Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月18日

採用担当者が面接で聞くべき事15個|聞くべき事の内容が大事な理由3つ

皆さんこんにちは、今回は「採用担当者が面接で聞くべき事15個|聞くべき事の内容が大事な理由3つ」と題して、「採用担当者が面接で聞くべき事・ポイント」をはじめ、その聞くべき事の内容がなぜ大事なのかという理由についてご紹介します。ぜひご参考下さい。

採用担当者が面接で聞くべき事15個|聞くべき事の内容が大事な理由3つ

面接で聞くべき事を間違えると相手の入社意欲を低減させてしまう

就活時の面接などで、面接官から求職者に対して「聞くべき事・聞かずにおくべき事」という、質疑においての質疑の識別がなされる場合があり、それは主に「求職者がその会社に入って実際に仕事をしていこう」とする覇気に直接関わる内容になる場合があります。

つまり、求職者にとっての仕事への覇気・勤続する姿勢を面接時の質疑によって左右することになるため、聞くべき事をあらかじめ面接官は把握しておく必要があります。

採用担当者が面接で聞くべき事15個

さて、先述では「面接官が求職者に対する面接で聞くべき事・聞かないでおくべき事」の識別理由について簡潔にご紹介しましたが、ここからは「採用担当者が面接で聞くべき事15個」と題し、実際に求職者に対して面接でどのような質疑が効果的かをご紹介します。

面接というのは基本的に「その求職者の基本的な情報・自己PR」をはじめ、求職者の会社に対する印象や覇気などを聞く時間になります。その点をまず十分把握しましょう。

採用担当者が面接で聞くべき事1:どのような仕事をどんな風にしたいのか

まず採用担当者が面接で聞くべき事として、この「どのような仕事をどんな風にしたいのか」という質疑内容があります。これは基本的に聞くべき事になります。

これは求職者にとって会社の印象がどのように映っているのかを確認するとともに、実際に仕事に就く上での理想の職場環境を確認する項目になります。つまり、その点での求職者と会社との相性を確認する内容になるため、聞くべき事として押さえる必要があります。

採用担当者が面接で聞くべき事2:持っているスキルをどのように伸ばしたいのか

次に面接で聞くべき事として、「求職者の持っているスキルをどのように伸ばしたいか」という質疑内容があります。これは求職者の現時点での仕事に対するスキル・能力を確認するとともに、その能力をもってどのように自己発展したいかという問いかけになります。

その自己発展によって会社のビジネス規模も成長していく事となるため、この点も確実に面接での質疑内容に押さえておき、着実かつ明確な答えを確認しましょう。

採用担当者が面接で聞くべき事3:今まで自分のスキルをどのように発揮したか

次は「今まで自分のスキルをどのように発揮したか」という点ですが、これも採用担当者が面接で聞くべき事となるため、必ずピックアップしておきましょう。

この場合の要点は、その求職者が仕事においてどのような成長が今後見込まれるかについての直接的なデータになり、求職者の過去実績をもって、今後のビジネス発展に直接結び付けられる指標を作ることができます。企業にとっても、非常に重要な内容になるでしょう。

採用担当者が面接で聞くべき事4:自分なりのモチベーションをアップする方法

次に「自分なりのモチベーションをアップする方法」についてです。これも採用担当者が面接で聞くべき重要な事となり、この場合の要点は「仕事を勤続する上での理想的な状態や、求職者にとっての仕事との相性・処理能力の指標」を見定めるポイントになります。

どのような社員でも、勤続していくうちに仕事に対してマンネリ化し始め、それによってモチベーションが低下する傾向があり、その場合の挽回方法の確認になります。

採用担当者が面接で聞くべき事5:やりたい仕事をできない場合どう対処するか

次は「やりたい仕事をできない場合どう対処するか」という点ですが、これも採用担当者が面接で聞くべき事としてはトップ事項にくる重要項目になるでしょう。

この点をはっきりさせておくことによって、企業で課されるあらゆる仕事に対する覇気・姿勢というものが確認でき、それによって満足に勤続できるかどうかが確認できます。

「したい事」ばかりが仕事ではないことを踏まえ、仕事への姿勢の確認をこの質問で確認しましょう。

採用担当者が面接で聞くべき事6:自分の将来像や将来やりたいこと

「自分の将来像や将来やりたいこと」ですが、これはどの企業においても採用担当者が面接で聞くべき重要な事となり、仕事をする上での具体的な目標や、その仕事を通じて将来ビジョンの具体的な設計や持ち方についてわかり、求職者の理想の内容も把握できます。

また自分の将来像についてはっきり答えられる求職者の場合、現時点での仕事に対する認識のあり方もわかるため、その点での聞くべき事としてストックしましょう。

採用担当者が面接で聞くべき事7:専門的な知識について

これは企業・職種においての専門的な知識になりますが、仕事をする上で「これだけは知っておくべき事」とできる点に焦点を当て、その専門性を追究する事も「面接で聞くべき事」としてピックアップされるでしょう。

ITスキル、金融企業における能力やビジョン、現代において注目されている顧客ニーズなどを含め、実際にその企業に入って携わる仕事の上で必要になる能力・スキルについて確認することも大切なポイントになります。

採用担当者が面接で聞くべき事8:企業が課題にしている事への言及

企業に入社する上での具体的な「企業ニーズ」に関わる質疑になりますが、求職者が採用を控えた現時点において、その企業の事をどれくらい理解しており、その上でその企業にとって何が必要かといった抜本的な立案ができるかどうかを確認する事項です。

その点を求職者のほうに語らせる形で質疑しておき、聞くべき事を項目ごとに確認していく形が効果的と言えるでしょうか。この点も重要項目となるでしょう。

採用担当者が面接で聞くべき事9:学生時分の得意科目について

これは基本的に履歴書・職務経歴書などの内容でわかりますが、もう一度求職者本人の口から語ってもらうことによって、その内容を再確認することができ、さらにコミュニケーション能力の高低も同時に確認することができます。

