Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答ポイント5つ

面接で必ず聞かれると言っても過言ではない質問が、「あなたを採用するメリットは何ですか」ということです。この記事では、あなたを採用するメリットは何かを聞かれた時に返答を行うポイントについて徹底解説しています。ぜひご覧ください。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答ポイント5つ

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と企業が聞く理由は?

新卒の方だけでなく、転職活動を行っている方の多くが直面するのが、面接になかなか受からないということです。

面接で聞かれる質問の多くは似通っており、特に「あなたを採用するメリットは何ですか」という質問はよくなされるでしょう。

では、企業はこの質問によって何を見定めようとしているのでしょうか。ここではまず、「あなたを採用するメリットは何ですか」という企業側の質問の意図についてご紹介していきます。

業務内容の理解の確認

「あなたを採用するメリットは何ですか」と企業側が質問する理由としてまず考えられるのが、業務内容をきちんと理解できているかどうかを確認したいからということです。

あらかじめ企業研究をきちんと行っていて、もしも採用された場合に自分がどのような業務を任されるのかを正しくイメージできている人は、「御社の〇〇の仕事において〇〇のような貢献ができます」と明確に受け答えができることでしょう。

自己分析力をみる

自己分析力を見たいというのも、企業側が面接で「あなたを採用するメリットは何ですか」と質問する理由のひとつとして挙げられるでしょう。

面接官は、「あなたを採用するメリットは何か」という質問を通して、あなたが自己分析をきちんと行えているかどうか、過大評価でもなく過小評価でもなく自分自身の強みや長所を正確に把握できているのかを確認したいと考えています。

面接官を納得させられる回答をする必要があるでしょう。

アピール能力をみる

「あなたを採用するメリットは何ですか」と企業側が面接で質問する理由のひとつとして考えられるのが、応募者のアピール能力を見たいということです。

とりわけ営業職のような職種への就職を望む場合、相手に不快感を与えずに自分を売り込んでいくアピール能力やコミュニケーション能力が必要になるでしょう。

そのため、面接官は「あなたを採用するメリットは」という質問を通して、あなたの力量を試そうとしていると言えます。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答ポイント5つ

就活にせよ転職活動にせよ、面接では「あなたをっ採用するメリットは何ですか」と聞かれる確率は高いです。

このような質問を全く想定していない状態で面接に臨むと、なんと答えればよいのか答えに窮してしまうでしょう。

ここからは、「あなたを採用するメリットは何ですか」と面接で聞かれた時にどのような返答をすればよいのかを、5つのポイント別にご紹介していきます。

面接対策として、ぜひご参考ください。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答ポイント1:知識や経験を具体的に述べる

「あなたを採用するメリットは庵んですか」と聞かれた時にまずおさえておきたいのが、自分がこれまでの人生の中で得た知識や経験を具体的に述べるということです。

学生ならば勉強や学校生活・サークル活動などで得た知識や経験を、社会人で転職希望者ならばこれまでやってきた仕事の中で得たスキルや経験などを具体的かつ明確に説明し、自分が採用に値する人物であることをアピールしましょう。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答ポイント2:自分の性格・能力を客観的に分析する

自分の性格や能力を客観的に分析するというのも、「あなたを採用するメリットは何ですか」と聞かれた時のために気をつけておきたいポイントとして挙げられるでしょう。

面接官は多くの応募者を見定めてきた「観察眼」を持っているため、本当の自分とはかけ離れたスキルや強みをアピールすれば、それを見抜かれてしまいます。

そうならないためにも、事前に自己分析を行い、自分の強みを客観的に把握しておくことが大切です。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答ポイント3:企業の求める人物像にあうこと

「あなたを採用するメリットは何ですか」と面接官に尋ねられた時には、企業の求める人物像に沿った形で自己アピールを行うことも大切でしょう。

企業によって、また職種やポジションによって求められる人物像は変わってきますので、自分の応募した企業や職種・ポジションをよく研究し、どのような自己アピールを行えばよいのかを事前に把握しておくことが必要です。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答ポイント4:自信をもって堂々と述べる

自信をもち、堂々と答えるというのも、面接で「あなたを採用するメリットは何ですか」と聞かれた時に気をつけたいポイントのひとつでしょう。

もちろん傲慢な態度で自己アピールするのはNGですが、面接官に良い印象を与えるためには、自己アピールの際に自信を持ち、声をしっかりと出して堂々と自分の強みやスキルについて説明することが大切です。

日本人の性質でつい謙遜してしまいがちですが、適切な自信をもちましょう。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答ポイント5:会社の仕事に関係ないことはNG

「あなたを採用するメリットは何ですか」という質問を面接官に受けた時には、会社の仕事に関係のないことをアピールするのは控えることも重要です。

面接官は、「あなたを採用するメリットは何ですか」という質問を通じて、あなたが会社にふさわしい人物かどうか、仕事を十分にこなせるかどうかを見定めようとしています。

自己アピールを行う際には、応募した職種やポジションの業務内容と関係のないことは言わないのが鉄則です。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答例7つ

以上では、「あなたを採用するメリットは何ですか」と面接で尋ねられた時に気をつけておきたいポイントについてご紹介してきました。

では、具体的にどのような答えを述べればよいのでしょうか。ここからは、「あなたを採用するメリットは何ですか」と面接官に聞かれた時の具体的な返答を7パターンに分けてご紹介していきます。

