Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月18日

面接時の荷物のマナー8つ|ライバルと差をつける入社試験の豆知識

荷物の扱い方は、その人が物に対してどのように接しているのかがわかると言われています。この記事では、面接時の荷物のマナーについて紹介します。面接時の荷物の扱い方に自信がない人はぜひ読んでいただき、ライバルと差をつけましょう。

面接時の荷物のマナー8つ|ライバルと差をつける入社試験の豆知識

面接は荷物の扱い方にも注意しよう

面接は自分のことを知ってもらえるチャンスです。事前に準備すべきことは全て用意して、万全の状態で臨む人がほとんどでしょう。

しかし多くの人が、自分をどうアピールしようかや、どう受け答えをしようかを考えるあまり、自分の荷物に意識がいっていないのではないでしょうか。

面接はどんな振る舞いも見られています。荷物を雑に扱うと、全ての物事に対して雑な人間なんだなと評価されてしまうでしょう。

面接時に荷物の多い時の対処法

面接の時の荷物って結構多かったりします。緊張している場面では、それらの荷物をどうやって対処しようと動揺して、ミスを犯してしまう場合もあるでしょう。

そうならないためにも、荷物が多かった場合は面接時にどうやって対処するかを事前に考えておいて、面接官からの評価を下げないように準備しておきましょう。

バッグにまとめる

荷物が多い場合、まずはバッグにまとめるようにしましょう。荷物をごちゃごちゃ持っていると見た目も悪いです。

手に持つ荷物はできるだけ少なくして、スッキリとした状態で面接に向かうのが望ましいです。

黒のサブバッグを使う

荷物が多い時の他の対処法として、サブバッグを用意しておくことも良いでしょう。サブバッグの選び方は、黒い色で無地の物を選ぶようにしてください。

しかし、面接時にバッグを2つ持って行くというのはマナー違反になってしまいます。面接会場に入ったらサブバッグはビジネスバッグの中に入れるようにしましょう。

面接時の荷物のマナー8つ

普段荷物の扱いについて意識していないと、何がマナーが良くて何がマナー違反かわからない場合が多いです。

実は無意識にやっていることが、マナー的に悪かったということもあります。

そこでここからは、面接時の荷物のマナーを8つ紹介して行きます。

今まで一生懸命やってきたことが、面接時の荷物の扱い方1つで水の泡になる可能性だってあります。そうならないためにも1つ1つをしっかり読み、頭に入れていきましょう。

面接時の荷物のマナー1:コートは片方の手にかける

スーツだけでは肌寒い時、コートを着て面接会場に行くことになります。その時のコートの正しい持ち方をご存知でしょうか。

正解は、『コートは片方の手にかけるようにして持つ』です。コートを半分にたたんで、そこから二つ折りにして片手にかけましょう。

間違っても、コートを着たままの状態で面接を受けたり、ぐちゃぐちゃの状態のまま手でひっつかんだしないうようにしましょう。

面接時の荷物のマナー2:バッグは手で持つ

バッグは取っ手部分をしっかり持ち、あまり動かさないようにして持ちましょう。ダランとした持ち方ではなく、脇を締めるようにして持ってください。

またコートがある場合は、コートをかけている手とは逆の空いている手で持つようにしましょう。

ドアをノックする時やドアを開ける・閉める時はバッグを持ちかえて、荷物が何もない状態の手で行うようにしてください。一連の動作が終わったら、再びバッグを持ちかえましょう。

面接時の荷物のマナー3:鞄は椅子の横に立てる

入室した後椅子の前に行き挨拶を済ませたら、面接官の方から着席を促されます。その時、鞄は椅子の横に立てるようにして置きましょう。

この時注意したいのが、鞄が倒れないかどうかです。鞄が床に倒れたり、椅子にもたれかかるように倒れていてはいけません。独立して立つ鞄を選び、倒れないように丁寧に置きましょう。

面接時の荷物のマナー4:コートを畳んで鞄の上に乗せる

コートを持っている場合は、先ほど置いた鞄の上にたたんだ状態で置きましょう。鞄の真ん中部分でコートが折れるようにして、鞄にそっとかけるような感じです。

多少床についてしまうのは構いませんが、あまりにも床についてしまう場合は小さくたたんでから置くようにしましょう。

コートを手で持って膝の上に置いておいたり、椅子の背もたれにかけるのはマナー違反ですので、絶対にやめましょう。

面接時の荷物のマナー5:リュックは使わない

面接時は荷物が多くなりがちですが、収納力があるからといってリュックを使うのはやめましょう。

現在ではビジネス用のリュックが発売されていたりしますが、それはあくまで実際に働いている人向けの商品です。面接時にリュックはマナー違反となりますので、選ばないようにしてください。