コミュニケーション能力は入職後の交渉力や商取引においても役立つ上で重要になり、さらにさっと出てくる得意科目によって、求職者が実際に得意にしていた科目もわかり、能力の把握にも役立ちます。

採用担当者が面接で聞くべき事10:退職理由を明確に聞く

これは主に転職時・中途採用の場合に聞くべき事になりますが、面接でこの内容を改めて聞く事により、本人がどうして以前の会社を退職したかについてさらに深くその理由を問うことができます。

そこでの要点は、質疑内容によって誘導する形での確認となり、「○○がイヤで退職した・都合が悪くて退職した」という点を、採用担当者側で率先して質問する形が有効です。それによって聞くべき事を明らかにして真意がわかります。

採用担当者が面接で聞くべき事11:過去の失敗談

これも面接時には良く質疑内容にあげられますが、過去の活動における失敗談をとにかく並べてもらい、特にそれへの解決策を語らせないまま、ただ「どういう失敗をしたか」だけに着目する形になります。

これによって、その求職者本人がどのような能力・性格の持ち主かが改めてわかる形になり、その上で任せられる仕事の種別もさらに深く識別できます。聞くべき事のリストにピックアップしましょう。

採用担当者が面接で聞くべき事12:理想の職場環境について

現在の職場環境をどれくらい理解しているかを確認しつつ、さらにどのように今の職場環境を改装すれば仕事率をアップできるか、という点を追究します。

この場合は、その求職者にとってどのようにすれば覇気を湧かすことができるかを確認でき、さらに勤続するための理想の職場環境を把握することができるでしょう。これを指標にすることにより、他の社員にとっての理想的な職場環境への改装の基準もわかります。

採用担当者が面接で聞くべき事13:通勤において不具合な点

これも勤続できるかどうかを間接的に確認するための質疑内容になります。通勤状況というのは主に「その企業へ通勤し続けられるかどうか」を直接決めるための条件になるため、この点を聞くべき事としておく事で、さらに求職者の内容がわかります。

それによって、その求職者にとって今何が必要かということがよくわかり、さらに他の社員にとっても同じような問題点が浮上する可能性を示唆することができます。

採用担当者が面接で聞くべき事14:給与面についての不満など

これは特に面接時において求職者側から質問しづらい内容となるため、あえて採用担当者側が聞くべき事としてピックアップしておくことにより、その点をさらに追及でき、その上で「求職者にとってその企業の待遇がどのような印象を持つか」がよくわかります。

これも企業にとっては重要な事で、退職理由の半分はこの給与面への不満であるため、それへの抜本的な見直しを図るための1つの指標にすることができます。

採用担当者が面接で聞くべき事15:現在においてしているサイドビジネスはあるかどうか

これも面接時に最近よく聞くべき事としてピックアップされる項目です。このサイドビジネスの有無をまず確認しておくことで、普段その求職者がどのような生活を送っているのかがある程度わかります。

その上でさらに、その求職者がどのような職種に興味があるか・能力を持つかがリアルにわかるため、履歴書・職務経歴書に記載された以上の収穫・成果を得られる場合があるでしょう。

面接で聞くべき事の内容が大事な理由3つ

さて、先述では「面接で聞くべき事」として項目ごとにご紹介してきましたが、現代ではこの面接において求職者の内容をさらに把握し、その後の企業ニーズ・顧客ニーズに反映させていくという方法がよく採られています。

面接は企業と求職者のニーズとの整合性を高められる点(見極められる点)にまずメリットがあり、その上で応募者の将来性、採用コストの確保の仕方にも一応の目途が付くため、非常に重要なポイントになります。

面接で聞くべき事の内容が大事な理由1:会社のニーズとの整合性を見極められる

採用担当者が求職者に対して面接で聞くべき事は、すべて「会社のニーズとの整合性を見極めるための内容」と置き換えてもかまいません。

つまり、その会社が一般的に多くの人からどのような印象を持たれ、さらにどのように理解されているのかをはっきり確認するための都合の良いツールになるためです。この点を把握しておき、面接での質疑内容をピックアップしておくと良いでしょう。

面接で聞くべき事の内容が大事な理由2:応募者の将来性を見極められる

その会社に今後どれだけの求職者が応募してきて、さらにどれだけの求職者が採用後の入社を確約してくれるかという点においても、この面接で聞くべき事・質疑の質というものは大切な役割を果たします。

企業規模を伸ばすためにも非常に重要なポイントとなり、この点をしっかり踏まえて面接時間を確保することにより、その後の企業の安泰にもつなげられるでしょう。

面接で聞くべき事の内容が大事な理由3:採用コストを削減できる

面接で聞くべき事ことをあらかじめマニュアルによって作っておくことにより、アンケート内容にただ応えてもらう形だけとなるため、時間節約や、応募者各自に要する時間の短縮にもつながります。

この場合でも「ムダをなくす」ということに焦点が当てられ、その積み重ねによって求職者(応募者)の疲労も軽減できるため、一石二鳥の効果が得られるでしょう。

面接で聞くべき事は十分に吟味しましょう

いかがでしたか。今回は「採用担当者が面接で聞くべき事15個|聞くべき事の内容が大事な理由3つ」と題して、「採用担当者が面接で聞くべき事・ポイント」をはじめ、聞くべき事の内容がなぜ大事なのかという理由についてご紹介しました。

採用担当者が面接で聞くべき事というのは、応募者と企業のニーズを見極めるためのリストアップにもつながり、さらにその後の企業の安泰にもつなげられます。この点をしっかり把握しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related