強みをアピールしていくかについてご紹介していきます。

面接で的確に強みを相手に伝えることができれば、採用してもらえる可能性が高まります。

面接官が強みを聞く理由

強みとは仕事で発揮される能力のことで、面接官があなたに強みについて質問をするのは、仕事の遂行能力を知りたいからです。

面接における強みとはあなたの性格や今までの実績などではなく、どのようにスキルを活かして企業に貢献できるのかという意味です。

面接官が強みを質問する際に見ているポイント

面接官は強みについて質問することで、あなたが仕事上で活躍できるシーンを想定しています。

面接官が質問する強みとは、あなたの総合力です。不測の事態でも臨機応変に応対できる課題解決力や新しい事業に踏み出せる提案力、人々を管理するマネジメント能力などを面接で確かめられています。

面接で強みをアピールする時のポイント7つ

面接で強みをアピールする時のポイント7つをご紹介していきます。

面接を成功させるために、まずは自分というものを深く知っておくことが必要です。できれば紙に自分の長所やいままでのスキル・経歴・仕事に対する姿勢や職場ので評判などを書き出して、自身を客観視するところからはじめてみましょう。

自分を冷静に第三者として見ることができれば、面接は成功します。自分の強みを知っている人間は自己アピールが上手だからです。

面接で強みをアピールする時のポイント1:長所は一つに絞る

面接で長所をアピールする長所は数ある候補の中から最適な1つを厳選してアピールしましょう。

コミュニケーション能力やリーダーシップ・協調性・行動力・発想力・責任能力など、思いつくままに自分の長所をアピールすると、ただの自慢か自信過剰な性格ととらえられる可能性があります。あなたに対するイメージも散漫な印象になってしまうため不利に働きます。

長所や強みは最適な1つをアピールした方が好印象になります。

面接で強みをアピールする時のポイント2:企業や仕事に関連させて答える

面接で強みをアピールすることはとても大切ですが、就職したい企業や仕事と関係のあるスキルやキャリアに絞りこんで売り込むように心がけてください。

自分がこれから働きたいと考えている職種や職場とまったく関係のないことをアピールするのは、返って印象が悪くなるので避けてください。ただの自慢か仕事の趣旨がわかっていないととらえられてしまうケースが多いからです。

企業は常に即戦力を希望していると覚えておきましょう。

面接で強みをアピールする時のポイント3:客観性も盛り込む

面接で強みをアピールするときは、感想やイメージではなく客観的な事実を軸に話をしていくことが基本です。

自分の長所やスキルを面接で説明するときに、こんな経験をした、このような潜在能力があるなどの主観的な話は絶対にやめましょう。

チームをまとめてこのような業績を上げた、賞を獲るような開発をした、このような資格をもっているなど、具体的な数字を使って自分の強みを説明していくことが大切です。

面接で強みをアピールする時のポイント4:実際の体験も混ぜる

面接で強みをアピールする際に、実際の体験談を盛り込むと真実味が増して印象がぐっと良くなります。

面接で自分の強みについて話す場合は体験したことを例に挙げて説明をすると信憑性をもたせることができます。あなた自身の言葉であなただけの仕事の成功体験が話せれば、面接官にしっかりと自分の強みが伝わります。

自分の体験と照らし合わせて、この企業でどんな貢献ができるかということを強みにしてアピールしていきましょう。

面接で強みをアピールする時のポイント5:長所を活かせる場面を具体的に話す

面接で自分の強みとして、会社へいかに貢献できるかをアピールするときは、抽象的な説明は避けて具体的なシーンを想定して説得してください。

ありえない設定や必要のない自己アピールはやめてください。現実的に起きそうなシーンを想定して、自分ならこのようなフォローができる、このような解決方法を知っているなど、具体的な話に終始することが大切です。

過去の体験談を例として挙げて説明できれば、なお良いでしょう。

面接で強みをアピールする時のポイント6:仕事に関連する内容にする

面接では希望の会社の仕事内容に合うように、役立つ強みを強調してください。

面接相手の会社に関係のない強みをアピールしても、面接官の心には響きません。その会社にいかに自分のスキルや長所が貢献できるかを中心に説得していきましょう。

面接で強みをアピールする時のポイント7:過度に内容を脚色しない

自分の強みを説明するときに嘘はやめましょう。

自己アピールは大いに結構ですが、やりすぎると期待はずれというレッテルを貼られる可能性があります。そうなると、たとえ就職ができても長続きしません。

面接で自分の強みをアピールするときは、正直に具体的な実績を数字で説明して誠実さを売り込む方が、よっぽど印象は良くなります。強みを強調しすぎることはやめて、ありのままの自分を見てもらいましょう。

自己PR・長所・強みは違うものである

自己PR・長所・強みはアピールポイントですが、内容は違うものだと覚えておきましょう。

強みとは仕事に直接、活かすことができる能力やスキルのことであり、長所とは仕事と関係のない優れた資質という意味合いが強いです。そして自己PRとは、強みや長所を仕事へどのように活かせるのかをアピールすることです。

自分の強みをいかに仕事に活用できるかをアピールできれば面接は成功です。

自己PR

自己PRとは、強みや長所を面接先の会社でどう活かせるかを将来性も交えてアピールすることです。

いままでのスキルや技術などの長所を活かして会社にどのように貢献できるかを、面接官がしっかりとイメージできるように具体的にアピールできることが重要です。

長所

長所とは仕事にあまり関係のない、他者よりも優れているあなたの資質のことです。

面接であなたの長所を聞かれたら、自分の性格や気質などの特徴について人から好かれる部分をアピールできるとよいでしょう。

強み

面接で聞かれる強みとは、仕事にダイレクトに活かせる能力やスキルのことです。

就職の面接で強みについて聞かれたときは、いままでの仕事での実績や能力・スキルなどをアピールするとよいでしょう。

面接で強みを的確にアピールして内定を勝ち取ろう

強みを的確にアピールできれば面接はほぼ成功するでしょう。

面接は自分の良いところを売り出す場所です。面接前に自分の長所や短所をよく分析して、面接先の企業に合うPR方法をじっくりと考えておきましょう。

就職活動には面接先の企業が欲しがっている人材と自分の特技やスキルがマッチしていることが大切です。その中で自分がもっとも自信がある強みを大いにアピールできれば、内定を勝ち取ることがができるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related