Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例10選|チェックされてるポイント

法人営業の面接での頻出質問と、その回答例について10個紹介しています。それぞれになぜその質問を面接官がするのかの解説も添えています。さらに、法人営業の面接で面接官が注意してみているポイントも5つ紹介しています。面接前に準備がしっかりできるような内容です。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例10選|チェックされてるポイント

法人営業の面接での注意事項

法人営業は、個人営業と違い会社の代表として営業活動を行います。

取引先と自社とのパイプ役となり、お互いにとって良いビジネスパートナーとなれるように努めます。常に両社の状況を把握し、円滑なコミュニケーションを手助けする役割が求められます。

法人営業ならではの必要なスキルや能力が求められるため、面接では注意すべき点があります。この記事では、法人営業の面接で注意すべきポイントを紹介していきます。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例10選

法人営業は、会社の代表として活動を行うため面接の場でも、その素質があるかどうかを問われます。

法人営業の面接でよく聞かれる質問と回答例のポイントをきちんと押さえておけば、本番の面接もリラックスして臨むことができます。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例1:当社について知っている事を教えてください

法人営業は、「会社対会社」のやりとりなので先方の会社のことをきちんと知っておく必要があります。

面接では、自分たちの会社に興味を持っているか、きちんとリサーチしてきているかを確認します。自身の経験も一緒に答えると効果的です。回答例は次のようになります。

日本で初めて炭酸の飲料水を製造販売したということを存じ上げております。特に〇〇といった商品は私もよく飲んでいたのでずっと身近に感じておりました。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例2:コミュニケーション能力に自信はありますか

法人営業という仕事は、社内以外に社外の人とも接する機会が多くあります。取引先の窓口となってくれる担当者だけではなく会社全体として商談を行うので、取締役や役員など役職が上の人と話すこともよくあります。

面接では、あらゆる世代の人とコミュニケーションがとれる素質があるかどうかなどを見られます。

回答例は次のようになります。

趣味の釣り仲間でできた、いろいろな世代の友人がおりますので自信があります。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例3:大企業ばかりではなく小さな会社もたくさん担当してもらいますが大丈夫ですか

法人営業と聞くと、どこか華やかで大きなオフィスを訪問するといったイメージがある人も多いでしょう。しかし実際には従業員の少ない小さな会社を担当することもよくあります。

面接では、入社後のギャップを防ぐために小さな会社を担当することにも抵抗がないか確認しています。

回答例は次のようになります。

一社一社丁寧に準備を行い営業活動に臨みますので、問題ございません。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例4:好奇心は強い方ですか

法人営業の仕事は、「会社対会社」で行うことがほとんどです。そのため、今までに前例のない新しいプロジェクトを取引先と行うことも珍しくありません。

面接では、好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる人かどうかを確かめています。

回答例は次のようになります。

はい。強いです。新しい観光スポットや商業施設ができると、必ず訪れます。友人たちからは新しいもの好きだと言われることもあります。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例5:一番良い法人営業とはどんな法人営業だと思いますか

法人営業は、お互いにとってメリットとなる契約を結ぶため相手の立場に立つことが必要不可欠となります。

面接の場では、あらかじめ法人営業として相応しい考え方が備わっているかどうかを聞かれます。

回答例は次のようになります。

一番良い法人営業は、先方とのニーズのズレがでない法人営業です。ニーズに応じた提案をすることで先方からの信頼感も高まります。気に入ってもらえれば、次回の契約にも繋がると考えます。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例6:これまでの人生で一番の苦労はなんですか

法人営業の仕事も個人営業と同じで、粘り強さや精神面の強さなどが求められます。

面接では今までどういう苦労をしてきたのか、厳しい状況や苦労に直面した時でも処できる素質を持っているかが見られます。

回答例は次のようになります。

前職でどうしても上司とうまくコミュニケーションが取れず、業務を進める上で大変苦労しました。しかし、上司の好きなものをリサーチし歩み寄ることで良い関係を築くことができました。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例7:法人営業についてどのように認識していますか

会社の代表として営業活動を行うのが法人営業ですが、面接を受けにくる人の中には個人営業との違いを理解していない人もいるのが現状です。

面接では、法人営業の仕事内容をきちんと理解しているかどうかが問われます。

回答例は次のようになります。

商談の際に目の前の担当者個人に話すのではなく、会社全体のメリットを考えて商談を行うのが法人営業の仕事だと思っています。そのため、分かりやすく明確な説明が求められます。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例8:友達は多い方ですか

