Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月14日

マーケティング職でよくある質問内容と転職面接対策5つ|転職エージェント5選

マーケティング業に転職したい場合は、知識やスキルを身につけることも大切ですが、面接対策を行うことも大切です。事前に質問されやすい項目を知っておくだけでも有利になれます。ここでは、マーケティング業の採用面接について詳しく紹介しています。

マーケティング職でよくある質問内容と転職面接対策5つ|転職エージェント5選

マーケティング職の業務内容

マーケティング職でよくある質問内容と転職面接対策5つ|転職エージェント5選
マーケティング職とは、若者に人気がある職種の一つであり、商品を継続的に売れるようにする仕組みを考え、提案することが主な仕事内容です。売り上げに大きく影響する業務でもあり、責任重大な職種とも考えられています。

商品は形がある物だけではなく、形のないサービスなども含まれているため、マーケティング職といってもさまざまな業務に内容に分けることができます。

マーケティング職の採用面接でよくある質問5つ

マーケティング職は適した仕組みを考える必要がある仕事ですが、自身が考えたプランをわかりやすく説明する必要もあるため、採用試験で面接が重要視されることが多いです。そのため、マーケティング職で働きたい場合は面接で聞かれることを把握しておくことをおすすめします。

次に、マーケティング職の採用試験でよく聞かれる質問を5つ紹介します。あらかじめ聞かれる質問を把握しておくことで適した答えを用意できます。

マーケティング職の採用面接でよくある質問1:志望動機

マーケティング職の採用面接に限った話ではありませんが、面接時に志望動機を聞かれることが非常に多いです。面接で最初に聞かれる質問でもあるため、ちゃんとした答えを用意しておくことをおすすめします。

理想的な志望動機は、志望企業の業務内容を踏まえて前向きな志望動機を考えることが大切です。具体的に話すことも大切ですが、手短にまとめるように心がけましょう。

マーケティング職の採用面接でよくある質問2:実績について

マーケティング職は過去に行ったことがあれば採用試験を有利にすることができます。企業側も即戦力となる人材を求めている場合が多く、どのくらいの実力が身についているのかを面接で判断することが多いです。

実績がある場合は具体的に応えるようにしましょう。もし、経験がない場合でも未経験であることを伝えた後に、未経験でもやりたい理由などを話すことで好印象を与えることができます。

マーケティング職の採用面接でよくある質問3:実演する

マーケティング職の採用試験では面接だけではなく、筆記の試験も行われる場合が多く、架空の商品を売るためのプランを考える問題が出題されることが多いです。また、面接では実際に口頭で架空の商品を効率よく売るための方法を説明させられることもあります。

とっさの質問であればなかなかうまく答えることができない場合が多いですが、あらかじめそのような質問があることを把握していれば柔軟に対応できます。

マーケティング職の採用面接でよくある質問4:一般常識

マーケティング職は常に最新の情報を把握しておくことが求められる職業であるため、面接時に一般常識を問われることもあります。経済面であったり、芸能面であったりとさまざまな分野の最新情報を聞かれることが多いため、あらかじめ情報を入手するように心がけましょう。

最新の情報を入手していることで商品の売り方のプランを考える際にニーズを把握しやすくなり、適したプランを掲げることができます。

マーケティング職の採用面接でよくある質問5:逆質問

マーケティング職でよくある質問内容と転職面接対策5つ|転職エージェント5選
逆質問とは、面接官から最後に「質問はありませんか」と逆に聞かれることです。一般的に逆質問に対する返答は選考に影響することはありませんが、「特にありません」などといってしまうことは印象が悪くなるため、気をつけましょう。

逆質問をされた場合に不適切なことを聞いてしまうこと、も印象が悪くなる原因になります。採用された場合はどのような仕事を任されるかなどを聞くように心がけましょう。

マーケティング職の5つの面接対策

マーケティング職に就く際に面接は重要な試験内容であり、面接内容が悪ければ不採用になる危険性が高まります。そのため、事前に面接対策を行っておくことをおすすめします。

次に、マーケティング職の面接対策方法を紹介します。面接で他の求人者と差を広げたい人や面接が苦手な人は参考にしましょう。

マーケティング職の5つの面接対策1:よくされる質問の返答を用意しておく

マーケティング職の採用面接で重要なことは上記で紹介した質問されやすいことに対する答えの用意です。質問されやすいことに対してあらかじめ答えを用意しておくことで、面接時にリラックスして面接を受けることができます。

