Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月03日

面接に必須の対策10選を紹介!|面接前にチェックすることとは?

面接に合格するためには、事前に面接対策を行うことが不可欠です。この記事では面接に必須の対策について徹底解説しています。また併せて、面接前にチェックすべきポイントについてもご紹介していますので、これから面接を受ける方はぜひご参考ください。

面接に必須の対策10選を紹介!|面接前にチェックすることとは?

面接は対策が可能

転職を成功させるためには、面接という関門をクリアしないことには始まりません。応募書類に記載するキャリアやスキルは短期間で改善させることはできませんが、面接ならば短期間でも対策をしておけば、十分な効果を見込めます。

面接を制する者が転職を制すると言っても過言ではないため、この記事では面接に必須の対策について徹底解説しています。

これから面接を受ける方は、ぜひ最後までご覧ください。

面接に必須の対策10選

面接を軽く考えてしまうのは命取りと言えるでしょう。面接官は何十人も何百人もの応募者を審査してきているため、面接の対策を行っていない人を容易に見抜くことができますし、「対策をしていないのは意欲がないからだ」と判断するはずです。

希望する会社に入社するために、ここからは面接に必須の対策を10個ピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ時間を取ってこれらの対策を行ってみてください。

面接に必須の対策1:面接でよく聞かれる質問を知っておく

面接に必須の事前対策としてまずご紹介したいのが、面接でよく聞かれる質問をリサーチしておくということです。

面接で聞かれる質問の多くはどの企業でも似通っており、たとえば簡単な自己紹介やこれまでのキャリアといった応募者のプロフィールに加えて、志望動機や退職理由などが挙げられるでしょう。

あらかじめ質問を想定しておけば、面接本番で何を聞かれるのか不安に感じることもありません。

面接に必須の対策2:想定質問リストを作成

想定質問リストを作成するというのも、面接に必須の対策のひとつとして挙げられるでしょう。

聞かれる質問の多くは事前に予想することができるため、想定質問リストを作り、それらに対する模範回答についても準備しておくことが面接の事前対策として大切です。

なお、ありがちな回答は避け、企業の求める人物像や業務内容に即した回答を用意しておくことをおすすめします。

面接に必須の対策3:業界研究をする

面接に必須の対策のひとつとして、業界研究をしておくということも挙げられます。

業界によって求められるスキルや能力が大きく変わってきますし、それに合わせて面接で聞かれる質問も変化するため、面接でスムーズに受け答えをするためには業界研究が不可欠です。

自分の志望する業界ではどのような人物像が求められているのか、どのようなスキルや能力が強みになるのかをリサーチしておきましょう。

面接に必須の対策4:企業研究をする

企業研究をするというのも、面接に必須の対策のひとつに数えられるでしょう。面接時には、応募者が自社についてどれくらい理解しているのか、どれくらい熱意をもって企業研究を行っているのかを確認するために企業に関する質問をする面接官も多くいます。

企業に関する基本的な情報から、現在その企業が集中的に取り組んでいる新規事業に至るまで、徹底して事前に企業研究を行っておくことが大切です。

面接に必須の対策5:面接時のマナーを確認する

面接に必須の対策のひとつとして挙げられるのが、面接時のマナーについて確認しておくということです。

入退室の際のノックやお辞儀の仕方といった基本的なマナーに加えて、面接にふさわしい服装やヘアスタイル・メイクなどについてもきちんとチェックしておきましょう。

また、企業によって面接時にふさわしい服装には若干の差がありますので、事前に調べておいたほうがベターです。

面接に必須の対策6:志望動機を明確にする

志望動機を明確にしておくというのも、面接に必須の対策のひとつでしょう。

どの企業・職種の面接でも必ずと言っていいほど志望動機は聞かれるので、面接官に自身の意欲やモチベーションの高さをアピールするために、明確な志望動機を語れるようにしておく必要があります。

