Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月10日

面接時における逆質問11例と質問の背景|逆質問をする理由

就職活動をするにあたって、欠かせないことは面接です。面接では基本的に質問をされることが多いですが、数多い志望者の中から勝ち残るためには、逆質問がカギとなります。では、面接時における逆質問11例と質問の背景と逆質問をする理由をご紹介します。

面接時における逆質問11例と質問の背景|逆質問をする理由

面接時における逆質問とは

就職や転職をお考えの方には欠かせない面接ですが、質問をされることが基本ですが、逆質問でアピールすることもできます。面接時における逆質問11例と質問の背景と逆質問をする理由をご紹介します。

逆質問とは応募者から企業へ質問をすることです。逆質問をすることで、企業へのアピールや企業と意思疎通をすることができます。面接時に逆質問をすることは双方にとって有効であり進んでするべきです。

逆質問をするタイミング

面接時に逆質問をするベストタイミングは、終盤です。面接時は基本的にペースは企業にあわせるべきです。まずは、企業からの質問や、転職の場合、多くは自己紹介から今までの経歴などを問われます。次に転職理由や志望動機を聞かれることが多いです。

企業からの質問も一通り終わると、面接官より質問はないですかと尋ねられることがあります。このタイミングで質問をしましょう。

逆質問のマナー

面接で逆質問をするときのマナーとして、相手の話の途中でしないことです。また、逆質問の内容は、基本的な企業のことは避けましょう。例えば、「企業理念はなんですか」「どのような企業との取引がありますか」などとホームページで確認できることなどがあげられます。

これらの逆質問は勉強不足であるとみなされ、反って悪い印象を与えてしまいます。また、逆質問をる時は、はっきりと堂々と話し、自信がない話し方はNGです。

面接時における逆質問11例と質問の背景

面接時に逆質問を尋ねられると、進んで質問をする方が好印象です。逆質問をすることで意欲ややる気をアピールすることができます。また、逆質問で自分の能力や人柄などをアピールする場に繋げることもできます。

では、実際に面接で好印象を受ける逆質問の例をご紹介します。なぜこのような質問をすると好印象になるかも踏まえて確認していきましょう。他の志望者に負けないように頭に入れておきましょう。

1:私と同世代の社員にはどんな人がいますか?

面接では少ない時間のなかで、自分のアピールと会社の情報を得るチャンスです。実際に入社しておもっていた会社ではなかったとならないためにも、社員についての環境も逆質問で入手することはおすすめです。

自分と同じ世代の社員を質問することで、社風をみることができます。自分の性質や性格がマッチするか、人間関係を良好にしていきたいという意思をアピールすることもできます。

2:上長はどのようなお人柄の方ですか?

面接で具体的な質問をすることで、応募者がどれだけ企業に興味を持っているかがわかります。通常は入社するまで、上司に直接お会いすることがないケースも多く、面接時でイメージをするために確認しておくこともよいでしょう。

仕事をする上で、頻繫に接することが多い上司は、業務をする上で欠かせない存在です。新しい職場に対する情報を知りたいという意欲を表すことができます。

3:入社に際して心構えはありますか?

新たな職場で新たな職種につくことで、環境の変化はつきものです。その企業に入る上での心構えを質問することで、企業の大変な面や、困難なポイントを聞き出すきっかけになります。

入社後になるべく早く企業に馴染めるように、前もって心構えという言い回しを使って確認しておくことも得策です。仕事をする上での目標に繋がることもあります。また、入社に関してのリサーチをする際にも役立ちます。

4:入社後の研修体制についてお伺いさせていただけませんか?

企業によっては新入社員に対する研修や教育が薄く、自分のスキルアップになるか不明なこともあります。新たな職場で自分のスキルアップを目指す中で、研修体制はとても重要です。

研修体制がしっかりと組み込まれている企業では、すぐに即戦力になれる可能性が高いです。会社にとって早く貢献できるようになりたいという意思をあらわすという意味でも、アピールポイントになります。

5:御社が中途採用者に特に期待する点を教えてください。

面接時の逆質問で中途採用に対する期待を確認することで、自分のポジションや今後の仕事における目的を明白にできる可能性があります。企業によっては、管理職の育成や、業務改善による中途採用を行うこともあります。

また、中途採用をする目的のなかには、退職者の穴埋めや増員という場合があります。どうして今回の採用活動をされているかという点でも確認をしておくことは、企業の目的を知るきっかけになります。

6:皆さんの1日のスケジュールを教えてください。

実際の仕事の流れを面接時でイメージするためにも、実際の業務に対しての1日の流れを聞きましょう。具体的な仕事内容を知るうえで、1日の行動パターンを聞くことは得策です。

面接時には企業が自分自身のことを知る場でもありますが、入社後の仕事内容を確認する場であることも忘れないようにしましょう。逆質問時に具体的な質問をすることは悪くありません。

7:普段の職場の雰囲気はどんな感じでしょうか?

