Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月10日

面接で短所を聞かれた時の回答3原則とは?タイプ別回答例もご紹介!

面接では、職務経歴以外にも短所などの性格的な面を問われることも多々あります。面接で短所を聞かれた時の回答3原則や、タイプ別回答例もご紹介します。転職をする際や、面接に行かれる際には、事前に短所などの準備もしていくことで採用を勝ち取れます。

面接で短所を聞かれた時の回答3原則とは?タイプ別回答例もご紹介!

面接官は短所を聞くことで何を知りたいのか?

近年は転職に有利な時代へと移り変わっており、転職をされる方も増えています。企業の求人も増えており、スキルアップやベースアップを求めて転職するチャンスもたくさんあります。転職をする際には、必ず面接というハードルを突破しなければなりません。

面接では職務経歴のを聞かれることは当然ですが、職務経歴以外にもみられているポイントがあります。短所を聞かれることも多く、面接官は人柄や思考もみています

理由1:客観視ができているか

面接時に、短所を聞くことで応募者が客観的に物事を見る力があるかを判断しています。自分の短所を理解しているということは弱みをわかっているということになり、それをどう活かそうとするかをみています。

そのため、短所をこたえるときには、短所をどのように仕事に取り組むか、改善しようと努力しようとしているか、短所をうまく強みにかえようとしているかなども踏まえて回答しましょう。

理由2:常に課題を解決しようとしているか

短所を自分で理解しているということは、常に満足しているわけではなく、さらにスキルアップを目指すためにも役立てることができます。面接官は、向上心があるかを短所を聞くことで判断しています。

仕事をする上で、現状維持を求める人材は成長率が少なく、課題の解決力に欠けていることもあります。自発的に行動をし、仕事に取り組む人材を探しています。

理由3:謙虚さ・誠実さを忘れていないか

転職をするということは、今までの経験や職務経歴を持っていることになります。仕儀とをする上で、謙虚さや誠実さは必ず必要になり、年齢と共に薄れていく傾向が強いです。

自分の短所として、それを問題視でき、受け入れていることが大切です。自分には短所はないとう人はそれ以上の成長に期待できないことが多くみられます。自分の短所を理解することは、成長の第一歩と考えられています。

理由4:職種や会社のカラーに適性があるか

性格的なことや、特徴を問われることで、応募内容に適しているか、会社のカラーにマッチしているかを判断しています。その1つの質問として短所を尋ねられることがあります。

新たな職場での活躍を期待して、企業は新たな人材を探し求めています。企業が望む人材としてふさわしいかどうかを判断するための質問は多く、面接では仕事内容以外のことも多く問われます。

短所の答え方の原則3つをご紹介

面接では短所を問われたときの答えを事前に用意しておきましょう。質問に対する正解の答えは基本的にはありません。本来の自分自身の特徴を答えることが好ましいです。しかし、面接は採用を勝ち取るための、アピールの場でもあります。

原則として短所を問われたときの答え方だけは、事前におさえておきましょう。自己アピールをしいたつもりでも、反ってマイナスポイントになってしまう可能性もあります。

原則1:「克服可能」な短所であること

自分の短所を面接でアピールするには、原則として克服可能な短所を答えましょう。短所は性格的な面が強く、人により異なりますが、本質的に改善が難しい内容である場合、企業にとってマイナスポイントととらえられてしまうことがあります。

どのように克服しようと取り組んでいるかを含め、回答することが望ましいです。これからも成長しようという意欲が伝わり、高評価につながりやすいです。

原則2:短所の説明にネガティブワードを使わないこと

自分の短所を説明する際には、ネガティブワードを使用しないことがポイントです。「コミュニケーションが苦手」といった表現ではなく「自己解決をしようとしすぎてしまう」などに言い換えることで、悪い印象を与えないようにしましょう。

短所というと悪い印象やウィークポイントを表現する際にの言葉の選び方には十分に気を付けましょう。ポジティブに聞こえるように伝えましょう。

原則3:短所は客観的な性質であること

短所は客観的な性質であることであるため、考え方のキャパシティーを問われています。考え方が偏っていたり、固執したりしていると仕事をする上で、差し支えることもあります。

客観的に感がられる人は、入社してからも周囲の人あわせられるタイプと判断されます。大人数の会社に属すると、自分の意見と違うことが発生したり、周囲に指摘されることも想定しています。

【タイプ別】短所の上手な答え方例

短所の上手な答え方は、まず自分の特徴を理解することが大切です。企業の面接官は数多くの応募者をみてきているため、すぐに応募者の特徴を判断します。分析力も高く人を見る目が高いです。

そのため、自己分析ができているかは面接官にすぐに見抜かれます。特徴が定まれば、特徴にみあった短所の説明を考えましょう。ポイントは好印象につなげることです。

マイペース

マイペースが短所であるという方は、マイペースであるがゆえに、スケジュール管理などもきっちりとこなすことができるというように、言い換えましょう。

マイペースは、周囲にあわせられないという印象を与えがちですが、独自のペースではあっても仕事の正確さなどが悪いわけではありません。

また、マイペースと言われることがある方は、仕事に関してそれだけ熱中しやすいともとれます。

頑固

頑固な性格であると言われることがある人は、言い換えれば信念が強く、目標をしっかりともっている方でもあります。仕事をする上で、ぶれることがなく、責任が強いともとらえられます。

