Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月13日

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由と伝える際のポイント5つについてご紹介します。キャリアプランを作成する際にもう迷うことはありません。ポイントをおさえてキャリアプランを作成することで、転職に有利になるように作成できます。

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ

キャリアプランについて理解する

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
転職をする際に、面接時やアプライシートにキャリアプランを尋ねられる事があります。キャリアプランとは、自分がどのような仕事をしたいか目標などを掲げ、それを達成するためにどのようなプランを計画しているか述べる事です。

企業はキャリアプランを面接時で尋ね、応募者が仕事を計画的にできる人材か、将来の方向性が企業とマッチしているかなどを見ています。そのため、キャリアプランはとても重要なプロセスになります。

キャリアプランの意味

大きな目標を立てたとしても、その目標を達成するためにどのようなステップを踏まないとたどり着かないかと予定を立てることを、キャリアプランと言います。キャリアプランには、人生プランの意味も込められています。

キャリアプランを立てても必ずしも達成できるとは限りませんが、キャリアプランとして計画できるという事も能力の1つです。転職意思がなくても、キャリアプランを作成してみましょう。

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
キャリアプランを面接時に企業が尋ねる理由を知る事で、キャリアプランをより一層、価値のあるものに作れる可能性があります。また、面接で採用を勝ち取るためにも、企業の意向を理解しておくことは大切です。

企業からの印象をよくするためにも、キャリアプランは慎重に作る必要があります。作成できましたら、もう一度、キャリアプランを見返して精査しましょう。

転職面接でキャリアプランを聞かれる理由1:キャリアプランとキャリアパスにズレがないか確認

キャリアプランを面接で聞くことで、企業は過去の経歴とキャリアプランのズレを確認しています。過去の職務経歴とキャリアプランがマッチしていないと、企業は疑問を抱くことがあります。

目標を変更したり、キャリアパスとキャリアプランがマッチしていないといけないというわけではありませんが、マッチしていない理由は質問される可能性はあります。そのため、質問された時のことを考えて、事前に回答を用意しておきましょう。

転職面接でキャリアプランを聞かれる理由2:入社意欲を測る

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
キャリアプランの中から、企業は入社意欲を確認していることがあります。キャリアプランは志望動機と近い意味合いがあり、なぜこの会社に入り、どのようなことをしたいのかを含んでいます。この会社への応募をした背景をみています。

そのため、ネガティブな内容にならず、前向きな姿勢をキャリアプランに入れるとよいです。今はできなくても、今後チャレンジしたいことも入れるとよいでしょう。

転職面接でキャリアプランを聞かれる理由3:目標設定ができているか確認

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
キャリアプランは将来の目標を含んで作成するため、企業は今後の目標設定ができているかを確認しています。目標設定は、1年後と比較的短期間でできるものから、10年後と長期で考えなければならない目標もあります。

基本的には、10年後の目標のブレイクダウンで設定されていることが多いです。転職を考えるときには、先を見越して転職しなければ、後になって失敗したと感じてしまう可能性もあります。

転職面接でキャリアプランを聞かれる理由4:職種がマッチしているか

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
転職する際に、キャリアプランを聞くことで、応募職種と希望職種がマッチしているか確認しています。転職をする際に、企業側も応募者側もしっかりと職務内容などを確認しておかないと、お互いに入社後、こんなはずではなかったとなりかねません。

キャリアプランの中で、目指すものが企業と異なる場合、応募者にとっても目標達成に至らない事になりかねません。キャリアプランは正解、不正解ではなく語弊のないように伝えましょう。

転職面接でキャリアプランを聞かれる理由5:動機を知りたい

転職時にキャリアプランを聞く理由の1つとして、転職の動機を確認していることがあります。自分のキャリアアップを目指す中で、転職がベストなケースもありますが、違った理由で転職をする方もいます。

転職動機が不純である場合、企業としてもせっかく雇用しても、また退職されたり転職されてしまうという懸念を抱いてしまいがちです。企業にとっても、今回の転職がお互いにとって実りあるものにしたいと考えています。

転職面接でキャリアプランを伝える際の5つのポイント

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
転職する際に必要となるキャリアプランを作成するときのポイントをご紹介します。面接でキャリアプランを要求されなかったとしても、転職をする際にはキャリアプランを作成してみましょう。

作成するときには、自己満足にならないように、面接官に伝わるように作成することも意識してみましょう。自分にしかわからないキャリアプランは、転職時にはあまり有効ではありません。では、ポイントをみていきましょう。

転職面接でキャリアプランを伝える際のポイント1:抽象的な表現はしない

転職の際にキャリアプランを提示するのであれば、抽象的な言い方は避けましょう。曖昧な言い方や表現をすると、かえって何が言いたいかわからないということになりかねません。抽象的と反対に、具体的なキャリアプランを作成することが好ましいです。

ビジネスシーンにおいて、抽象的な言い方はキャリアプランを作成するときだけでなく、避けるようにしましょう。「多分」など断定しない言い方は使用しないようにしましょう。

転職面接でキャリアプランを伝える際のポイント2:企業の目標に合った内容にする

転職は新たな転職先が決まれば終わりではありません。むしろスタートになります。入社するためにキャリアプランを作成しているのではなく、目標達成のために作成していることを理解しておきましょう。

