Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説

練習をしていても、面接の本番になると緊張してしまうという方も多いことでしょう。そこでこの記事では、面接時の緊張を解きほぐす方法や適切な自己アピールの仕方など、面接のコツについてご紹介しています。面接を受ける前にぜひチェックしてみてください。

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説

面接のコツを知ることが重要!

書類選考までは順調に通過するのに、面接となるといつも緊張して思うように自己アピールができず、不採用の連絡を受け取る結果になってしまうとう方も多いのではないでしょうか。

面接に受かるためには、面接のコツを知り、効果的な面接対策を行う必要があります。この記事では面接のコツを徹底解説しているので、面接に不安を感じている方はぜひ最後までご覧になり、面接のコツを参考になさってみてください。

面接は始まる前の準備が大事

面接を通過するためには、本番で100パーセントの力を発揮できるように面接前の準備や練習が何よりも大切です。

ぶっつけ本番で面接に臨んでも、おそらく多くの人は面接官によい印象を与えることはできないでしょう。

書類選考通過の連絡が来たならば、面接を受けるまでの間、面接のコツについてしっかりと学び、どうすれば面接官に好印象を与えられるのかを学ぶ必要があります。

面接のコツを制するものが面接を制すると言えます。

選考を突破するための面接のコツ5選

面接に通過するためには、事前にしっかりと面接対策を行うことが欠かせません。では、おさえておくべき面接のコツとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

どのような点に気をつけて面接練習を行えば、本番で100パーセントの力が発揮できるようになるのでしょうか。

ここからは、面接のコツを5つピックアップしてそれぞれの内容を詳しくご紹介していきます。

面接に通過するために、ぜひご参考ください。

面接のコツ1:自分自身の強みをアピールする

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説
面接のコツとしてまず挙げられるのが、自分自身の強みを面接官にきちんとアピールするということです。

数いる応募者と比べて自分にはどのような長所があり、企業側には自分を採用することでいかなるメリットがあるのかを、客観的かつ説得力を持ってアピールする必要があります。

面接は、自分を面接官にプレゼンする場です。あまり自己アピールが過ぎてもいけませんし、謙遜して自分の良さを隠してしまうのもいけません。

1:自分が企業に入って貢献できるポイント

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説
面接のコツである自己アピールの方法としてまず重要なのが、自分が企業に入社することで貢献できる具体的なポイントを述べるということです。

自分は他の応募者と比べてどのようなスキルや強みがあるのか、入社後、そのスキルや強みを通じて企業にどのような利益をもたらすことができるのかをプレゼンしましょう。

そのプレゼンに説得力を持たせるためにも、これまでに自分の能力を発揮した経験や具体例を交えるとよいでしょう。

2:その企業で何をやりたいのか

応募した企業で何をやりたいのかを情熱的にアピールするというのも、面接のコツである効果的な自己アピール方法のひとつです。

企業側は同じ程度の能力を持った人物が数人いるならば、より仕事に対して意欲的であり、モチベーションの高い人物を採用したいと考えています。

だからこそ、もし入社できたならばどのような仕事をやりたいのか、それによって企業側にどのような利益をもたらせるのかを熱意をもってアピールしましょう。

3:これまでの実績

面接のコツである自己アピール方法のひとつに、これまでの実績をきちんと伝えるということも含まれるでしょう。

全くの実績がない状態で、自分の強みや長所を力説しても説得力に欠けます。自己アピールに説得力を持たせるためにも、これまでのキャリアを通じて成し遂げたことを、具体的な経験を引き合いにだしながらアピールしましょう。

なお、職歴がない場合は、サークル活動や学生時代に成し遂げたことを伝えてみましょう。

面接のコツ2:第一印象を意識する

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説
第一印象を意識してよい印象を与えられるように努めるというのも、面接のコツとして挙げられるでしょう。

人物評価は第一印象によって大きく左右され、最初の印象がよければその後もそのポジティブなイメージが続くものです。

裏を返せば、第一印象が悪ければ、そのネガティブなイメージを引きずってしまい、面接に落ちる可能性が高くなると言えるでしょう。

ここからは、面接のコツとしてよい印象を与えるための方法をご紹介します。

表情や姿勢を意識する

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説
よい第一印象を面接官に与えるために、表情や姿勢をきちんとするように心がけるということが面接のコツです。

ガチガチに緊張すると表情がこわばってしまうので自然な笑顔を心がけること、また猫背だとだらしない印象を与えるので背筋をピンと伸ばすことが大切でしょう。

また、表情や姿勢に加えて、服装や髪型・化粧、さらには体臭も第一印象を大きく左右します。爽やかで清潔感のある身なりを整えることが大切です。

面接のコツ3:面接官の質問意図をくみ取る

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説
面接のコツのひとつに、面接官の質問意図をきちんと汲み取った上で的確な回答をするということも含まれるでしょう。

面接官は、あなたに質問の意図を理解する能力があるのか、質問に対して的確な受け答えができるのかどうかを見定めようとしています。

ただ聞かれたことを機械的に答えるのではなく、その質問を通じて面接官がどのようなことを見定めようとしているのかをよく考えながら回答することが必要でしょう。

答えにくい質問には模範的な回答をする

もしも面接官から答えにくい際どい質問をされたのならば、奇をてらわずに模範的な回答をするというのも面接のコツです。

たとえば前職を転職した本当の理由を問われた時には、馬鹿正直に前職への不満を打ち明けるのではなく、「やりたいことが見つかったから」「それを御社で実現したい」といったように、ポジティブな模範解答を行いましょう。

