Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

5つの職種別!転職面接でキャリアプランを聞かれた際の回答例と失敗例

転職面接を受ける際によくある質問でキャリアプランがあります。どのような回答が望ましいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。この記事では5つの職業別に回答例と失敗例を掲載しています。自身の目指す職種に合った回答例が知りたい方はぜひ読んでみてください。

5つの職種別!転職面接でキャリアプランを聞かれた際の回答例と失敗例

キャリアプランとは

転職面接で訊かれる質問として代表的なものにキャリアプランがあります。キャリアプランとは自分が仕事において「将来的にどのようになりたいか」という目標を持ち、目標を叶えるための計画のことを指します。

つまり仕事における自身の未来像(キャリアビジョン)を実現するための手段ということです。その未来像を叶えるためにどのようなステップを踏むのかを考える必要があります。

キャリアプランの必要性

自身のキャリアプランを考えているうちに、キャリアプランの必要性に疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。結論から言うと、キャリアプランは立てておいたほうが有利です。

入社希望者がどういった考えで将来どうなろうとしているかを知ることができるキャリアプランは、企業にとって大きな判断材料になります。

転職を成功させやすくするためにも、入社希望社と企業のミスマッチが起こらないようにするためにもキャリアプランがあったほうが良いと言えるでしょう。

5つの職種別!転職面接でキャリアプランを聞かれた際の回答例と失敗例

一口にキャリアプランと言っても、職種ごとにあらゆる回答例があります。

大事な転職面接でキャリアプランの回答が的外れなものになってしまっては企業に良くない印象を与えてしまいます。最悪の場合、計画性の無い人という印象を持たれ、不採用となってしまう可能性も大いにあります。

職種ごとの回答例を事前にチェックし、自身のキャリアプランの答え方を確立させておけば転職面接の際に面接官の期待する答え方ができるでしょう。

そこで今回は5つの職種別に回答例と失敗例をご紹介します。

転職面接でキャリアプランを聞かれた際の回答例1:法人営業

「私が営業職として入社できましたら、まずは御社の取り扱う商品の知識を徹底的に勉強します。クライアント様のご質問・ご要望に対して御社商品のメリットを確実にお伝えできるようになるためです。

クライアント様の問題解決が的確にできるよう、先輩方のプレゼンテーションを学ばせていただく所存です。研修期間の半年間で自立することを目標にし、御社の売り上げに貢献したく思います。

そのために今、マーケティング資格の勉強をしており、ゆくゆくは御社とクライアント様双方にご満足頂ける営業を目指します。」

法人営業のキャリアプランでは大人数相手のプレゼンテーションができそうな人材かを見られます。自社商品を勉強する意思と、プレゼンテーション能力を向上させる意気込みを語りましょう。

失敗例

「入社5年で営業部長となることを目標とし、御社の売り上げを現在の25%アップさせます。マーケティングなどはよく分からないので実際のプレゼンの場で勉強していくつもりです。」

非現実的で具体的なプロセスの無いキャリアプランは当然ながら嫌われます。また、事前に勉強する意志が感じられない発言は営業の転職面接において自らの評価を落とすだけです。回答は現実的かつ具体的なものに絞り、向上心が見受けられるキャリアプランを答えましょう。

転職面接でキャリアプランを聞かれた際の回答例2:個人営業

「営業職として配属されたあかつきには御社の売り上げに貢献することはもちろんですが、顧客との信頼関係を築く営業を目指します。

これは今、御社が力を入れて取り組まれている顧客第一主義から感銘を受けたからで、顧客あっての御社というお考えに共感してこれを目標としました。

定期的にお客様の元へ伺い、コミュニケーションを密に図ることでお客様に身近に感じていただけるよう尽力します。お客様へのヒアリングとスピード対応を武器に、お客様に安心して御社商品をお使いいただけるよう努めます。」

個人営業は商品知識の勉強が必須なのは法人営業と同じですが、営業相手が個人のため人と人との縁がより重要になります。お客様を大事にする誠意を面接官に見せることができれば採用につながるでしょう。

失敗例

「まずは自分の生活を安定させたいと思っています。そのためにお客様の友人となり何でも話せる仲になって、受注に繋げていきます。」

自分の私生活の話ではなく、キャリアに関する回答をしましょう。企業の利益を挙げられていないのもマイナスポイントです。顧客と仲良くなることは間違いではありませんが、ビジネスの関係であることを忘れてはなりません。顧客へのビジネスマナーが欠けた人間と捉えかねない答え方は控えましょう。

転職面接でキャリアプランを聞かれた際の回答例3:エンジニア

「これまで私が培ってきた◯◯の技術を活かし、御社で□□の開発に尽力したく存じます。◯◯で得た技術は□□の開発に応用することで、前職の経験を活かします。

そのためにはより専門性の高い知識や機械の勉強が必要になることと思いますが上司、先輩方に積極的に教えを請い、自らも教材で勉強することで研修期間内で技術を習得して御社へ貢献するよう努めます。

