Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

スマホを使用したスカイプ面接のマナー10個|注意点3つ

最近ではスマホを使用したスカイプ面接が増えてきたといわれています。本記事ではスマホを使用したスカイプ面接のマナー10個・注意点3つについて紹介してきます。スカイプ面接といえど、基本的なマナーは対面式の面接と同じです。注意点などしっかりと抑えていきましょう。

スマホを使用したスカイプ面接のマナー10個|注意点3つ

スカイプ面接とは?

スマートフォンを利用したスカイプ面接を知っていますか。スカイプ面接とは、実際に会って面接するのではなく、スカイプを使って面接官と就職希望者がお互いが離れた場所で面接をする方法です。

本記事では、スマホを使用したスカイプ面接のマナー10個・注意点3つについて紹介していきます。これからスマホを使用したスカイプ面接を控えている方、スマホでのスカイプ面接をする可能性がある方はぜひ参考にしてみてください。

スマホを使用することもある

面接といえば、会社に行き対面で行う形を想像する方が多いでしょう。しかし、最近の面接は直接会う形ではなく、WEBを使って面接をする方法をとる企業が増えています。

WEBを使う面接では、WEB上のインターネット回線を使って行う面接です。WEB面接では、その企業オリジナルソフトを使った専用回線か、スカイプを使うケースが多いといわれ、機器として身近なスマホを利用するという人が増えています。

スカイプ面接の会社側のメリット3つ

採用する側にとっては、どんな人物が就職を希望しているか実際に対面して判断したい、という会社もまだまだ多いですが、最近ではスカイプ面接が多用されています。

では、スカイプ面接には会社側にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、スカイプ面接の会社側のメリット3つについて紹介していきます。

メリット1:人材を確保しやすい

スカイプ面接の会社側のメリット1つ目は人材を確保しやすいということにあるでしょう。直接会う形の面接の場合は、遠方から応募しにくいというデメリットがあります。

しかし、スカイプ面接であれば時間や場所に縛られることなく面接ができるため、幅広い人材を全国各地から募集し、面接することができるでしょう。

また、スカイプ面接ができる人材であれば、機器の扱いに長けている人物を採用できる、という意味にもつながります。

メリット2:データ保存できる

スカイプ面接の会社側のメリット2つ目はデータ保存できるということもあります。面接中の動画をデータとして保存できるので、面接が終わった後で動画を見返して、あらためてどのような人物だったのか見ることができます。

データ保存できることによって、その時面接した面接官以外も内容を確認できるので公平な選考が可能になるでしょう。

メリット3:コスト削減

スカイプ面接の会社側のメリット3つ目はコストの削減です。面接は、面接を実施する支社に人事部が設置されていれば良いですが、設置されていない場合は面接官がその支社に赴く必要がります。

面接には面接地への移動に伴う様々なコストがかかります。スカイプ面接であれば、面接の場所に赴く必要はなく移動費を削減できるでしょう。面接官を拘束する時間的ロスも大幅に削減されるのでメリットが大きいです。

スマホを使用したスカイプ面接のマナー10個

次はスマホを使用したスカイプ面接のマナー10個について紹介していきます。手軽に身近な存在を利用しているスマホを使った面接とはいえ、就職の面接には変わりがありません。基本的に対面式で行う面接とマナー的なものは変わりないと意識する必要はあるでしょう。

マナー1:スーツを着用する

スマホを使用したスカイプ面接のマナーとしてスーツを着用する必要があります。企業によっては「私服でお願いします」と言われることもありますが、私服でといわれなかった場合は、男女ともに対面で行う面接と同じように服装はスーツを着用しましょう。

自宅の自分の部屋でスカイプ面接を行うからといって、ラフな洋服を着ているのは失礼に当たります。女性の場合は化粧も必要です。

マナー2:背景の確認をする

背景の確認をすることもスマホを使用したスカイプ面接のマナーとして大切です。メインとしては顔や上半身がカメラには映りますが、カメラの方向として部屋の様子が移ってしまうことがあります。

部屋が片付いていない状態の場合は当然印象は悪くなりますし、趣味であってもアイドルのポスターが貼ってあるなど面接を行う場所として相応しくないでしょう。カメラの背景は壁のみなど、面接官に見えても問題ない環境を作りましょう。

マナー3:アイコン画像やプロフィールを見直す

スマホを使用したスカイプ面接のマナーとして、アイコン画像やプロフィールを見直しましょう。スカイプで私用のアカウントを持っている場合、アイコンとしている写真やプロフィール文に注意する必要があります。

アニメのキャラクターをアイコンとしている場合や、アイドルの写真などは会社の面接を受ける場合は真剣味が欠けた印象になります。風景の写真や何もない白紙、自分の就活用写真にしておくことをおすすめします。

マナー4:携帯が鳴らないようにする

スマホを使用したスカイプ面接のマナーとして携帯が鳴らないようにする必要があるでしょう。実際対面式の面接中でも携帯の音がなれば失礼にあたりますが、スカイプ面接であっても携帯の音がなればマイナス評価につながります。