面接時の荷物のマナー6:キャリーバッグは使わない

面接地から住んでいる場所が離れている人の多くは、キャリーバッグを持って何日か面接地の近くに泊る人も多いでしょう。

しかし、だからと言ってキャリーバッグを持って面接に行くのはNGです。

キャリーバッグは大きく場所を取りますので、他の面接者の方や会社の方の迷惑にもなりますし、見た目もよくありません。

必ずビジネスバッグを持って行くようにしましょう。

面接時の荷物のマナー7:多い時はロッカーへ預ける

荷物が多いまま面接会場に向かわないといけなない事情がある人もいるでしょう。そんな時は、面接時に不要な物は全てロッカーに預けるようにしましょう。

またロッカーは駅にあることが多いですが、面接会場の場所によっては最寄りの駅にロッカーがあるか不安な時もあります。そんな時は駅に電話をして、ロッカーがあるかどうか確認を取るようにしてください。

面接時の荷物のマナー8:荷物をスマートに扱う

荷物の扱い方1つで、その人の人となりがわかる面接官もいます。ですので、荷物はスマートに扱う事を心がけましょう。

これまで紹介してきた通とおり、荷物の扱い方は結構細かいです。面接時にだけ気をつけようとしてもボロが出る可能性が高いでしょう。

そうならないためにも、日頃から面接時のことを想定して荷物を扱うようにしてください。

面接時にあると便利な持ち物4つ

面接時に必要な基本的な持ち物のほかに、これがあると便利だなというものを4つご紹介していきます。

どれもそれほどかさばる物でもありませんし、持っていて損はないです。面接の日は何が起きても大丈夫なように万全の準備で行く方が良いので、ぜひ持って行くことをおすすめします。

面接時にあると便利な持ち物1:折り畳み傘

面接時にあると便利な持ち物1つ目は、折り畳み傘です。

面接の日に急な雨が降った場合、歩く距離が長いと雨に濡れてしまって、面接どころではなくなってしまいます。そんな時のために折り畳み傘を持っておくと安心でしょう。

「急に雨に降られてもコンビニで傘を買えば良いだろう」と、折り畳み傘を持って行かない人もいるでしょうが、人が多く集まる面接の日にコンビニで傘を買えるかどうか100%の保証はありません。

面接時にあると便利な持ち物2:予備の写真

履歴書には自分の写真が必要不可欠です。しかし、なんなかの原因で履歴書から写真が剥がれてしまいなくなってしまう可能性もあります。

時間厳守の面接の前に写真を撮り直すことは不可能に近いですから、写真がなくなってしまった時のために予備の写真は持っておきましょう。

写真は綺麗に切り取って、すぐに張り付けられるような準備も忘れずにしておいてください。

面接時にあると便利な持ち物3:携帯の充電器

携帯電話は連絡手段としてなくてはならない持ち物です。連絡手段として使う他にも、面接会場までの道のりを調べたり、会社について勉強するために会社のホームページをチェックしたりもします。

そのため、バッテリーがどんどん消費されていくでしょう。

バッテリーのことが心配で携帯が使えなくなるといけませんので、携帯の充電器は準備した方が良さそうです。

面接時にあると便利な持ち物4:薬

面接は人生の中でも重要なイベントです。それがプレッシャーとなり、体に不調をきたす場合もあります。

なので、頭が痛くなったりお腹が痛くなった時のために、それぞれの症状に効く薬を持って行った方が安心でしょう。

今までプレッシャーで体調を崩したことがないと言う人も、今までにない緊張に包まれることがありますので、用意しておくべきです。

面接時の荷物のマナーに注意して転職成功を!

今回は面接時の荷物のマナーについてご紹介しました。意外と細かい荷物のマナーに、驚いた方もいるのではないでしょうか。

面接で何を話そうかを考えるのは当たり前ですが、荷物のマナーにまで気を配るのはごく少数でしょう。

荷物のマナーに注意して細かいところにまで気を使えることをアピールし、転職を成功させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related