Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月22日

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル

どんな会社でも、採用する前に面接が行われます。面接で合否が決まるので、面接対策は万全にしないといけません。では、Webデザイナーの面接ではどんなことを聞かれるんでしょうか。Webデザイナーの面接で聞かれることや必要スキルをチェックし、面接に挑みましょう。

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル

Webデザイナーの求人状況

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル
Webデザイナーは人気が高い職種の1つで、条件の良い求人は求人倍率が高くなります。Webデザイナーの仕事場はweb制作会社になりますが、会社の規模によって求められる人材が変わってきます。少人数でやっているweb制作会社では、即戦力となる人材が求められます。

大手企業では新卒採用を積極的に行っていて、研修プログラムが準備されていることがあります。

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル
どんな仕事でも、まずは面接から始まります。面接に合格しないと、その会社で働くことができません。面接に合格するためには、面接対策が必須です。志望動機など、面接で聞かれる質問は会社や職種によって違います。

Webデザイナーの面接ではどんなことを聞かれるんでしょうか。面接でよく聞かれる質問とその回答例を紹介します。

Webデザイナーの面接対策1:自己紹介

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル
自己紹介は貴方のことを知るためだけでなく、プレゼン能力があるかを見るために行います。面接の場は緊張するので、そんな場でも慌てずにきちんとプレゼンできるかどうかを見るんです。

名前や年齢などの基本情報、Webデザイナーになろうと思った理由、Webデザイナーに興味を持ったきっかけなどを答えます。

Webデザイナーの面接対策2:志望動機

面接では、志望動機も大事です。会社が求める人材か、会社に対して興味を持っているか、採用する側はこの2点を重要視しています。例えば、企業のwebサイトを作っている会社に、ECサイトのデザインがやりたい人が行っても希望どおりの仕事はできません。仕事がおろそかになる危険性があるので、そういう人は採用しないようにします。

業務内容をきちんと把握し、その仕事に対して魅力に感じていることを伝えましょう。

Webデザイナーの面接対策3:Webデザイナーとしてのスキル

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル
Webデザイナーの面接では、どんなスキルを持っているのか質問されます。Webデザインの基礎スキルは持っているのか、自分できちんと勉強することができる人なのか、それらを判断するための質問です。

学校に通って基礎スキルを身に着けたなら、その旨をきちんと伝えましょう。色彩検定など、Webデザインに役立つ資格を持っているなら、そのことも伝えます。

Webデザイナーの面接対策4:趣味や好きなこと

Webデザイナーの面接のとき、仕事とは関係ない質問をされることがあります。趣味や好きなことを面接で聞かれても意味がないと思うでしょう。しかし、Webデザイナーの仕事をする上で、趣味や好きなことは大事な役割をもってきます。

趣味や好きなことが多ければ多いほど、視野が広いということに繋がります。趣味と言える程のものではなくても、貴方が興味のある事柄や好きなことを正直に伝えましょう。

Webデザイナーの面接対策5:会社でどんなことをしたいか

採用が決まったとき、Webデザイナーとしてどんなことをしたいか面接で聞かれます。採用するにあたり、貴方が会社でどんな働きをしてくれるのか、向上心があるのか、それらを知るための質問です。貴方が会社でやりたいこと、やってみたい仕事を答えてください。

まだまだ経験が浅く、Webデザイナーとして未熟なら仕事をしながらどんどんスキルアップしていきたいと答えるといいでしょう。

Webデザイナーの面接対策6:どんなサイトを見るか

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル
最新のトレンドに敏感かどうかは、向上心があるかどうかに繋がります。なので、Webデザイナーの面接ではどんなサイトを見ているのか質問されることがあります。貴方が普段チェックしているサイトやブログを答えてください。

ゲームの攻略サイトや面白情報を配信しているサイトでは向上心があるとは判断できないので、最新情報を発信しているサイトやブログを答えましょう。

Webデザイナーの面接対策7:デザインとコーティングどっち?

