Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

スカイプ面接で好印象を与える5つのポイントを紹介

パソコンやスマホを使ってできるスカイプ面接をする企業が増えています。広範囲で求人を募集する時や外資系企業などで多く見られます。自宅で簡単に弁説ができる分、小さな失敗をしてしまう事があります。スカイプ面接で好印象を残せるポイントを紹介します。

スカイプ面接で好印象を与える5つのポイントを紹介

スカイプ面接とは?

就職活動では面接がありますが、最近ではスカイプを使って面接をする企業もあります。スカイプ面接とはテレビ電話を使った面接で、場所を選ばず決めた時間に面接を開始できます。

面接地から遠くても行く必要が無く、企業側も面接準備が最小限になるのでお互い便利です。都合の良い時間を合わせるだけで簡単に面接ができますから、これから導入する企業が増えていくでしょう。

スカイプ面接で好印象を与える5つのポイント

スカイプ面接はお互いの都合を合わせるだけで、場所を選ばずスタートできます。自宅にいても面接が受けられるシステムですが、気を抜いてしまうと相手の印象を悪くしてしまいます。スカイプ面接を受ける時、注意しておきたい5つのポイントを考えてみましょう。

1:カメラを見て話す

スカイプ面接は、カメラを使ってお互いの顔を確認しながら面接をします。実際に使ってみると、設定した端末に相手の顔が映るので、どうしても画面を見ながら受け答えをしてしまいます。

できるだけカメラを見ながら話すと相手の目線と合わせられるため、好印象になるでしょう。特に、端末の下部分にカメラが付いていると、うつむき加減に受け応えをしている画像が送られてしまいます。できるだけカメラを見ながら話すと、顔が上がり印象が良くなります。

2:部屋は明るくしておく

スカイプ面接は、部屋の明るさによって画質が左右されてしまいます。昼間に面接を受ける場合は、部屋の明るさに注意が必要です。薄暗い部屋の中でスカイプ面接をすると、相手の画面が見ずらくなります。

少し薄暗いと感じる部屋で回線を繋ぐなら、昼間でも照明を付けると良いでしょう。明るい部屋でスカイプ面接をすることで、顔の印象も明るくなり好印象を残せます。暗いと感じる部屋では、カーテンを開けたり照明を付けましょう。

3:身だしなみは通常の選考と同じように整える

スカイプ面接は、自宅に居ながら面接が受けられる便利なシステムです。自宅で面接を受けると、緊張感が薄れて日常の感覚で面接を受けてしまう事があります。しかし、スカイプ面接でも通常の面接と同じ評価が下されます。

スカイプ面接をする時は、スーツを着て髪型などを整えておく必要があります。企業で面接を受ける時と同じく、身だしなみをきちんと整えてからカメラの前に座りましょう。

4:将来自分がやっていきたい事を明確に伝える

スカイプ面接を成功させるには、目的意識を持って仕事に取り組む姿勢を伝える事です。将来の目標を決めて、意欲的に仕事をすることを伝えます。企業は活躍できる人を求めているので、真面目に仕事に取組み企業に貢献できる人を探しています。

成長する意欲がある事を伝えて、具体的に自分が取り組みたい事を話しましょう。将来のイメージをもって答え、仕事に対する熱意を伝える事がポイントです。

5:転職して何を実現したいのかが明確である

スカイプ面接で転職を成功させるには、将来の自分は何を実現したいのか考えておくことが重要です。将来のビジョンが決まらないと、受け答えがあいまいになり印象を悪くします。面接を受ける前までに自己分析を行い、将来どのように成長していきたいのかを考えておきましょう。

目標を達成するには何が必要で、新しい企業でどのような目標を達成したいのかを具体的に考えておきます。面接時にスムーズに受け答えができると印象が良くなるでしょう。

スカイプ面接の流れ

スカイプ面接は通常の面接と違うため、開始するまでの流れが違います。スカイプ面接を利用する時は、どのような手順で開始するのでしょうか。通常の面接では、自分が企業に向かい面接官の前で受け答えをします。

通信回線を使って行うスカイプ面接は、通常の面接とは違った注意点も多くあります。スカイプ面接をスムーズに進めるために、流れを確認しておきましょう。

1:企業と時間の打ち合わせ

スカイプ面接をする時は、企業と時間を相談しておきます。通常の面接とは違い、回線を繋がなければ相手の顔が確認できませんから、時間の約束は重要になります。あらかじめ時間を知らされる場合もありますが、メールを使って開始時間を決める事になるでしょう。