上記で紹介した5つの質問は当然ですが、さまざまな質問に対しても即座に答えられるように準備しておきましょう。答えをある程度決めておくことで変な間が生まれずにやり取りを行うことができます。

マーケティング職の5つの面接対策2:目を見て話す

マーケティング職でよくある質問内容と転職面接対策5つ|転職エージェント5選
面接対策で重要度が高いポイントが相手の目を見て話すことです。目をそらしたり、下を向いたまま話してしまうとマーケティング職に求められているコミュニケーション能力に欠けると評価されてしまうリスクがあります。

そのため、できるだけ面接官の目を見て質問に答えるようにしましょう。どうしても目を見ることが恥ずかしい場合は面接官の首辺りを見るように心がけましょう。

マーケティング職の5つの面接対策3:服装を正す

面接は求人者の人柄を認識するために設けられた場であるため、返答内容だけではなく、見た目もチェックされます。面接に適したスーツを着用することはもちろんですが、服装の汚れや髪形・色などを適した状態にしておきましょう。

面接時には男女関係なくスーツを着用することが一般的でありますが、ヨレヨレのスーツではだらしない印象に映ってしまうため、クリーニングなどで綺麗に整えておくことをおすすめします。

マーケティング職の5つの面接対策4:自己アピールをする

マーケティング職の採用面接では、企業側は人材の技量を確認することが目的であるため、自己アピールすることが必要になります。自己アピールすることができないと企業側の印象に残らないため、面接で落とされてしまうリスクが高まります。

そのため、どのようなスキルでどのような考えを持っているかを具体的に話すように心がけましょう。しかし、強すぎる自己アピールは逆効果になります。

マーケティング職の5つの面接対策5:読解力を高める

マーケティングに転職する際にさまざまな質問を面接でされますが、質問に対して正しい返答を行うことが大切です。上記では質問されやすいことを紹介しましたが、予期せぬ質問も当然多くされます。

質問の意味を正しく理解することができずに返答してしまうと会話が成り立っていないことが見抜かれてしまうため、読解力を高め、質問の真意を理解しましょう。

マーケティング職におすすめの転職エージェント5選

マーケティング職に転職しようと考えている人は転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントではさまざまな求人情報が紹介されているため、効率よくマーケティングの転職先を見つけることができます。

次に、マーケティング職に転職したい人におすすめの転職エージェントを5つ紹介します。そのため、マーケティング職に転職しようと考えている人は参考にしてください。

おすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

マイナビエージェントはさまざまな職種の求人情報を紹介している転職エージェントであるため、マーケティングの求人も取り扱っています。また、取り扱っている求人数が国内最大級であるため、より多くのマーケティングの求人を閲覧することもできます。

多くの転職エージェントがサービスを行っている中でも大手転職エージェントでもあるため、信頼して登録できます。

おすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職実績がある転職エージェントであるため、転職を成功させたい人におすすめです。上記で紹介したマイナビエージェントと同じく大手転職エージェントであり、質のよい求人が多く紹介されている特徴があります。

そのため、優良企業のマーケティング業に転職したい人は登録しましょう。質の良い求人を紹介しているだけではなく、サポート面も充実しています。

おすすめの転職エージェント3:JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリアや高年収の求人を多く紹介している転職エージェントです。そのため、高年収のマーケティング業に転職したいと考えている人は利用することをおすすめします。

おすすめの転職エージェント4:ハタラクティブ

ハタラクティブでは、未経験の歓迎の求人を多く紹介している特徴があります。そのため、マーケティング業として実績や経験がない人でもおすすめの転職先を見つけることが可能です。

おすすめの転職エージェント5:リクナビNEXT

リクナビNEXTでは、スカウトメール機能を使うことができる転職エージェントであるため、転職活動の負担を軽減できます。スカウトメールは登録すれば後は企業側からの連絡を待つだけで良いです。しかし、キャリアがない人では声がかかりにくい傾向があります。

マーケティング職の面接内容を把握しましょう!

マーケティング業に転職する場合は面接内容を把握し、事前に面接対策を行うことをおすすめします。面接をうまくこなすことができれば企業側に好印象を与えることができ、内定率を大幅に上げることもできるでしょう。

Related