Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月30日

正社員雇用の面接へ行くときの服装とは?マナーやポイント4つと注意点

正社員を目指すのであれば、面接という大きな関門を通過しなければなりません。面接では受け答えの善し悪しだけでなく、服装や身だしなみについても総合的にチェックされています。この記事では正社員雇用の面接にふさわしい服装についてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

正社員雇用の面接へ行くときの服装とは?マナーやポイント4つと注意点

面接へ行く時の服装とは

志望する会社に入社するためには、面接は避けては通れない重要な関門になります。面接と一口に行っても、カジュアルな形で行われることの多いアルバイトの面接もあれば、正社員雇用のためのフォーマルな形式の面接もあります。

いずれの場合にせよ、面接では服装から応募者の人となりや常識が判断されることになるでしょう。

ここではまず、面接へ行くときの服装の基本的なポイントについてご紹介していきます。

アルバイトやパートの面接

アルバイトやパートの面接の場合、正社員雇用のための面接と違ってややカジュアルな形式で行われることが多いと言えるでしょう。

アルバイトやパートの面接では正社員雇用の面接のようにスーツを着用する必要は必ずしもなく、清潔感ときちんと感のあるオフィスカジュアルな服装で臨めば問題ありません。

女性ならば、シンプルなジャケットに上品な色・デザインのパンツやスカートを組み合わせるとよいでしょう。

正社員や派遣会社の面接

正社員や派遣社員の面接の場合には、よりフォーマルな服装が求められます。

応募先企業から事前に服装についての指定が特にないのであれば、正社員・派遣社員の面接においてはスーツを着用するのが常識です。

面接はおしゃれをしていく場所ではなく、ビジネスパーソンとして常識的な服装をしていく場所ですので、チェック柄や明るい色のスーツは避け、シンプルでシックなダークカラーのスーツをチョイスしましょう。

正社員雇用の面接へ行くときの服装のポイント4つ

以上でご紹介したように、正社員雇用の面接に行くときには、基本的にはスーツを着用することになります。

ただし、スーツと言ってもリクルートスーツは新卒のイメージを与えてしまうのでNGです。ビジネススーツを着用するようにしましょう。

では、他に正社員雇用の面接での服装でどのような点に気を付けるべきでしょうか。ここからは、正社員雇用の面接に行くときの服装のポイントについてご紹介していきます。

正社員雇用の面接へ行くときの服装のポイント1:基本的にスーツが無難

正社員雇用の面接に行くときの服装のポイントとしてまずご紹介したいのが、基本的にスーツを着用するのが無難であるということです。

最近では企業によっては「スーツ以外の服装でお越しください」と指定するところもありますが、このような事前案内がなければスーツを着用するのが常識だと言えるでしょう。

正社員雇用の面接はフォーマルな形式で行われますので、それに見合ったフォーマルなスーツで臨むのが無難です。

正社員雇用の面接へ行くときの服装のポイント2:業種によって雰囲気を変えるはアリ

応募する業種によっては、スタンダードな面接用の服装からやや離れて雰囲気を変えるのも十分にアリです。

たとえば、ファッションセンスやトレンドへの敏感さが求められるアパレル企業や美容業界での正社員雇用を目指すのであれば、面白みのない無地のブラックスーツよりも、おしゃれ感ときちんと感を兼ね備えたデザインのスーツを着用してみてはどうでしょうか。

服装を通じて自己アピールするのも面接の攻略方法のひとつです。

正社員雇用の面接へ行くときの服装のポイント3:カジュアル過ぎは危険

正社員雇用の面接に行くときの服装のポイントのひとつとして、カジュアルすぎな服装は危険であるということも挙げられます。

パートやアルバイトの面接と違い、正社員雇用の面接ではビジネスパーソンのたしなみとして、男女ともにフォーマルな服装が求められますのでカジュアルな服装で行くと「常識がない」と判断され、面接官の心証を損ねてしまう可能性もあるでしょう。

カジュアルではなくフォーマルな服装にしましょう。

正社員雇用の面接へ行くときの服装のポイント4:なんだかんだ言っても第一印象は大事

面接官と言えども人間ですので、やはりなんだかんだ言っても第一印象の善し悪しで面接の合否が大きく左右されるというのも、正社員雇用の面接の服装に関して知っておきたいポイントです。

爽やかで清潔感があり、きちんとした服装の応募者を見れば面接官は第一印象で好感を抱き、その後の面接もスムーズに進みやすいでしょう。

反対に、だらしのない服装だと面接官は第一印象で「この人はないな」と判断してしまう可能性もあります。

正社員雇用の面接へ行くときの服装の注意点7つ

以上では、正社員雇用の面接に臨む際に知っておくべき基本的な服装のマナーについてご紹介してきました。

では、見事書類選考に通過して正社員雇用の面接を受けられるようになったならば、服装に関してどのようなことに気を付けておけばよいのでしょうか。

ここからは、正社員雇用の面接に行くときの服装の注意点について詳しく見ていきましょう。

正社員雇用の面接へ行くときの服装の注意点1:スーツの色選び

正社員雇用の面接に臨む際の注意点としてまず知っておきたいのが、スーツの色はベーシックなものをチョイスするということです。

正社員雇用の面接ではビジネスパーソンとして常識的かつフォーマルな服装が求められますので、ブラックスーツか、あるいはネイビーやグレーといった控えめで地味な色のスーツを選びましょう。

お堅い社風の企業では、できればブラックスーツをチョイスするのが望ましいと言えます。

正社員雇用の面接へ行くときの服装の注意点2:私服OKでも気を抜かない

最近では、中途採用枠の正社員雇用の面接でも「私服OK」の事前案内を企業が増えてきています。

たとえ私服OKの面接であっても、正社員雇用の面接であればビジネスパーソンとして常識的な服装が必須ですので、気を抜いてカジュアルな私服を選んでしまってはいけません。