通常の対面面接であれば、携帯が鳴らないように注意できていても、自分の部屋で行うスカイプ面接であるとうっかり忘れてしまうことがあるでしょう。

マナー5:ネット環境を確認しておく

スマホを使用したスカイプ面接のマナーとしてネット環境を確認しておきましょう。Wi-Fiが途切れがちになってしまわないかなど、面接を行う環境がきちんとできているか事前に把握しておく必要があります。

テザリングでのスカイプ面接は止まってしまうことがあるので、スカイプ面接ではテザリングは推奨できません。Wi-Fiが途切れがちな場合は、その時間だけ4G回線を利用したほうが良いでしょう。

マナー6:マイクのテストをしておく

スマホを使用したスカイプ面接のマナーとしてあらかじめマイクのテストをしておきましょう。マイクのテストは、友達や家族などとテスト通話を行って、マイクが雑音を拾ってしまわないかなど問題がないか確認します。面接に不要な音が入ればマイナス評価につながってしまいます。

マイク付きイヤホンなどを使って、自分の声がしっかりと相手に伝わり、相手の声もきちんと聞こえてから答えることができているかなど確認しましょう。

マナー7:周囲の環境を整える

スマホを使用したスカイプ面接のマナーとして周囲の環境を整えることも大切です。スカイプ面接を行う場合、自室が道路や線路などうるさい環境に部屋があれば、できるかぎり静かな環境の部屋を面接を行う場所として選びましょう。

マイクは自分の声以外の雑音を拾ってしまうこともあるので、面接の時間は家の人に掃除などをして大きな音を出さないでほしいと伝えておきましょう。

マナー8:カンペは目線の先に用意する

カンペは目線の先に用意するのもスマホを使用したスカイプ面接のマナーです。スカイプ面接なので、実際に目の前には面接官はいないため、カンペを用意することは問題ありません。カンペを使うことで自分の家で面接を受けるメリットを最大限引き出しましょう。

とはいえ、手元などカンペが面接官に見えてしまうことはタブーです。目線の延長にある壁に貼りつけるなど面接官から見えず不自然にならない位置にカンペを貼りましょう。

マナー9:面接開始時と終了時は頭を下げる

面接開始時と終了時は頭を下げるのもスマホを使用したスカイプ面接のマナーです。通常の対面式の面接と同様で挨拶は必要になります。面接開始時には「よろしくお願いいたします」終わりには「本日はありがとうございました」と挨拶をし、頭も必ず下げます。

自宅からの面接になるので、うっかり頭を下げることを忘れてしまう人がいますが、評価として大きくマイナスされます。

マナー10:面接終了後はお礼のメッセージを送る

スマホを使用したスカイプ面接のマナーとして面接終了後はお礼のメッセージを送るようにしましょう。面接を行ってくれた相手のメールアドレスを知っていれば、お礼のメールをしておきましょう。メールアドレスを知らない場合はスカイプのチャットでお礼を書きましょう。

お礼のメールは熱意のアピールにもなるので、必ず面接当日に送りましょう。面接官にとってその日のうちに送ったほうがより印象に残ります。

スマホ面接の注意点3つ

身近な機器であるスマホを使った面接は、面接地に行くこともなく、堅苦しくなく、気持ち的にもリラックスできて良いことばかりと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、スマホでの面接にはデメリットになりえる注意点があります。

次はスマホ面接の注意点3つについて見ていきましょう。これからスマホを使用したスカイプ面接を控えている方は注意点についてはしっかりとチェックしておきましょう。

1:手持ちしない

スマホ面接の注意点としてスマホを手持ちしないことです。スマホを手持ちしてしまうと、どうしても動いてしまいブレた映像になってしまいます。腕が見えたり、映りが揺れたりするので面接官も面接をしていて落ち着かず、印象的に悪くなってしまうでしょう。

スマホは、きちんと固定して面接に挑みましょう。顔と上半身がしっかり映る位置に固定して面接を受けましょう。

2:デバイスを高めに設置する

スマホ面接の注意点として、デバイスを高めに設置する必要があります。通常、スマートフォンを使う時はデバイスを低い位置において画面を見下ろす形で使用しますが、スカイプ面接を受ける場合はNGです。

デバイスが低い位置のままスカイプ面接を受けてしまうと、面接官の画面には見下ろしているように映ってしまいます。どう映ってしまうか不安な場合は、家族や友人に協力してもらいテストしたほうが良いでしょう。

3:画面ではなくカメラを見る

画面ではなくカメラを見ることもスマホ面接の注意点として大切です。面接官と目を合わせるために画面を見て話そうとしますが、画面を見てしまうと面接官の画面には、違うところを見ているように映ります。

画面越しの面接官と目が合うようにするには、スマホの画面ではなく、カメラの位置を見るようにしましょう。カメラを見て話すことは最初は違和感を覚えますが、面接時はカメラ部分を面接官だと思って話すように意識しましょう。

基本マナーを知りスカイプ面接に挑もう

スマホを使用したスカイプ面接のマナー10個・注意点3つについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。最近ではスマホや高速回線の発達によって、WEBを利用する面接を採用に取り入れる企業が増えています。

スカイプ面面接は面接会場にいないということでリラックスした状態で面接に臨めてしまいますが社会人としての基本マナーは必要です。本記事を参考に抑えるべき注意点を把握し、スカイプ面接に臨みましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related