Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月20日

履歴書を持参する際の注意点5つ|渡す際のマナーと正しい封筒の書き方

履歴書を持参することを求められる時、色々な注意点やマナーをしておくと好都合です。履歴書を粗末に扱うと、悪い印象を与えるからなるべき履歴書に関して丁寧なマナーを知ってくべきでしょう。履歴書がどんなに大事なのかは、履歴書から人柄を見る事ができると考えられるからです

履歴書を持参する際の注意点5つ|渡す際のマナーと正しい封筒の書き方

履歴書の持参を求められる場合

履歴書を持参する際の注意点5つ|渡す際のマナーと正しい封筒の書き方
アルバイトの応募や就職活動で、面接時に履歴書の持参を伝えられることがあるだろう。なぜ、履歴書を提出する必要があるかは、面接の担当者や会社が応募者の事をよく理解するためだからです。

履歴書には、住所や名前、学歴、生年月日、応募した理由などを記入する。また、会社や企業によっては、職務経歴書を求める事があります。

履歴書を見た人は、履歴書を書いた人物がどのような人物か理解されるので、真面目に真剣に履歴書を書く必要がある。

履歴書の重要性

履歴書が大切だと考えられる理由は、履歴書を書いた人の個性や人柄、性格、仕事への関心の度合いなどを伝えるからでしょう。

履歴書を正確に書く人は信頼できますから、嘘や偽りのない学歴や職歴、生年月日を記入するべきです。また、履歴書によって、信頼できる人は否か見極められると言える。

就職活動をする人にとって、履歴書は自分がどうゆう人物なのか伝える手段になるだろう。

履歴書を持参する際の注意点5つ

履歴書を持参する上での注意点は、履歴書を丁寧に扱う事です。封筒に履歴書を入れるとか、履歴書のコピーを取っておくことも重要だと考えられる。

履歴書を綺麗に保ったままで、持参することが当たり前の行為だから、履歴書を汚さないようにするべきです。

履歴書を持参する際の注意点1:必ず封筒に入れる

履歴書を持参する際に、履歴書を封筒に入れる事が当たり前のマナーですから、きちんと履歴書を丁寧に扱って封筒に入れましょう。

履歴書を入れる封筒は、白色が好ましいだろう。カラーの封筒など派手な封筒は避けたほうが良いと考えられる。

封筒に入れないで、履歴書をむきだしにして持参するのは、履歴書が汚れたりするのでやめるべきです。

履歴書を持参する際の注意点2:すぐに取り出せる位置に入れておく

面接を受ける時など、履歴書をバッグから取り出して渡す時に、スムーズに履歴書を取り出せる位置に入れて置くことが大切でしょう。

また、スーツの内ポケットなどに履歴書を入れておくと、すぐに取り出せて便利です。履歴書がどこのあるのか、モタモタ探している姿はNGになるはずです。

ですから、履歴書はポケットやバッグに入れた場合、サッと取り出せるようにセッティングしておくべきだろう。

履歴書を持参する際の注意点3:履歴書のコピーも持っていく

会社や企業に履歴書を持参するときに、必ず履歴書のコピーを取っておくべきです。履歴書のコピーがあれば、面接を待っている時に自分が何を書いたか確認できる。

履歴書のコピーは、必要ないと決めつけないでコピーを持っておくべきだと言える。履歴書を見直すことで、面接のときに履歴書に書いていたことに関しての質問にきちんと答えられるでしょう。

