Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月18日

転職時の面接に必要な持ち物13選|面接で注意すべき基礎知識

転職時の面接にはどのような持ち物を持参すればよいのでしょうか。この記事ではこれから面接を控えている方のために、面接に持参すべき必要な持ち物について解説しています。また面接で注意すべき基本事項についてもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

転職時の面接に必要な持ち物13選|面接で注意すべき基礎知識

面接に必要な持ち物とは

面接は、転職成功のための最大の関門であると言っても過言ではありません。転職を成功させるためには、事前に面接対策をしっかりしておくことが重要です。

転職時の面接には、面接会場までの交通に使う地図やお金に加えて、書類が入るクリアファイルやバッグなどさまざまな持ち物が必要です。

この記事ではこれから転職の面接を控えている方のために、面接に持参すべき持ち物についてご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

転職時の面接で必要な持ち物13選

持参すべき持ち物をきちんと用意しておけば、緊張せず安心して転職時の面接に臨むことができるでしょう。

反対に、もしも持参すべき持ち物を忘れてしまうと不安になってしまうものですし、場合によっては会場入りに遅刻したり面接官の心証が悪くなってしまうこともあり得ます。

ここからは転職時の面接で持参すべき必要な持ち物13個ピックアップしてご紹介していきますので、面接前にぜひチェックしてみてください。

転職時の面接で必要な持ち物1:履歴書や職務履歴書

転職時の面接で必要な持ち物としてまず挙げられるのが、履歴書や職務経歴書などの提出書類です。

すでに書類を郵送している場合であっても、面接官からの書類に関する質問にきちんと答えられるように、送付した履歴書や職務経歴書などの書類は全て持参すべきでしょう。

なお、そのまま鞄に入れていると面接官の印象が悪くなるので、きちんとクリアファイルに入れておきましょう。

転職時の面接で必要な持ち物2:携帯電話と充電器

携帯電話と充電器も、転職時の面接に必要な持ち物として挙げられるでしょう。応募した企業に連絡をしなければならないこともあるため携帯電話は必須ですし、充電が切れてしまってはいけないので、念のため充電器も持っておきましょう。

ただし、充電器は電源のない場所では使えないため、できればモバイルバッテリーを持ち物リストに加えておくと心強いです。

転職時の面接で必要な持ち物3:筆記用具やメモ帳

転職時の面接で必要な持ち物として、筆記用具やメモ帳も挙げられます。面接時にメモを取ることは稀ですが、面接を受ける前に通される部屋でメモを取る機会もあるため、筆記用具とメモ帳は必ず鞄の中に入れておきたいところです。

なお、メモ帳はビジネス用のシンプルなデザインのものを持参しましょう。キャラクターものや可愛すぎるデザインのメモ帳は、転職時の面接の雰囲気にはそぐわないので要注意です。

転職時の面接で必要な持ち物4:求人票

求人票も、転職時の面接で必要な持ち物です。求人票に記載された条件や待遇などについて面接時に質問する機会もあるため、念のために求人票も持参して面接に臨む直前にそこに記載された内容についてもう一度確認してみましょう。

転職時の面接で必要な持ち物5:会社案内

求人票も、転職時の面接に必要な持ち物のひとつとして挙げられるでしょう。転職時の面接の際には、求人票に記された待遇や条件などについて質問を行う場合もあるため、情報をチェックできるように持参しておくのが基本です。

なお、履歴書や職務経歴書を持参する際と同様に、素のままでは面接官の印象が悪くなりかねないので、きちんとクリアファイルに入れて持参しましょう。

転職時の面接で必要な持ち物6:会場までの地図

会場までの地図も、転職時の面接に必要な持ち物のひとつでしょう。遅れず、時間に余裕を持って面接会場入りするのが社会人としてのマナーですが、地図があれば道に迷って遅刻する心配もありません。

応募した会社からあらかじめ送付された地図を持参するのもいいですし、スマートフォンなどの地図アプリを利用するのもよいでしょう。

転職時の面接で必要な持ち物7:現金またはクレジットカード

転職時の面接に必要な持ち物として挙げられるのが、現金とクレジットカードです。当然ではありますが、面接会場までの交通費などを支払う必要があるため、現金とクレジットカードは必須の持ち物だと言えるでしょう。

