Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

Skype面接を行う上での注意点13個|事前にするべきこと5つ

本記事ではSkype面接を行う上での注意点13個・事前にするべきこと5つについて紹介していきます。近年、Skype面接を行う企業が増えてきています。これから受けようとしている企業が対面式ではなくSkypeで面接を行います、といわれることがあるでしょう。

Skype面接を行う上での注意点13個|事前にするべきこと5つ

Skype面接は会場が家であること以外は対面面接と変わらない

Skype面接とは、直接会って面接するのではなくSkypeを利用して面接官と就職希望者がお互いが離れた場所で面接を行うという方法です。

Skype面接は会場が家であることで精神的に緊張がリラックスしてしまう人も出てきてしまう傾向にありますが、対面面接と内容は変わらないため同じ意識で受ける必要があります。

本記事ではSkype面接を行う上での注意点13個、事前にするべきこと5つについて紹介していきます。

Skype面接を行う上での注意点13個

Skype面接は家であること以外は対面面接と変わらないからこそ、特別に意識しなければいけない点があり、自室で行うことがあり、気持ちが緩んでしまうことから色々と失敗を犯してしまう危険があるでしょう。

ここではSkype面接を行う上での注意点13個について紹介していきます。これからSkype面接を控えている方、Skype面接をする可能性がある方はぜひ参考にしてみてください。

Skype面接を行う上での注意点1:服装はスーツで臨む

通常の対面する面接通り、マナーとしてSkype面接でも服装はスーツで臨む必要があります。私服でお願いしますと企業によって言われることもありますが、服の指定について何も言われていない場合はスーツを着用しましょう。

自宅だからといって私服で良いと判断してしまうとマイナスな印象を与えることになります。女性の場合は化粧も必要です。髪型も一つに縛るなど、清潔感を意識し面接官への印象を考えたものにしましょう。

Skype面接を行う上での注意点2:カメラの背景は壁だけにする

Skype面接を行う上での注意点として、Skypeを行う部屋の壁、カメラに映る背景となる部分を気にする必要があります。

カメラには顔や上半身が映りますが、カメラの方向として部屋の様子が映ることになるので、カメラの背景は壁だけにしたほうが良いでしょう。

部屋が片付いていない状態では当然印象は悪くなります。アイドルやアニメキャラクターのポスターが貼ってあれば面接を行う場所として相応しくないでしょう。

Skype面接を行う上での注意点3:マイクに雑音が入らないようにする

Skype面接ではマイクの音声でやり取りをしていくので、マイクには雑音が入らないようにしましょう。面接に雑音が入ればマイナス評価です。

面接の前にテスト通話を行うなどして、マイクのテストをしておきましょう。マイクが雑音を拾ってしまわないかなど問題がないか確認します。雑音が入れば、オーディオドライバーをアップデートしたり、オーディオ設定を調節したり、マイクを買い替えるなどの対応を考えましょう。

Skype面接を行う上での注意点4:カメラ目線は自然な感じで臨む

Skype面接ではカメラを通して相手と話をしていきますが、カメラをじっと見すぎてしまうと、面接官が受ける印象が悪くなることがあります。

カメラを見て話すということは違和感を感じますが、相手の顔が見えないことで心を落ち着かせてカメラ目線は自然な感じで臨みましょう。

不安な場合は友人などとSkypeでカメラテストを行っておくと良いでしょう。目線が不自然だったり、きつい印象に見えるなどの確認を行いましょう。

Skype面接を行う上での注意点5:カンペは手元に置かない

Skype面接が対面する面接との差として、カンペを用意できるということがあります。面接で緊張していると何を答えていいか頭が真っ白になってしまうという方には大きな助けになるでしょう。

カンペを用意すること自体は問題ありませんが、カンペを見て質問に答えていることがわかるとマイナスの印象になるので手元には置かないようにしましょう。目線の延長にある壁に貼りつけるなど面接官から見えない位置に貼りましょう。

Skype面接を行う上での注意点6:携帯電話が鳴らないようにする

対面式の面接でも携帯電話がならないようにすることはマナーですが、Skype面接でも携帯電話が鳴らないよう気を付けることは大切です。

些細なことですが、携帯電話が鳴ってしまうことで面接が一時中断したり、面接官からの印象が悪くなります。

Skype面接は自分の部屋で行うため気が緩み、うっかり忘れてしまう危険性があります。面接前にあからじめ、携帯電話の電源は切っておくか、サイレントモードにしておきましょう。

Skype面接を行う上での注意点7:パソコン上の他のソフトは落としておく

Skype面接のときはSkype以外の他のソフトは落としておきましょう。最小化しておけばいいかな、と考える人もいますが、つい触って開いてしまうこともあるのでSkype以外のソフトは閉じておくことが大切です。

最小化しても新しいメッセージが来る時、SNSなどは通知の電子音が出るので、音が鳴ってしまった場合、面接官からの心証は悪くなります。面接に集中するためにSkype以外は閉じておきましょう。