そつのない受け答えができてこそ、企業が求める有能なビジネスパーソンです。

面接のコツ4:話す相手を意識する

話す相手のことを意識するというのも、面接のコツのひとつとして挙げられます。面接官からの質問に答える際、暗記した例文を思い出すのに精いっぱいで目線を面接官からそらしてしまうことがありますが、面接官の目をきちんと見ながら答えることが大切です。

面接官の質問に機械的に答えるのではなく、相手と会話すること、コミュニケーションを取ることを意識しながら質問に答えていけば、面接官によい印象を与えられるはずです。

面接のコツ5:具体例を使って分かりやすく回答する

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説
面接のコツのひとつとして挙げられるのが、具体例を使って相手により分かりやすく伝えるということです。

自己アピールや志望動機などで抽象的な事柄や、一般の人があまり知らないような専門用語を使っても面接官にそれを正しく理解してもらうことはできないので、具体例を交えてイメージしやすいようにプレゼンしましょう。

自分の話す内容を面接官にしっかりと理解してもらえるようなプレゼンをするのも、面接のコツです。

準備することも面接のコツのひとつ!

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説
面接に合格する人は、必ずと言っていいほど事前に面接の練習を徹底して行っているものです。

面接に通過するかどうかは、事前の準備にかかっていると言っても過言ではないでしょう。ここからは、面接に通過するために絶対に準備しておきたいポイントをご紹介していきます。

以下の準備をきちんと行い、面接のコツを心得ておけば、怖いものなどありません。面接を受ける前に、ぜひ参考になさってみてください。

【面接のコツ】準備1:自分自身の研究をする

面接の前に準備すべきこととしてまず挙げられるのが、自分自身の研究を行うということです。

面接では面接官があなたの人となりや長所・短所、志望動機などありとあらゆる点を吟味することになるので、自分の良さをきちんと伝えられるよう、自分について正確に把握しておく必要があります。

自己分析を徹底して行い、自分の強みや向き・不向き、やりたい仕事や目指したいキャリアなどをリストアップしていきましょう。

【面接のコツ】準備2:対人練習で緊張をほぐす

対人練習を行って緊張をほぐすというのも、面接のコツとして挙げられるでしょう。一人で面接の練習を行ってもなかなか本番の雰囲気が出ないので、誰かに協力してもらい、面接官役を務めてもらうことが大切です。

面接で聞かれることはどの企業でも大方同じようなものですが、想定外の質問を受けた時に慌てずにすむように、面接官役の人に頼んで、イレギュラーな質問をしてもらってみてください。

良い緊張をするように心掛ける

良い緊張をするように心がけるというのも、面接のコツとして重要でしょう。緊張しすぎると本番で本領を発揮できなくなってしまいますし、全く緊張せずに面接に望んでも面接官に「本気が感じられない」と思われてしまいかねません。

自分の良い所を見せようと意気込みすぎたり、完璧にこなさなければならないと完璧主義に陥ると、ガチガチに緊張してしまいがちです。

適度にリラックスし、適度に緊張感が保てるようにしましょう。

【面接のコツ】準備3:企業研究をする

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説
面接のコツのひとつとして挙げられるのが、企業研究をしっかりと行うということです。企業が求める人物像に加えて、企業の事業内容や社是・理念、新しく取り組んでいるビジネスについても徹底して研究しておきましょう。

面接時に「わが社についての〇〇をご存知ですか」と企業についての知識を尋ねられることも多いので、企業分析は欠かせません。

また、求める人物像が分かっていれば、それに合わせて自己PRもできます。

企業研究のポイント1:主力事業は何か

企業研究でまず抑えておきたいのが、主力事業は何かということです。応募した企業は今どのような事業に集中的に取り組んでいるのかを、具体的に答えられるようになっておくことが必要でしょう。

企業研究のポイント2:その企業の強みは何か

応募した企業の強みはどのような点にあるのかというのも、企業研究を行うにあたってリサーチしておきたいポイントです。

同じ業界のライバル企業と比べて、応募した企業にはどのような利点や強みがあり、それが具体的にどのようなビジネスシーンにおいて表れているのかを把握しておきましょう。

企業研究のポイント3:今後のビジョンは何か

企業研究でおさえるべきポイントのひとつに、今後のビジョンはどのようなものかということも含まれるでしょう。

企業はどのような短期的・長期的ビジョンを思い描いているのか、それを実現するために自分にはどのような貢献がなしえるのかをよく考え、自己アピールでその点を効果的に説明することが大切です。

面接のコツを知って自分を魅力的にアピールすることが大事!

5つの面接のコツから学ぶ選考突破の秘訣!事前準備から本番まで解説
今回は面接のコツについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。面接を前にすると、誰しも緊張してしまうものですが、面接のコツを知り、それにもとづいて事前に面接対策をしていれば何も恐れるものはありません。

面接のコツを学び、本番時に面接官に自分の魅力を100パーセント伝えきれるように事前にしっかりと準備をしておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related