Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月22日

面接でリュックが不適切な理由4つ|就職において適切なカバンの選び方

就職活動での面接時にもっていくカバンに不適切だと言われているのが「リュック」なのはご存知でしょうか。なぜリュックは面接時に不適切なのか、面接時に適しているカバンとはどのようなタイプなのか、面接1発合格を目指してビジネスカバン選びの参考にしましょう。

面接でリュックが不適切な理由4つ|就職において適切なカバンの選び方

面接にリュックは不適切?

就職活動における面接にリュックで行くのは、あまり適していません。就職活動をする上で必ず通らなければならない関門が「面接」ですが、採用担当の面接官は服装からカバンまで隅々までチェックしています。

面接の受け答えは練習でパーフェクトなのに、なぜか毎日「不採用通知」が届いていしまうという方は、服装や持ち物でマイナスポイントがでている可能性があります。これから面接を控えている方は、もう1度服装やカバンのチェックをしてみましょう。

面接での採用担当者のチェックポイント

採用担当者はビジネスマナーを学べているのかをチェックしています。

近年ではビジネスシーンで持ち歩いても問題のないリュックが販売されており、リュックで通勤をすることを了承している会社も増えてきていますが、お客さまや他社への訪問時にはリュックがNGとなっている会社も多くあります。

つまり、リュックを面接時にチョイスするということは、ビジネスマナーを学べていないということになりかねないということになります。

面接にリュックを選ぶのは不適切な理由4つ

面接時になぜリュックが不適切なのか、大きく4つに分けて理由をご説明します。

就職活動をする上で、見落としがちである服装や持ち物は当日になってチェックするのではなく、事前に調べて完璧な見た目と中身で勝負しましょう。

面接にリュックを選ぶのは不適切な理由1:スーツがシワになる

面接時には「身だしなみ」はとても重要視されているポイントです。スーツの色合いやモヨウまで暗黙の了解で指定されている部分もあるのが面接です。

リュックは構造上、両肩にバンドを通さなければならないため、シワのつきやすいスーツではリュックを背負っていたあとのシワがつきやすくなります。

昔から「服装の乱れは心の乱れ」ということわざがありますが、シワがよったスーツでは面接は台なしになりかねません。

面接にリュックを選ぶのは不適切な理由2:カジュアル過ぎる

リュックのカジュアルなイメージは定着しています。リュックの世界の歴史をたどると、猟師が獲物を持ち帰る際に両肩にバンドをつけた袋を持ち始めましたが、日本では登山で利用されたことから広まったと記されています。

両手に荷物を持たずに行動するために作られたリュックは、ビジネスシーンといったフォーマルな環境ではなく、登山などカジュアルなシーンで使われていた名残から、今でもリュックはカジュアルなイメージが強く残っているのでしょう。

面接にリュックを選ぶのは不適切な理由3:書類の管理には不向き

大切な書類を綺麗なまま管理することができないリュックが多いことが原因です。

ビジネスシーンでは、A4サイズの書類が一般的に使用することが多いですが、リュックサックの構造上、ビジネスカバンよりも素材が柔らかいものが多いため、書類が折れ曲がったりする可能性があります。

管理が悪い書類は、受け取った相手からすれば印象が良くないため、大切な書類は綺麗な状態が保てるように管理することが大事です。

面接にリュックを選ぶのは不適切な理由4:ビジネスマナーわからないと思われる

ビジネスマナーは昔からある社会の常識と位置付けられています。ビジネスマナーというのは、これから面接へ訪れる会社の上司が決めたわけではなく、社会人の一般的知識として学ばなければならないルールです。

近年では、環境対策のために夏期に衣服の軽装可をはかる「クールビズ」ができ、ビジネスシーンでは当たり前になっているネクタイやブレザーの着用を義務付けないといった取り組みは、これまでの常識を覆すことになりました。

しかし、まだその環境に慣れない人もいるというのが現実です。面接時には誰もが常識としているマナーを守ることが安全策と言えるでしょう。

私服の面接であればリュックでもOK

スーツの着用が義務付けられていない会社の面接では、リュックでも問題ありません。

私服で働く会社以外でも、派遣登録や企業説明会、アルバイトの面接でもリュックの着用は問題ありません。面接に行く会社が私服で働く会社であるか事前に調べてから面接時の服装を選ぶことをおすすめします。

私服の面接の時のリュック選び注意点

私服で働く会社や、アルバイトの面接時にリュックがOKだとしてもあまり派手なものは避けましょう。

面接はあくまで仕事の採用に関して判断を下される場面です。ビジネスバックと呼ばれているカバンよりもデザインやカラーが豊富なリュックには、遊びに行くためにデザインされたリュックや、登山用リュックなどもあります。