Skype面接を行う上での注意点8:終了後はお礼のメッセージを送る

面接のお礼一つで印象に残ることがあります。お礼のメールは熱意や礼儀正しさのアピールになるので、Skype面接の終了後お礼のメッセージを送るようにしましょう。

お礼は印象が残っているうちに伝えたほうが良いので、必ず面接当日に送ったほうが良いでしょう。

面接官のメールアドレスを知っている場合は、そのメールアドレス宛てにお礼のメールを、メールアドレスを知らない場合はスカイプのチャットでお礼を伝えましょう。

Skype面接を行う上での注意点9:開始時と終了時には挨拶を忘れない

挨拶はすべての基本です。Skype面接でも通常の対面式の面接と同様で挨拶は必要になります。

面接の開始時には、「よろしくお願いいたします」、終了時には「本日はありがとうございました」と、挨拶は絶対に忘れないようにしましょう。

自室からの面接ということもあり、気が緩むのか挨拶の時に頭を下げることを忘れてしまう人が多いです。挨拶は評価として差が出るところになるので注意しましょう。

Skype面接を行う上での注意点10:アイコン画像やプロフィールを見直す

Skype面接を行う際に、注意点としてアイコン画像やプロフィールは、印象として大きく残る部分であり、場合によって印象をよく見せるためには見直す必要があります。

例えば、アニメのキャラクターをアイコンとしていたりすれば、真剣味が欠けた印象になるでしょう。Skype面接を受ける時はアイコンは背景や何もない一色、自分の就活用写真などがおすすめです。プロフィールも面接に合った文面を心がけましょう。

Skype面接を行う上での注意点11:突然のトラブルには冷静に対処

Skype面接は危機を使った面接になるので突然のトラブルが起こることがあります。急に接続が切れてしまったり、Skypeにログインできない事態が起こることが起きても不思議はないでしょう。

トラブルが起こった時ほど、どう対応をするかは面接官によく見られているポイントになるので、慌てずに冷静に対処しましょう。トラブルが発生した際は、人事担当者に電話をかけ、謝罪と状況を説明、トラブルの解決に努めましょう。

Skype面接を行う上での注意点12:普段以上に大きな声でゆっくりと話す

Skype面接では、相手の反応や声が対面式の面接よりも聞き取りにくいところがあるので、普段異常に大きな声でゆっくりと話す必要があるでしょう。

元々声が小さい人は要注意です。また、自信がないと声に大きく表れてしまい、自然と声が小さくなっていることがあります。

面接は面接官に自分をアピールする場です。少しでも自分の長所や能力を面接官にうまく伝えられるよう、声の大きさ、速度などには十分注意しましょう。

Skype面接を行う上での注意点13:しっかりと相槌を打つ

Skype面接の場合、相手の目を見て話が出来ないので、画面が気になってカメラ目線ではなくなってしまう瞬間があります。

面接は、意思疎通をとれるかという部分や話した時の態度を見ている時間でもあるので、相手の話にはしっかりと相槌を打ったりして、真剣に面接に応じている態度を見せましょう。

目線が合わないことがあると、印象として差がでてきます。些細なことであっても、面接官には熱意ある姿勢を見せましょう。

Skype面接を行う上で事前にするべきこと5つ

最後にSkype面接を行う上で事前にするべきこと5つについて紹介していきます。事前にするべきことを守っていればSkype面接を恐れることはありません。はじめてSkype面接に挑む人はこの5つの項目は必ず事前に行っておきましょう。

Skype面接を行う上で事前にするべきこと1:アカウントを自分で用意する

Skype面接を行う上で事前にするべきことはまず、Skype面接をするにあたって、Skypeのアカウントを自分で取得して事前に用意しておく行程が必要です。Skype面接でSkypeのアカウントがなければSkype通話をすることはできません。

Skype自体は無料で利用することができるのでソフトをインストールし、IDを取得します。Skypeの表示名は面接で利用することを考え本名にしておきましょう。

Skype面接を行う上で事前にするべきこと2:緊急連絡先を確認しておく

Skype面接を行う上で事前にするべきこととして、相手の会社の緊急連絡先を確認しておく必要があります。急なトラブルに見舞われた時に相手の会社の緊急連絡先を知っておくことで、連絡することができます。

エージェットを通して面接を受けている場合は、相手の連絡先が伝えられていないこともあるので、その場合は担当のエージェントに電話し面接担当者に連絡してもらいましょう。

Skype面接を行う上で事前にするべきこと3:ネットの接続環境の確認をする

Skype面接を行う上で事前にするべきこととして、面接中に回線が途切れたり不安定にならないよう、ネットの接続環境を確認しましょう。

Skypeはインターネットを利用して音声や映像をデータとして送るソフトなので、インターネットの接続状況の良し悪しがそのまま反映されます。

できれば有線LANケーブルでインターネットに接続することがおすすめです。Wi-Fiを利用する場合は電波が強い場所を探しておきましょう。

Skype面接を行う上で事前にするべきこと4:映像・音声の確認をする

SkypeIDを取得した後に映像・音声の確認をすることもSkype面接前に行うべきでしょう。Skypeを行うことでマイクを用意したりすることがあるので、人によってはSkypeの使用になれないまま本番を迎えることがあります。

いざSkype面接を行ってから、映像が乱れてしまったり、音声がよく聞き取れないなどトラブル回避のため、事前にSkype使用時の映像・音声の確認はして準備しておきましょう。

Skype面接を行う上で事前にするべきこと5:充電を確認する

デスクトップ型であれば問題ありませんが、ノートパソコンの場合は充電がフルの状態になっているかSkype面接を行う上で事前に確認することが必要です。

万が一、Skype面接時に電源が切れてしまうことを防ぐため、念のため面接中は充電器に接続したまま行っても良いでしょう。非常時の事を考えて対策しておくようにしましょう。

Skype面接を成功させましょう

Skype面接を行う上での注意点13個、事前にするべきこと5つについて紹介しましたが、内容について理解できたでしょうか。最近では、Skype面接を利用する面接を採用に取り入れる企業が増えてきたといわれています。

Skype面接は対面式の面接と比べると自室からということもあり、落ち着いた気持ちで面接を受けることができますが、面接で必要なマナーについてはしっかりと抑えてSkype面接を成功させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related