Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ

企業活動に無くてはならない存在である事務職。企業が活動をする上で、必要不可欠な役割を一手に担うポジションです。その事務職を目指す上で、避けては通れない質問が「キャリアプラン」です。今回はキャリアプランを聞かれる理由や伝える上でのポイント、回答例をまとめました。

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ

事務職のキャリアプランについて理解する

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
企業にとって無くてはならない存在が事務職です。書類の作成や処理から始まり、電話対応や来客対応など企業の活動には必要不可欠である業務を一手に担う存在です。

そんな事務職ですが、キャリアプランとしてどのようなものを描けば良いのでしょうか。多くの方が、キャリアプランをどう描くかで大きな悩みを抱えています。

今回は事務職のキャリアプランについて理解を深めていきましょう。

キャリアプランの意味

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
それでは、「キャリアプラン」とは具体的に何を指す言葉なのでしょうか。それはズバリ、自分が今後どのような職についてどんな仕事をしていきたいのか、どんなビジネスパーソンになりたいのかを目標として持ち、その実現のために立てる計画のことになります。

特に面接を受ける際は、どの職であろうとどんなキャリアプランを持っているかは聞かれます。事務職でも例外ではないです。

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
では、事務職の面接でキャリアプランをなぜ聞かれるのか。今回は理由を5つご紹介します。どの理由に関しても、共通して言えるのが「求職者の本質を見抜こう」としている点です。これは裏を返せば、求職者の将来や夢を人事側が本気で考えているからこその質問です。

また、キャリアプランや今後の人生について全く考えていない方にとっては、いい機会になることは間違いないです。

事務職面接でキャリアプランを聞かれる理由1:キャリアプランとキャリアパスにズレがないか確認

事務職の面接でキャリアプランを聞かれる理由の一つに、キャリアプランとキャリアパスにズレがないか確認するためという理由が挙げられます。

キャリアパスとは、実際に企業側で用意されている企業内で辿ることになる経験や順序のことを指します。自分の思い描いている理想と、企業側で用意できる現実に差異が無いかを見るために求職者の思い描いているキャリアプランを聞きます。

事務職面接でキャリアプランを聞かれる理由2:入社意欲を測る

続いて事務職の面接でキャリアプランを聞かれる理由ですが、入所意欲を測るためという理由が挙げられます。

キャリアプランが描けているということは、その企業に入って事務としてどんな活躍ができるか、バリューを出せるかが頭に思い描けていると言えます。つまり、その企業への入社意欲が高いと企業側は見ます。

事務の転職に際して、入社意欲の高さをアピールしたい方にはおすすめです。

事務職面接でキャリアプランを聞かれる理由3:目標設定ができているか確認

続いて事務職の面接でキャリアプランを聞かれる理由ですが、目標設定ができているかを確認するためという理由が挙げられます。

キャリアプランが描けているということは、自分がいつまでにどうなりたいかという大まかな目標を立てれているということになります。その大まかな目標から、「達成するには何が必要か」という視点で具体的なアクションを決めていけば明確な目標設定となります。

事務職面接でキャリアプランを聞かれる理由4目標に向かってどんな努力をしているのかを聞くため

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
続いて事務職の面接でキャリアプランを聞かれる理由ですが、自分の立てた目標に向かってどんな努力をしているのかを聞くためという理由が挙げられます。

自分の立てたキャリアプランと紐づけて、事務職に就く前の段階でどんな努力をやっているか、本当にその目標を達成するための方向へ向かっているのかがハッキリと分かります。特に現実味のある目標かどうかが見られています。

事務職面接でキャリアプランを聞かれる理由5:正しい努力が出来る人かどうかを見極めるため

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
最後に事務職の面接でキャリアプランを聞かれる理由ですが、正しい努力ができる人かどうかを見極めるためという理由が挙げられます。

自分の立てた目標に対して、正しいアプローチを行えているかは非常に重要です。努力の仕方が間違っている場合、その努力が成果に繋がる可能性は限りなく0に違いです。なので、自分のキャリアプランに対して正しい努力が行えているかを見極めます。

事務職面接でキャリアプランを伝える際の5つのポイント

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
なぜ事務職の面接でキャリアプランを聞かれるのか、分かって頂けたでしょうか。何度も強調しますが、事務職の面接時にキャリアプランを聞かれる根底には、「求職者の本質を見抜こう」という姿勢があります。

それはつまり、求職者には「自分の強みを思う存分、面接の場で発揮すること」が求められています。以下より、上手にキャリアプランを伝えるためのポイントを5つお伝えします。

事務職面接でキャリアプランを伝える際のポイント1:抽象的な表現はしない

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
事務職の面接でキャリアプランを伝える際のポイントですが、1つ目は「抽象的な表現をしない」ことが挙げられます。企業側の求めていることと言えば、明確なキャリアビジョンを持っているかどうかという部分になります。

