Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット10個|面接に必要な事前準備7つ

皆さんは、「ぶっつけ本番」で企業面接に挑んだことはありますか。この記事では、ぶっつけ本番で面接を受けるデメリットと、面接に必要な事前書類についてを詳しくご紹介していきます。ぶっつけ本番で企業面接を受けるデメリットを把握していきましょう。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット10個|面接に必要な事前準備7つ

ぶっつけ本番で面接とは

皆さんは企業面接を、ぶっつけ本番で行った経験はありますか。ぶっつけ本番で面接を受けるとは、「何の準備もなくその場の感覚だけで面接を受けること」です。

この記事では、面接の事前準備についても詳しく述べていますので、面接を控えている人は現在のご自分の状況を確かめながら進んでみましょう。

面接で全落ちする人の特徴

面接で全落ちする人は、ずばり、事前準備が足りていない人です。

面接の事前準備が足りていないと、面接官と満足に話すことができません。自分のために面接の時間を取ってくれた企業にも、迷惑となることがあります。

面接で全落ちしないためにも、この記事でしっかりと予習・復習しましょう。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット10個

ここでは、ぶっつけ本番で面接を受けるデメリットを具体的にご紹介していきます。

ぶっつけ本番で面接を受けることはどうしてデメリットが多いのか疑問に感じている方や、ぶっつけ本番で面接を受けることをこれから考えているという人は、ぜひ1度ご覧になってみてください。

面接であなたと面接官の時間を無駄にしないために、デメリットを一緒に見ていきましょう。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット1:ベーシックな質問に答えられない

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット1個目は、「ベーシックな質問に答えられない」ことです。ベーシックな質問に答えられないと、何のために面接に来たのかわからないと、面接官を失望させてしまいます。

面接官からのベーシックな質問は「なぜこの会社を選んだか」や、「学生時代に打ち込んだことは何か」などです。

面接の事前準備がないと、このような簡単な質問にも答えることができません。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット2:言わなくてもいいことを言って大失敗

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット2個目は、「言わなくてもいいことを言って大失敗」することです。面接で事前に準備ができていないと、その場限りの言葉を発することになってしまい、ウソや調子のいい事で塗り固めた言葉を面接官に聞かせることとなります。

事前準備がないと、企業に関係なく面接官個人に関することを質問したり、自分は凄い人間だとウソの事柄でアピールしたりと、面接失敗の原因になる発言が想定されます。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット3:言いたいことをまとめらず話が長くなる

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット3個目は、「言いたいことをまとめらず話が長くなる」ことです。言いたいことをまとめらず話が長くなると、何が言いたいのか面接官にわかってもらえません。

ダラダラと要点をつかめない話をしていても、面接官にとってはただの時間の無駄と見なされてしまいます。面接官に最後まで話を聞いてもらうためには、面接への準備が必要です。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット4:謙遜しすぎたり逆に調子に乗りすぎたりする

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット4個目は、「謙遜しすぎたり逆に調子に乗りすぎたりする」ことです。謙遜しすぎたり調子に乗りすぎたりすると、失礼な印象を与えるだけになってしまいます。

面接官に褒められる事項があっても、謙遜し過ぎてしまうと「こんなに褒めているのに、なぜ素直に受け取らない」と感じさせる原因になり、失礼になってしまいます。調子に乗り過ぎることも面接官へ社会人として未熟だと感じさせます。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット5:面接官との会話がギクシャクしてしまう

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット5個目は、「面接官との会話がギクシャクしてしまう」ことです。面接官との会話がギクシャクしてしまうと、面接官とのコミュニケーションが取れず見当違いな受け答えになってしまうことがあります。

面接官とは、面接当日に初めて会うというケースが一般的です。そのため、初対面の人と上手くコミュニケーションをとって面接を進める必要があります。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット6:企業分析が不足しているのがバレバレ

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット6個目は、「企業分析が不足しているのがバレバレ」なことです。企業分析が不足しているのがバレバレだと、面接の早い段階で退室を促される場合があります。

面接官は会社にとって重要な人物である場合が多いので、暇ではありません。ですから、その会社に必要がないと感じた時点で時間短縮のために面接を切り上げてしまうことがありますので、注意しましょう。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット7:必要な物を揃えれていない

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット7個目は、「必要な物を揃えれていない」ことです。必要な物を揃えれていないと、そもそも面接すら受けることができない可能性があります。

例えば履歴書や経歴書は、必ずと言っていいほど面接に必要になります。他にも、企業からの指定された書類などを持って行かないと、面接会場にすら入ることができないことがあります。

面接に必要な物は、事前にしっかりと確認しておきましょう。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット8:身だしなみが整っていないので印象が悪くなる

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット8個目は、「身だしなみが整っていないので印象が悪くなる」ことです。身だしなみが整っていないと、初対面の人と接する際の社会人のマナーが守れていないことになります。

社会人には、身だしなみを整えて人と会う・会社に行くというマナーがあります。ぶっつけ本番で面接に行っても、髪を整えていなかったりヒゲを剃っていなかったりと、社会人の最低限のマナーが守れず印象が悪くなります。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット9:企業に適切な質問ができない

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット9個目は、「企業に適切な質問ができない」ことです。企業に適切な質問ができないと、面接官に「この人は我が社の企業研究をしてこなかったな」という悪い印象を与えることになってしまいます。