自由度が増すリュックでも、リュックのセンスで人柄を疑われることがないように、控えめなものを選択することをおすすめします。

シンプルさ

面接時に相応しいリュックのデザインはシンプルなものにしましょう。派手なモヨウや珍しい形をしたリュックは避け、できるだけ無地でシンプルなリュックにするのが好ましいと言えるでしょう。

面接時に持参する履歴書は、市販のものはB5サイズが多く、職務経歴書はA4サイズのものが一般的ですが、折らずに提出することが基本です。

面接する会社からもらう書類などもA4サイズが多いので、折りたたまず出し入れできる収納容量が大きいリュックにすると良いでしょう。

色選び

面接でリュックを持っていく場合、黒や紺など落ち着いた濃い目のカラーのリュックにすると印象が良いでしょう。

服装を控えめにしてもリュックの色が派手だと、必然的にリュックに目を奪われてしまう可能性があります。色選びはその人のイメージにも結びつきますから、服装にもイメージにも適応する控えめなカラーのリュックを選ぶことをおすすめします。

他にも、キャラクターもののリュックや、高額なブランド品のリュックなども悪い印象を与えかねませんので控えるようにしましょう。

面接時の適切なカバンの選び方3つ

面接時に適切なカバンは実用的でマナーに沿ったカバンが良いでしょう。リュックでなければ、どのようなカバンを持参してもよいかといえば、そうではありません。

スポーツや登山用のカバンがありますが、スポーツの中でもバスケットボールが入るカバンや、ジムに行く人なら室内履きを入れることができるカバンを選ぶなど、必要な用途に合わせてカバンのタイプは変化します。

ビジネスシーンにおいても、ビジネスに適しているカバンがあります。面接時に適切なカバンには、いくつかのポイントがありますので参考にしましょう。

面接時の適切なカバンの選び方1:書類の整理しやすい

就職活動やビジネスシーンでは、A4書類が入る大きさのカバンを選ぶことが基本です。

会社で使用されている書類のほとんどがA4サイズのものが多いので、A4サイズの書類を無理なく出し入れすることができて、どの書類か瞬時に判断できるように大きく開くタイプがおすすめです。

面接時には書類をしまう動作も見られていると意識をして、受け取った書類を丁寧にカバンにしまうことができるように心がけましょう。

面接時の適切なカバンの選び方2:置くと自立する

床や地面に置いても倒れない自立するカバンを選びましょう。面接時にはカバンを置くためのテーブルなどがセッティングされている場合もありますが、ほとんどの面接の場面では椅子だけが用意されていることでしょう。

カバンを床に置く場合、横に倒してあるカバンから受け取られる印象は「だらしない」「がさつ」など悪いイメージを与えかねません。

壁によりかかるカバンや床に倒れたカバンから、人格を否定される印象を抱かせるのは不本意であるため、素材が固く1人でも立つことができるカバンを選択しましょう。

面接時の適切なカバンの選び方3:ビジネスバック

ビジネスバックは、実用性に優れているだけではなく周囲から良い印象をもってもらえるようなカバンを選ぶことが大切です。

実はビジネスシーンにおいて、とても大切なアイテムであるのが「ビジネスバック」です。コミュニケーションのツールともいえるビジネスバックに注目してみると、やはり「できる人」が持つビジネスバックはひと味違うことがわかることでしょう。

これからビジネスバックを購入する予定の人は、ぜひ参考にしておきたい「ビジネスバック選びのポイント」をご紹介します。

カバンの大きさ

ビジネスバックの大きさは、使用用途に合ったカバンの大きさが適切です。

例えば、内勤か外回りか、外回りであるならば移動手段はどうなるのかを考えるだけで、カバンの必要な大きさが変わってきます。外回りが多く書類以外にもPCを入れる必要があるならば、PCの大きさに合わせたサイズで衝撃に強いタイプのカバンがおすすめです。

移動手段が公共機関が多い場合は、カバンの重さが1キロ以内の軽いものを選び、雨でも書類やPCが壊れない防水タイプのカバンを選択すると良いでしょう。書類を入れる使用頻度が多い場合は、薄型のブリーフケースタイプのビジネスバックにすると良いでしょう。

ビジネスバックのカラーは、黒・茶・紺などスーツにも相応しく相手に悪い印象を与えない控えめな色が基本です。

スーツと靴に合わせたカバンの色を選択するという技もあります。オシャレな人であれば、服装に合わせていくつかカバンを使い分けているという人も少なくないでしょう。

カバンの色は性格を相手に連想させる力を持っているので、ビジネスバックの色選びも慎重にしなくてはなりません。

転職や就職の面接時にはリュックを控えよう

面接は自分のビジネスマナーを確認される場所ですから、リュックは適切ではありません。

最近では、手持ちとショルダーとリュックタイプになる3wayのビジネスバックも販売されています。移動距離が長く、どうしてもリュックタイプを好んでいる方には3wayタイプのビジネスバックを選ぶことをおすすめします。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related