Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例10選|チェックされてるポイント

外資系企業に就職や転職を考えている方にとって重要なのが「面接」です。外資系企業の面接では、質問の意図を理解し、しっかり自分の強みをアピールする必要があります。今回は外資系企業の面接によくある質問や面接でチェックされる項目を紹介いたします。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例10選|チェックされてるポイント

外資系企業の面接での注意事項

外資系企業に求められている人材は、能力や知識、経験があることがもちろん、意欲や向上心があることが重要です。そのため、外資系企業の面接では日本企業の面接と同じような質問をされますが答え方に注意が必要です。

外資系企業の面接では、企業側があなたを雇用することでどんなメリットがあるかということをしっかりアピールする必要があります。アピールの弱い回答は意欲がない発言に聞こえるので注意が必要です。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例10選

外資系企業の面接で聞かれる質問にはいくつかのパターンがあります。日本の企業と同じく「志望動機」や「長所・短所」といった内容から、仕事に対する考え方や言動をチェックする質問もあります。

また転職者の方は職務経歴書の内容に基づいて質問されることが多く、事前にどんな質問がされるか想定しておくといいでしょう。では外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例についていくつかご紹介していきましょう。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例1:自己紹介

外資系企業に限らず面接のはじめにされる質問なのが「自己紹介」です。面接官から「Please introduce yourself.(自己紹介してください)」という質問をされます。自己紹介は面接における導入部分なので、あまり長い時間話さないようにするのが重要なポイントです。

「My name is 〇〇(私の名前は〇〇です)」からはじめ、面接の機会を与えてくれたことへの感謝の気持ちも付け加えるといいでしょう。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例2:志望動機

外資系企業に限らす面接における自己紹介の質問の後に聞かれるのが「志望動機」です。面接官から「Why are you interested in our company?(なぜこの会社に興味を持ちましたか?)」と質問されます。

志望動機を聞かれた場合は、自分が感じる会社の強みや自分の能力が発揮できるポイントなどを簡単に説明するようにしましょう。面接官はあなたの意欲や発揮できる能力を把握したいと考えています。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例3:自分の長所

外資系企業における面接のポイントとなるのが、あなたの能力や経験などがどんな分野の仕事に発揮できるかという点です。面接官からは「What is your strong point?(あなたの長所は何ですか)」と質問されるケースも多い傾向にあります。

単に「Aggressive(積極的)」などの言葉を使うだけでなく、具体的な例を挙げながら自分のとっての強みは何か、どんな分野で長所を活かせるかを説明しましょう。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例4:自分の短所

長所の質問をされた後は「What is your week point?(あなたの弱みは何ですか)」という質問をされるケースもあります。あなたにとっての短所を説明する場合は、あまりネガティブな内容にならないように注意して説明するのがポイントです。

面接官が求めていることは、あなたがいかに自分自身を自己分析できているか、また短所をどのように克服すべきと考えているかということを把握するためです。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例5:仕事に対する考え方

外資系企業では実力主義のポリシーで仕事を進めているケースが多く、その場合はいかに従業員が個々で上手に時間を有効活用するかがポイントです。

たとえば「Do you mind to work overtime?(残業することに問題はありますか)」など、仕事とプライベートのバランスを聞くような質問をされることもあります。このような質問に対しては急なトラブルや仕事に対しては臨機応変に対応する姿勢を示すことが大切です。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例6:自分の精神面

時には仕事でミスをしたり、交渉が上手く進められず気分が落ち込むという日もあります。

外資系企業の面接では「When you upset something, how to refresh your feeling?(もし気分が落ち込んだ場合はどのように気分を戻していますか)」など、精神面に関する質問をされるケースもあります。この質問には自分自身でメンタルをコントロールできるという点を強調して答えることが大切です。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例7:トラブルの対処法

仕事をしていると悩みや問題にぶつかることも少なくありません。外資系企業の面接では問題が起きた場合にどのように解決するかを質問されるケースも多い傾向にあります。

面接において聞かれるトラブルの対処法は過去の出来事を参考しながら説明を要求されることがあります。問題に対しどのように解決したのかなどを簡単に説明できるように準備しておくといいでしょう。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例8:自分の能力やスキル

