Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月24日

最適な適性検査の選び方|適性検査の種類と選び方のポイント8つ

適性検査を知ってますか。本記事では、最適な適性検査の選び方、適性検査の種類と選び方のポイント8つについて紹介していきます。就職活動を進めていくと、多くの人が適性検査を受ける可能性があるので、受けたことがある人も多いでしょう。

最適な適性検査の選び方|適性検査の種類と選び方のポイント8つ

適性検査とは

適性検査を知っていますか。適性検査とは、職業における、特定の活動にどれほど適した素質をもっているかをジャッジするための検査です。

就職活動を進めていくと、多くの人が適性検査を受ける可能性があります。とはいえ、はじめて適性検査の存在を知った人はどんな検査なのか不安に感じているでしょう。

本記事では、最適な適性検査の選び方、適性検査の種類と選び方のポイント8つについて紹介していきます。

適性検査を行う目的

適性検査は、採用にあたり企業が求める職務要件を就職希望者が満たしているか、将来的に期待できる人材か、というを判定を行うというのが目的となっています。

具体的にいうと、適性検査は、面接にて学生を理解するための参考情報であり、入社後の配属先を決めるための人物情報、また、入社後その人を上司に理解してもらうための人物情報になる、という意味合いから適性検査を重視しています。

適性検査の受験形式

適性検査の受験形式はどのようになっているか気になる方もいるでしょう。次は適性検査の受験形式について、筆記試験・ウェブ上で回答・テストセンターという内容を紹介していきます。

筆記試験

適性検査には筆記試験という方法をとる企業があります。筆記試験の場合は現地受験です。

マークシート形式の場合は、回答中に問題番号がずれてしまいやすいという危険があり、ずれてしまうと間違った答えを延々書いていくことになります。他の部分に鉛筆で書いてしまわないよう注意が必要です。

企業側としては来社してもらわないと受検できないため場所を抑える必要があります。採点など手間がかかることがあるでしょう。

ウェブ上で回答

適性検査にはウェブ上で回答するという試験方法をとる企業があります。

ウェブ上で回答する試験方法は、自宅などインターネットがつながる環境で、指定されているテストページから受検するという形です。

適性検査を受けるために会場に行かなくてもよいことがメリットですが、検査期限の前日や当日など回線が混み合ってしまうとテストページにつながらず受けられないという事態もありえます。期日には余裕を持っておきましょう。

テストセンター

適性検査にはテストセンター受験という方法をとる企業があります。適性検査を決められた会場で実施する方式です。全国に会場が用意されているので、地方の方も受けることができます。


流れとしては、受検連絡メールが企業から送られてくるの受験日を予約します。適性検査のシーズン中は定員いっぱいとなっているケースが多いので、メールが来たら即予約しましょう。テストセンターも空席がなければ受けることはできなくなります。

自己啓発研修セミナーの選び方7選

次は自己啓発研修セミナーの選び方7選について紹介していきます。自己啓発研修セミナーとは、自分の能力を開発したり、心を扱うことで新しい自分に気づくことを目的としています。

適性検査を受ける前に、自分の能力はどのような部分に適しているか、自己啓発研修セミナーを通じて確認していっても良いでしょう。

参加する自己啓発セミナーの選び方は、自分が求めている内容に合ったセミナーに参加することが大切です。

自己啓発研修セミナーの選び方1:セミナー主催者を把握する

自己啓発研修セミナーの選び方1は、セミナー主催者を把握することです。

自己啓発研修セミナーの選び方として、セミナーを主催している主催者がどのような人物なのかは必要な情報です。個人が主催の場合もあれば、企業や各種団体という場合もあります。

お金だけが目当ての悪質な自己啓発研修セミナーの横行しているともいわれているので、必ずセミナー主催者は把握しましょう。

自己啓発研修セミナーの選び方2:セミナー開催の目的が明確かどうか

自己啓発研修セミナーの選び方2は、セミナー開催の目的が明確かどうかです。

セミナーの開催目的は多数あるため、選び方として、自分の求めることが達成できそうな内容のセミナーを選ぶことが重要です。

目的が明確でないのに参加しても、「内容に感動した」「前向きな気持ちになれた」などその場の雰囲気に合わせた高揚感を得るだけで終わってしまいます。参加前に目的をはっきりさせましょう。

自己啓発研修セミナーの選び方3:研修セミナー参加目的を明確にする

自己啓発研修セミナーの選び方3は、研修セミナー参加目的を明確にすることです。自己啓発研修セミナーは色々な内容のものが存在しています。参加してみたら思ったものと内容が違っていた、ということもあるでしょう。

時間を有効に使うためにも、自分がなぜ、参加するのかという部分をもう一度確認しましょう。参加目的を明確にしていないと、研修に参加すること自体が目的になってしまいます。

自己啓発研修セミナーの選び方4:参加費用は適切かどうか見極める

自己啓発研修セミナーの選び方4は、参加費用は適切かどうか見極めることです。

自己啓発研修セミナーには費用がかかりますが費用はまちまちです。自己啓発研修セミナーに参加をする前に、ネットで同じような内容のセミナー費用がいくらくらいが相場なのかということを調べておきましょう。

相場と比べて極端に高い場合は、詐欺など悪質な内容の可能性もあるので注意しましょう。経済的に余裕がないときは一度冷静になりましょう。

自己啓発研修セミナーの選び方5:研修セミナーの内容と目的が明確

自己啓発研修セミナーの選び方5は、研修セミナーの内容と目的が明確であるか、ということです。

ホームページの募集要項などを見て、研修セミナーの内容・目的についてしっかりと確認しましょう。明確に書かれていなかった場合、自分の求めていない内容というケースもあります。

もし、自分の求めていない内容のセミナーに参加してしまった場合は、次回の参加を勧められても断りましょう。

自己啓発研修セミナーの選び方6:研修参加者の口コミをチェック

自己啓発研修セミナーの選び方6は、研修参加者の口コミをチェックすることです。自己啓発セミナーを申し込み受講する前に確認しておきましょう。

口コミは実際参加した人の感想を知ることができます。参加しようか迷っているセミナーの選び方として口コミを手掛かりとすることはおすすめです。

具体的な感想や結果が記載されているものをチェックし、自分が求めている内容かどうか判断しましょう。

自己啓発研修セミナーの選び方7:参加により結果が得られるかどうか

自己啓発研修セミナーの選び方7は、参加により結果が得られるかどうかという点について考えることです。なんとなく自己啓発研修セミナーに参加していても、良い方向に進むことはありません。

一度参加したからといって、大きな変化を期待できるセミナーはそう多くありませんが、少しでもプラスになるものを得なければ参加する時間も費用も勿体ないでしょう。参加をする前に、参加により結果が得られるかという部分は考えましょう。

適性検査を行う際に便利なツール

適性検査を行う際に便利なツールとして、採用適正検査ツールTAL・CUBIC適性検査などがあります。

TALは、最新の脳科学の成果を採り入れ、ストレス耐性など面接では見えない適性を見出してくれるツールです。

CUBICは、採用適性検査や基礎能力検査などいくつかの種類があり、目的に応じた検査を選択することが可能です。判定結果への信頼性の高さに定評があり、主に中小企業に便利な適性検査ツールといわれています。

ポイントを押さえて最適な適性検査を選択しよう

最適な適性検査の選び方、適性検査の種類と選び方のポイント8つについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

就職希望者は、適性検査の受け方や種類ごとの特徴をしっかり把握しておけば、いざ志望企業が受験を求めてきても慌てずに済みます。

逆に適性検査を実施する企業側は、自社に合ったポイントを押さえて最適な適性検査を選択しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related