Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

転職の面接でよくある質問は?質問と回答例52コを紹介!面接の流れも解説

面接は誰でも緊張するものですが、面接のおおまかな流れや質問内容がわかっていれば事前に対策を取ることができます。ここでは、転職時の面接における一般的な流れや、各質問に答えるコツ、面接でよくある質問と回答例52個をご紹介します。

転職の面接でよくある質問は?質問と回答例52コを紹介!面接の流れも解説

転職での面接の一般的な流れ

転職での面接は自分をアピールする場です。

面接は誰でも緊張するものです。そのため、事前にどういった質問がされるのか、どういった流れで進むのかをある程度予習しておくことが重要となります。面接の場でしっかり自分のスキルや経験などを知ってもらえるように、十分準備しましょう。

ここでは、一般的な面接の流れをご紹介します。

自己紹介・自己PR

自己紹介、自己PRでは、企業はどのような人柄かを見ています。

最初に尋ねられることが多いのが、自己紹介や自己PR、職歴などです。ここでのポイントは、要点を纏めて手短に話すことです。

自分はどういった考え方をする人間なのか、どういうタイプの人間なのかを、これまでの経験などを具体的に盛り込みながら伝えましょう。さらに「こういう理由で御社で働きたい」と応募企業への意欲も含めると良いでしょう。

転職理由についての質問

転職理由は、企業が最も知りたい情報の1つです。

応募企業にとって応募者がなぜ転職しようと考えたのかは、本人のキャリアについての考え方を知る上でも重要な質問となります。そのため、マイナスな内容だけでは悪い印象を与えてしまいます。

たとえ前職への不満が転職理由の1つだったとしても、自身のキャリアアップのための転職であり、この会社で実現したいことがあるというような、前向きな内容を伝えるようにしましょう。

志望動機についての質問

志望動機は、応募企業への入社意欲の高さをアピールするチャンスです。

志望動機では、応募企業やその職種を志望した理由を話すことになります。また、これまでの経験がどのように応募企業で活かせるかを伝える必要があります。

ここで他の企業でもあてはまるような内容ばかりになると、意欲はあまり感じられなくなります。そのため、事前にしっかり準備をして「この会社に入りたい」という気持ちを伝えられるようにしましょう。

生かせる経験やスキルについての質問

スキルについての質問では、応募企業で活かせる資格や経験を伝えるようにしましょう。

この質問では、仕事への適性を確認すると同時に、応募企業の仕事への理解度も見られています。仕事の中身を理解していなければ適切な回答ができませんので、事前に情報収集しておきましょう。

また、未経験の職種であっても、仕事内容などから企業が求めている人材を想定し、自分が応募企業で活かせる内容を中心にまとめるようにしましょう。

逆質問

面接の最後には、採用担当に対してこちらから質問を行うことができます。

一般的に、面接の終盤に「何かご質問はありますか?」と尋ねられることがあります。この逆質問で面接は最後になりますので、不明点や疑問点があればここで解消しておきましょう。

また、「入社までに何か勉強しておくことはありますか?」という風に、最後の一押しをすることもできますので、気を抜かないようにしましょう。

転職での面接の質問と回答例52コ

転職の面接時の質問はどのようなものがあるのでしょうか。

面接は希望する会社の採用担当者と直接会い、自分をアピールする大きな機会になります。履歴書や職務履歴には書けない部分を話し、表情や声のイントネーションでいかに良い印象を与えるかがポイントとなります。

ここでは、よくある質問と回答例を記載しますので、面接の際には参考にしてみましょう。

転職での面接の質問と回答例1:自己紹介をお願いします

転職の面接での質問時、自己紹介は30秒から1分程度にまとめましょう。

「○○○○と申します。年齢は30歳です。前職では日用品メーカーのマーケティング職をしており、自社の『●●キャンペーン』では、10人のメンバーを纏めるリーダーとして前年比130%の売り上げを達成いたしました。

将来的には幅広いマーケティングに挑戦したいと考えたため、御社に応募させていただきました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