面接では履歴書や職務履歴書を参照しながら進めるため、あなたが何か資格を持っている場合はその資格について聞かれる場合もあります。

また面接時に英語力がもっと必要と感じた場合は、「入社後、さらに英語力を高めるためにどんな努力ができますか」などの質問をされるケースもあります。英会話学校に通うのも大切ですが、どのような努力ができるかを具体的に説明するといいでしょう。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例9:仕事へのやりがい

成果主義の外資系企業では面接の際、「仕事のやりがい」について質問されるケースが多い傾向にあります。たとえば、「これまでの仕事の中で一番やりがいを感じた仕事は何ですか?」などと質問されます。

この質問に対してはその仕事を行う上での課題に対して、あなたがどう取り組み、何を成果として得たかを面接官は把握するために質問します。今後の仕事にも精通する質問なので、質問の意図を考慮して答えるようにしましょう。

外資系企業の面接で聞かれる質問と回答例10:将来の方向性

面接に最後に聞かれる質問が「将来の方向性」です。面接官は「Do you have any business plan in future?(将来進みたい道はありますか)」などの質問をされます。将来の方向性に関する回答は、その会社におけるキャリアプランを簡潔に答えるようにしましょう。

たとえば、「営業職として3年経験を積んだあと、企画部の部長としてのポジションを獲得するための努力したい」などと答えるといいでしょう。

外資系企業の面接でチェックされている5つのポイント

外資系企業における面接では、「意欲」「積極性」「将来性」「貢献度」といったあらゆる角度から面接官はあなたを分析します。

企業にとってはより短期間で即戦力となる人材や専門知識の高い優秀な人材を探しています。外資系企業の面接官がどんな項目をチェックしているのかをくわしく見ていきましょう。

外資系企業の面接でチェックされているポイント1:自己分析力

外資系企業の面接では必ず「長所」や「短所」を聞く質問があります。自分の性格がわからないような人では、自分の言動を自分自身でコントロールできないため、さまざまな場面で支障が生じます。

自分の性格や特徴を理解していることで周囲とのコミュニケーションも円滑になり、また会社におけるチームワークを乱すことなく適応する力があると判断します。

外資系企業の面接でチェックされているポイント2:仕事への意欲

外資系企業では成果主義や実力主義などと言われるように、個人が抱く「仕事への意欲」をとても重要視します。

たとえば、新しい事業で新たなマーケットを開拓したい、新たな事業提案を行いたいなど、企業にとって新しいアイデアやチャンスをもたらす人材はとても貴重な存在です。あなたの経験や知識が会社のどんな部分に貢献できるのかを明確に提案すると面接官への印象もアップするでしょう。

外資系企業の面接でチェックされているポイント3:英語の語学力・会話力

外資系企業における公用語および共通言語となるのが「英語」です。TOEICやTOEFLで高得点のスコアを保持してても、ビジネスで通用する程度の英会話力がないと仕事においてさまざまな問題が生じます。

面接におぃては英会話力があるか、言葉の表現が適切かなども合わせてチェックしています。面接のときは丁寧な表現で相手に失礼のないような言い回しにするよう気をつけましょう。

外資系企業の面接でチェックされているポイント4:組織適応力

外資系企業では個人の実力や能力を重視する傾向にありますが、企業の組織における適応力も重視する傾向にあります。

たとえば、知識や経験が豊富なことは高く評価されますが、上司から何か指摘されると感情が乱れ、勝手に行動するようであれば会社に迷惑をかけることになりかねません。仕事でどんな問題があっても組織で仕事をする以上組織というチームワークを乱さない適応力は大切なポイントです。

外資系企業の面接でチェックされているポイント5:プレゼンテーション能力

外資系企業の面接では、自分の魅力や能力を相手にしっかりアピールすることが大切です。自分自身のことをアピールできなければ、ビジネスにおいても取引先に対してビジネスのメリットを上手く伝えることができないと評価されてしまいます。

外資系企業の面接ではアピールしたいポイントを明確にし、できる限り端的に話すような努力をするといいでしょう。

外資系企業の面接で内定を勝ち取りましょう!

成果主義や実力主義と呼ばれる外資系企業においては、面接時にしっかり自分自身をアピールすることが大切です。自分の強みやこれまでの経験をよりわかりやすく端的に説明し、1つの質問に対して答える内容が長くならないように注意しましょう。

また特に外資系企業では即戦力になる能力の高い人材を求めています。応募する側もスキルの高い人材が多い傾向にあるため、面接を必ず成功させしっかり内定を勝ち取りましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related