Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月20日

面接で自分の弱みについて聞かれたら?弱みを答えるときのポイント8つ

面接で自分の弱みについて尋ねてくる質問には、どんな意図があるのでしょうか。また、どう答えれば良いのでしょうか。このページでは、「面接での弱みに関する質問」をテーマについて、質問の意図や答える際のポイントなどについて、考察・ご紹介しています。

面接で自分の弱みについて聞かれたら?弱みを答えるときのポイント8つ

面接で弱みについて聞く理由3つ

面接で自分の弱みについて聞かれたら?弱みを答えるときのポイント8つ
就職活動や転職活動において、必ず1度は受けることになるのが面接です。面接の形式や質問される内容は、企業や業界によっても大きく異なりますが、どの職種や業界でも尋ねられることがそれなりにあるのが、「自分の弱み」についての質問です。

今回は、「面接での弱みに関する質問」をテーマにして、企業や採用担当者が弱みについて質問してくる理由や対処法について、考察・ご紹介していきます。

面接で弱みについて聞く理由1:企業の社風と合うか確かめるため

会社には、社風という概念が存在しています。社風とは、会社の信念や重視しているもの、雰囲気などを指す言葉です。

どんなに優秀な人材でも、自社の社風に合わない性格や思考の持ち主は、企業は採用しない可能性もあります。業務をする際に支障が出たり、企業・社員双方の不満の原因になったりする危険性もあるためです。

面接で弱みを尋ねられた場合は、自社に合う人物かどうか、確かめる意図がある可能性もあると言えそうです。

面接で弱みについて聞く理由2:自己分析ができるかどうか知るため

人は誰でも、自分の弱みや短所、欠点については、考えたくないものです。しかし、弱みや短所から目を背け続けていると、欠点だらけの人間になる危険性があり、成長する可能性も低くなってしまいます。そのため、弱みなどから目を背けている場合、自己分析ができている状態とは言えません。

面接で弱みに関する質問をされたら、自分のマイナスの部分についても自己分析ができているかどうか、企業が確かめている可能性もあります。

面接で弱みについて聞く理由3:物事を前向きにとらえられるか知るため

面接で弱みについて尋ねられると、ついネガティブな発言や暗い意見になってしまうという方も少なくありません。

しかし、面接においてネガティブな意見や思考は、マイナスの評価に繋がりがちです。弱みについて答える際も、改善方法や今後の目標を答えるなどして、プラス思考をアピールする必要があります。

上記のような背景から、弱みに関する面接での質問には、物事のとらえ方を確認する意図があると予想できます。

面接で自分の弱みについて回答するときのポイント8つ

面接の際に、自分の弱みについて尋ねてくる企業側の意図を理解したところで、続いてはどのように回答すれば、高評価につながりやすいのか、ポイントについて考察していきます。

上記でも触れましたが、暗い意見やネガティブな回答は、マイナスの評価につながりやすいとされています。ポイントを押さえて、高評価を勝ち取りましょう。

面接で自分の弱みについて回答するときのポイント1:伝える内容を一つに絞る

面接において自分のことを述べる際、自分について厳しく評価する姿勢は大切ですが、あまりにもネガティブな意見や回答は、マイナスなポイントになりがちです。

自分の弱みについて尋ねられて回答する場合は、いくつも弱みを挙げるのは避けた方が良いと言われています。話が飛躍したり薄い内容になったりしてしまいがちです。

また、あまりにもたくさんの弱みを挙げると、ネガティブな印象になる危険性もあります。

面接で自分の弱みについて回答するときのポイント2:前向きな言葉を使う

何度か述べているように、ネガティブな発言は面接においてマイナスのポイントになりがちです。

弱みについての質問に答える際は、欠点や弱みについて述べるだけでなく、改善するために努力していることなどについても、セットで述べることが大切です。

改善策について述べることで、前向きな言葉や内容になりやすくなります。

面接で自分の弱みについて回答するときのポイント3:仕事にかかわる内容を選ぶ

就職活動や転職活動における面接は、ビジネスのための面接です。そのため、回答する際は、なるべくビジネスに関係する内容にした方が良いと言われています。

弱みについて答える際も、趣味や私生活などの仕事と関係がない内容よりも、ビジネス関係の弱みについて述べ、さらに上記でも触れたように、解決策などについても具体的に答えると、高評価につながる可能性があります。