転職での面接の質問と回答例2:職務経歴を教えてください

転職の面接での質問時、職務経歴は企業が求めている経験やスキルに合う部分をアピールしましょう。

「前職では入社以来営業職として新規顧客の開拓を中心に取り組んできました。開拓した企業は通算300社程度、入社5年目には年間約3000万円の売上を達成し、社内で表彰される機会を頂きました。

私の強みは交渉力の強さと前向きさだと考えております。今後は営業としてさらに成長し、御社に貢献したいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例3:前職の退職理由を教えてください

転職の面接での質問時、退職理由はネガティブにならないようにしましょう。

「前職ではプログラマーとして働いており、主に社内でシステム開発や保守業務を担っておりましたが、年に数回お客様の会社へ直接出向いて業務を行うこともありました。

そういった経験から、よりお客様と直接関わり合える職場で仕事をしたいと転職を考えるようになりました。今後はお客様の身近な存在として経験を活かしていきたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例4:当社を志望した理由を教えてください

転職の面接での質問時、志望理由は応募企業に貢献できるスキルを伝えましょう。

「前職での経理の経験を生かし、今後上場を視野に入れていらっしゃる御社の株式公開や決算業務などにも貢献できればと思い、応募させていただきました。

また、現在は日商簿記2級の資格を所持しておりますが、スキルアップのために1級の資格取得の勉強もしております。今後は御社で経理のスペシャリストとして成長していきたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例5:あなたの長所を教えてください

転職の面接での質問時、長所は求められている人材を想像し、具体例を織り交ぜて説明しましょう。

「私はどのような仕事においても人間関係は大事だと考えております。また、円滑なコミュニケーションを行うには協調性が大切だと思っております。

私は仕事が忙しい時でも、周りのメンバーの意見に耳を傾けることができます。そうしたおかげで、前職で部署を越えて良好な人間関係を構築し、大きな成果を上げることができました。」

転職での面接の質問と回答例6:あなたの短所を教えてください

転職の面接での質問時、短所は当たり障りのない内容にしましょう。

「私の短所は、仕事に夢中になると時間を忘れて没頭してしまうところです。また、つい全て自分で片づけようとしてしまうのですが、今後はそういった自分の短所を反省点とし、仲間と協力しながら正確に仕事をおこなって行こうと考えております。」

転職での面接の質問と回答例7:将来のキャリアプランはありますか?

転職の面接での質問時、キャリアプランは応募企業で実現可能な内容にしましょう。

「私はこれまで営業職として働いてまいりました。また、海外出張や海外研修などにも積極的に参加し、培ってきた英語力を生かして、さまざまな海外企業の企業の顧客を獲得してまいりました。

今後は海外にも支店を多く持つ御社でキャリアを積み、ゆくゆくは海外拠点でマネージャーとして活躍したいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例8:前職にどのような不満がありましたか?

転職の面接での質問時、前職の不満もポジティブな印象になるように答えましょう。

「前職では成果主義と一般的に言われる企業で人事として働いておりました。しかし実際のところ判断基準があいまいで、正当な評価が行われていなかったことを不満に感じておりました。

そのため、入社以来社員の不満を解消すべく全社的に意見をヒアリングし、評価制度の改革に取り組んだ結果、新しい評価制度の運用に漕ぎつけることができました。」

転職での面接の質問と回答例9:当社があなたを採用するメリットは何ですか?

転職の面接での質問時、採用するメリットは企業目線で即戦力になることをアピールしましょう。

「私はこれまで営業職として働き、結果として通算300社以上の新規顧客を獲得してまいりました。私の強みは粘り強さと交渉力、そしてコミュニケーション力だと考えております。

御社は現在、全国展開を視野に入れておられますので、私も営業職としてこれまで培った豊富な経験を活かして御社のために活躍できると考えております。」

転職での面接の質問と回答例10:新卒時は希望の会社に入社しましたか?