法人営業の仕事は、担当者だけでなく取引先の代表などたくさんの人に出会う機会が多い仕事です。さらに、自身の人脈を伝って新たな仕事が舞い込んでくるチャンスも多いです。

友人が多い人は、たくさんの人との出会いや縁を大事にする人なので法人営業でも活躍してくれると面接で判断してもらえるでしょう。

回答例は次のようになります。

友人は多い方です。たくさんの仲間と色々なことを共有する時間を大切にしています。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例9:体力はありますか

法人営業の仕事は、取引先への訪問などで一日中外に出っぱなしということも少なくありません。取引先と自社とのパイプ役を担う法人営業は、バタバタとあちこちへの移動が多くなります。

面接では、体力のいる法人営業のスケジュールをきちんとこなしてくれるかどうかを確かめています。

回答例は次のようになります。

体力には自信があります。普段からジョギングなどを行い体力づくりに励んでおります。

法人営業の面接で聞かれる質問と回答例10:フットワークは軽いですか

法人営業は、「会社対会社」で営業活動を行うのでたくさんの大きなプロジェクトやイベントが次々と舞い込んできます。

ゆっくりしていると競合他社に先を越されたり、企画自体が断ち切れになることもあります。面接ではフットワークが軽くチャンスを掴める人物かどうかを見られます。

回答例は次のようになります。

フットワークは軽いです。学生時代もラーメンがどうしても食べたくて日帰りで九州に行き博多まで食べに行きました。

法人営業の面接でチェックされている5つのポイント

法人営業の面接では、法人営業ならではの見られているポイントがあります。

面接官は、入社したあとも法人営業として活躍できる素質を持っているかどうかを見ています。では、どのようなところを面接官たちは見ているのでしょうか。詳しく紹介していきます。

法人営業の面接でチェックされているポイント1:明るく笑顔で話せているか

法人営業は人と関わる仕事なので、あなたの表情がよく見られます。

窓口となる担当者の人はもちろん、先方の役員や代表など役職が上の人ともよく顔を合わすのが法人営業です。そのため、面接の中でも取引先の人に気に入ってもらいやすい人物かどうか、愛嬌があるかどうかをチェックされています。

質問に答えている間だけでなく、あなた自身から醸し出される顔の表情などもしっかり見られているので注意しましょう。

法人営業の面接でチェックされているポイント2:積極的に話しているか

法人営業は、会社の代表として先方にあらゆる提案をするため積極的に話をしているかが見られます。

面接の場でも、面接官の質問に答えているだけの受け身の姿勢をとっていると商談の場でも同じような態度だと思われてしまいます。

本番の面接では、自分からコミュニケーションをとっていくことを意識して積極的に話をするようにしましょう。

法人営業の面接でチェックされているポイント3:無茶振りにもうまく対処できるかどうか

実際の法人営業の仕事の現場では、先方から理不尽なお願いをされたりすることもよくあります。

面接の場では、意地悪な質問をされた時にでもうまく対処できているかどうかをチェックしています。

決してうまく答えられなくても、「次回までに調べてきます」「すみません、勉強になります」といったように先方を立てるような返しを心がけましょう。

法人営業の面接でチェックされているポイント4:外見に気を使っているか

法人営業の仕事は、担当者のみならず取引先の役員や取締役などあらゆる世代の人と接する機会の多い仕事です。

面接の場では、誰が見ても心地いい清潔感のある身だしなみかどうかが見られています。

服装だけではなく持ち物のカバンやコートなど、どの世代の人が見ても社会人として正しい身だしなみであるかどうかを意識するようにしましょう。

法人営業の面接でチェックされているポイント5:正しい言葉遣いで話せているか

法人営業部が行う商談は、個人営業が行うものとは違い規模の大きなものや会社全体に影響を与える商談がほとんどです。商談の規模が大きいゆえに商談相手も取締役や役員など、自分よりも年配の人や位の高い人である機会が多いでしょう。

面接では、正しい言葉遣いで話せているかを見られます。

どんなに笑顔で愛想の良いビジネスマンでも教養の無い話し方をしてしまうと、契約もとれません。自分の言葉遣いをもう一度確認しましょう。

法人営業の面接で内定を勝ち取りましょう!

個人営業と違い、法人営業は「会社対会社」の営業を行うので難しく考えていた人もいるでしょう。

法人営業の面接は、相手の立場に立ち誠実な気持ちが伝われば内定獲得の可能性は大いに高まります。

しっかりと準備をして、面接に臨みましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related