配属先を決めるための質問です。会社が求める人材かどうかを判断するためにも、面接のときに聞かれる多いです。デザインとコーティング両方できるWebデザイナーは少ないので、得意な方を正直に答えましょう。ポイントを稼ごうと、両方できると答えると、採用が決まってから大変な思いをする可能性があります。

デザインが得意だけど、コーティングにも興味がある、そんな場合も正直にそのことを伝えてください。

Webデザイナーの面接対策8:デザインするときに気を付けていること

Webデザイナーの面接では、デザインの本質を理解しているかどうか質問されます。Webデザインの仕事は、見た目ではなく、成果が大事です。「デザインするときに、きちんと成果が出るように心掛けています」と、デザインの本質をきちんと理解していることを伝えましょう。

Webデザイナーの面接対策9:残業は平気か

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル
残業がないWeb制作会社はありません。どこのWeb制作会社も忙しく、残業がない会社を探すのは難しいでしょう。どれぐらいの残業があるのか聞き、許容範囲内なら「大丈夫」と答えてください。

ブラック企業の場合、曖昧な残業時間しか教えてくれないこともあります。不安に感じたら、面接を受けたあと、調べてみることをおすすめします。

Webデザイナーの面接対策10:何か質問はあるか

Webデザイナーの面接では最後に、質問があるかどうか聞かれます。ここまでの面接でいろんなことを聞かれるので、この質問には困る人も多いです。しかし、この質問は貴方の熱意を伝えるチャンスになります。有給のことや休みのことを聞くと熱意がないと判断されるのでダメです。

採用されたらどんな仕事を任せられるのか、制作環境はどんな感じなのか、仕事に関することを聞きましょう。

Webデザイナーの面接で優位になる5つのスキル

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル
先ほども触れましたが、Webデザイナーの面接ではスキルの有無で優位に立てるかどうか決まります。Webデザインの基礎スキルがないと、仕事をスムーズにこなすことができません。

Webデザイナーの面接で優位になれるスキルにはどんなスキルがあるんでしょうか。面接で優位になれる5つのスキルを紹介します。

Webデザイナーの面接で優位になるスキル1:HTML/CSS

HTML/CSSは、webサイトを作り上げるために必要な知識です。HTMLは、webサイトの土台となる言語で、CSSで装飾を行います。サイトやブログを見てみると、赤や青で文字が強調されていることがあります。それを行うのが、CSSなんです。

Webデザイナーなら、プロ級の知識が必要となります。

Webデザイナーの面接で優位になるスキル2:JavaScript

webサイトに動きをつけるために必要な言語です。ポップアップウィンドウを出したいときなどに使います。JavaScriptを書くのは難しく、使いこなせるWebデザイナーは少ないです。フリー配布されているものをカスタマイズできるぐらいのレベルがあれば問題ありません。

Webデザイナーの面接で優位になるスキル3:Photoshop/Illustrator

イラストや写真を加工するときに使うソフトです。Photoshopは昔から使われているソフトで、webサイトのデザインを制作します。いろんな書籍が発行されているので、それらを参考に勉強してください。

本を読んだだけですべてを理解するのは難しいので、実際にソフトを利用し、何度も練習をしましょう。

Webデザイナーの面接で優位になるスキル4:Fireworks

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル
パソコン、スマートフォン、タブレット端末、私たちの身の回りにはさまざまなデバイス機器があります。画面サイズが異なるため、どの端末でも閲覧できるようにするためには、それぞれの端末に合った画像を準備しないといけません。

Fireworksは、それぞれの端末に合ったグラフィックを作ることがソフトです。いろんな端末機器が普及している現代だからこそ、必要なスキルと言えるでしょう。

Webデザイナーの面接で優位になるスキル5:デザインの知識

目を引くwebサイトを作るためには、レイアウトや色の組み合わせなどがカギとなります。なので、デザインの知識やスキルもあると、面接で優位に立つことができます。

キャラクターデザインをするなら、ペンを使ってデッサンできるスキルがあるといいでしょう。

面接対策をしてWebデザイナーとして採用されましょう!

Webデザイナーの面接対策!よくある質問と回答例10選|5つのスキル
採用の有無は、面接で決まると言っても過言ではありません。しっかりと面接対策をして、面接に挑みましょう。Webデザイナーの仕事はやりがいのある仕事です。

スキルもきちんと身に付け、Webデザイナーとしての一歩を踏み出してください。

Related