Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月19日

面接で私服を指定された場合のおすすめスタイル5選|私服面接の意図とは

皆さんは企業の面接に私服で行ったことがありますか。普通はスーツを基本としますが、最近では私服面接をする企業も増えて来ています。その際に一体どんな格好をしたら良いのか、と悩んでしまう人も少なくありません。私服面接ではどのような服装が良いのか知っておきましょう。

面接で私服を指定された場合のおすすめスタイル5選|私服面接の意図とは

私服面接とは?

私服面接とは、企業の面接の際にスーツではなく私服で行くことをいいます。

応募した企業から「私服でお越しください」と言われたことがある人もいるのではないでしょうか。正直どんな格好で行けばいいのか分からないと悩む人も多いでしょう。

「自由な服装で」と言われても、実際に普段着で行くとマナーに反した服装になってしまう恐れがあります。ならば、どんな服装が企業面接に適しているのかをご紹介していきます。

オフィスカジュアルとは?

オフィスカジュアルとは、オフィスなどの働く場に適したカジュアルコーディネートのことです。

働きやすい、かつ清潔感のある綺麗な格好がオフィスカジュアルとされていますが、どこまでがセーフでどこまでがアウトなのか、正解がないからこそ難しいのです。

会社の雰囲気に合わせるということも考えると、どんな服を着たら良いのか分からなくなってしまう人も多いです。

私服面接の際のポイント3つ

考えれば考えるほど難しいオフィスカジュアルですが、ポイントを抑えればさまざまなファッションができます。

私服面接の際に気をつけるポイントを3つ抑え、オフィスでもおしゃれを楽しみましょう。

カジュアル過ぎるのはNG

ジーンズ素材やパーカーなど、カジュアルすぎる服装は避けましょう。

オフィスカジュアルといっても、カジュアルすぎるのはNGとされています。職場の雰囲気や職種によっても異なりますが、中でもジーンズパンツやパーカーを用いた服装は避けるのが望ましいです。

ジーンズ素材ではなくナイロン素材、パーカーではなくブラウスといったようにしていきましょう。

派手すぎない

華美すぎる服装や露出が多い服装は避けましょう。

ノースリーブのトップスや胸元が大きく空いているトップスはオフィスという場所では避けたほうがいいでしょう。丈が短いミニスカートやショートパンツも好ましくはありません。

トップスは、ブラウスやシンプルなカットソーなど、ボトムスは膝丈スカートやナイロン素材のパンツなどにしてみましょう。清潔感がある服装を心がけましょう。

服のシワや靴の汚れに注意

シワシワの服や靴の汚れには気をつけましょう。

シワが入ったブラウスだったり、靴が黒ずんで汚くなっていたりしていたら清潔感はどうしても薄れてしまいます。こまめにアイロンがけをしたり靴を洗ったり徹底していきましょう。

どんな職種の面接でも綺麗なものを見にまとっていたほうが相手からの印象も良いので、シワや黒ずんだ汚れはこまめにチェックしていきましょう。

面接で私服を指定された場合のおすすめスタイル5選

オフィスカジュアルの定義やNGラインを聞いてもどんな服装をしたら良いのか分からないという人もいるでしょう。そういった場合はネットやSNSでオフィスカジュアルを調べてコーディネートを参考にするのがいいでしょう。

私服面接に行く際におすすめのスタイルを5つご紹介していきます。

面接で私服を指定された場合のおすすめスタイル1:キッチリ決めた黒のオフィスカジュアル

黒のセットアップでキッチリ決めたオフィスコーデです。

全身のほとんどを黒でまとめることによってキッチリとした印象になります。清潔感も良くかっこいい印象を与えるでしょう。写真のように靴はあえて黒にせず、真逆色の白で差し色を加えておしゃれに着こなしてみるのもいいでしょう。

