Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月15日

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選

不動産鑑定士の業務内容などを知ることで、不動産鑑定士への興味も出てきます。不動産鑑定士として働く場合には、転職エージェント選びそして面接には何が大切かがわかれば面接も怖くありません。ここでは、面接内容と面接対策や転職エージェントの話をします。

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選

不動産鑑定士の業務内容

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選
不動産鑑定士は、どんな仕事をしているのでしょう。不動産鑑定士は、一般的な不動産の査定業務とは少し内容が違います。

一般的な不動産査定に関しては、おおよその目安で不動産がどのくらいの金額で売れるかと考えます。

不動産鑑定士は、不動産がもつ価値を前提として金額を算出します。また不動産運用のコンサルティングや企業の時価評価なども行います。

不動産鑑定士でよくある面接内容5つ

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選
不動産鑑定士でよくある面接内容には、どんなものがあるのかここから見ていきましょう。面接の流れを知っておくことでスムーズな行動や言動ができます。また、相手にも良い印象を与えることができます。

不動産鑑定士でよくある面接内容1:内容の理解

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選
不動産鑑定士の面接に限らず、面接時にはどのようなことが行われるかをある程度把握しておく必要があります。どのような企業を受けるにしても、面接のながらと言うものはどの企業もそれほど大きな違いはありません。

不動産鑑定士の面接でも、流れは他の企業とほぼ同じようなものになるので、しっかり自分で確認しておくことが大切です。あらかじめ、おおよその流れがわかっていればイメージトレーニングもできます。

不動産鑑定士でよくある面接内容2:自己紹介

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選
不動産鑑定士など、面接では必ず自己紹介をします。自己紹介をしてくださいと言われるだけではなく、自分の得意とすることなどできる限りアピールしましょう。

また、単に自身を紹介するだけの言葉ではなく、経験や体験から身に付いたことなどをアピールすることで、面接官に与える印象が良くなります。

経験や体験で自身が成長してきた過程を話すことで、企業側も活躍できる人材かどうかの判断基準として見ます。

不動産鑑定士でよくある面接内容3:志望動機

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選
次に聞かれることは、応募してきた理由です。面接では志望動機を聞かれます。不動産鑑定士として働きたいのはどうしてか、また不動産鑑定士としてどうして自社で働きたいと思ったのかなど、志望動機は必ず聞かれますのでしっかり答えられるようしておきましょう。

例えば、以前働いていた職場の環境が合わなかったから、仕事内容に無理があったなど、自分にマイナスになるような事は言わない方が良いです。

不動産鑑定士でよくある面接内容4:スキル

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選
不動産鑑定士として働く上で、他にも何か資格や得意とすることがあるのかなど面接時に良く聞かれます。面接の始めよりも終盤の方にスキルの話をしてきます。

面接する中で、不動産鑑定士としてどんな仕事ぶりを期待できるのか、不動産鑑定士としての仕事内容以上の事もしてくれるのか、どれだけ会社にとって活躍してくれる人材なのかを面接官も見極めるので、スキルについてはしつこく聞かれる場合もあります。

不動産鑑定士でよくある面接内容5:逆質問

不動産鑑定士としての面接を含めて、多くの企業では最後に「質問はありますか」と聞いてきます。この逆質問の答え方でも、採用不採用には大きな影響があります。

例えば、面接官に質問はと聞かれて、「特に何もありません」などと答えた場合は、強い意志が無いと見なされてしまうケースもあります。しかし入社した場合どのような仕事をするのか、入社して以降どんなスキルがあればいいですか、など意欲を感じさせる質問をしましょう。

不動産鑑定士の5つの面接対策

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選
不動産鑑定士の資格を取得しても、面接時に自分をアピールできなかったり極度の緊張で思うように話ができなかったことで、不採用になってしまっては残念です。

どの企業の面接でも、緊張は付きものですが、常に自分らしくいられるためには、面接に対して対策をとっておくことが大切です。

ここでは、不動産鑑定士の面接対策を紹介していきますので参考にしてみてください。

不動産鑑定士の5つの面接対策1:自身のアピール

不動産鑑定士として働くことになったら、自分にはどんなことができるのか、どのようにして仕事をしていきたいのかをアピールできるようにしておきましょう。どれだけスキルに長けていても、それをアピールできなければ宝の持ち腐れです。