自分のキャリアプランが抽象的にならないよう、細かい粒度で自分のキャリアプランを描いてから面接に臨みましょう。準備の段階から面接は始まっています。

事務職面接でキャリアプランを伝える際のポイント2:企業の目標に合った内容にする

事務職の面接でキャリアプランを伝える際のポイントですが、2つ目は「企業の目標にあった内容にする」ことが挙げられます。自分の持っているキャリアプランと、会社が立てている中長期的な目標が合致していると、採用される可能性が格段に高まります。

事前に面接を受ける企業の理念やミッションは必ず確認しましょう。そこで、自分のキャリアプランとすり合わせを行うのがコツです。

事務職面接でキャリアプランを伝える際のポイント3:キャリアプランを実現するために取組んでいること

事務職の面接でキャリアプランを伝える際のポイントですが、3つ目は「キャリアプランを実現するために取組んでいること」ことが挙げられます。キャリアプランを聞かれる理由でも書きましたが、企業は「適切な努力ができるかどうか」をかなりシビアな目線で見ます。

現在進行形で行っている努力が、思い描いているキャリアプランに沿っているかを面接の前に必ず確認してから臨みましょう。

事務職面接でキャリアプランを伝える際のポイント4:結論から話す

事務職の面接でキャリアプランを伝える際のポイントですが、4つ目は「結論から話す」ことが挙げられます。「結論から話す」というのは、社会人として必要なスキルの基本中の基本となります。ただ、中々徹底できている人は少ないです。

必ず結論ファーストになるよう、普段の話し方から意識をしてみると良いでしょう。いきなり面接で話し方を変えるとなると、難易度が格段に高まります。

事務職面接でキャリアプランを伝える際のポイント5:話し方に抑揚を付ける

事務職の面接でキャリアプランを伝える際のポイントですが、最後に「話し方に抑揚を付ける」ことが挙げられます。こちらも苦手としている方は多いのでは無いでしょうか。特に男性は、声のトーンが一定になりがちです。

面接ではいかにして好印象を残すか、伝えたいポイントを面接官に伝えるかが重要になります。その際のテクニックとして、「抑揚をつけた話し方」は非常に有効です。

事務職キャリアプランの2つの回答例

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
以上が面接時にキャリアプランを伝える際のポイントとなります。事務職の面接に臨む際は、ご紹介した5つのポイントを意識してキャリアプランを伝えるようにしましょう。

それでは実際に、キャリアプランをどのように伝えれば良いのか。イメージを持っていただくために、経験者と未経験者の2パターンに分けて回答例をご紹介いたします。面接を受ける前に、こちらも併せてご確認ください。

事務職キャリアプランの回答例1:経験者

まずは経験者の方がキャリアプランを聞かれた際の回答です。上記に引用で記載させて頂きました。

ポイントとしては、自分が企業活動の中枢を担っているという部分を理解し、強調することが重要となります。併せて、5年後にどうなっていたいかを明確に示し、そのために何をするのかという部分まで落とし込めているのが分かります。

ポイントをしっかりと押さえられた、素晴らしい回答です。

「私が事務職として働くことができましたら、一つひとつの業務を遂行していくことはもちろん、指示されたことだけするのではなく、会社全体の業務効率を上げられるような仕事をしたいです。

そのためにはまず、業務を確実にこなしていくことが重要だと考えます。経験を積み、5年後には総務職のプロとして、御社の職場環境を支えられる人材になることを目標としています。また、後輩の育成にも携わりたいです。
そのために今は、事務職が効率良く仕事を進められるコツなどといったテーマの単行本を読み、勉強をしています。」

出典: https://hataractive.jp/useful/2217/ |

事務職キャリアプランの回答例2:未経験者

続いて、事務職未経験者の場合のキャリアプランの回答例です。こちらも上記に引用で記載させて頂きました。事務職の経験が無い分、どちらかというと自分の強みに主眼を置いたキャリアビジョンの伝え方になっています。

また、業務内容と言うよりは会社でどのように活躍するかという部分を強調した伝え方になっています。こちらもまた、素晴らしい回答例です。

強みである視野の広さを生かし、事務職として縁の下の力持ちになることです。事務職は、営業職や表に立つ人たちを支える仕事です。だからこそ、組織内での信頼関係を構築し、誰よりもサポートに徹する存在になりたいと考えています。その為に、入社後から5年以内に、誰よりも早く仕事を習得し、チーム内での信頼関係構築に取り組みます。なぜなら、仕事の能力と信頼関係が構築出来て初めて、スタートラインに立てると考える為です。また、5年から10年以内に、部下や部署の育成や強化に注力します。なぜなら、頼れる存在を増やして全体で一致団結するからこそ、他部署の方が安心して働けると考える為です。この様に、「事務と言えば○○さん!」と信頼してもらえる様な、縁の下の力持ちになれると考えています。

出典: https://y-shukatsu-y.com/career-plan-example-of-clerical-... |

事務職のキャリアプランを伝えましょう!

事務職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
事務職への転職を目指す際は、必ず自身のキャリアプランを伝えましょう。キャリアプランを考えることは、事務職への転職を成功させるだけでなく、必ず今後の人生に良い影響を与えます。

漠然と毎日を過ごすのではなく、自分の中で人生の道筋を決めて毎日を過ごすようにしましょう。

Related