Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月15日

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ|おすすめ転職エージェント

宅地建物取引士になりたい人は、どのような面接をされるのかを頭に入れておくことで有利に採用される可能性が高まります。ここでは、宅地建物取引士の面接対策を紹介していきます。気になる転職エージェントもピックアップしているので、参考にしてみましょう。

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ|おすすめ転職エージェント

宅地建物取引士の業務内容

宅地建物取引士の業務内容は、不動産を購入する際に顧客に大事なことや知っておくべきことを説明する仕事です。不動産や法律の知識が必要なことはもちろんのこと、丁寧に説明する力も試されます。

さらに他にも不動産売買をする書類に、署名や押印をすることも宅地建物取引士の大事な仕事の1つです。正確に物事を行う必要性があるでしょう。

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ|おすすめ転職エージェント
ここからは、宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例を紹介していきます。宅地建物取引士の業務内容が分かったところで、不動産業界で働きたいと考えるのであれば面接対策も必要でしょう。

さらに宅地建物取引士の仕事を目指す人の多くは、同じように宅地建物取引士の資格を持っています。宅地建物取引士の資格があるから面接も簡単に突破できるとは限らないので、事前に準備しておきましょう。

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例1:なぜ宅地建物取引士の資格を取ったのか

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ|おすすめ転職エージェント
宅地建物取引士でよくある面接内容は、どうして宅地建物取引士の資格を取得したのかということです。面接官は、特に業界未経験の人がなぜ資格を取ろうと思ったのか気になっていることが多いです。

ここでの回答例は、不動産業界に興味があったからや身内に宅地建物取引士がいたので興味があったという答えがおすすめです。自分が宅地建物取引士の資格を取得した理由を簡潔に伝えましょう。

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例2:業界で働いた経験はあるか

次に多い宅地建物取引士でよくある面接内容は、不動産業界で宅地建物取引士として働いた経験があるかどうかです。特に中途採用で宅地建物取引士を目指す人は、この質問は避けられません。

実際に宅地建物取引士として働いていた経験がある人は、詳細に過去の職務履歴を語るようにしましょう。履歴書に書いてある内容よりも詳しく説明した方が良いです。

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例3:不動産に関する時事

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ|おすすめ転職エージェント
宅地建物取引士でよくある面接内容として聞かれることが多いのは、不動産に関する時事的なことに対する意見や感想などです。宅地建物取引士の資格を持っているのであれば、知っていて当然ということも聞かれることがあります。

この面接内容をパスするためには、常に不動産関連のニュースにアンテナを張っておく必要があるでしょう。回答例に正解はありませんが、不動産関連のニュースにプラスして自分の意見を言えると良いです。

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例4:なぜ応募してきたのか

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ|おすすめ転職エージェント
宅地建物取引士の面接でよくある質問は、どうして弊社の求人に応募してきたのかという点です。宅地建物取引士の求人は、数多くあります。その中で志望動機が聞かれることは、宅地建物取引士で多くあることです。

おすすめの回答例としては、その会社独自のサービスに魅力を感じたからということが良いでしょう。宅地建物取引士の仕事をしたい人は、会社研究もする必要があります。

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5:ほかに資格があるか

宅地建物取引士でよくある面接で聞かれることが多いのは、ほかにも資格取得をしているかどうかです。宅地建物取引士の資格にプラスして、管理業務主任者やマンション管理士の資格などが大事になってきます。

もし宅地建物取引士の資格しか持っていない場合の回答例としては、興味があるや勉強中が無難でしょう。不動産業界の知識や多いことをアピールすることも大事です。

宅地建物取引士の5つの面接対策

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ|おすすめ転職エージェント
ここからは、宅地建物取引士の5つの面接対策について紹介していきます。宅地建物取引士の面接は特殊に感じる人もいるでしょうが、実際には他の一般的な面接と大きな違いはありません。

面接の望む際には、自分が面接官だったらどんな人を採用したいのかを考えて臨むと良いでしょう。清潔感のある服装や髪形をしているかどうかは、事前に確認しておくと良いです。

宅地建物取引士の5つの面接対策1:自己紹介は簡潔に

宅地建物取引士の5つの面接対策の1つ目は、自己紹介は簡潔にです。自己紹介して下さいとだけ言われているのにもかかわらず、長々と自己アピールもする人がいます。面接官が、良くない印象を受ける場合もあるので注意しましょう。