仕事をしている時間が1日の中でより長い時間となります。職場の雰囲気は長く務めるためにも欠かせないものです。職場の雰囲気は同僚となる社員の方について知ることもできます。自分と雰囲気がマッチしているかなど気になるポイントです。

職場の雰囲気を質問することは、面接官にとっても、自分が企業にフィットしているか確認しようとしていると好印象をもってもらえる可能性が高いです。

8:仕事にどんなこだわりを持っている人が多いですか?

先輩社員がどのような考えで仕事に取り組んでいるかとポイントを知ることができます。仕事をする意欲ややる気を示すことができる逆質問でもあり、面接官にとっても、企業理解を深めようとしいるのではと好印象です。

仕事をする上でのこだわりは、実際の企業理念に近いものがあります。企業に属する上で、自分も同じ方向を向いて職務を進める上で大事なポイントです。

9:入社までに何か準備しておいたほうがいいことは?

入社が決定した場合、入社日までに日数がある場合が多いです。今以上に身に付けておくべきことなどを逆質問ですることは好印象です。

実際に質問するときには、「今までの経験を活かして職務につきたいと考えておりますが、入社までにさらに準備しておくべきことはありますか」などとアピールしましょう。

入社までの下準備については、企業にとても入社したい意欲が強いととらえられるケースが多く、よい質問です。

10:他部門の人と交流する機会はありますか?

会社というものは、自分が配属される部署だけで成り立っておらず、他部署との関係も大切です。他部門との交流を持つことで、会社全体が潤滑にまわることが多いです。

他部署との交流の有無を伺う上で、面接官に積極的に他部門とも交流を持ちたいという意思表示をすることは、ベターです。リーダー的要素をアピールすることもできます。他部門に関する質問で、今後の仕事のキャパシティーを増やしたというアピールにもなります。

11:社員同士が自発的に教え合うという気風はありますか?

社員同士が自発的に教えあえるということは、お互いの意見を出し合える環境である可能性が高いです。社員同士の有効な関係がうかがえます。

社員同士が教えあえる環境であれば、トップダウンだけでなく、ボトムアップを行ってる企業も多いです。ボトムアップができる企業は、社員の意欲も強く、やりがいのある仕事ができる見込みが強いです。面接では気になるポイントは思い切って聞くべきです。

企業が逆質問をする理由

面接では逆質問をする企業が増えています。逆質問をする企業は、どのような質問をしてくるかというところも評価の基準としています。逆質問の内容で、応募者の意欲や応募者とのフィット力などをみています。

面接は企業に会話の主導権が渡されるケースも多いですが、逆質問で主導権を握ってアピールするチャンスです。積極的に質問をしてみましょう。逆質問の内容でしっかりと企業の勉強をしてきたというアピールも可能です。

応募者の意欲を知るため

逆質問の意図として、応募者の意欲を面接官はみています。そのことから、逆質問を尋ねられたときに「特にありません」などと答えると、意欲が薄いと思われるケースがあるため、事前に質問を用意しておきましょう。

面接では、お互いにとって内容を確認する場です。逆質問のマナーの範囲であれば、企業についての質問はするにこしたことはありません。

コミュニケーション能力を確かめるため

企業は応募者の資格や職務経歴は事前に応募書類にて確認済みです。面接では、応募書類以外の人間性なども問われています。経験や職務経歴以外に、仕事に欠かせないコミュニケーション能力はとても大切です。

面接で質問されたことに答えることは、当たり前のことですが、逆質問で自分からコミュニケーションをはかろうとすることで自分をアピールしましょう。

社風との相性を見極める

逆質問の内容やコミュニケーションの中で、企業は応募者と社風の相性を見極めています。職務内容と経験がマッチしていても、企業は相性がよくなければ採用にいたることはありません。

ただ仕事ができればよいというわけではないということを、念頭に入れておきましょう。逆質問で面接官の心を掴むためにも、社風を理解するように歩み寄りましょう。

会社の魅力づけをするため

企業は逆質問をされることで、本来の魅力を出そうと考えているケースもあります。応募者に質問するばかりでは、一方的な面談となってしまい、入社後の相違を感じさせてしまう場合もあります。

逆質問は応募者の気になるところを入社前にクリアにし、さらに入社したいという仕事への意欲を感じてほしいと考えています。応募者の質問に答えることで、ホームページなどの情報以外をアピールしています。

面接時の説明漏れを防止するため

入社してから聞いていなかったということがないように、逆質問をする企業が増えています。逆質問をする内容は、仕事や社風のことだけでなく、給与に関することや社内条件に関しても質問することも悪くありません。

女性の場合、育児休暇や産休などの取得実績があげられます。結婚後も長く勤務したいという意思表示にもなるため、悪い印象を与えることはありません。求人内容に記載がある場合でも、再確認しておきましょう。

逆質問を準備して面接に挑みましょう

面接時における逆質問11例と質問の背景と逆質問をする理由に関してのご紹介はいかがでしたか。

面接時の逆質問は積極的にすることが、高評価につながります。面接時には、どうしても緊張してしまい質問ができなかったということがないように、事前に質問を準備しておきましょう。

他の応募者に負けないように、逆質問をして自分をアピールして採用を勝ち取りましょう。面接は意志表示や自己アピールをすることがポイントです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related