以下の返答礼を参考に、自分なりにアレンジをしながら、面接対策としてみてください。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答例1:常に全力で取り組む

「あなたを採用するメリットは何ですか」と聞かれた時におすすめしたい返答例としてまずご紹介したいのが、常に物事に全力で取り組めるということです。

どんな職種にせよ、怠けることなく、与えられた仕事に対して全力で取り組める人物は企業側にとって喉から手が出るほど欲しい人材です。

この答えだけだと説得力に乏しいので、新卒の場合は学生生活で、転職希望者の場合はこれまでの仕事で頑張ったことを具体的に述べましょう。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答例2:目標達成をあきらめない

目標達成を決してあきらめないというのも、「あなたを採用するメリットは何ですか」と聞かれた時におすすめしたい返答礼のひとつとして挙げられるでしょう。

途中で物事を投げ出したり諦めることなく、粘り強く目標に向かって努力し続けられるのは、ある種の才能です。

どんな仕事であれ、多少なりとも困難やトラブルがつきものですが、そのようなことに直面しても目標達成を諦めずに取り組める人材は望ましいでしょう。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答例3:情報収集が得意

「あなたを採用するメリットは何ですか」と聞かれた時の返答礼のひとつとして、情報収集が得意であるということをご紹介します。

現代は情報社会であり、仕事を円滑に進めるためにはあふれかえるほどの情報の中から自分にとって本当に必要で価値のあるものを取捨選択する能力が必要です。

メディアリテラシーがあること、複数の情報源を常に持っていること、最新の情報を得られることもアピールポイントになるでしょう。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答例4:継続力・持続力がある

継続力や持続力があるというのも、「あなたを採用するメリットは何ですか」と尋ねられた時におすすめしたい返答例のひとつでしょう。

大きなことを成し遂げるためには、意味がないように思われがちな小さなことをコツコツと努力して継続する能力が必要です。

途中で物事を放り出したり怠けることなく、常に全力で物事に取り組み続けることができるならば、それは面接官に対してとてもよいアピールポイントになることでしょう。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答例5:コミュニケーション能力が高い

「あなたを採用するメリットは何ですか」と面接官に尋ねられた時には、コミュニケーション能力の高さをアピールするのもおすすめです。

コミュニケーション能力はどの職種でも求められる社会人に必須のビジネスパーソンであり、とりわけ接客業や営業職への就職を希望する場合は、コミュニケーション能力が高いことは大きな強みとなります。

ただし、実際に人当たりがよく対人スキルが高い人であることが条件になります。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答例6:協調性が高い

協調性があるというのも、「あなたを採用するメリットは何ですか」と聞かれた時の返答例として挙げられるでしょう。

多くの企業は、職場で良好な人間関係を築けること、人間関係でトラブルを起こすことなくチームとして協力して働けるような人物を求めています。

そのため、協調性があり、利己的で自分勝手な行動を取ることなく周囲と協力して仕事に取り組めることを具体例を交えてアピールすれば、効果的でしょう。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれた時の返答例7:創意工夫する

「あなたを採用するメリットは何ですか」と聞かれた時には、創意工夫をこらせることをアピールしてみてはいかがでしょうか。

昨今では、上司や先輩から指示されなければ何もできない、いわゆる「指示待ち人間」が問題視されています。

指示をされずとも自分の頭で考えて望まれる行動を取れること、言われた通りに仕事をするだけでなく、それをよりよいものにするために自分なりに工夫ができることは、アピールポイントになります。

「あなたを採用するメリットは何ですか?」に対する返答の注意点

面接で「あなたを採用するメリットは何ですか」と聞かれた時には、いくつかの注意点を踏まえて慎重に返答をする必要があります。

ここからは、「あなたを採用するメリットは何ですか」という質問に対する返答において注意しておきたいポイントをご紹介していきます。

面接官にあなたの本当のよさを十分に知ってもらうためにも、ぜひ以下の注意点を踏まえた上で面接対策をなさってみてください。

転職の場合

面接官に「あなたを採用するメリットは何ですか」と聞かれた場合、転職希望者は抽象的な回答は避けて返答をする必要があります。

転職の場合、これまでの仕事で十分にスキルや経験を得ていることが必須となるため、これまでのキャリアや経験に即した具体的な回答を行うとよいでしょう。

新卒の場合

新卒の場合、「あなたを採用するメリットは何ですか」という質問に対しては、学校生活やサークル活動での経験を交えながら自分のアピールポイントを回答するのがおすすめです。

面接対策本に載っている回答例をそのまま答えると、何十人もの応募者を見てきた面接官にそのことを見抜かれる可能性が高いので、自分が実際に取り組んだ活動や経験から具体的なエピソードを交えて返答することが大切でしょう。

態度と発言の矛盾に注意

転職にせよ新卒にせよ、態度と発言の矛盾に注意しなければなりません。

たとえば、コミュニケーション能力の高さを自分の長所として面接官にアピールしても、おどおどして大人しそうな見た目・言動ならば、面接官には「嘘を言っているな」と見抜かれてしまうでしょう。

質疑の意図を理解し就職・転職を成功させよう

今回は「あなたを採用するメリットは何ですか」と聞かれた時の対策について特集してきました。

企業によって、面接時の質問の意図はさまざまですので、面接官がどのような答えを求めているのか、その質問によって何を見定めようとしているのかを正しく理解することが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related