転職の面接での質問時、新卒で希望の会社に入社していた場合でもしていなかった場合でも、選ぶ仕事に一貫性を持たせましょう。

「私は新卒時、希望していた企業に入社することができました。学生時代飲食店で働いていた経験から、食でお客様を笑顔にする仕事に就きたいを考えるようになり、飲食業界で働き経験を積ませていただきました。

その過程で、食を提供する店舗ではなく開発側として活躍したいという考えにいたりました。」

転職での面接の質問と回答例11:あなたにとって「仕事」とは何ですか?

転職の面接での質問時、仕事について曖昧に問われたらできるだけ具体的に答えましょう。

「私にとって仕事とは大切な経験値です。これまで培ってきた経験が現在の私を形成する糧となっており、将来部下から信頼される礎となると考えております。

また、将来的にはマネージャーとして活躍したいと考えておりますので、これからも日々大切な経験として仕事に取り組んでいきたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例12:仕事をする上で大切にしていることはありますか?

転職の面接での質問時、仕事をする上で大切にしていることは前職でのエピソードを織り交ぜて説明しましょう。

「私は仕事をする上で、いつでも心くばりを大切にしております。例えば前職ではクライアントへ資料をお送りする際に、一緒に簡単な内容を記載したメールを送るようにしておりました。

そのような心配りをしていた結果、担当者様と実際にお会いした際に、いつも助かっていますと感謝の言葉をいただくことができました。」

転職での面接の質問と回答例13:最近関心のあるニュースを教えてください

転職の面接での質問時、関心のあるニュースを聞かれたら世間の動きに興味があることをアピールしましょう。

「コンビニでの廃棄が増える中、恵方巻きなどの季節ものの商品について全て予約制に変更したというニュースを見ました。

これまでそれほどの廃棄が出ていたことにも驚きましたが、コンビニ各社も社会的な批判を受け、サービスの在り方を変えていっていることに、今後のコンビニ業界の可能性を感じました。」

転職での面接の質問と回答例14:最近の関心事を教えてください

転職の面接での質問時、最近の関心事は感銘を受けた点を伝えましょう。

「先日の台風で空港が一時閉鎖された際、大手航空会社の○社が空港に取り残された人達に無料で食料や水を配布していることに感銘を受けました。

また、大手のチケット料金の中には非常時のお客様への対応も含まれていることを受け、安いことを売りにしているLCCとのサービスの在り方の違いについて大きく考えさせられました。」

転職での面接の質問と回答例15:マネジメント経験はありますか?

転職の面接での質問時、マネジメント経験については具体的な実績を盛り込みましょう。

「前職では営業職として働いており、現在は職場リーダーを任されておりました。常に○名の部下の育成に取り組み、さらに部署を越えてリーダー職同士での交流を行い、他部署の業務について勉強会なども行ってまいりました。

今後はこれまで培ってきたマネジメント力を生かし、御社でも活躍したいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例16:部下に接するときに気を付けていることは何ですか?

転職の面接での質問時、部下に接するときには思いやりを大切にしていることをアピールしましょう。

「私はこれまで○名の部下を育ててきましたが、常に後輩達の成長の度合いを見て、それぞれの段階に適した指導を行うように心がけてきました。

例えば、業務に慣れた後輩にはできる範囲の仕事をまかせ、まだ不慣れな後輩にはサポートを付けるなど、本人のペースで成長させることでいい結果を出せてきたと感じております。」

転職での面接の質問と回答例17:10年後この業界はどうなっていると思いますか?

転職の面接での質問時、10年後の業界について質問されたら、現状を踏まえた展望を語りましょう。

「今後、家電業界も人工知能の開発や連携が進み、家電のIoT化は進んでいくと思われます。現在でもロボット掃除機や喋る冷蔵庫などが消費者に広く受け入れられ、そのシェアを伸ばしています。

今後は家電の自動化もますます進み、ユーザー視点の機能を備えた製品開発が求められていくようになると考えております。」

転職での面接の質問と回答例18:なぜ経験のある○○職を続けようと思わなかったのですか?

転職の面接での質問時、キャリアチェンジについて尋ねられたら、前職の経験を生かせることを答えましょう。

「私は昔から人に教えることが好きだったため、教職に就きました。しかし実際に教師になってみると、部活動や親御さんとの面談など授業以外での仕事が多く、自分の思いが生かせないと考えました。

そのため、今後は社会人向けスクールを開講している御社で講師として業務につき、経験を生かしていきたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例19:この職種の仕事をして将来どうなりたいですか?