時間が決定したら、開始時間にはスタートできるように早めにスタンバイをしておきましょう。時間に開始できないと遅刻したことになり、悪い印象を与えてしまいます。

2:面接時間になればメッセージを送る

スカイプ面接は、事前に企業と面接時間を決めて開始します。当日、その時間になれば面接が開始されるわけではありません。時間に余裕をもって着席をして、準備ができたらメッセージを送りましょう。

メッセージを送ることで、こちらの準備は整っていると企業に知らせることができます。開始時刻5分前くらいにメッセージを送り、待機しましょう。時間に余裕をもって面接をすることで、落ち着いて面接をスタートできます。

3:企業からの着信を受け面接がスタート

スカイプ面接は、企業からの着信を受けて面接がスタートします。スカイプが通話中になった瞬間に、相手の画面に自信の姿が映ります。第一印象が大切ですから、にこやかな表情であいさつをしましょう。

着信音を確認してからは通常の面接と同じです。もし、面接中に相手の声が聞き取りにくかったり、通信状態が悪い場合はすぐに申し出ましょう。我慢して受け答えをしていると、会話がかみ合わなくなります。

スカイプ面接に必要なもの

はじめてスカイプ面接をする人は、事前に揃えておくものがあります。テレビ電話を使って面接が行われますから必要なものを揃えたら、設定をして準備を整えておく必要があります。

スカイプ面接が決まったら、用意するものを確認しましょう。不足しているものは買い足して、スカイプ面接を成功させましょう。

1:アカウント

スカイプ面接をするには、システムをダウンロードします。無料のサービスなので、一度きりの利用でも負担が少ないでしょう。すでに登録している人は、そのアカウントを使えるので、いちから登録する必要はありません。

パソコンとスマホから利用でき、スカイプHPから手順に従ってインストールします。スカイプを利用するには、アカウントが必要になります。アカウントは電話番号の役割を果たすので大切にしましょう。

2:スマホ・PCなど

スカイプは、パソコンとスマホどちらでも利用できます。画面の小さなスマホでも、きちんと固定して利用すればスカイプ面接をすることができます。画面の大きさなどは特に問題ありませんから安心して利用しましょう。

パソコンを使って利用する場合は、カメラやマイクが搭載されているか確認しておきます。搭載されていない場合は、購入する事で利用できます。マイクとセットタイプのヘッドフォンは5000円前後、マイクのみは安い物だと2000円以下で販売しています。

3:マイク付きイヤホン

スカイプ面接で使用する端末にマイクが搭載されている場合は、そのマイクを使って会話ができますが、別売りのマイク付きイヤホンを購入すると、お互いの声がクリアに聞けるメリットがあります。スピーカーを通しての声は聞きにくく、面接がスムーズに進まないこともあるでしょう。

iPhoneに付属しているイヤホンは、マイク機能が付いているので、それを使用して面接を受ける事もできます。

スカイプ面接の注意点

スカイプを使った面接は、離れた相手と簡単に連絡が取れますが、面接会場とは違った注意点が多くあります。簡単に使えるシステムだからこそ、油断してしまうことがあります。小さな失敗で不合格にならないように、最低限の注意点を紹介します。

1:就活にふさわしいアカウント名に変更

普段からスカイプを使っている人は、すでにアカウントを取得しています。スカイプ面接をする時は、企業側とアカウントの交換が行われます。この時、アカウント名と画像には注意が必要です。プライベートで使用している人は、就活に相応しいアカウント名に変更しておきましょう。

ふざけたアカウント名ですと、相手に良い印象は残せません。画像も就活に相応しいような写真へ変更したり、初期設定に戻すことも検討しましょう。

2: カメラの位置を調整する

スカイプ面接はカメラを通して面接を行います。カメラの位置は注意が必要で、基本となる位置は頭の上部です。端末の下部に付けてしまうと、目線が下がってしまい、顔に影ができて暗い印象を与えてしまいます。

