Search

検索したいワードを入力してください

60歳からの仕事にはどんなのがある?60歳から働ける仕事の探し方5つ

初回公開日:2019年10月08日

更新日:2019年10月03日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

60歳からの仕事をする人が増えています。日本人の健康寿命が伸びているため60歳以上に向けた求人が増えています。60歳からの仕事には警備員やビル管理者、コールセンターの仕事などがありますが、違う仕事も人材紹介会社などで探すことができるようになっています。

60歳からの仕事にはどんなのがある?60歳から働ける仕事の探し方5つ

60歳からの仕事は非正規雇用が多い

60歳からの仕事は非正規雇用が多いです。60歳の人は65歳からの年金受給を控えており、また体力的にも若い人には勝てないので非正規雇用として仕事をしていることが多いです。また、再雇用制度として働く場合も時給制で仕事をしています。

60歳からの仕事をしていく人は、自分の家族と生活を大切にする働き方を選び、健康に留意しながら仕事をしていきましょう。

正社員として働くには体力などの問題がある

60歳からの仕事は正社員として働くには体力的に無理があります。年齢を重ねると体力だけでなく判断力や持続力などが衰えてくるので、第一線で仕事をしていくことが難しくなります。

60歳からの仕事を探している人は、非正規雇用の仕事をしていく場合でも現役時代の経験を活かせる職場を選び、活躍していけるようにしましょう。

60歳からの仕事を探す方法5つ

60歳からの仕事を探す方法が5つあります。60歳から働く場合、非正規雇用として仕事をすることになるので仕事自体は見つけやすい傾向にありますが、知人の紹介や年齢に合わせた人材センターを利用しないと見つけにくいことがあります。

60歳からの仕事を探す人は、自分が利用しやすい人材センターや人材サイトを活用したり、知人の紹介で仕事を探すようにしましょう。また、知り合いの紹介ならば安心して働くことができます。

60歳からの仕事を探す方法1:再雇用制度

60歳からの仕事を探す方法に再雇用制度を利用することが挙げられます。現役時代に勤めていた企業にそのまま再雇用することができれば、嘱託や時給制社員として仕事をしていくことができます。

再雇用制度を活用していきたい人は、働いている企業に再雇用制度がないのか聞いておき、就業規則などを確認して働くようにしましょう。

60歳からの仕事を探す方法2:知人の紹介

60歳からの仕事を探す方法に知人の紹介から見つけることが挙げられます。60歳の人の知人は年齢的に会社を経営している人も多く、仲が良ければ簡単な仕事を紹介してくれることがあります。

60歳からの仕事を探したい人は、親しくしている知人や友人に仕事がないか尋ね、自分に無理なくできそうな仕事があればお願いしてみましょう。

60歳からの仕事を探す方法3:人材紹介会社

60歳からの仕事を探す方法に人材紹介会社を利用することが挙げられます。人材紹介会社はさまざまな人に合わせた雇用が集まっているので、60歳からの仕事が見つかりやすくなっています。

人材紹介会社を活用する人は、知り合いの意見や評判を聞きながら信頼できる人材紹介会社を選ぶようにしましょう。

60歳からの仕事を探す方法4:シルバー人材センター

60歳からの仕事を探す方法にシルバー人材センターがあります。シルバー人材センターは60歳からの仕事が多く集まっており、清掃や警備などの仕事が見つけやすくなっています。

60歳からの仕事を探す人は、住んでいる地域を管轄しているシルバー人材センターに赴き、登録を済ませて自分にふさわしい仕事を探すようにしましょう。

60歳からの仕事を探す方法5:シニア向け求人情報サイト

60歳からの仕事を探す方法にシニア向け求人情報サイトを活用することが挙げられます。シニア向け求人情報サイトは60歳以上の人を対象にした求人サイトなので、60歳からの仕事が見つけやすくなっています。

シニア向け求人サイトで仕事を探す人は、自分が利用しやすいサイトを選び、詐欺などの被害に合わないように慎重に仕事を探していきましょう。

60歳からの仕事で人気なのは?

60歳からの仕事で人気なのはビルやマンションの管理者や警備員です。勤務時間も短く、激しい労働がないのでビルやマンションの管理者や警備員は人気があります。しかし、人々の安全を守る仕事なので責任が重くなる職場もあります。

60歳から仕事を見つけたい人は、ビルやマンションの管理者や警備員の仕事を選ぶ場合でも、自分の力量や能力に合った職場を選ぶようにしましょう。

ビル管理やマンション管理

ビル管理やマンション管理の仕事は60歳の人に人気がある仕事です。激しい労働がなく、責任が重くない職場も多く老後の仕事として選ぶ人が増えています。

ビル管理やマンション管理の仕事を選ぶ人は、あらかじめビルやマンションの規模を調べておき、管理会社におおよその労働時間を聞いておくようにしましょう。

警備員

警備員の仕事も60歳以上の人に人気があります。警備員の仕事はビルやマンション管理と同じように激しい労働がなく、60歳以上の人が働きやすくなっています。しかし、警備という仕事柄、責任が重くなる場面があることも覚えておく必要があります。

警備員の仕事を選ぶ人は、警備会社に勤務時間や残業代の支払い方法などを確認しておき、どのような労働環境なのか調べておくことが大切です。

60歳で定年後におすすめの仕事3選

60歳で定年後のおすすめの仕事があります。ドライバーやコールセンター、警備員の仕事は求人数も多く、今までの業務経験があれば60歳以上の人でも働きやすい仕事と言えます。

60歳以上で定年後に仕事を探す人は、運転手やコールセンターの仕事だけでなく、現役時代の業務経験が活かせるような仕事を選び、長く仕事をしていきましょう。

60歳で定年後におすすめの仕事1:運転手

60歳で定年後におすすめの仕事に運転手の職業があります。非正規雇用で運転手の仕事をするので勤務時間も短く、大型バスやトラックではなく、道の駅のコミュニケーションバスなどの運転の仕事なので大きな危険がありません。

60歳で定年後に運転の仕事をする人は、勤務時間と休憩時間の兼ね合いを会社側に聞いておき、健康に留意して働くようにしましょう。

60歳で定年後におすすめの仕事2:コールセンター

60歳で定年後におすすめの仕事にコールセンターの職業があります。コールセンターの業務は柔軟性や思いやりが求められる仕事なので、60歳以上の女性に向いている仕事です。

60歳以上でコールセンターの仕事をする人は、本人に精神的、肉体的な負担がかからないような業務を選んでいくことが大切です。

60歳で定年後におすすめの仕事3:警備員

60歳で定年後のおすすめの仕事に警備員の業務があります。警備員は外勤などで厳しい仕事もありますが、室内での仕事もあり60歳以上の人が働きやすい職場が多くなっています。

60歳以上で警備の仕事をしていく人は、本人が安心して働いていくためにも警備中に起きた事故などを保障してもらえる企業を選んでいくことが大切です。

自分に合った仕事を見つけて充実した老後生活を送ろう

自分に合った仕事を見つけて充実した老後生活を送るようにしましょう。無理をして働いていっても体に負担がかかったり、心に余裕が持てなくなることがあるので自分に合った職場を見つけることが大事なことになります。

定年後に仕事をしていく人は、若い人と働くことで刺激をもらいつつ、自分の家族や生活を顧みることができる職場を選んでいきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related