転職の面接での質問時、将来について尋ねられたら、応募企業で実現可能な将来像を答えましょう。

「私はWEBデザイナーとして働いてきましたが、今後は前職で培った経験を生かしてWEBディレクターとして活躍したいと考えております。

御社は上質なアクションゲームを多く世に送り出していることで有名ですが、御社ではこれまでWEBデザイナーとして得た経験を生かしたディレクションを行っていきたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例20:希望していない部署へ異動を命じられた場合どうしますか?

転職の面接での質問時、異動について尋ねられたら、会社の意向と自分の考えに齟齬がないように確認しましょう。

「私はこれまで営業職として培ってきたキャリアや経験を生かして、御社でも活躍したいと考えております。そのため、自らのスキルが活かせる場所であれば、部署については営業以外でも変更可能だと考えております。

仮に異動がある場合、どういった部署へ異動する可能性があるかお聞かせいただいても宜しいでしょうか。」

転職での面接の質問と回答例21:今のあなたの課題を教えてください

転職の面接での質問時、今の課題について尋ねられたら、経験の浅さから努力すべき課題について答えましょう。

「これまで私が働いていたゲーム会社は規模が小さく、内容もスマホ向けゲームをメインとしたものを開発しておりました。

しかし御社はコンシューマーゲームを始め、さまざまなジャンルのゲーム開発を行っていらっしゃいますので、今後は開発知識を深めて、御社の開発チームの一員となれるように努力してまいります。」

転職での面接の質問と回答例22:あなたの実績や成功体験について教えてください

転職の面接での質問時、成功体験について尋ねられたら、謙虚な姿勢でこれまでの経験を答えましょう。

「私は前職では総務職として働いておりましたが、固定資産管理のフォーマットがバラバラで総務課全体がストレスに考えていたため、フォーマットを作成いたしました。

その結果、大幅な経費削減に成功し、総務としては初めて社内で表彰を受けました。今後もそういった経験を活かし、御社に貢献したいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例23:これまで大きな失敗をしたことはありますか?

転職の面接での質問時、仕事での失敗は今後どう生かすかを伝えましょう。

「私は前職で入社1年目の時、クライアント企業から発注された会員カードに印字ミスを発生させてしまい、先輩社員とともに謝罪に行くことになってしまいました。

その時の経験から、自分が後輩を育てる立場になってからは必ず自分も目で確認をするようにし、ミスを発生させない努力を行うようにしています。」

転職での面接の質問と回答例24:これまで最も厳しかった仕事について教えてください

転職の面接での質問時、厳しかった仕事についてはどう乗り切ったのかもアピールしましょう。

「最も厳しかった仕事は、新人研修の担当者が急病になり、急遽一人で2時間の講習を行わなければいけなくなったことです。

当日資料を渡されたため時間配分が難しかったですが、自分の体験談を追加で話し、問題なく済ませることができました。また、その経験により仕事での急なトラブルでも焦らない度胸がついたと考えております。」

転職での面接の質問と回答例25:残業や休日出勤は大丈夫ですか?

転職の面接での質問時、残業について尋ねられたら、会社の意向と自分の考えに齟齬がないように確認しましょう。

「基本的に残業については全く問題ありません。休日出勤に関しましては、休日は家族の時間を持ちたいと考えておりますため、できるだけ事前に調整させていただければと思います。

また、当日の急な連絡に関しましては、極力避けていただきたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例26:当社の知名度は高くないですがなぜ志望したのですか?

転職の面接での質問時、知名度が含まれた質問をされた場合は「御社だからこそ」という熱意を込めましょう。

「前職で親しくして頂いておりましたお客様より、非常に技術力の高い企業であると以前よりお聞きしており、御社に興味をいただきました。

また、自分で調べた際にもさまざまな大手企業と協業されており、大きな将来性を感じたため、応募させていただきました。」

転職での面接の質問と回答例27:当社のビジョンに共感できますか?

