Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月14日

転職活動の面接で10年後のキャリアプランを聞かれる理由3つ|回答例は?

10年後のキャリアプランを考えることは転職だけでなく、働く上で重要です。ここでは、転職の面接で質問された場合を中心にキャリアプランの立て方と、それを表現する方法について解説しています。面接官に能動的に仕事に取り組む姿勢をしっかり伝えられるよう準備してください。

転職活動の面接で10年後のキャリアプランを聞かれる理由3つ|回答例は?

10年後のキャリアプラン

10年後自分がどうなっていたいか、具体的にイメージしましょう。

就職や転職の採用試験だけでなく、昇格試験でもよく聞かれるのが「10年後のキャリアプラン」です。具体的なキャリアプランがなければ、試験官は、あなたが仕事に対して、言われたことだけをこなしていく受動的な姿勢であると判断します。

試験対策だけでなく、10年後の具体的なキャリアプランは、日々の仕事に対するモチベーションを高めてくれます。

キャリア

キャリアとは、あなたが業務上で積み重ねる経験です。

「キャリア」という言葉が意味するところは広く、漠然としたイメージを持たれるでしょうが、ここでは、業務上で積み重ねる経験のことを「キャリア」と言います。

経験には知識も含みます。転職に備える場合、今までのキャリアだけでなく、これから先のキャリアについても整理する必要があります。10年後、どういったキャリアを積んでいたいのか、具体的に考えましょう。

5年後10年後のキャリア構成

10年後が難しければ、5年後のキャリアについて考えましょう。

転職を考える場合、現状が嫌だからといった理由だけで行動を起こすと失敗しやすくなります。10年後どうなっていたいかを具体的にイメージし、そのために必要なキャリアを積むための場所として転職について考えましょう。

10年後が遠すぎてどうしても具体的に考えられなければ、まずは5年後に身に付けておきたい知識・資格について考えます。

転職活動の面接で10年後のキャリアプランについて聞かれる理由3つ

採用担当者は10年後のキャリアプランを聞くことであなたの仕事に対する心構えを確認しています。

企業は、指示したことだけでなく、自身で考え能動的に仕事に取り組める人材を求めています。将来のキャリアプランがあるということは、仕事に対して能動的に取り組む姿勢があるということです。

ここでは、転職の面接で採用担当者が10年後のキャリアプランを質問するときの観点を3つに絞ってまとめました。

転職活動の面接で10年後のキャリアプランについて聞かれる理由1:夢や理想を自社で叶えられるかどうか

あなたのプランが自社とマッチしているかどうか確認しています。

転職の面接では、あなたのキャリアプランが自社の理念や制度に合っているかどうかが確認されます。あなたのキャリアプランが非常に充実した内容であっても企業の理念や制度に合っていなければ、自社で叶えることは難しいと判断せざるを得ません。

採用担当者は、あなたの10年後のキャリアプランが、自社の経営理念の下で実現可能な内容かどうか確認しています。

転職活動の面接で10年後のキャリアプランについて聞かれる理由2:入社後のミスマッチや離職のリスクが低い人材かどうか

あなたの自社への理解の度合いを確認しています。

10年後のキャリアプランを聞くことで、採用担当者は、あなたがどの程度自社の理念や制度を理解しているかを確認しています。あなたのキャリアプランが自社の事業内容と合っていない場合、あなたを採用しても離職の可能性が高くなります。

採用担当者は、10年後のキャリアプランを聞くことで、採用側と求職者側のニーズにギャップがないか確認しています。

転職活動の面接で10年後のキャリアプランについて聞かれる理由3:将来のために前向きに働いてくれる人材

企業は将来にわたって自社に貢献できる人材を求めています。

転職の面接で10年後のキャリアプランがきちんと表現できるということは、明確な目的をもって日々の業務に向き合うことができるということです。

採用担当者は、あなたが目的達成のために適切な目標を設定し努力できる人かどうか見定めようとしています。なぜなら、前向きに努力できる人は自社に貢献できる人だからです。

