Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月03日

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容

ファイナンシャルプランナーの資格は、金融業界のみならずさまざまな業界で活躍できる資格です。自分が希望する業種、企業でファイナンシャルプランナーとして活躍するためには、面接を通過し採用されなけれればいけません。面接・就職にはどんな準備をしていけば良いでしょうか。

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容

ファイナンシャルプランナーの業務内容

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容
ファイナンシャルプランナーとは、一言でいうとお金の専門家です。節約方法、税金対策、投資、住宅ローン、不動産計画、教育資金、老後の設計、相続についてなどあらゆるお金にまつわることについて、相談にのったり計画・指導などをしていきます。

この資格を活かして活躍できるところは、銀行や保険業界、金融業界、不動産関係などがあります。また、独立開業してさまざまな分野を対象に相談に乗るなどということもできます。

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容
ファイナンシャルプランナーの資格をとって希望する業種で働くためには、面接を通って採用されなければなりません。

ファイナンシャルプランナーとして活躍するためには、どんな面接内容を想定しておけば良いでしょうか。

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例1:ファイナンシャルプランナーを目指した理由

ファイナンシャルプランナーの資格を取ったそもそもの理由を面接で聞かれることがあります。就職を希望する業種に合わせた回答をすると良いでしょう。

「以前、仕事で経理関係の仕事をしていました。そのなかで、現在の資産を運用したり展開したりすることに興味を持ちました。そこでファイナンシャルプランナーを取得し、資産管理についてアドバイスしたりする仕事をしたいと思い取得しました。」

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例2:ファイナンシャルプランナーとしてしたい仕事

ファイナンシャルプランナーを就職のためではなく、就職後の仕事に活かすためにとったことを面接で伝えると良いでしょう。特に実務経験がない場合の面接で聞かれることが多いでしょう。

「わたしは、学生時代に会計事務所でアルバイトをしていました。お客様により具体的なアドバイスをしていくためには、まずは基本的なノウハウが必要とおもい資格を取得し、より現場で生きたアドバイスができるようになりたいとおもっています。」

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例3:10年後にはどうなっていたいか

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容
金融業界はある意味では不安定で、しっかり構えていないと明日もどうなるかわからないという業界です。面接では将来設計について聞かれることも多くなります。

「ファイナンシャルプランナーの勉強だけでは、めまぐるしい不動産業界では伸び続けられないとおもっています。将来的に宅地建物取引士の勉強もして、現場で活かせるように不動産のスペシャリストになれるように努力するつもりです。」

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例4:何故この業界を志望したのか

ファイナンシャルプランナーの資格を活かす現場は、たくさんあります。なぜその業種を希望したのか、面接で聞かれることも多くなるでしょう。

「わたしがファイナンシャルプランナーの資格をとって、証券会社で働きたいと思ったのは株価の動きが世界情勢や、ちょっとした経済の揺れによって変化することに興味をもっているからです。証券会社で働くために、基礎知識としてファイナンシャルプランナーの資格を取得しました。」

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5:ストレス耐性について

金融業界は、業種によってはハードでノルマがある業種もあります。大金を動かすというプレッシャーもあります。応募者のストレスに関する、精神的な耐性について聞かれることも多いでしょう。

「わたしはずっと営業畑で働いており、ノルマなどストレスに対する耐性はあるとおもっています。ただ、営業として物を売るなかで、お金自体の流れに興味を持つようになりました。そこで、金融業界で働きたいと思いファイナンシャルプランナーの資格を取得しました。」

ファイナンシャルプランナーの5つの面接対策

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容
ファイナンシャルプランナーになるには、資格をとるだけでなく希望する業種、希望する職場の面接に通らなければなりません。そこで、ファイナンシャルプランナーの面接対策を考えてみましょう。

ファイナンシャルプランナーの5つの面接対策1:業種に合った対策をする

ファイナンシャルプランナーの資格をとったことだけで、すぐに就職できるということはありません。ファイナンシャルプランナーの資格をとって、何の仕事をしたいのかが大事です。

この資格はさまざまな業界で有利になるので、取得すべき資格としてあげられることが多いですが、即就職できるのではなく選択肢が増えるということです。面接では、資格取得が目的ではなくその先の働きたい業種をアピールしましょう。

ファイナンシャルプランナーの5つの面接対策2:コミュニケーションスキルの質問対策

ファイナンシャルプランナーは、パソコンに向かってデスクワークだけをしているわけではありません。難解な経済について分かりやすく顧客に説明したり、顧客のニーズをくみ取ったりする接客業のようなものです。また、相手の状態や状況に合わせた、コミュニケーションスキルが必要な仕事です。