不動産鑑定士の5つの面接対策2:コミュニケーション

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選
不動産鑑定士としてコミュニケーション能力が高い方が、仕事はしやすいですし幅も広がります。不動産鑑定士は、客商売です。

クライアントからの依頼で仕事をこなしてきますので、コミュニケーションが苦手ではとても困ります。対策としてコミュニケーション能力を普段から高めておく必要があります。

不動産鑑定士の5つの面接対策3:営業力

さまざまな業種が多くありますが、不動産鑑定士は営業力も必要です。企業に入ってその中で仕事をしていくだけでは物足りず、不動産鑑定士は独立している人も多くいます。

自分で会社をやっていくにはまず、仕事をとらなければいけません。そこで大きな力となるのが自身の営業力ですので、身につけておいても良いでしょう。

不動産鑑定士の5つの面接対策4:パソコン

不動産鑑定士の面接対策としてあげられるのが、パソコンスキルです。不動産鑑定士は、パソコンを使った文書作成などを多く行います。パソコンをつかった作業が多いのに、実際あまりパソコンを上手に使いこなせないとなれば、仕事の効率も上がりません。

コミュニケーション能力や営業力だけでは、仕事は回っていきませんのでパソコンの扱いも自分でできるようにしておきましょう。

不動産鑑定士の5つの面接対策5:企業には丁寧な態度で

各企業に対して、御社が一番希望しているところですと言う気持ちを持ちましょう。募集している側の企業では、応募してきた相手は他にいくつも面接を受けていることをわかっています。

どこに受かってもいいといった気持ちは出さず、どの面接に行っても御社が一番だと言う気持ちを最大限に出して面接に挑みましょう。

不動産鑑定士におすすめの転職エージェント5選

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選
転職にも、エージェントを付けた方がスムーズにいく場合があります。不動産鑑定士におすすめの転職エージェントをここで紹介していきますので、転職の際には参考にしてみてください。

おすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

最初にオススメするのは、マイナビエージェントです。マイナビエージェントでは、求人数の保有が常に70000件以上はあります。

転職サイトの中でも求人数がダントツに多くあります。エリア検索や職種検索と、さまざまな検索もしやすくなっています。

おすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェントサイトでは、転職の成功率も高くなっています。登録しておくことで、新着の求人情報がメールで届くようになっていて便利です。登録も時間がかかりませんし、無料で利用することができます。

さまざまな転職サポートをしてくれるので、安心です。また、スカウト機能もついていますので試してみてはいかがでしょうか。

おすすめの転職エージェント3:JACリクルートメント

JACリクルートメントの利用者が感じる満足度はかなり高いものとなっています。JACリクルートメントでは、大手企業や、海外企業、外資系企業などのレベルの高い求人情報が満載です。

また、企業の担当者が直接オファーするなどのサービスがあります。対応も迅速で丁寧ですし、専門的な知識と多くの情報量が強い武器となっています。

おすすめの転職エージェント4:ハタラクティブ

ハタラクティブは、第二新卒就職や転職、未経験者やフリーター就職・転職に力を入れています。

個別サポートも無料で行いますし、とても多くの求人情報を掲載しています。さらに、利用者の強みを把握し、それを活かした就職活動を行っていきます。

おすすめの転職エージェント5:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、転職の実績が業界でもトップクラスです。非公開求人数も同じくトップクラスです。

転職や就職へのさまざまなノウハウを親切に教え、サポートしていきます。また、面接も電話可能になっていますので、安心できます。

スカウト機能もあり、新たな職場探しに利用してみてはいかがでしょうか。

不動産鑑定士職の面接内容を把握しましょう!

不動産鑑定士でよくある面接内容と面接対策5つ|転職エージェント5選
不動産鑑定士職の面接内容を把握することで、緊張などによって不採用を避けることが可能です。自分自身をどのようにアピールすればよいのか、自分の強みは何か、面接を受ける企業についても下調べは必要です。

また、さまざまな職種に対応しているエージェントを頼ってみるのも就職を成功させる一つのポイントとなります。自分に合ったエージェント選びをしていきましょう。希望する求人が見つかれば、自信をもって挑むだけです。

Related