無地のジャケットにシンプルなインナーとボトムスを合わせるなど、私服であってもきちんと感のある服装で面接に臨みましょう。

正社員雇用の面接へ行くときの服装の注意点3:服装のほか身だしなみも大事

正社員雇用の面接に行くときの服装で注意すべき点のひとつとして、服以外の他の身だしなみも気を付けるということも挙げられます。

服装は身だしなみのひとつの要素にすぎないので、たとえきちんとしたビジネススーツを着用していたとしても、無精ひげを生やしていたり髪の毛に寝癖がついたままの状態だと、「なんてだらしがないんだ」と面接官に悪い印象を与えるでしょう。

女性の場合は、派手なメイクやネイルも控えるべきです。

正社員雇用の面接へ行くときの服装の注意点4:男性はシンプルな短髪が無難

男性の場合、できれば正社員雇用の面接ではヘアスタイルは短髪に整えるのが無難だと言えるでしょう。

日本企業においては長髪の男性社員はかなり稀であり、特に正社員雇用の面接では髪の毛を長く伸ばした状態で臨む男性の応募者はほとんどいません。

日本社会はまだ保守的なところがあり、「男性のビジネスパーソン=短髪であるべき」という考えが支配的ですので、面接ではすっきりと爽やかな短髪にカットすることをおすすめします。

正社員雇用の面接へ行くときの服装の注意点5:清潔感を意識する

正社員雇用温面接に行くときの服装の注意点のひとつとして、清潔感を意識して身だしなみを整えるということも大切でしょう。

清潔感の有無によって面接官の印象は大きく変わりますので、スーツはきちんとクリーニングに出し、シャツは丁寧にアイロンをかけて靴もバッグも傷の入っていない綺麗な状態のものをチョイスするなど、清潔感を演出することが求められます。

おしゃれさではなく、清潔感・爽やかさに重点を置きましょう。

正社員雇用の面接へ行くときの服装の注意点6:言葉使いや仕草も重要

言葉使いや仕草も面接官にしっかりとチェックされているということも、正社員雇用の面接に行く際に注意したいポイントのひとつです。

適切な服装であるかという点は面接官がチェックしている要素のひとつに過ぎず、ビジネスパーソンとしてきちんとした言葉づかいであるか、礼儀正しい仕草をしているかといった点も総合的にチェックされています。

事前に面接対策を行い、あるべき言葉づかいや仕草を徹底して学びましょう。

正社員雇用の面接へ行くときの服装の注意点7:最低限の社会人マナーは必須

正社員雇用の面接に行くときの注意点のひとつとして知っておきたいのが、最低限の社会人マナーはどの職種でも必要であるということです。

たとえお堅い雰囲気が全くなく、フランクな社風で有名な企業であったとしても正社員雇用の面接に臨むからには、社会人としておさえておくべき最低限のマナーは必ず守るべきでしょう。

面接官は応募者の能力やキャリアだけでなく、社会人としての常識の有無もチェックしています。

正社員雇用の面接に必要なマナー5つ

正社員雇用の面接を無事通過するためには、面接官からの質問にきちんと受け答えをすることも大切ですが、それと同じくらいマナーを守ることも大切です。

ここからは、正社員雇用の面接に必要なマナーについて詳しくチェックしていきましょう。

正社員雇用の面接に必要なマナー1:服装や身だしなみ

面接に臨むにあたってまず知っておきたいのが、応募先企業にふさわしい服装や身だしなみを整えるということです。

企業によって面接時に求められる服装には若干の差がありますので、お堅い社風ならばフォーマルな服装をチョイスし、私服OKの企業ならばきちんと感のあるオフィスカジュアルな服装をチョイスしましょう。

正社員雇用の面接に必要なマナー2:面接室の入り方

面接室への入り方も、面接官によってチェックされているポイントのひとつです。

面接室に入る前には必ずノックをし、面接官から入室の許可を出してもらってからドアを開け、きちんと両手でドアを閉めた後しっかりと一礼をしましょう。

正社員雇用の面接に必要なマナー3:座るタイミング

正社員雇用の面接時に知っておきたいマナーのひとつとして、座るタイミングを心得ておくということも挙げられます。

面接官に「どうぞお座りください」と言われてから椅子に座るのが、面接での基本的なマナーです。

面接官に指示されていないのに勝手に椅子に座るのはとても失礼なことですので、絶対にやめておきましょう。

正社員雇用の面接に必要なマナー4:履歴書の渡し方

履歴書の渡し方についても、面接前に知っておきたい基本的なマナーのひとつに数えられるでしょう。

あらかじめ封筒からクリアファイルに入れた履歴書を出しておき、「こちらが履歴書になります。どうぞよろしくお願いいたします」と挨拶をしながら、封筒を下にして履歴書と一緒に面接官に両手で手渡しましょう。

正社員雇用の面接に必要なマナー5:退出時の挨拶

正社員雇用の面接を受けるにあたって、退出時にきちんと挨拶を行うことも必須のマナーだと言えるでしょう。

45度体を曲げてしっかりと一礼し、「本日はありがとうございました」と面接官にお礼を述べた後、ドアを開けて退出する際に再度一礼するのがマナーです。

正社員雇用の面接は社会人としてもふさわしい服装を心がけよう

今回は正社員雇用の面接に臨む際の服装のマナーや注意点に加えて、面接の前に知っておきたい基本的なマナーなどについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

面接では面接官の質問に適切に回答することが重要ですが、面接にふさわしい常識的かつ清潔感のある服装をチョイスすることはその大前提として求められますので、ビジネスパーソンとしてきちんとした服装を選びましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related