Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月14日

転職理由を答える際の回答例10選・上手にまとめる方法3つ

面接で転職理由は必ず聞かれます。そして転職理由を聞かれる理由があります。退職理由によってはまたすぐに辞めるかもしれない、業務経験やスキルにより採用後にどのような活躍するかどうかを見抜くためです。前職がどうであれ退職理由は不安を与えないような理由を考えましょう。

転職理由を答える際の回答例10選・上手にまとめる方法3つ

転職理由を聞かれる理由

前職を辞めるには何か理由があります。企業側は、採用するからにはできるだけ長く勤めてもらいたいと願います。そのため、面接時には必ず転職理由を聞きます。もし、前職の退職理由が「仕事がキツかったから」というような理由なら我慢ができない人だとみなされます。

以上のように、転職理由は次の仕事に大きく響きますので、単純にキツかったダルかった、面白くなかったなどというような理由はタブーです。

活躍する人材なのか見極める

企業側にとって転職理由は活躍する人材なのかを見極める決め手でもあります。ポジティブな転職理由であれば今後の活躍は期待できるでしょうが、ネガティブな転職理由であればすぐに辞めてしまう可能性があると考えるでしょう。

人間関係がうまくいかなかったなどという理由よりもやりがいのある仕事につきたいなどという、これからやる気しかないというような転職理由のほうがかなり印象が良いでしょう。

どんな志を持って仕事をしているのか

給料が良いから、残業がないから、ボーナスがたくさんもらえるからというような理由で仕事をしている人は実際のところ少なくないのでしょうが、これを転職理由にすると確実に合格はもらえないでしょう。

仕事に対しての志が見受けられなければ合格はもらえません。やりがいを持って仕事をしたいのか、ただ営業がしてみたかった、事務がしてみたかったというようなものは志とはいえません。しっかりと伝えましょう。

同じ理由で転職してしまわないか

面接時に転職理由を必ず聞かれます。面接官にとって転職理由はとても大切で、優秀な人材であるかを見極める材料となります。その転職理由がネガティブなものになれば、面接官はまた同じ理由で転職してしまうのではないかと考えます。

だからこそ、転職理由は特に気を付けなければなりません。面接官をそう思わせないようにネガティブをポジティブにかえて乗り切りましょう。

転職理由を答える際の回答例10選

転職をするには必ず理由があるはずです。その理由は次の仕事につくためにとても重要であり、転職理由を誤ると合否に影響が出ます。たとえば、前職の給料が安かったからという転職理由の場合、ウソはいけないものの正直に言い過ぎるのもよくありません。

職種や企業は何でもいい、ただ給料がよければそれでいいと判断せざる終えません。転職理由はネガティブをポジティブにかえて上手に伝えましょう。

回答例1:チャンスを与えてもらえない

営業職、サービス業、事務職など職種はさまざまです。すべての職業の仕事内容はもちろん違いますがそれぞれチャンスはあります。もし、そのチャンスを与えてくれない企業なら当然やりがいを感じることはありません。

転職を考えるのも無理ないでしょう。転職理由を聞かれた際、「チャンスを与えてもらえなかった」というと、企業側はチャンスを活かして伸びる人材だと感じるでしょう。仕事に対する意欲が伝わる転職理由です。

回答例2:仕事の幅を広げていきたい

いろいろな仕事に挑戦してみたいとおもう人はいるでしょう。前職とは全く違う職種を選んだ場合、「仕事の幅を広げていきたい」という転職理由はベストでしょう。きっと面接官もいい印象をもってくれるでしょう。

なぜなら企業側は好奇心旺盛な人材であり、可能性が期待できるとかんじるからです。ですが言い方によれば気が変わりやすいとおもわれがちな転職理由ですので、言葉の使い方次第では逆効果になるので注意が必要です。

回答例3:自分の希望する職種に就きたい

もしも、目指すものがあるのならこの仕事がしたいと考えに考え抜いて応募をするでしょう。ぜひそのおもいが企業側に伝わるように転職理由を答えなければなりません。

この仕事がしたいということを伝えるためには誠意を見せなければなりません。自分はこの仕事がしたいんだ、自分にはこんな特技がある、という意欲をうまく伝えましょう。

回答例4:好きな仕事をして成長したい

前職は何が自分に合うのかわからないまま働いていた、当然のごとく何の成長もなくただなんとなくすごしてきた、という方もいるでしょう。やっと自分がやりたい仕事が見つかったとき、素直に自分の気持ちを伝えるべきです。

自分がやりたい仕事をしてどんどん成長する自分を想像してみましょう。そのままの気持ちが面接官に伝わるはずです。自分にとって転職とおもうものが見つかったら迷わず転職を決め気持ちを伝えましょう。

回答例5:自分の可能性を広げたい

このままでは自分が出せないと感じ転職をした場合、「自分の可能性を広げたいとおもったから」と素直に伝えるといいでしょう。企業は自分に自信がない人材を使おうとはおもいません。自信に満ち溢れた人材こそ、これからの可能性に期待ができるからです。