自己アピールは、自己アピールして下さいとお願いされた時にするようにしましょう。正確に伝えることが求められる宅地建物取引士は、面接の質問の意図を的確にくみ取る必要があります。

宅地建物取引士の5つの面接対策2:志望動機を明確に応える

志望動機を明確に応えることは、宅地建物取引士として大事なことです。面接に臨む際には、事前に何個か志望動機を考えておくと良いでしょう。

さらに中途採用の場合は、どうして前の会社を退職したのかということは良く聞かれます。ステップアップしたかったなどと前向きな内容で志望動機を明確に応えると良いでしょう。

宅地建物取引士の5つの面接対策3:将来の夢は何か考えておく

宅地建物取引士の面接では、どのような宅地建物取引士になりたいのかと聞かれることがあります。将来どのように成功したいのかを考えておくと良いでしょう。

さらに宅地建物取引士に関わらず、キャリアプランを明確にしておくことは大事です。業界未経験者は、実際に宅地建物取引士として働いている人の話を聞いて将来像を明確にしていきましょう。

宅地建物取引士の5つの面接対策4:大事にしたいことを考えて置く

面接対策で考えておきたいことは、自分は何を大事にして生きていきたいかということです。面接の中でもどのぐらいの年収を希望するかや休日出勤できるかどうかを聞かれることは少なくありません。

プライベートを大事にしたい人は、休日出勤や残業が多い会社で働くとギャップが生まれてすぐに退職してしまう可能性もあります。事前に会社の勤務状況を調べておくことも良いでしょう。

宅地建物取引士の5つの面接対策5:逆質問を考えておく

逆質問の内容を事前に考えておくことは、面接で有利に働きます。聞きたいことがあれば、慌てないように事前に考えておくと良いでしょう。面接官が宅地建物取引士の場合は、実際に働いていて感じることなどを聞いても良いです。

宅地建物取引士におすすめの転職エージェント5選

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ|おすすめ転職エージェント
初めて宅地建物取引士として転職する人は、転職エージェントを活用してみましょう。転職エージェントは、自力では探し出すことができないような魅力的な企業を紹介してくれるケースもあります。

さらに面接対策や履歴書の書き方など指導してくれるので、有効に使っていきましょう。

宅地建物取引士におすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ|おすすめ転職エージェント
マイナビエージェントは、全国的に知名度の高い会社です。宅地建物取引士におすすめの会社も多く取り扱っているので、満足できるでしょう。大手企業以外の情報もあるので、自分では探し出せない優良企業で働ける場合もあります。

宅地建物取引士におすすめの転職エージェント2:doda

転職実績が多いことで有名なのは、dodaです。一般には公開されていない転職情報もあるので、まずは登録してみましょう。業界未経験という人の力強い味方になってくれること間違いなしです。

幅広い年代の人が利用しているので、年齢が気になっている人にもおすすめです。

宅地建物取引士におすすめの転職エージェント3:JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)は、優良企業を紹介してくれる転職エージェントです。フリータをしている間に宅地建物取引士の資格を取ったという人に、心強いサポートをしてくれるでしょう。

満足度も高いので、登録しておくことをおすすめします。

宅地建物取引士におすすめの転職エージェント4:パソナキャリア

パソナキャリアは、キャリアアドバイザーが強力なサポートをしてくれることで有名です。宅地建物取引士の資格を取得したものの、どのように転職活動をしていったらいいのか分からない人におすすめです。

大都市圏での仕事を多く紹介してくれているので、上京して働きたい人にもおすすめです。

宅地建物取引士におすすめの転職エージェント5:JAC Recruitment

年収の良い会社や外資系で働きたい人は、JAC Recruitmentを利用してみましょう。自分の今の給料に不満を感じて宅地建物取引士として活躍したい人にとっては、最高の条件の求人が紹介されている場合があります。

宅地建物取引士の面接内容を把握しましょう!

宅地建物取引士でよくある面接内容と回答例5つ|おすすめ転職エージェント
宅地建物取引士になりたい人は、宅地建物取引士の面接内容をしっかり頭に入れて応えられるようにしていきましょう。転職で宅地建物取引士になりたいという人は、転職エージェントを賢く使うこともおすすめです。

Related