もう少しおしゃれを加えたいという方は、シルバーアクセサリーを加えてみるのもいいでしょう。黒とシルバーは抜群に合う色なので是非試して見てください。

面接で私服を指定された場合のおすすめスタイル2:柔らかさのあるグレーのオフィスカジュアル

グレーのオールインワン風の上下を取り入れたオフィスコーデです。

グレーは、とても柔らかな印象をあたえます。かっこよくも可愛らしくも見られる色というのがグレーなのです。グレーはさまざまな色と相性が良く、差し色に困る必要がありません。おしゃれが分からないという人にも着やすい色です。

写真のように、ベージュや黒を加えてみてもいいでしょう。華やかな印象与えられるでしょう。

面接で私服を指定された場合のおすすめスタイル3:紺色オフィスカジュアルで誠実に

紺色のストライプズボンをまとったオフィスコーデです。

紺色はズボンとして使われることが多く、紺色のズボンは何にでも合います。写真のように淡い緑も合いますし、その他にも白やピンクやさまざまな色と合わせることが可能です。

着まわしをしたい人にうってつけのアイテムです。非常に使えるので2~3着持ってたらオフィスカジュアルにはもう困らないでしょう。

面接で私服を指定された場合のおすすめスタイル4:活動的なパンツのオフィスカジュアル

活動的な仕事が多い場合はなるべく動きやすい服装をチョイスしましょう。

職場によって動くことが多い人もいるでしょう。そんな場合はなるべく動きやすい服装を心がけていきましょう。

アメージジーンズなどのボトムスはあまり好ましくないですが、色のついたボトムスなどは使っていきましょう。白のブラウスなどに合わせると清潔感も生まれ綺麗なコーディネートができます。

面接で私服を指定された場合のおすすめスタイル5:清楚なイメージのスカートのオフィスカジュアル

スカートを着ることによって清潔感のある印象を与えることができます。

シンプルな色のスカートだと何にでも合わせやすいですが、シンプルな色だと少し物足りないと感じる人はストライプ柄やドット柄を使っていきましょう。柄が少し入っているだけでもおしゃれなコーディネートができますし、上品な印象を与えられます。

オフィスカジュアルをする上で1点は持っていたいアイテムの1つです。

面接で私服指定が多い業界5つ

具体的に、どんな企業から私服指定をされることが多いのか、新就活生の人には分からないことが多いです。

面接時に私服指定が多いとされる業界を5つご紹介します。

面接で私服指定が多い業界1:インターネット業界

インターネット業界やIT業界は基本的にはスーツで面接する企業が多いですが、最近では私服で面接する企業も増えているようです。

企業先から、何も言われることがなければ基本的にはスーツで行くことが望ましいです。しかし、敢えて「私服で来てください」と言う企業も少なくはなく、その場合は指定された格好で行くのが良いでしょう。

しかし、私服と大まかに表記してもさまざまな私服系統があります。最低限のマナーやルールは守った上での服装を心がけましょう。

面接で私服指定が多い業界2:広告業界

広告業界から、私服面接を指定される場合も最近では多くなってきています。

企業先から、何も言われることがなければ基本的にはスーツで行くことが望ましいです。しかし、「あなたらしい格好で」や「服装自由」と表記されている場合も多いです。その際の服装には悩んでしますケースが多く見られます。

そんな時はスーツやオフィスカジュアルな服装で行きましょう。私服だと不安だという人はスーツで行っても良いでしょう。

面接で私服指定が多い業界3:出版業界

ファッション雑誌などでは私服指定されるケースが多いです。

ファッションを全般とした雑誌の出版社だと、ファッション自体に関わる仕事も多くなるため私服指定をされる場合も多いです。そのため、オフィスカジュアルな服装、かつおしゃれな服装を心がけましょう。

ファッション業界での私服面接の場合は質疑応答や態度のみならず、私服を見られることもあります。面接官から、私服のポイントなどを聞かれることも多いので、すぐに答えられるようにしておきましょう。