自分の意見を周囲に伝えることもでき、しっかりと自分の言葉で説明ができます。自分で頑固という面を理解しているため、常に相手の意見を聞き入れる体制を忘れずに仕事をしていることを伝えましょう。

心配性

短所が心配性であるという方は、仕事が丁寧ですぎる場合があります。何度もダブルチェックを繰り返し、同僚よりも仕事が遅れてしまうことが懸念されがちです。そのことを踏まえて、仕事をする上で余裕をもったプランニングを行っており、補っていることを示しましょう。

また、心配性であるがゆえに確認をおこたらないので、ミスや失敗が少ないことは短所からメリットに繋げることもできます。

遠慮がち

遠慮がちな方は、相手に気を使うシーンが多く、尊重する精神が強いともいえます。遠慮することが多いにしても、間違っていることや、意志表示ができないわけではなく、相手に対する思いやりが強いということは長所にもつながります。

遠慮がちな性格のため、相手の意見や話を最後まで聞くことができ、親身になれることも良いポイントになります。

完璧主義

日本人に多いといわれる完璧主義ですが、時には短所にもなります。完璧主義者は仕事のことを考えることが多く、完璧にこなせてなければ不安やストレスに感じることもあります。

しかし、それらのマイナスポイントを理解していると、失敗をしたときはそこから改善をして次のステップに繋げようと、常日頃から意識することでバランスが取れます。自己嫌悪に陥ることもなく前向きな精神をアピールしましょう。

短所を考えるときの3つのポイント

自分自身の短所がうまくでてこないという方に必見です。物事の考え方は常に2通り以上あります。良いことの反対は悪いというように、短所の反対から考えてみることもおすすめです。

短所は過去の経験から引っ張り出すこともできます。自分の短所は他人に言われたことなどを参考にして自分を見つめ返すチャンスでもあります。じっくりと考えることで自分のステップアップにもつながります。

ポイント1:長所を裏返してみる

自分の短所は長所の裏返しでもあります。短所がうまく表現できないときには、まずは長所を考えてみましょう。長所であってもやりすぎると短所になることもあります。

自分の長所の反対語を調べたときに、当てはまることもあり、短所は必ず誰にでもあることを忘れないようにしましょう。長所が熱心な人であれば、熱心すぎるがゆえに頑固になりがちであるなどがあげられます。

ポイント2:過去のエピソードから考える

自分の短所を実体験から考えることも得策です。実際に起こったエピソードを使うことでより具体的に説明もできます。失敗したという事例があれば、それは短所から引き起こされた可能性もあります。

過去のエピソードを流用するときは、ネガティブな方向にいきすぎないことが肝心です。最後にはどのように改善したなどと失敗談だけで終わらないようにしましょう。

ポイント3:率直に他人に尋ねてみる

自分で短所がわからないときは、素直に他人に尋ねてみることもよいでしょう。元上司や同僚や家族宇など、より身近な人に客観的に自分をみてもらうことで新たな発見にもつながります。

自分で感じている特徴と他人の意見が異なることもあります。そういうときでも、自分の感じ方と他人の意見を歩み寄らせるようにすり合わせることが大切です。他人の意見はとても貴重です。

短所の答え方NG例

面接では短所と長所を尋ねられることがありますが、答え方としてNGな返答は避けましょう。どのような答え方がそぐわないかをご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。

面接官の質問の意図を理解して考えるようにしましょう。

NG例1:「短所はありません」

短所がない人は基本的にいません。面接時に「短所がありません」と答えることは、コミュニケーション力も低い上に、自己分析や向上心が低いとみなされることがあります。

面接は自分をアピールする場でありますが、自分を理解してもらう場でもあります。良いことばかりを発言するのではなく、短所もきちんと考えて答えられるようにすることが大切です。

NG例2:短所の説明だけで終わってしまう

短所は自分の弱点でありますが、悪い説明をして終わってしまうと、改善能力が欠落しているととらえられてしまう恐れがあります。悪い説明で終わるのではなく、その短所を活かして説明することがポイントです。

Excelは苦手なのでできませんで終わるのではなく、今後はExcelも勉強してすぐに業務で使いこなせるようになりたいと考えているなどと、できないことでも意欲を表しましょう。

NG例3:そもそも社会人失格な内容

短所は性格的な特徴のなかで考えますが、常識に欠けている内容はNGです。例えば、時間を遵守することが苦手で、遅刻してしまうことがありますなど、社会人として失格な内容は短所にはあてはまりません。

いくら遅刻することを改善しているという前向きな発言を付け加えたとしても、仕事をする以前の問題は認められにくいです。

短所を聞かれたら「チャンス」と思えるように準備しよう!

面接で短所を聞かれた時の回答3原則やタイプ別回答例もご紹介してきましたが、いかがでしたか。

短所は企業へのアピールするチャンスでもあります。短所があることは悪い事ではないことを理解し、自己アピールに繋げて採用を勝ち取りましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related