キャリアプランの回答のポイント3つ

ポイントを押さえて説得力のあるキャリアプランを示しましょう。

転職の試験でのキャリアプランの質問は、採用担当者があなたが自社の理念や業務に合っている人材かどうか適性を測るために行われます。

あなたの意欲や熱意が採用担当者にきちんと伝わるよう、ポイントを3つまとめました。ポイントを押さえて説得力のあるキャリアプランを示しましょう。

キャリアプランの回答のポイント1:具体的な内容になっているかどうか

期間や固有名詞を使って具体的な表現で話しましょう。

転職の試験で話すキャリアプランは、具体的な表現を心がけなければ採用担当者に熱意は伝わりません。「会社に貢献できる人材になっていたいです」では漠然としていて採用担当者の心を動かすことは難しいでしょう。

「入社後3年までに○○の資格を取得し、○○部門で経験を積みたいと思っています」と具体的に話すと、あなたの前向きに努力しようという姿勢が伝わります。

キャリアプランの回答のポイント2:実現可能なキャリアプランかどうか

現状を把握し、実現可能なプランを考えましょう。

いくら具体的な時期で表現しても「10年後には御社の社長になります」というのは現実的ではありません。採用担当者は、あなたの計画性をみています。

何年後にどうなっていたいかを示したら、目的達成のためにどのように努力するのかといったところまで伝えることができなければ、キャリアプランとしては不十分です。

キャリアプランの回答のポイント3:意欲だけでなく行動に移しているかどうか

今している努力はきちんと伝えましょう。

例えばあなたが海外事業部の営業職に転職し、グローバルに活躍したいと思っている場合、「5年以内にTOEICで800点を取得します」と伝えるのと、「現在、TOEICで800点目指して勉強中です」と伝えるのとでは、採用担当者の評価は全く違ってきます。

意欲だけを伝えても絵に描いた餅では採用担当者に熱意は伝わりません。今できることは行動に移して熱意を伝えましょう。

10年後のキャリアプラン回答例

ここでは、10年後のキャリアプランの回答例を「良い例」「悪い例」それぞれ一つずつ紹介しています。

回答例のどこが良くてどこが失敗なのかを考え、キャリアプランの回答のポイントを踏まえてあなた自身について回答してみてください。

10年後のキャリアプラン回答例:お手本例

ビジョンとプランを明確に示しましょう。

私は、御社の主力製品のグローバル展開に魅力を感じております。海外事業部でマーケティング力を磨き5年以内に現地スタッフのマネジメントや採用を任されるようになりたいです。10年後には新拠点の立ち上げを主導できるようになりたいと考えています。

現在は英語と中国語を勉強しており日常会話はできるようになりました。今後はビジネスで使えるレベルまでになりたいと思っています。

10年後のキャリアプラン回答例:失敗例

転職への熱意と意欲が伝わる内容にしましょう。

転職したら、私はワークライフバランスを考え、プライベートを充実させたいと考えております。5年以内に家庭をもち、10年後にはマイホームを持てたらいいと思っています。

将来の夢やキャリアプランがないと答えるのはNG

キャリアプランの質問は必ず答えましょう。

キャリアプランを聞くことで、採用担当者は、あなたの自社の業務や理念への理解・自社への転職の熱意、新しい仕事に対する意欲を確認しています。

キャリアプランがないということは、転職先への熱意や仕事に対する意欲がないということです。企業が求めるのは能動的に仕事のできる人材です。明快なキャリアプランを示して、あなたが企業に貢献できる人材であることをアピールしましょう。

10年後のキャリアプランを考えよう!

10年後自分がどうなっていたいかしっかりとしたイメージを持ちましょう。

転職の面接で10年後のキャリアプランを質問されるのは、あなたの仕事への取り組み方や覚悟を確認するためです。試験対策としてだけでなく、キャリアプランを描くことは、日々の仕事へのモチベーションを維持するためにも重要です。

10年後の自分をイメージしたら、まずは5年先に必要な知識や資格を整理して、目的達成に向けて進んでいってください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related