基本的な接遇をはじめとして、応用力のあるコミュニケーションスキルを持っていることを、面接でアピールする必要があるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの5つの面接対策3:営業力に対する対策

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容
ファイナンシャルプランナーとして、顧客を待つ体勢で良いのかというとそれだけではありません。不動産関係や証券関係に勤務した場合、銀行などであっても部署によっては営業することが必要になることがあります。

営業的なことも苦にならないという人材の方が、歓迎されることがあるでしょう。元々営業からの転職であればそれがアピールになりますが、それ以外の場合でも人と接することが得意などを面接でアピールをしましょう。

ファイナンシャルプランナーの5つの面接対策4:自分自身の経済関係について

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容
金融関係に勤務することは、特に信頼関係が大事です。自分自身がきちんとした金銭感覚を持ち、自立して経済関係について成り立っているか、そうする気持ちがあるかは面接で聞かれるでしょう。

「自立して貯蓄もしています」ということは最も面接でアピールできますが、親と同居であっても生活費は折半しているなど面接対策をしていきましょう。また、生活費などについても答えられるようにしておくと金銭感覚をアピールできます。

ファイナンシャルプランナーの5つの面接対策5:勤務地に関する知識を得ておく

ファイナンシャルプランナーの資格をとってどの業種に就くかはいろいろな選択肢がありますが、いずれにしてもどこで働くかも大事です。特に地方銀行などの場合、地元に密着していることが求められます。

その地域出身であれば面接で話しやすいですが、それでも地域情報を知らないのでは面接官に首を傾げられてしまう可能性があります。その地域に対する知識や思い入れなど、ある程度の情報を得ておいた方が良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーにおすすめの転職エージェント5選

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容
ファイナンシャルプランナーとして、目指す業界はあっても自分自身が精通していない場合、プロの転職サイトを使うことがおすすめです。面接対策なども教えてくれます。転職エージェントによる的確なアドバイスで、理想的な転職を目指しましょう。

ファイナンシャルプランナーにおすすめの転職エージェント1:doda

dodaの特徴は、求人数が多く対応が早いという点にあります。常時10万件の案件が用意され、その中で迷ってしまうような時も転職エージェントのサポートをセットで受けることができます。

dodaしか扱っていない非公開求人も多くあるほか、企業からのスカウトメールが届くシステムもあるのが特徴的です。ファイナンシャルプランナーの転職も数が多く、未経験でも歓迎してくれるという転職先も探してくれます。

ファイナンシャルプランナーにおすすめの転職エージェント2:リクルート

リクルートは、求人数が国内で最多で非公開求人の数もトップクラスです。転職エージェントは土日や平日の夜間でも対応してくれるので、働きながら転職先を探す方には良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーの求人も多く、年間休日120日以上や家庭との両立ができるような福利厚生の厚い求人や、働きながら成長できるような求人も数多くあります。面接などのサポートもしてくれます。

ファイナンシャルプランナーにおすすめの転職エージェント3:パソナキャリア

パソナキャリアの転職エージェントは常に転職者目線ということを重視していて、求人を無理にすすめるようなことがないという評判です。求人数は大手より少なめですが、質の良い求人が多く信頼がおけるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの資格をとる方は、大手企業で目いっぱい働きたい方のほか主婦業から再就職という方も少なくありません。そういったあらゆる働き方に対応したサポートを行ってくれます。

ファイナンシャルプランナーにおすすめの転職エージェント4:マイナビ転職エージェントサーチ

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容
マイナビ転職エージェントサーチは、企業と転職者の仲介をする転職エージェントを探すことができます。転職サイトで自分で応募するより、キャリアアドバイザーが転職先を探して、応募してくれるというものです。多忙で転職活動ができない方などは良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーに関しても、中小企業まで幅広く求人をとっている強みを活かして未経験から、さらに年収アップするような求人まで選ぶことができます。

ファイナンシャルプランナーにおすすめの転職エージェント5:エン転職

エン転職の特徴は、企業の雰囲気や仕事の難しさなど実際に働き始めてからわかる内容なども教えてくれることです。第二新卒や未経験者も歓迎なので、一度ブランクがあって改めて資格を取って頑張るようなときにも良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーの求人に関しても、福利厚生を重視した求人や生命保険関係、不動産関係、企業などさまざまな職場が紹介されているので、自分に合った職場や環境を選ぶことができるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの面接内容を把握しましょう!

ファイナンシャルプランナーでよくある面接内容と回答例5つ|業務内容
ファイナンシャルプランナーの資格をとるときには、それなりの理由があってのことでしょう。その夢をかなえるためには、どんな業種を選びその業種で働くためにはどんな面接対策をすれば良いか、しっかり把握して挑みましょう。

Related