カメラをつける位置は、目線の高さに合わせた所に付けます。ずれないようにしっかり固定をして、事前にカメラテストをしておきましょう。

3:余計なものが映らないようにする

部屋でスカイプ面接をする時、背後に映る部屋の様子に気を付けましょう。スカイプ面接をする時は、カメラに映る範囲は片付けをするか何も映らない場所で接続をします。

カメラからは普段の様子が丸見えになるので、片づけられていない部屋がわかってしまうと印象を悪くします。ゴミだらけの部屋や、洗濯物がぶら下がったままにしている人は注意が必要です。できるだけ、背後は壁だけにすると印象が良くなります。

4:ネット環境の調整

スカイプ面接はネット回線を使って行います。自分のネット回線が問題なく使用できるか、面接前には必ず確認しておきましょう。回線が切断されたり、状態が悪いとタイムラグができてしまい、面接がスムーズに進みません。

安定した電波を受信するには、回線が混んでいる所でスカイプ面接をしないことです。屋外でスカイプ面接をする時は、無料のWiFiスポットは利用せず、有機LANケーブルを使用して繋げる場所へ移動しましょう。

5:突然のトラブルには冷静に対処

スカイプ面接はネット回線を使用するので、トラブルにあう事もあります。面接の途中で突然回線が切れてしまったり、スカイプ自体にログインができなくなるトラブルに見舞われることもあります。もし、トラブルにあったときは冷静に対処しましょう。

パニックになってしまうと相手に悪い印象を残してしまいます。担当者に状況を説明して、トラブルにあった時は開始時間を遅らせてもらったり、日にちを延期してもらいましょう。

6:SNSの通知音はOFFにしておく

スマホを使ってスカイプ面接をする人は、着信音の設定に注意が必要です。スカイプ面接をしていると、着信音も拾ってしまい相手に聞こえてしまいます。立て続けに送信されてくると非常に迷惑となります。

スカイプ面接を受ける時は、着信音の設定を再確認するのは最低限のマナーです。面接中に、相手の声よりも大きい着信音が鳴らないように設定を再確認しておきます。

SkypeIDの注意点

スカイプを普段から使用している人は使い方は慣れていますが、設定している情報を見直す必要があります。スカイプIDとは何か、登録されている情報をもう一度見直し、就活にむけて設定しなおしましょう。

1:ID

スカイプ面接を受ける前にスカイプIDを用意します。このIDを交換してスカイプ面接をすることになります。面接が決定したら、企業の方からIDを聞いてくるでしょう。それまでに準備をしておきます。

また、はじめて、スカイプを利用する人はIDが見つけにくいでしょう。スカイプIDは、ログインをする時に入力する数字です。ログインすると右上に表示されているので確認しておきましょう。

2:表示名

プライベートでスカイプを使用している人は、表示名をニックネームにしているケースが多いでしょう。スカイプ面接をする場合、ニックネームだと印象を悪くするので本名を使用した表示名に変更しましょう。就活にふさわしい表示名にすることが重要です。

ふざけた表示名ですと、面接官に良い印象は残しません。面接に相応しくない表示名の場合新たに登録をすると良いでしょう。

3:アイコン

スカイプ面接をする時は、アイコンも重要になります。プライベートで使用している人は就活に相応しくないアイコンを設定している事もあります。面接日まで確認をして、自分の写真にするか初期設定に戻しましょう。

印象の良いアイコンは、スーツを着た顔写真だと言われています。身なりを整えて写真を撮り、アイコンとして設定しましょう。

4:ムードメッセージ

スカイプではムードメッセージがあり、自分が何をしようとしているのか相手に知らせる事ができます。ムードメッセージはプロフィールに追加できるシンプルなメッセージ機能です。コメントや引用、WEBリンクなどを設定する事ができる機能です。

プライベートで使用していた人は、この機能がオフになっていることを確認してからスカイプ面接をしましょう。メッセージを削除する方法は、コンピュータ上のファイルを削除します。

普段の選考と同じ認識で対応しましょう

最近は広範囲で求人を募集する時や外資系の企業ではスカイプ面接など、オンラインで面接をする企業が増えています。企業にとってはコスト削減になり、面接者にとってもわざわざ会場まで行く必要がないので便利です。

おたがいにとって都合が良い面接スタイルは、これからますます増えていくでしょう。スカイプ面接を突破するためには、緊張感を持って通常の面接と同じく受け答えすることでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related