Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント10選|面接で見られていること

面接は転職活動において避けることのできない関門です。そこでこの記事では、面接でよく聞かれる質問とその回答ポイントについて徹底解説しています。面接を制する者が転職活動を制すると言っても過言ではないため、ぜひ参考になさってみてください。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント10選|面接で見られていること

面接は転職活動で避けられない関門

新卒で就職するにせよ中途採用の枠を狙って転職するにせよ、希望する会社に入社するためには面接を通過することが必須になります。

しかし、面接で適切な受け答えができず、せっかくのチャンスを目の前で惜しくも逃してしまう人がいるのも事実です。

この記事では面接でよく聞かれる質問やその回答のポイントについて徹底解説していますので、これから面接を受けられる方はぜひ最後までご覧になってください。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント10選

企業によって、また応募する職種やポジションによって面接時の質問は変わってきますが、多くの質問は似通っています。

面接でよく聞かれる質問を事前にリサーチし、適切な回答をあらかじめ用意しておくことが、面接を制するために不可欠だと言えるでしょう。

ここからは、面接でよく聞かれる質問とその回答のポイントについて10個ピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント1:簡潔な自己紹介

面接でよく聞かれる質問としてまず挙げられるのが、「簡単な自己紹介をしてください」ということです。

面接の最初の段階で自己紹介を求められたら、自身の名前や年齢と言った基本情報に加えて、所属先やそこでのポジションなどについて簡潔かつ明瞭に紹介しましょう。

自己紹介を長々としてしまうと、「空気が読めない」と面接官にマイナスの印象を与えてしまいかねないので要注意です。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント2:志望動機

志望動機も、面接でよく聞かれる質問のひとつとして挙げられるでしょう。

「なぜ弊社への入社を希望されるのですか」という質問は必ずと言っていいほど聞かれ、その回答によって応募者の意欲がチェックされることになるため、志望動機は明瞭かつ具体的に答えなければなりません。

これまでのキャリアや自分の強み・長所と、応募したポジションの業務内容を関連付けながら答えるのがポイントです。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント3:強みと弱み

「あなたの強みと弱みは何ですか」というのも、面接でよく聞かれる質問のひとつとして挙げられます。

強みと弱みについての質問を通じて、面接官は応募者の適性や能力に加え、自分を客観的に把握できているかどうかを見定めようとしています。

強みと弱みは具体的に答えること、とりわけ強みに関しては企業の求める人物像に合わせて答えることがポイントです。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント4:過去の成功体験

過去の成功体験も、面接でよく聞かれる質問のひとつに数えられるでしょう。転職者の場合はこれまでの仕事の中でどのような努力を行い、どのようなことを成し遂げたのかを具体的なエピソードを交えて説明し、自己アピールにつなげるのがポイントです。

新卒者の場合は、大学生活やアルバイトなどを通じて得た成功体験について、仕事の内容と結び付けながら説明するとよいでしょう。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント5:過去の挫折経験

面接でよく聞かれる質問のひとつとして挙げられるのが、過去の挫折経験です。面接官は、応募者が過去にどのような挫折を経験したのか、それにどのように対処し、どのように成長することができたのかを見定めようとしています。

重要なのは、失敗から学ぶ姿勢です。ただ単に挫折のエピソードを語るのではなく、挫折をどのように乗り越え、次につなげたのかをきちんと説明するようにしましょう。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント6:退職理由

退職した理由も、面接でよく聞かれる質問のひとつでしょう。中途採用者を対象にした面接では、採用後のトラブルを避けるため、面接官はネガティブな理由で退職した応募者の採用を見送る傾向にあります。

実際には前職での人間関係のトラブルやその他の不満などネガティブな理由で退職したとしても、面接官に悪い印象を与えないために、それをポジティブに言い換えることが必要でしょう。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント7:前職でのポジションと業務内容

面接でよく聞かれる質問のひとつに、前職でのポジションと具体的な業務内容も含まれるでしょう。

応募者がこれまでどのようなポジションでどのような業務にあたってきたのかを質問することで、応募者の適性や能力・スキルなどを測るのが目的です。

面接官に自分のこれまでのキャリアを十分に理解してもらえるよう、具体的かつ分かりやすく説明するように心がけたいところでしょう。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント8:企業に関する基本情報

企業に関する基本情報も、面接でよく聞かれる質問のひとつです。自社に関する質問をすることで、面接官は応募者がきちんと企業研究を行っているかどうか、また自社への入社に本当に意欲を持っているのかどうかをチェックしています。

企業に関する質問をされてもスムーズに受け答えができるよう、あらかじめ企業に関する情報収集をしっかりと行うことが必要だと言えるでしょう。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント9:なしとげたいことやキャリアプラン

面接でよく聞かれる質問のひとつとして挙げられるのが、キャリアプランについてです。

もし採用になった場合、応募した企業でどのようなことを成し遂げたいのか、どのようなキャリア形成を考えているのかを聞かれることが多いので、明確なキャリアプランを事前に準備しておくことが必要でしょう。

また、応募する職種や業務内容と関連付けて、やりたいことやキャリアプランについて語れるようになりましょう。

面接でよく聞かれる質問と答えるポイント10:「何か質問はありますか?」という逆質問

「何か質問はありますか」という逆質問も、面接でよく聞かれることのひとつに含まれます。

面接官は一方的に応募者に質問をするだけではなく、応募者側からの質問を募ることで、応募者がどの程度臨機応変に対処できるのか、また適切な質問力があるかを見極めようとしています。

逆質問に対しては、「もし採用された場合、入社までの間具体的にどのような準備を行えばよいでしょうか」といった回答がおすすめです。

面接の質問で見られていることとは?

以上では、面接での質問とその受け答えのポイントについて解説してきました。では、面接官はこれらの質問を通じて、応募者の何をチェックしているのでしょうか。

面接官の質問の意図がわかれば、よりよい回答を準備することができるはずです。ここからは面接官が質問を通じてチェックしているポイントをご紹介していきますので、面接対策としてぜひ参考にしてください。

どのような人か

面接でチェックされるポイントとしてまず挙げられるのが、応募者の人となりです。

応募書類だけでは応募者の経歴など表面的なものしかわからないため、実際に面接で直接コミュニケーションを取ることで、応募者の人物像や業務への適性を測ろうとしています。

面接官によい印象を持ってもらえるように、相手の目をきちんと見て受け答えすること、笑顔を心がけることが大切です。

志望度合いや熱意

志望度合や熱意についても、面接でチェックされるポイントとして挙げられるでしょう。

同じ能力の応募者が複数いるならば、より志望動機が明確で意欲的な人物を採用したほうが会社に貢献してくれるため、面接官は応募者の意欲やモチベーションの高さをチェックしています。

そのため、志望動機や入社後にやりたいこと・成し遂げたいことについてアピールできるようにしておきましょう。

度胸や臨機応変に対応できるか

度胸があるか、また臨機応変に対応できるかどうかも面接官が面接でチェックしているポイントです。

ビジネスパーソンとして度胸があること、臨機応変かつ柔軟に物事に対処できることは大切な能力ですので、変わった質問をして応募者をわざと慌てさせようとする面接官もいます。

どんな質問をされても、落ち着いて冷静に答えることが大切です。

面接で聞かれる質問を知って対策をしよう

今回は面接でよく聞かれる質問とその回答のポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

面接で聞かれやすい質問とその模範解答についてあらかじめ勉強しておけば、きっと本番でも上手く受け答えができるはずです。

面接を受ける前に、ぜひこの記事でご紹介した内容を参考にしながら面接の練習を行ってみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related