Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

転職したい理由17個|転職したい理由を面接で聞かれた時のポイント

これから転職したいと考えている方、ネガティブな理由で今の会社を離れる方は面接で転職理由を聞かれたときどのように答えようか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。本記事では転職したい理由17個・転職したい理由を面接で聞かれた時のポイントについて紹介していきます。

転職したい理由17個|転職したい理由を面接で聞かれた時のポイント

転職したいと思ったことありますか?

「転職したいなあ」と思った経験はありますか。社会人になったことで、毎日仕事に追われその日々が憂鬱になってくるという方は多いのではないでしょうか。

本記事では転職したい理由17個、転職したい理由を面接で聞かれた時のポイントについて紹介してきます。

転職理由を自己分析してみよう

転職したいと思っても、実際に転職にはメリットとデメリットがあります。転職したからといって必ずしも次の仕事で幸せになるとは限りません。この点を踏まえて、転職を決意する前に転職したい理由について考えてみましょう。

転職に失敗しないためにも、新しい職場ではどんなことにチャレンジしたいのか、今の職場環境で自分の望む状況は本当に作れないのか、などまずは転職理由を自己分析してみることが大切です。

転職したい理由17個

転職したいと思った方、実際に転職したい理由というのはどのような内容があるのでしょうか。次は転職したい理由17個について紹介していきます。

転職したいと思ったことがある社会人は、いったいどんな理由で仕事を辞めたいと感じているのか見ていきましょう。

転職したい理由1:給料が少ない

転職したい理由として給料が少ないことをあげる人は多いです。仕事を続けていくには、仕事のモチベーションを高めている部分に報酬となってくる「お金」が大きく影響するでしょう。

「給料を安定的にもらえているだけ十分だ」という気持ちになればいいですが、過酷な労働状況の場合「働きと給与が見合っていない」「別の会社だったらもっとお給料をもらえるのではないか」などと不満が出てきます。

転職したい理由2:福利厚生が充実していない

転職したい理由に福利厚生が充実していないことがあります。福利厚生とは、 法律で定められている法定福利厚生と企業が独自に定めている法定外福利厚生があります。

例えば、法定外福利厚生には住宅手当、家賃補助、健康診断補助、まかないなどがあります。給与が低くても福利厚生が充実していれば働きやすさで差がついてくるので、長く働きたいと考えた時、福利厚生に不満があると転職を意識する部分になります。

転職したい理由3:労働時間が長い

転職したい理由に労働時間が長いことも多いでしょう。労働時間が長いと自分の時間が取れず、毎日が仕事のみ、仕事をするだけで楽しみもないという気持ちになっていくでしょう。

残業しないように早く仕事をこなす努力をしても「まだ余力がある」と思われ、次々に仕事をふられてしまうこともあります。

労働時間が長いと、気持ちの面で落ち込むだけではなく体調を崩すこともあり、転職したほうが良いかなと考え始める理由になります。

転職したい理由4:休日が少ない

休日が少ないことで体が休まらず日々の疲れが全然とれないという悩みを抱えている人は、休日が少ないことを理由に転職を意識するでしょう。

若いうちは休日が少なくても体力がありますが、年を取った時に働き方をかえないといけないなと意識しだすことから休日の少なさは転職したい理由になってくるでしょう。

休みが少ない会社で働くことは健康面はもちろんですが、生活の質や人生の充実度などにも大きな影響を与える問題です。

転職したい理由5:人間関係

転職したい理由に人間関係があります。上司や先輩、同僚との付き合いなど人間関係は仕事でも発生する問題です。仕事の成果を出すことに注力できるのがベストな環境ですが、人間関係を気にして仕事に集中できないなどの悩みを持つ場合転職を意識してくるでしょう。


実際その仕事自体がそこまで好きではなくても、給与面で不満があっても人間関係さえよければ、精神的な負担は和らぎ「頑張ろう」という意欲が湧くという人は多いです。

転職したい理由6:会社や業界の先行きが不安

転職したい理由に会社や業界の先行きが不安という考えがあります。

退職までその会社・業界で骨をうずめようとしていたものの、低迷していくような陰りが見えた時、年をとってから転職先で慌てるよりも、少しでも新しいことを吸収しやすい今の年齢のうちに転職したほうが良いと考えた場合転職を考えるしょう。

ただ、どんな会社、業界でも浮き沈みはあります。この理由だけで転職を繰り返すとどの会社でも長く勤められないでしょう。

転職したい理由7:仕事内容が合わない

転職したい理由として仕事内容が合わないことがあります。1日24時間の中で多くの時間を費やすことになる仕事ですが、この仕事内容が合わないと苦痛な時間を長く過ごしていることになります。