履歴書を持参する際の注意点4:履歴書をクリアファイルに入れる

履歴書は、ビジネスバッグに入れておくと折れたり曲がったりしますから、クリアファイルに挟んでおくことが大事だろう。

履歴書をクリアファイルに挟んでおくと、破れたり折れたりしないから丁寧に保管できる。クリアファイルは、高価な物でないから数枚を購入しておくと非常に便利だと言える。

履歴書を綺麗な状態で保管するために、クリアファイルに入れることはいいアイデアだと考えられます。

履歴書を持参する際の注意点5:履歴書を入れた封筒に必要事項を記入する

履歴書を持参する時に、履歴書を封筒に入れたら必ず履歴書在中や応募書類在中と書いておくべきです。

封筒の真ん中に、応募書類在中と赤字で書いておくと履歴書が入っているとすぐに伝わりますから、忘れずに記入してから持参するべきだろう。

封筒の裏面には、住所と氏名を記入することが当たり前だと考えられる。

履歴書を持参する際のマナー

面接を受ける時に、履歴書を渡すからマナーを知っておくべきです。

履歴書は、とても大事な書類ですから丁寧に扱いましょう。面接官に直接渡す場合や受付に渡す場合のマナー違いを解説します。

礼儀正しい履歴書の渡し方を知っておくべきでしょう。

面接官に直接渡す場合

履歴書を面接官に直接渡す場合は、持参した履歴書を封筒から出して、面接官が読みやすいように履歴書の方向を変えることが大事です。

履歴書を持参して、何も考えないで封筒に入れたまま面接官に履歴書を渡すと、面接官に手間をかけることになるから、すぐに読めるように封筒から履歴書を取り出して、履歴書を広げて読みやすい態勢を整えるべきでしょう。

受付で渡す場合

履歴書を受付に渡す場合は、履歴書を見られないように封筒に入れておくべきです。履歴書を封筒に入れていく事で、プライベートも守られるでしょう。

受付に履歴書を渡す時は、受付が履歴書を読みやすいように向きを変えてから渡すべきです。封筒に履歴書を入れて置くと、履歴書が面接官に向かって運ばれる時に、折れたり汚れたりしません。

もし、受付の担当者に履歴書を封筒から出すように指示を受けたら、その指示に従うべきです。

履歴書を持参する際の正しい封筒の書き方3つ

履歴書の封筒の書き方に、いくつか決まりがあるので説明しましょう。

履歴書の封筒は、白色でA4サイズ用の封筒が正しいから、お洒落な封筒やカラーの封筒を選んではいけません。

履歴書を入れる封筒に、茶色の封筒が一般的に良くみられるが、白色の封筒を選ぶことが大切です。

履歴書を持参する際の正しい封筒の書き方1:封筒のサイズ

履歴書を入れる封筒のサイズは、B5サイズかA4サイズが無難です。

履歴書を折り曲げていれるサイズもありますが、履歴書を折らないで入れることができるサイズが好ましいでしょう。

また、履歴書を入れる封筒のサイズが大きすぎるのも、間違いになります。履歴書をよりも大きいサイズの封筒を入れると、イメージが悪いですからやめるべきです。

履歴書を持参する際の正しい封筒の書き方2:表面の書き方

履歴書を持参する際に、封筒の表面に宛名を書く必要はありません。自分で履歴書を持参して手渡す形だから、宛名を書くことが不要です。

ですが、履歴書の表面の左下に赤いボールペンで「履歴書在中」と記入して、文字の周囲を四角で囲むと良い。

あるいは、赤いハンコで履歴書在中とスタンプすると簡単でしょう。

履歴書を持参する際の正しい封筒の書き方3:裏面の書き方

履歴書を持参する時に、履歴書の裏面に提出する年月日と自分の住所と氏名を記入すると完璧です。

履歴書の封筒の裏面の左下に、提出日と住所、名前を記入することが義務と言えるでしょう。簡単なことだけど、忘れるとマナー違反のようになるから注意するべきです。

履歴書を持参する際の注意点を知り良い印象をあたえよう

履歴書を持参する時のマナーや注意点を知っておくことは、とても大事ですから、覚えておくと便利だと考えられる。

履歴書を渡すとき、履歴書を丁寧に扱うと好印象を持たれる。

それに、履歴書をきちんと書いているだけで誠実さや真面目さを伝えられるでしょう。

履歴書を持参する時のマナーや注意点に気を付けて、成功を祈りながら面接に履歴書を持参しながら向かう準備を頑張ってください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related