できるならば、これまでのキャリアと志望動機をうまく結びつけながら説明できるようになっておきたいものでしょう。

面接に必須の対策7:キャリアビジョンを描く

面接に必須の対策のひとつに、キャリアビジョンを明確に描くということも含まれるでしょう。

企業側は、今後のキャリアプランがしっかりと練っている計画的な人物を採用したいと考えているため、面接時にはキャリアビジョンについて質問をされることが多くあります。

このような質問を受けた時にそつなく、また明確に説明ができるように、キャリアプランを練っておくことも必要な対策です。

面接に必須の対策8:身だしなみを整える

身だしなみを整えておくというのも、面接に必須の対策のひとつとして挙げられるでしょう。

面接前にスーツなどのクリーニングを済ませておくのはもちろんのこと、散髪して清潔感のあるヘアスタイルにしておくことも大切です。

とりわけ、清潔感のある見た目が重視される接客業や営業職の面接では、面接官によい印象を持ってもらえるように他にも身だしなみを整えておくことが対策として必要です。

面接に必須の対策9:落ち着いた話し方を練習する

面接に必須の対策のひとつとして、落ち着いた話し方を練習するということも挙げられます。

ぼそぼそと小さい声で早口で話さないように気を付けること、面接官によい印象を持ってもらえるようにはっきりと大きな声で、また落ち着いた話し方をすることを心がけてみてください。

自分では自分の話し方がよく分からないという場合には、ボイスレコーダーなどを使って面接練習の録音をしておくとよいでしょう。

面接に必須の対策10:転職アドバイザーに面接練習をしてもらう

転職アドバイザーなどプロに面接の練習をしてもらうというのも、面接に必須の対策でしょう。

最近では大手の転職エージェントでも、業界に精通したプロの転職コンシェルジュやキャリアアドバイザーに無料で面接練習をしてもらえることが多いため、このようなエージェントに登録して積極的にそのサービスを活用してみてください。

プロに見てもらうことで、改善点を的確に指摘してもらえます。

簡単にできる面接前のチェック

以上では、面接前に必ずやっておきたい対策を10個厳選してご紹介してきました。では、他にどのような点に気を付けて面接に臨めばよいのでしょうか。

ここからは、面接前にチェックしておきたいポイントを3つピックアップしてご紹介していきます。

面接で100%力が出せるように、ぜひ以下のポイントを参考にしてみてください。

かっこよくミスなく話そうとしない

まず大切なのが、かっこよくミスなく話そうとしないということです。もちろん事前に話し方の練習を徹底するのは大切なことですが、本番でパーフェクトな話し方をしなければならないと考えてしまうと、緊張で上がってしまい逆効果になるでしょう。

100%完璧な話し方を目指さず、80%ほど達成できればよいと気楽に考えることも、本番で緊張せずに力を出し切るためのコツです。

簡潔に話す意識を持つ

簡潔に話す意識を持つことも、面接前にチェックしておきたいポイントのひとつでしょう。

少しでも自己アピールしようとして長々と受け答えをしてしまうと、面接官の心証を悪くしてしまいますので、質問には明確かつ簡潔に答えるように心がけることも大切です。

質問の意図に対して簡潔な回答を提示する

質問の意図を理解し、それに対して正確かつ簡潔な回答を行うというのも、面接前にチェックしておきたいポイントとして挙げられるでしょう。

質問に対してよく考えずに答えると、的外れな回答になったり長々と話してしまうため、それを防ぐためにもまずは面接官の質問の意図を理解することが大切です。

その上で、面接官が聞きたいことに対してきちんと簡潔な答えをするのがポイントでしょう。

面接の対策をしっかり行おう

今回は面接に必須の対策や面接前にチェックしておきたいポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

事前に対策を行うことで、本番で緊張することなく自分の良さを十二分に面接官にアピールすることができるはずです。

面接の成功は、事前対策にかかっていると言っても過言ではありません。これから面接を受ける方は、ぜひ今一度面接の対策のポイントやチェックすべき点を確認してみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related