「ここでこんなことをしていていいのか」「もっと意欲がわく仕事があるのではないか」など、仕事の時間=人生の貴重な時間を無駄にしている時間、と感じ、その会社から抜け出したくなるような気持になるでしょう。

転職したい理由8:やりたい仕事が別にある

やりたい仕事が別にあるというのも転職したい理由に多いです。今いる会社の方向性とは別に自分でやりたい仕事が出てきた場合、転職したいと考えるのは自然なことでしょう。

また、もともと「いつかはこういうことがやりたい」という夢がありつつ、夢とはまた違う会社に入社した場合、「この会社である程度経験を積んでから転職したい」と考えて入社している場合もあります。

転職したい理由9:専門知識を習得したい

長い社会人生活を考えてみた時「自分の専門を作って、その仕事をずっとしていきたい」という思いに駆られる人も多いことから、転職理由として専門知識を習得したいという理由は上位にあがってきます。

専門的な知識・技術を持っている人は、総合職や一般職に比べて、どの会社に行っても活躍できる力を持つことができます。仕事をしていく上でも自分の専門技術を持っていることは有利でしょう。

転職したい理由10:経験を積みたい

転職したい理由として、多くの経験を積みたいを考える人もいます。色々な分野に携われる会社もあれば、大体の仕事内容が限られてしまう会社もあります。

多くの経験を積みたい人にとって仕事内容が限られてしまう会社の場合は経験を積みにくく、転職を考える理由になってくるでしょう。

転職したい理由11:勤務地を変えたい

その土地ならではの技術や雰囲気を吸収して、仕事に臨みたい、経験にしていきたいという考え方から転職したい理由として勤務地だけ変えたい時という理由もあります。

ただ、その土地でなければ学べないことやキャリアを積むことができないことを事前に考え、希望する土地で仕事をしたいという理由を明確にしておく必要があるでしょう。

転職したい理由12:評価方法に不満がある

会社の評価方法に不満がある場合も転職したい理由として多いでしょう。会社は給与・賞与・昇進などを決める際、一定の評価をしていきます。

しかし評価というのは、人事を中心にして作成され、会社の方針を入れた人事評価で判断されます。不満を感じる人がいないというようにはなりません。

会社の評価の方向性が違い、自分の強みがなかなか評価されないという場合は、転職しようという考えが生まれてくるでしょう。

転職したい理由13:自分の市場価値を上げたい

「自分の市場価値を上げたい」という目標が転職したい理由になってくる場合もあります。市場価値とは個々のスキルや本人の人間性が見られます。基準は時代と共に変化していくもので、絶対的な数値や価値観があるわけではありません。

しかし、今の仕事は将来的に自分のキャリアの土台になるのかと考えた時、「この会社にいたままで自分の市場価値はいいのか」と疑問に思ってしまう人は転職を考えるでしょう。

転職したい理由14:家庭環境の変化

転職したい理由が家庭環境の変化ということもあるでしょう。家庭環境の変化とは、結婚するので収入をアップさせたい、子どもが生まれたので定時で上がれる仕事に変えたい、親の介護をする事になったので時間の調整・融通がきく仕事にしたいなどです。

やりがいなどで仕事を選んできた人も、家庭環境の変化はやむを得ない理由となるため、転職の理由になることは多いといえるでしょう。

転職したい理由15:ノルマが厳しい

転職したい理由にノルマが厳しいということがあります。ノルマとは、 一定時間内に果たすように割り当てられる労働の基準量のことをいいます。例えば「今月は○件の契約を取ってこい」や「今月の売り上げは少ない」など会社(上司)から言われるものです。

ノルマを前向きにとらえ、実行させる力がある人はその状況を楽しみながら仕事に当たれますが、ノルマがプレッシャーになりストレスを感じて転職を考える人は多いでしょう。

転職したい理由16:社風が合わない

転職したい理由に社風が合わない理由もあります。会社の社風は、どうしても一個人で変えようとしても難しい事が多いです。入社前に社風がわからないこともあり、入ってから「合わないな」と感じる人も多いでしょう。

社風が合わないと、居心地の悪さから苦痛に感じ、他の会社を探したいという気持ちにつながるでしょう。

転職したい理由17:病気やケガ

病気やケガという原因が転職したい理由になっていることもあります。

休日が少ないなど労働環境が悪く、同じ会社に勤めていると病気が治りそうにない、足をケガをしたことで長時間立っていることができなくなり立ち仕事が無理になった場合など、働きにくい状況であれば転職せざる得ないでしょう。