転職の面接での質問時、企業のビジョンについては事前にチェックした上での回答が必要になります。

「御社の『福祉社会を先導し、人々に貢献していける企業へ』という経営理念については大きく共感しております。また、御社のこれまでの業績を拝見し、実際に経営理念が全社的に浸透しており、結果に繋がっているのだとなっていると感じました。」

転職での面接の質問と回答例28:業務内容は部署を越えたものになる可能性がありますか大丈夫ですか?

転職の面接での質問時、部署を超えた業務内容について尋ねられた場合は、齟齬がないように内容について確認しましょう。

「はい。私としましても、これまでの経験を生かし、さらに業務を行うことで自らの可能性を広げていきたいと考えております。もし可能であれば、御社でデザイナー職の方がなされている業務内容について教えていただいても宜しいでしょうか。」

転職での面接の質問と回答例29:ブランクがありますが理由を教えてください

転職の面接での質問時、ブランクについて尋ねられた場合は働く意欲を感じさせる内容を答えましょう。

「以前より業務と並行して資格試験に挑戦しておりました。しかし日中フルタイムでの業務を行いながらの勉強は難しく、しばらく資格勉強に集中する時間を取っておりました。

現在は無事資格に合格いたしましたので、今後は資格を生かして御社での業務に貢献させていただきたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例30:ブランクの間は何をしていましたか?

転職の面接での質問時、ブランクの間何をしていたのか尋ねられた場合は、今後の業務に生かせる内容を答えましょう。

「1年間、バックパッカーとして世界中を見て回っておりました。アメリカやヨーロッパをはじめ、アジアやインドなど世界各国の人々と交流し、さまざまな経験を積んだことで、語学力だけでなく視界が広がったように感じております。

今後は英語力も生かして、御社でグローバルな活躍ができればと考えております。」

転職での面接の質問と回答例31:なぜアルバイトだったのですか?

転職の面接での質問時、アルバイト期間について尋ねられた場合は事実を述べたうえで仕事への意欲をアピールしましょう。

「当初は正社員としての雇用を探しておりましたが、同時に目指していた資格取得のための時間が取れないと思い、アルバイトをしながら勉強する選択肢を選びました。

現在は無事に資格も取得いたしましたので、これまでのアルバイト経験を生かせる店舗スタッフとして働きたいと応募させていただきました。」

転職での面接の質問と回答例32:なぜ派遣だったのですか?

転職の面接での質問時、派遣雇用期間について尋ねられた場合は事実を述べたうえで仕事への意欲をアピールしましょう。

「新卒時、恥ずかしながら自身の目指す道が見つからず、派遣先の職場の選択肢の多さから派遣雇用を選択いたしました。

しかし今後は腰を据えて働きたいと考え、これまで派遣で学んだCADオペレーターの経験を生かせる御社での仕事に興味をいただき、応募させていただきました。」

転職での面接の質問と回答例33:今後身につけたいスキルはありますか?

転職の面接での質問時、身につけたいスキルを尋ねられたら、実務で貢献できる内容を答えましょう。

「これまで営業職として働いてきた経験をさらに生かすには、語学力が必要だと考えております。御社でも、今後はグローバル企業として海外への進出を視野に入れておられるとインタビューで拝見いたしました。

そのため、将来的に御社の海外展開の力になれるように、英語の勉強をしたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例34:転職回数が多いですがなぜですか?

転職の面接での質問時、転職回数について指摘された場合は、事実を認めつつ自身の考えを述べましょう。

「確かに転職の回数は多いと思います。これまで私は自身の成長を含め、仕事においてベストを尽くせる会社に転職を行ってきました。その結果、今後は自分よりも後輩を育てられるポジションになりたいと考えるようになりました。

そのため、今後マネージャー職を目指して御社に貢献していきたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例35:つまらないと感じる仕事をどのようにこなしますか?