特に面接前には緊張を感じて喉が渇くものですので、自販機の飲み物を買って喉を潤す方も多いはずです。念のため小銭も用意しておいたほうがベターでしょう。

転職時の面接で必要な持ち物8:腕時計

腕時計も、転職時の面接で必要な持ち物のひとつに数えられるでしょう。最近ではスマホで時間を確認する人が増えてきていますが、やはり面接時などのビジネスシーンにおいてはスマホではなく腕時計で時間確認をするのがスマートです。

腕時計をつけていないと、面接官によっては「腕時計を付けていないということは普段から時間管理をうまく行えていないということではないか」とうがった見方をされてしまいかねません。

転職時の面接で必要な持ち物9:A4サイズの書類が入るバッグ

転職時の面接で必要な持ち物のひとつに、A4サイズの書類が入るバッグも含まれるでしょう。

履歴書や職務経歴書など持参すべき書類の持ち物の多くはA4サイズですので、A4サイズ対応のビジネス用バッグを持参するのが面接時のマナーです。

繰り返しになりますが、書類は必ずクリアファイルに入れるようにしましょう。

転職時の面接で必要な持ち物10:印鑑

印鑑も、転職時の面接で必要な持ち物のひとつとして挙げられます。企業によっては、転職時の面接で書類に印鑑を押さなければならないこともあるので、特に事前に案内がなかったとしても念のため持参しておくことをおすすめします。

なお、シヤチハタでも問題ありませんが、転職時の面接というフォーマルな場所では通常の印鑑と朱印を持参したほうがよいこともあります。

転職時の面接で必要な持ち物11:身分証明書

転職時の面接に必要な持ち物のひとつとして挙げられるのが、身分証明書です。企業によっては面接時の本人確認として身分証明書をチェックするところもあるので、運転免許証などの顔写真つきの身分証明書を持参しましょう。

転職時の面接で必要な持ち物12:応募先の電話番号や担当者のメモ

応募先の電話番号や担当者のメモも、転職時の面接に必要な持ち物のひとつに数えられるでしょう。

事故や災害などの影響で渋滞が起こったり交通網がストップしてしまうこともあり得るため、あらかじめ応募先の電話番号などをメモに控えておくことをおすすめします。

万が一このような理由で面接に遅刻しそうになった時には、それが分かった時点で速やかに担当者に電話で連絡をとるようにしましょう。

転職時の面接で必要な持ち物13:ハンカチとティッシュ

転職時の面接に持参すべき持ち物のひとつとして、ハンカチとティッシュも挙げられるでしょう。

夏場には汗をかくことも多いですが、汗をシャツやスーツの袖などで拭うと不潔な印象を与えてしまいますので、マナーとしてハンカチとティッシュを持参しておいたほうがベターです。

また、会場のトイレを使用した際に洗面所で面接官と鉢合わせる可能性もゼロではないので、手を洗った後はきちんとハンカチを使って手をふきましょう。

転職面接で注意すべき基礎知識3選

転職時の面接において、面接官はどのような点をチェックしているものなのでしょうか。ここからは、転職時の面接において注意すべき基本項目を3つピックアップしてご紹介していきます。

面接官によい印象を持ってもらうためにも、面接前にぜひ以下のポイントをチェックしてみてください。

転職面接で注意すべき基礎知識1:服装や身だしなみ

まず重要なのが、服装や身だしなみをきちんと整えておくということです。面接では第一印象が面接官の心証を大きく左右するため、きちんとアイロンのかかったシンプルなビジネススーツを着用し、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

男性の場合派手なネクタイはNGですし、女性の場合は華美なヘアスタイルやメイクは避けるのがベターです。

転職面接で注意すべき基礎知識2:話し方

話し方も、転職時の面接で注意したいポイントのひとつでしょう。緊張して小声でぼそぼそと話したり早口になってしまわないように、ゆっくりと落ち着いて大きな声で話すように練習しておきましょう。

事前の面接練習の際にボイスレコーダーを使って録音すれば、自分の話し方の改善点を客観的に把握できるのでおすすめです。

転職面接で注意すべき基礎知識3:事前準備

転職面接で注意すべきポイントのひとつとして、事前の準備をきちんとしておくことも含まれるでしょう。

面接で聞かれる質問の多くはあらかじめ想定することが可能なため、質問の想定リストを作り、それに対する回答も準備しておくのが基本です。

必要な持ち物を知り前日までに準備しよう!

今回は転職時の面接に必要な持ち物について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

面接当日に持ち物を用意すると忘れ物をすることがあるので、必要な持ち物のリストをあらかじめ作っておき、前日までに用意をすませておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related