ゆくゆくは御社が押し進めるプロジェクトに第一線で参加したく存じます。」

前職の技術を転職後にどう活かすかがひとつのポイントです。この回答により企業側は入社希望者のエンジニアとしてのレベルはどの程度かを測る判断材料にできます。

得意なことがあらかじめ分かっているので教育をスムーズに進めやすくなります。

失敗例

「キャリアプランなどは考えていないのですが、□□が世間で流行っており自分も興味を持ちましたので御社で□□の開発に関わりたいと思いました。それに前職は年下の上司からの指示が不愉快に感じ転職を決意しました。」

エンジニアには新しい知識を身につけることや変化への適応力が求められます。キャリアプランを考えていないということは向上心や将来への展望が無い人と受け取られ、エンジニアとして不向きではないかという印象を与えます。

流行に乗ることは悪いことではありませんが、技術を習得するために努力する姿勢を見せましょう。

企業の教育に頼りきるのではなく、自身が率先して努力する姿勢を示すことで企業も安心して採用することができます。

転職面接でキャリアプランを聞かれた際の回答例4:Webデザイナー

「現在はwebデザイナーとして見栄えの良いウェブデザインを追求していますが、ゆくゆくはキャリアアップし、御社でwebディレクターとして活躍したいです。

今よりも幅広くウェブサイトに携わることで自分の技能を一段とレベルアップさせることを目指しています。

とくに御社の◯◯ウェブ開発チームには憧れを抱いており、◯◯ウェブ開発チームへの配属を強く希望しております。私もチームの一員としてウェブ開発に携わり、クライアント様、ひいては御社に貢献したく存じます。」

webデザイナーのキャリアアップとしてwebディレクターやアートディレクターなどが挙げられます。どのような経験を積み、どこに行きつきたいかを細かく答えることでデザイナーとしての個性が磨かれるでしょう。

失敗例

「ウェブサイトの知識も、デザイナーとしての実務経験もありませんが御社の◯◯ウェブ開発チームでwebデザイナーとしての活躍を希望しております。」

webデザイナーの場合、転職の際はポートフォリオが必須となります。実務経験がない人材がデザイナーとして雇われることはまずありません。

しかし、ウェブの知識が求められる職場も増えているため、webデザイナーを本気で志す気持ちがあれば勉強してみると自身にとってプラスとなることでしょう。

転職面接でキャリアプランを聞かれた際の回答例5:管理・事務

「私は御社の縁の下の力持ちとして、御社の業務の全体的なサポートができる人材となることを目指します。所属部署内とはもちろん、他部署ともコミュニケーションをとることで営業や制作部署の状況を把握し、信頼を得たいと考えます。

管理・事務業務も入社2年以内で内容の完全把握を目標とし、そのために疑問点が出ればその日の内に部署内の先輩に尋ね解決します。御社の売り上げに貢献し、管理・事務部署の顔と呼ばれるよう尽力する所存です。」

管理・事務職は、営業と同じく働きが企業の売り上げに直結する部署です。

企業の中でも非常に大切な役割を担っている部署なので、会計処理に強い方や信頼を得られる方、売り上げに貢献できる方が求められる人材となるでしょう。

失敗例

「私は管理・事務職として配属して頂けたら訪問された他社の営業マンに、しっかりと対応します。信頼のできる営業マンかどうかをこの目で見極め、企業の番犬として頑張ります。」

力の入れどころを誤って転職面接に臨んでしまうとちぐはぐな回答をしてしまうことがあります。管理・事務職は志望者が多く、狭き門となりがちなので転職面接でのミスは致命的です。

志望する部署の業務内容をよく調べ、キャリアプランを入念に見直し、具体的なものか、支離滅裂になっていないか確認を怠らないようにしましょう。

キャリアプランの描き方

上記5つの回答例に共通して言えることは、企業のメリットとなるようにキャリアプランを述べているということです。

自身のキャリアプランとはいえ、自身の好き勝手に希望を述べるばかりでは企業が得られるメリットがありません。企業にメリットの無い人材を、企業は採用しようと思わないはずです。

大事なことは企業へのメリットが挙げられているか、計画が現実的かつ具体的か、志望部署に当てはまるキャリアプランかの3点です。

キャリアプランを描くメリット

キャリアプランを描き転職面接で企業に伝えることで、自身にも企業にも生じるメリットが大きく分けて2つあります。どちらも転職を有意義なものにするのに欠かせない利点です。

キャリアプランを考える際の注意点

注意点をまとめると2つ気を付けることが挙げられます。1つは、非現実的なプランや具体性の無いプランは嫌われるということです。

地道でもステップを踏んでプランを立てたほうが計画性がしっかりとしている人という印象を与え、好感を得られるでしょう。

2つ目は、キャリアプランは計画どおりに進むとは限らないことです。自らの現状を客観的に見直し、従来のキャリアプランに修正を加えていくことが重要になります。

転職面接でキャリアプランをスムーズに話しましょう

転職は人生の大きなイベントの一つで、その後の人生を左右すると言っても過言ではありません。

転職したい業種に合ったキャリアプランを立てることで、スムーズに転職を成功させて理想の自分への第一歩を踏み出しましょう。

転職が成功した後もキャリアプランを指針としてキャリアアップを目指していきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related