転職の面接での質問時、つまらない仕事について尋ねられたら、積極的に取り組む姿勢を示しましょう。

「私は全ての仕事は自分の糧になると考えております。仮にルーティンワークのような仕事であっても、業務を積み重ねることでさらに仕事の理解を深めることができる場合もあると考えます。

また、つまらないと感じる業務をただ受動的にこなすだけでなく、自分なりに効率化させることにもチャレンジしていきたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例36:周囲の方はあなたをどのように評価していますか?

転職の面接での質問時、自身の評価について尋ねられたら、客観的な評価を答えましょう。

「昔から時間や約束を守ることが習慣づいておりますので、親しい友人からは時間をしっかり守る人だという評価を受けております。また、前職の同僚からもスケジュール管理が完璧だと言われたことがあります。

約束や時間を守ることは信頼関係を築く上で需要だと考えておりますので、今後も意識して守っていこうと考えています。」

転職での面接の質問と回答例37:当社以外に受けている企業はありますか?

転職の面接での質問時、他に受けている会社を尋ねられたら正直に、かつ第一志望であることを答えましょう。

「現在、自身の英語力を生かせるグローバル企業を中心に3社ほど受けております。特に若手が活躍できる場を御社には大きな将来性を感じており、私自身も御社の活躍の一助を担いたいと考えておりますので、第一志望とさせていただいております。」

転職での面接の質問と回答例38:志望企業を選ぶ基準は何ですか?

転職の面接での質問時、志望企業の基準について尋ねられたら、自身が重要視する基準について答えましょう。

「私は自身の力を伸ばせる企業であるか否か基準に応募しております。前職は安定感があるものの、年功序列制が色濃く、仕事をしてもしなくても待遇には反映されませんでした。

そのため、若手が活躍しているベンチャー企業や結果が直接評価になるような営業職など、自分の実力が試されるような企業を希望しております。」

転職での面接の質問と回答例39:現在の年収はいくらですか?

転職の面接での質問時、年収を尋ねられたら正直に答えましょう。

企業としては現在の年収も踏まえて話したいと考えているため、現在の年収については正直に「現在の年収は○○万円です」と答えましょう。

転職での面接の質問と回答例40:希望の年収はいくらですか?

転職の面接での質問時、希望年収を尋ねられたら応募企業の求人から判断される現実的な年収を答えましょう。

希望年収は低すぎても高すぎても問題です。求人に出ている年収で問題ない場合は、「希望年収に関しましては御社規定のとおりで問題ございません」と答えましょう。

転職での面接の質問と回答例41:男女に関わりなくハードな仕事ですが大丈夫ですか?

転職の面接での質問時、判断の付きにくい質問をされた場合は内容について確認しましょう。

「基本的に残業や休日出勤に関しましては、必要であれば対応可能です。また、ハードさについては想像できない部分もございますので、どのような内容になるか教えていただいても宜しいでしょうか?」

転職での面接の質問と回答例42:将来的には転勤もあり得ますが大丈夫ですか?

転職の面接での質問時、転勤について尋ねられたら譲れない条件があれば伝えておきましょう。

転勤可能な場合は「問題ございません」と答えましょう。すぐに転勤できない事情がある場合は、「現在は家庭の事情により難しいのですが、来年以降でしたら可能となります」といった風に答えましょう。

転職での面接の質問と回答例43:熱中している趣味はありますか?

転職の面接での質問時、仕事を関連の薄い質問をされたら関心を持ってもらえていると考えましょう。

仕事に関係のない趣味などを質問された場合は、マイナスイメージになるような内容は避け、「映画鑑賞」や「読書」など適度に人柄がわかるような趣味を答えましょう。

転職での面接の質問と回答例44:5年後どのような仕事をしたいですか?

転職の面接での質問時、将来について尋ねられたら募集職種を踏まえて回答しましょう。

「私は前職での営業の経験を生かし、新規クライアントの獲得に取り組み、5年後には海外での営業活動でも活躍の場を持つことができるようになればと考えております。また、後輩の育成にも携わりたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例45:同業他社ではなくなぜ当社を選んだのか教えてください

転職の面接での質問時、他者と比較する質問をされたら、応募企業の良さを答えましょう。

「この業界では多角的に事業を拡大している企業が多い中、伝統を守り、御社の顔ともいえる商品を守っておられることに感銘を受けました。」

転職での面接の質問と回答例46:この事業を将来どのように成長させていきたいですか?