ぶっつけ本番で面接を行うと、面接を受けている企業についてのインフォメーションが自分には何もありません。そのため面接官からの質問に答えることができず、結果的に面接に落ちてしまいます。

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット10:表情が堅苦しくなる

ぶっつけ本番で面接を受けるデメリット10個目は、「表情が堅苦しくなる」ことです。面接で表情が堅苦しくなると、面接官に「この人は切羽詰まっている」という悪い印象を与えることとなってしまいます。

面接で表情が堅苦しくなるということは、面接官に悪い印象を与えるだけでなく、実際に自分の心に余裕がないことを示していますので、質問の受け答えに曖昧さが出てきたりウソの発言をしてしまう場合があります。

備えよう!面接に必要な事前準備

ぶっつけ本番で面接を受けることのデメリットを感じたところで、お次は面接に必要な事前準備について触れていきます。

事前準備をして面接に挑むと、採用される確率がグッと上がります。企業面接には、事前準備が欠かせません。以下の事前準備をしっかりと行って、面接突破を目指しましょう。

事前準備をしておくことによって、面接での自分の自信に繋げていきます。

面接前に必要な事前準備1:話している自分の表情をチェックする

面接前に必要な事前準備1つ目は、「話している自分の表情をチェックする」ことです。話している自分の表情をチェックすることによって、相手が不快に感じない表情で話すことができているかがわかります。

話しをするときには、表情も重要な要素になります。ぶっきらぼうな表情やボーっとした表情では、話をしている相手に不快感を与えてしまいます。

明るい笑顔で、元気よく話をしているように見せる表情の練習をしましょう。

面接前に必要な事前準備2:面接内容を録音して振り返ってみる

面接前に必要な事前準備2つ目は、「面接内容を録音して振り返ってみる」ことです。面接内容を録音して振り返ってみることによって、自分が実際に喋っているスピードや声の大きさなどがわかります。

面接当日は、初対面の方々に自分自身のことを話さなければなりません。そのため、声の大きさやトーン、喋るスピードは非常に重要になってきます。

聞き取りやすい声の出し方と、初対面の人にも伝わる丁寧なスピードで録音しましょう。

面接前に必要な事前準備3:職務経歴書や履歴書に書いたことを確認する

面接前に必要な事前準備3つ目は、「職務経歴書や履歴書に書いたことを確認する」ことです。職務経歴書や履歴書に書いたことを確認することによって、面接官に「しっかりと履歴書の内容が把握できている」という印象を与えます。

履歴書や職務経歴書には、普段自分では忘れているような内容が多く書かれています。そのため、面接当日は緊張もあり自分で書いた履歴書などの内容を忘れてしまうことがありますので、注意しましょう。

面接前に必要な事前準備4:必ず聞かれる質問に対する答えを準備しておく

面接前に必要な事前準備4つ目は、「必ず聞かれる質問に対する答えを準備しておく」ことです。必ず聞かれる質問に対する答えを準備しておくことによって、面接官に「しっかり堂々と受け答えできている」という印象を与えます。

例えば、「なぜこの会社を選びましたか。」や、「我が社でやってみたいことはありますか。」などの質問は、必ずと言っていいほど聞かれます。

こういった質問に答えられる準備をしておきましょう。

面接前に必要な事前準備5:時事ニュースのネタを収集する

面接前に必要な事前準備5つ目は、「時事ニュースのネタを収集する」ことです。時事ニュースのネタを収集することによって、面接官に「世界で起こっていることや、経済状況を把握している」という印象を与えます。

時事ニュースは、日本国内外のものをバランス良く知っておきましょう。国内では政治経済についてはもちろん、株の動きも知っておくと役立ちます。国外のニュースは、政治経済や地震などの災害も知っておくと便利です。

面接前に必要な事前準備6:逆質問を準備する

面接前に必要な事前準備6つ目は、「逆質問を準備する」ことです。逆質問を準備しておくことによって、面接官に「質問ができるくらい我が社を研究してきている」という印象を与えます。

逆質問とは、面接官からの質問に答えるのみではなく、自分から面接官へ質問をするという行為です。

企業に関わる専門的な逆質問を用意しておくと、当日面接官から人目置かれることもあります。緊張して逆質問の内容を忘れないようにしましょう。

面接前に必要な事前準備7:身だしなみを整えておく

面接前に必要な事前準備7つ目は、「身だしなみを整えておく」ことです。きちんと身だしなみを整えておくことによって、面接官に清潔感や好印象を与えます。

面接を受ける前に、自分の顔や当日の服装をしっかり鏡で確認してみましょう。髪が伸びていたら美容院に行ったり、ヒゲは剃りましょう。ヒゲは絶対にNGです。細かいところですが、爪も伸びていたら切りましょう。

ぶっつけ本番で面接を受けるのは避けよう!

ぶっつけ本番で企業面接を受けるデメリットや、面接に必要な事前準備について、いかがでしたでしょうか。ぶっつっけ本番で面接を受けても、受かることはほとんどありません。

ぶっつけ本番で面接を受けると自分の準備不足が如実に表れてしまうため、もっと準備をしておけばよかったと後で後悔することになります。さらには、企業にとってもかなり失礼な行為になってしまいます。

面接を受けるときには、事前準備をしておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related