面接で自分の弱みについて回答するときのポイント4:言葉の使い方に気を付ける

弱みについて述べる際、どのような言葉を使用するかによっても、面接官への印象が変わります。

例えば、物事をなかなか決断できない点を弱みとして回答する際、「優柔不断」という答え方をした場合と、「慎重すぎる」という言葉で答えた場合とでは、印象が大幅に変わる可能性があります。

どちらの言葉を使用するのが正解かは、回答の内容によっても変わりますが、前向きな内容につなげやすい言葉を使用することをおすすめします。

面接で自分の弱みについて回答するときのポイント5:長所になる内容で答える

弱みについて答える際、長所に言い換えやすい内容で回答すると、前向きな回答をしやすくなります。

一例としては、「しつこい」「諦めが悪い」といった弱みが挙げられます。これらの欠点は、「粘り強い」という言葉へ言い換えやすく、長所としても述べられるので、弱みについて回答しながらも、長所をアピールできる可能性もあります。

面接で自分の弱みについて回答するときのポイント6:具体的なエピソードを述べる

弱みや欠点は、目には見えない抽象的なものです。そのため、単に自分の弱みについて述べただけでは、具体性や客観性に欠けると判断され、面接官から「なぜそのように思うのか」などと掘り下げた質問をされる可能性もあります。

>ですから、弱みについて述べる際は、実体験やエピソードを述べ、回答に具体性や現実味を持たせるのもテクニックの1つと言えます。

面接で自分の弱みについて回答するときのポイント7:履歴書の内容や他の回答に矛盾しないようにする

面接では、弱みに関する質問以外にも、さまざまな質問がされます。また、面接を受ける際は、履歴書を提出しているケースも多いでしょう。

弱みについて答える際、他の質問に対する回答や提出した履歴書の内容に矛盾しないように気を付ける必要があります。

例えば、1つ前の質問では「誰とでも仲良くできる点が長所」などと回答しつつ、弱みについては「人見知りをする」といった回答をすると、矛盾してしまいます。

面接で自分の弱みについて回答するときのポイント8:自分を卑下しない

弱みについて述べる際は、必要以上に自分のことを卑下したり貶めたりしないようにすることも大切です。

自分に対して謙虚に向き合うことは大切なことですが、あまりにも卑下したり蔑んだりすると、ネガティブな雰囲気になってしまいます。

弱みや欠点を認めつつも、自分のことを低く評価しすぎないよう、気を付ける必要があります。

面接で自分の弱みを伝えるときの流れ

面接で自分の弱みについて述べる際、どのような流れや構成で述べるのが良いのか、考察していきます。

弱みについて尋ねられた場合、まずは回答として、「私の弱みは何事も考えすぎてしまう点です」といった簡潔な答え方をします。その後で、具体的なエピソードや根拠について述べると、分かりやすい回答になります。

最後は、前向きな内容で締め、改善策について述べたり、長所に言い換える述べ方をしたりすることをおすすめします。

面接で自分の弱みについて聞かれた時の答え方の参考例

面接で弱みについて質問された際の答え方の例をご紹介していきます。

私の弱みは、のんびりしている点です。何事も楽天的に考え、課題の提出が締め切り間際になってしまうことが、学生時代は度々ありました。最近は、自分がのんびりしすぎていることを前提にスケジュールを立てるようにしています。課題などをこなすのに必要だと感じた日数に2日ほどプラスして予定を立てることで、締め切りなどに余裕を持てるようになりました。

面接で自分の弱みも前向きに伝えよう

今回は、「面接での弱みに関する質問」をテーマにして、面接における弱みに関する質問をする企業側の意図や、弱みについて答える際のポイントなどについて、考察・ご紹介しました。

面接で弱みについて尋ねられて回答する場合は、ネガティブな内容にならないように気を付けることが大切です。改善方法について述べたり、長所にもつながる言葉を使用したりして、前向きな内容で回答すると、高評価を得られる可能性があります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related