目標が具体的にみえているとキャリアプランを作成するのも難しくはありません。目標が曖昧なときや定まっていないのであれば、企業の目標に沿って作成してみましょう。

転職面接でキャリアプランを伝える際のポイント3:キャリアプランを実現するために取組んでいること

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
キャリアプランを作成することで、自分でも見える化ができ達成に取り組んでいるか、進捗をチェックできます。転職で使用するキャリアプランには、達成目標日時までは入れる必要はありませんが、自分用としては「TO DO リスト」として活用ができます。

ただ単に転職のためだけに、キャリアプランを作成することはもったいないです。自分のために取り組むことを意識することがポイントです。

転職面接でキャリアプランを伝える際のポイント4:結論から話す

ビジネスシーンにおいては、結論をもったいぶらずに、最初に話すようにしましょう。なぜそこにいきついたかという点は、結論のあとに述べることでわかりやすく伝えられます。

結論から話さずに最後に持って行くと、とても話が長く感じることがあります。これはキャリアプランを話す時だけでなく、会議やプレゼンテーションなどのビジネスシーンでは、結論から離す傾向が強いです。日頃から意識して話すようにしてみましょう。

転職面接でキャリアプランを伝える際のポイント5:長くなりすぎない

キャリアプランを作成するときには、わかりやすく簡潔に長くなりすぎないことを意識しましょう。面接でキャリアプランを話す時は、3分ぐらいにおさめるとよいでしょう。面接はとても緊張しますが、早口にならないように落ち着いて話しましょう。

話すスピードについては、ニュースキャスターを参考にするとよいです。また、滑舌にも注意してスピーチするようにしましょう。

転職面接でのキャリアプランの2つの回答例

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
キャリアプランの例をご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。キャリアプランは、職種によっても内容や目標が大きく異なります。ここでは、営業職と事務職についてのキャリアプラン例をご紹介します。

転職をするときは、未経験の業界や業種に応募することもあります。そんなときでもキャリアプランは要求されますので、事前に準備しておくとよいでしょう。

転職面接でのキャリアプラン回答例1:営業職

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
御社に入社したら、まずは御社の社風や商品を徹底的に熟知しようと考えています。その結果、営業ナンバー1を目指し、御社でのトップセールスマンを目指します。

モチベーションをキープするためには、日々自己啓発を行い自身のスキルやノウハウを身につけ、最終的には、管理職に就きたいです。そして、人材教育の面でも活躍したいと考えています。

営業職キャリアプランの例文:経験者

これまでの営業経験を活かし、御社で即戦力として働きたいと考えております。将来的には、これまで培ってきた営業力で独立したいと考えております。

そのためにも、御社に入社し営業経験を磨きたいと考えており、それと共に、御社に対しても貢献したいです。達成するためには、チャレンジ精神を常に持ち、野心を絶やさないように励みたいと思います。

営業職キャリアプランの例文:未経験者

以前に御社の説明会で、経営理念や目標を伺いとても共感しました。未経験者でも積極的に仕事に取り組む姿勢を大切にし、営業職としてお客様との関係を築いていくことにとても魅力を感じております。

まずは営業のノウハウを習得し、信頼される営業担当になりたいです。そして、営業だけでなく最終的には製品開発やマーケティングなどにも携わりたいと考えております。

転職面接でのキャリアプラン回答例2:事務職

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
事務職といってもとても幅広いですが、特に経理を伸ばしていきたいと考えております。そのためにも、日商簿記試験を取る予定です。そして、実務に関しては、できる限り作業の効率化を図り、日々改善にも取り組みます。

そして、将来的には自分が得たスキルや経験を、次世代にも指導をしていきたいと思います。自分以上の人材を育成できるように取り組みたいです。

事務職キャリアプランの例文:経験者

前職では一般事務の経験があり、基本的なEXCELやWordの操作はできます。今後は営業事務など、他部署と密に関わる仕事にも取組み、自分自身の事務職の仕事の幅を広げていきたいと考えています。

営業職の方のサポートだけでなく、お客様と直接携わる業務にも挑戦し、最終的には営業職にもチャレンジしたいとおもいます。そのためにも、まずは営業事務として基本的なことの経験値をあげたいです。

事務職キャリアプランの例文:未経験者

事務職は体を使わない仕事であることから、長期にわたり仕事ができると考えています。長期にわたり勤務するにあたって、顧客重視な業務を遂行したいです。

事務職は直接お客様と接することが少ない職種になりますが、バックグラウンドで顧客満足に努めたいです。そして、誰よりも正確で処理スピードが速い事務員になることを目指します。さらに事務作業での改善を行い、1つでも多くの業務をこなしたいです。

転職時の面接ではキャリアプランを伝えましょう!

転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由|伝える際のポイント5つ
転職面接でキャリアプランを聞かれる5つの理由と伝える際のポイント5つについてのご紹介はいかがでしたか。転職を考えだしたら、まずはキャリアプランを考えてみましょう。そのキャリアプランにあった、職種や業界に応募しましょう。

応募企業が決まったら、キャリアプランを見直して、その企業にあうように手直しをして、希望の企業への内定を掴みましょう。

Related