転職の面接での質問時、事業の将来性を尋ねられたら、企業の方向性を踏ませて答えましょう。

「今後はさらなる高齢化が進む中、宅配チェーンなどの飲食業界も一層のサービスの向上が求められていると考えます。高齢者向けのメニューをもっと増やしたり、高齢者に寄り添うサービスを展開したり、御社に貢献してきたいと考えております。」

転職での面接の質問と回答例47:どんなときに仕事にやりがいを感じますか?

転職の面接での質問時、やりがいについて尋ねられたら具体的な内容を話しましょう。

「夜中にお客様からご連絡をいただき、現地で修理を行うこともあります。そういった場合、直接お客様からお礼を言われたときには、この仕事をしていて本当によかったと感じます。」

転職での面接の質問と回答例48:自身の弱点をどのようにリカバリーしてきましたか?

転職の面接での質問時、弱点のリカバリーについて尋ねられたら、仕事に限定した客観的な内容を答えましょう。

「私はもともと人見知りの傾向があり、人と話をすることが苦手でしたが、慣れが必要だと判断して積極的に電話を取るようにしました。その結果、電話対応なら○○さんだねと言われるようになりました。」

転職での面接の質問と回答例49:入社可能時期はいつですか?

転職の面接での質問時、入社可能時期について尋ねられたら具体的な時期を答えましょう。

「現在はまだ勤めておりますので、引継ぎなどを考慮すると、内定をいただいてから2カ月程度で入社可能となります。」

転職での面接の質問と回答例50:内定を出した場合ご入社いただけますか?

転職の面接での質問時、入社意思を確認されたらしっかりと入社する意思を伝えましょう。

この質問をされた場合は、たとえ第一志望でなくても「はい。ぜひ御社に入社させていただきたいと考えております」と答えましょう。

転職での面接の質問と回答例51:何か質問はありますか?

転職の面接での質問時、逆質問をされた場合は、不明点や入社後の業務の確認をしましょう。

「もし可能でしたら、今後御社で働くために事前に勉強しておくべき内容があれば教えて頂けますでしょうか。」

転職での面接の質問と回答例52:最後に何か伝えておきたいことはありますか?

転職の面接での質問時、伝えておきたいことを尋ねられたら、入社意欲が増したことを伝えましょう。

「このたびは面接の機会をいただきありがとうございまいした。直接仕事内容をお聞きすることができ、これまでの私の経験を生かして貢献できると感じ、さらに御社で働くことに意欲が増しました。どうぞよろしくお願いいたします。」

面接で逆質問をする意図2つ

面接で逆質問をするのには、2つの理由があります。

実際の面接では、多くの企業が応募者からの質問に答える「逆質問」の機会を設けています。ここではなぜ逆質問を行うのか、その意図についてご紹介します。

面接で逆質問をする意図1:質問力を判断

逆質問をする意図は、応募者の質問力を見るためです。

ビジネスにおいては、思考力を持っていることは重要な要素となります。そのため、応募者が企業のことに興味を持って調べ、直接面接の場で話をすることにより、どのような質問が出てくるのかで質問力、つまり応募者の思考能力を見るという意図があります。

面接で逆質問をする意図2:企業の魅力をアピール

逆質問をする意図は、企業の魅力をよりアピールするためです。

面接は一方的に応募者のことを知るのではなく、応募者に企業についてより知ってほしいと考えています。そのため、企業の魅力をアピールするために応募者の質問にも答えようという意図があります。

転職での面接の質問はポイントを押さえてしっかり備えよう

転職の面接ではポイントを押さえて答えるようにしましょう。

面接は誰でも緊張するものです。しかし一般的な面接の流れは決まっていますので、よく質問される内容について予習し、答えを用意しておけば、限られた時間でもしっかりとアピールすることができるでしょう。

転職を考えている方は、一度ここでご紹介した質問内容を予習してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related