もちろん自分がどんな人間か、どんな得意分野があるのかをしっかりと伝え、その上で可能性を広げたいことを伝えましょう。

回答例6:スキルアップ

スキルアップは非常に多い転職理由のひとつですが、注意しなければならない点があります。ただ、「スキルアップしたいから」では、企業は利用されるだけと判断されがちですので、「スキルアップをして企業の役に立ちたい」と伝えるのはどうでしょう。

かなり印象が変わるとおもいます。言葉に色をつけるだけで、とても良い印象になります。さらに将来このようなことにも役に立つということも付け加えると良いでしょう。

回答例7:これ以上成長できないとおもった

自分の立ち位置では出世できないまま終わってしまうと感じたとき、転職を考えるでしょう。自分の実力ならもっと成長できるはずだというおもいがあるなら、自信をもって転職応募先で堂々と伝えるべきでしょう。

しかし、「あの会社にいてもこれ以上成長できないとおもった」とはいいません。「成長できる会社で働きたい」、これをどんな風に成長したいのかを、企業の想いにあわせて伝えましょう。

回答例8:経験を活かしさらにステップアップしたい

「前職の経験を活かし、御社でさらにステップアップがしたい。」でもいいのですが、これでは漠然としすぎですので、具体的にどうステップアップがしたいのかというおもいを伝えなければなりません。それのほうが、その方を採用した後にどんな働きをするかイメージが湧きやすいからです。

企業の仕事内容にもよりますので、どんな会社かをしっかりと知った上で、どんな経験からどのようにステップアップしたいのかを伝えましょう。

回答例9:給料が上がらない

「給料に不満があったため」「給料があがらなかったため」は絶対に言ってはならない転職理由です。

「昇給がなく、自分の実力や成果が感じられなかったため」といえば、聞こえ方は全く違います。ただ、給料面に不満だったことだけが理由ではなく、それが自分の実力につながらなかったことが不満だったという意味になりますので、問題ありません。

やればやるだけ給料につながるということはやる気を感じられることになります。

回答例10:残業が多い

本来なら使わないほうがいい転職理由ですが、残業ばかりでそれでいて手当てがおもうように出ない企業はたくさんあります。そんな企業に嫌気がさすこともあるでしょう。それが転職理由だとしたら、どう伝えますか。「残業が多いから」と言ってしまうとアウトです。

「就業時間が不規則で日中の勤務に支障をきたしそうになったため」「不規則な就業時間でありながら、成果も認めてもらえなかった」など、やる気を見せましょう。

転職理由を上手にまとめる方法3つ

転職を考えた時の気持ちはどうだったのか、どんな理由にしてもきっかけがあったはずです。そのきっかけを第一に考えます。そして転職理由が人間関係のもつれであっても残業が多すぎても、給料が安かったにしても自分にとってネガティブな転職理由をポジティブにかえます。

さらに、転職後はどんな目標を持って仕事に挑むのかを伝えます。この3つをすべて伝えることができれば希望の職種に就くことは夢ではありません。

方法1:きっかけを考える

転職を考えたきっかけはなんですか。まずは、仕事をかえたいとおもったきっかけをおもい出しましょう。

前職が自分に合わなかった、違う仕事がしたい、人間関係がもつれた、上司と合わなかった、自分の可能性を試したい、スキルアップをしたいなどなど、転職のきっかけはさまざまでしょう。そのきっかけをうまくまとめてみます。

しかしそのまま転職理由にしていいものと悪いものとがありますので、十分考えてみましょう。

方法2:ポジティブな想いを伝える

転職理由がネガティブな理由の場合、企業側にとってそれはタブーです。たとえば「残業が多いわりには給料が上がらないため、転職をしました。」といわれたら企業は、どうおもうでしょうか。容量の悪さ、自分の仕事の進め具合が悪いのではととるでしょう。

それではいくら残業をしても、給料が上がらないはずです。そのネガティブさをポジティブにかえて伝えます。「自分の力を発揮できる職場に尽きたい。」聞こえが全く違います。

方法3:転職後の目標を伝える

転職後は企業にとって自分がどのように活躍できるのか、という目標を伝えてみましょう。「スキルアップをして営業さんが安心して、外回りができるよう支えていきたい」この場合はスキルアップをすることが第一の目標です。

自分がスキルアップをすることにより、誰かの力になれるということを伝えてみましょう。だれかの力になれるように、自分もスキルアップして、がんばるといわれて企業側が嫌な気持ちになるはずがありません。

転職理由を良いイメージで伝える努力は大切

自分にぴったりな仕事が見つからないときさまざまな職種にチャレンジしたいとおもうでしょう。これまで読んできた方であれば、このような場合はもちろん、企業にとって良いイメージがないとわかるでしょう。しかしその転職理由を良いイメージで伝えることはできます。

自分のやりたいことが見つからず色々と職はかわりましたが、やっと自分の力を発揮できる企業に出会えました、と伝えると悪いイメージが良いイメージにかわります。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職をしようとおもったとき、まずはどんな仕事があるか、ネットなどで検索をするでしょう。しかしその前にやるべきことがあります。次に紹介したいのは転職成功方法です。成功する方法がわからずに、調べても、ゴールには到達できません。

これは目的地がわからずに目的地に向かうような物です。これではいつまでたっても目的地にはつきません。また営業に多い転職理由も紹介していますのでそちらもあわせてご覧ください。

Related