面接で転職したい理由を聞かれた時のポイント6つ

転職活動の面接で転職理由を聞かれ、「どのような転職理由だと良く聞こえるのか」「本音で答えた方がいいのか」などと悩むことはありませんか。確かに面接では、必ず転職理由を聞かれ、答えによって合否に大きく影響します。

最後に面接で転職したい理由を聞かれた時のポイント6つについて紹介していきます。ポイント6つをしっかり押さえた転職理由を考えましょう。

1:ネガティブな理由はポジティブに言い換える

面接で転職したい理由を聞かれた時のポイントとしてネガティブな理由はポジティブに言い換えることが重要になってきます。面接官が見ている部分として、「入社後、すぐに辞めてしまわないか」ということがあります。

悪い状況に陥った時どう立ち直れるか、良い方向にもっていく力があるか、というところを見るのでネガティブな理由をそのまま正直に答えてしまうと印象は悪いので必ずポジティブな理由にもっていきましょう。

言い換えの例

ネガティブな理由はポジティブに言い換える例としては以下のような内容がおすすめです。

毎日同じ業務を繰り返す仕事が単調と感じ退職した場合、「全職は安定的ではありましたが、自身の意見やアイディアを活かすなど新しい仕事に挑戦したい思いが強くなり転職を決意しました」などです。

2:転職したい理由と志望動機をつなげる

面接で転職したい理由を聞かれた時のポイントとして転職したい理由と志望動機をつなげることが大切です。

本当にその会社に入社したいと考えている人は退職理由と志望動機につながりがあります。退職理由と志望動機のつながりが薄いと「本当はうちの条件面だけを見て志望してきたのではないか」と面接官に感じられてしまうでしょう。

志望動機の例

志望動機の例文を紹介します。

「電子部品メーカーで一般事務を担当してきましたが、もう少し身近な存在である消費財を扱う会社で自社商品に思い入れを持って働きたいと考えこの度転職を決意しました。御社の人気商品である○○は子供の頃から好んで愛用しており、今までの事務経験を御社の成長に貢献できればと志望いたしました。」

このように退職理由と転職理由はつながりがある内容にすることがポイントです。

3:転職後のビジョンを添えて伝える

面接で転職したい理由を聞かれた時のポイントとして転職後のビジョンを添えて伝えることも大切です。

退職理由とつながる転職理由を伝えた後は、その思いが応募した企業でどのように実現できるのかを伝える必要があります。

「伝統的な商材を扱っている事業部で顧客の信頼を得たい」「実際に市場調査など行い新商品の企画を行っていきたい」など、応募先の企業でどんな働き方をしたいか転職後のビジョンをアピールしましょう。

4:理由に一貫性を持たせる

面接で転職したい理由を聞かれた時のポイントとして、理由に一貫性を持たせる必要があります。

例えば「専門性を身に着けたい」と言ったにもかかわらず、具体的な話を聞いてみると「幅広く業務に携わりたい」と話していたり、話が長くなり始めと終わりで言っていることが変わってしまっている場合などです。

面接官から良い印象を受けたいために、その場しのぎで答えていくとボロがでて転職理由の一貫性が失われやすいでしょう。

5:転職したい理由はできるだけ具体的に

転職したい理由はできるだけ具体的に答えることも、面接で転職したい理由を聞かれた時のポイントです。「御社の商品に昔から憧れていました」「御社の企業理念に共感しました」だけでは、具体性に欠ける転職理由です。

その商品のどのようなところを魅力として感じたのか、自分にエピソードとしてつながることはあるのか、共感した企業理念の会社で具体的に何をいきたいのか、など掘り下げた部分を必ず入れるようにしましょう。

6:転職したい理由は正直に答える

面接で転職したい理由を聞かれた時のポイントとして、転職したい理由は正直に答えることが良いでしょう。正直に話そうとする姿勢が大切です。

ただ、正直にネガティブな理由を伝えてしまうと仕事に対してやる気がないと受け取られてしまいます。

必ずネガティブな理由はポジティブに置き換えて伝えましょう。例えば、「給料が少ない」という理由の場合は「年功序列の意識が強く、自分の成果を実感できる場所で活躍したい」などです。

転職したい理由をよく考えよう

正直な姿勢は相手にも伝わるところがあるので転職活動の面接で大切な部分ですが、必ずしも事実や本音だけを伝えればいいというわけではありません。ネガティブな理由のまま面接で答えているとなかなか採用されない可能性が出てきます。

ネガティブな理由をポジティブな理由に変えてみるなど、転職したい理由は良く考えて面接で生かしてみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related