面接で私服指定が多い業界4:マスコミ業界

マスコミ業界の面接の際に私服指定された場合はオフィスカジュアルを心がけましょう。

マスコミ業界から私服指定をされた際には、実際働くとなったらどのような格好をするかを考えてみましょう。面接官などに働くイメージがしやすい格好をしていくのがいいでしょう。

フォーマルさもあるオフィスカジュアルを心がけ、清潔感に溢れる服装をしましょう。

面接で私服指定が多い業界5:アパレル業界

アパレル業界の面接では私服指定をされることが非常に多いです。

ファッションそのものを仕事としているアパレル業界では、「私服で面接に着てください」と言われることが多く、面接の際にも私服を見られていることが多いです。

アパレル業界での面接の際に1番気をつけるべきことは、そのブランドに合った服装で行くことです。そのブランドの雰囲気にあってなければ、落とされるリスクも高いです。なので服装には気をつけていきましょう。

面接で私服を指定する企業の意図5つ

なぜわざわざ私服面接を指定するのか、と疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。企業は、理由もなく私服面接をしているわけではありません。何らかの理由があるから私服面接をしている場合がほとんどです。

私服面接をする意図について、5つご紹介していきます。

面接で私服を指定の意図1:裁量の極め

企業先は、裁量の極めとして私服面接をする場合があります。

企業先は、「私服で来てください」のみ言い、うまく物事を判断できるのかを見ていることが多いです。言葉の文字通りいつも通りの普段着で来てしまうのか、それともTPOをわきまえてた服装で来るのか、その人自身の人間性や判断力、一般常識の有無を見極めるために私服面接をする企業がとても多いです。

企業先からの言葉の意味をしっかりと理解し、その面接に適した私服というのを判断しましょう。焦らず慎重に、考えて行動していきましょう。

面接で私服を指定の意図2:センスを知る(ファッション業界の場合)

ファッション業界の場合、私服にセンスがあるのかを見られています。

ファッション業界では、やはりファッションセンスが良い人が受かりやすいです。最新のファッションを発信していく立場の仕事なので当然、自分自身もおしゃれでなくてはいけません。

なので、ファッション業界の面接に行く際の私服は、おしゃれを意識した私服で行くといいでしょう。

面接で私服を指定の意図3:自由である社風のアピール

企業先のイメージとして私服指定をする企業もあります。

社風を伝えるような形で、私服を指定される場合もありますが、そういった場合でも服装には気をつけなければいけません。自由です、といった社風のアピールだからといっていつも通りの普段着などで行くのはNGです。

なるべく企業先のイメージに合った服装で、最低限のマナーやルールを考慮した服装にしましょう。

面接で私服を指定の意図4:応募者の面接でのリラックス

スーツより私服の方がリラックスできるのではないかという理由で私服面接をする企業があります。

スーツなどのしっかりした服装で面接に挑むと緊張は必ずしもしてしまうものです。緊張してしまうと、言おうと考えていた言葉が飛んでしまったり、質疑応答にあまり答えられなくなってしまったりと本来の力を発揮できない場合があります。

そうならないように、少しでも緊張が和らぐように、と企業先からの考慮で私服面接を指定されることもあります。

面接で私服を指定の意図5:社風に見合う人材かどうか確認

社風に見合う人材なのかを確認するために、私服指定する企業があります。

どれくらい社風に適しているか、この会社にその人が合っているのか、それを見極める1つのポイントとして私服を指定します。

そのため、面接に行く前に必ず、受ける企業の社風は確認する必要があります。その社風に適した服装をしっかりと考えてから、面接に挑みましょう。

面接での私服はビジネスの場にふさわしい服装を選ぶ

オフィスカジュアルと大まかにいっても種類や系統は無数にあります。その中でも、1番気をつけるべきなのは、社風やシーンに応じて服装を考えることです。

また、企業が私服面接を要求する理由はさまざまです。企業先の意図をしっかりと自身で見極めながら、服装を考えましょう。

企業の社風に合った服装、TPOをわきまえた服装を心がけていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related