Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月23日

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル

イラストレーターというと専門色が強い実力主義の世界の仕事ですが、本記事ではイラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキルについて紹介していきます。絵を描くことが好きな人はイラストレーターという仕事の可能性を考えてみる上で参考にしてみてください。

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル

イラストレーターとは?

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
イラストレーターとは依頼主に合わせてイラストを描く職業であり、雑誌や書籍、そのほかポスター、パンフレット、web媒体やゲームなどのイラストやキャラクター作成を行います。

絵を描くことが得意であったり、好きだったりすることから将来イラストレーターを目指しているという方は多いのではないでしょうか。本記事では、イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキルについて紹介していきます。

イラストレーターに向いてる人

どんな特徴を持った人がイラストレーターに向いているのでしょうか。まずはじめにイラストレーターに向いている人という部分について注目していきます。イラストレーターの職業に憧れている人は自分に当てはまった部分があるか見ていきましょう。

絵を描くことが好き

イラストレーターに向いてる人の特徴として絵を描くことが好きという部分は大事なポイントになってきます。

仕事では、決められた納期まで絵のことを考え続ける仕事です。修正が入れば何度も一つの作品と向き合うので、本当に絵を描くことが好きという気持ちがなければできない仕事でしょう。

「美術で賞をとったり得意だったので絵を描くのは好きなほう」程度の気持ちでは、続けることが難しくなってくることがあるでしょう。

個性がある

個性があるというのもイラストレーターとして向いている特徴です。イラストを描くことを仕事としている人は数多くいるので、その中で人の目にとまり選ばれる存在になるには個性が必要です。

「こんな絵を描いてほしいい」と依頼主から言われるようになるのは、依頼主がイラストレーターの世界観を気に入っているためです、それなりにインパクトを与えることがイラストレーターとして生きていくためには大切な部分でしょう。

精神的にタフである

精神的にタフなこともイラストレーターでは必要です。イラストレーターの仕事はどんな仕事にも納期があります。仕上げて依頼主からOKをもらわなければいけない日が決まっているのでプレッシャーがかかる仕事です。

何度も修正指示が入ってしまうとなかなか方向性が定まらず迫ってくる納期との闘いになります。基本的に絵を描くという仕事は、一人の作業なので自分を追いつめていく部分があり、精神力が必要になってくるでしょう。

これが知りたい!イラストレーターの3つの豆知識

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
次は、イラストレーターの3つの豆知識を紹介していきます。仕事として選ぶには、実際に仕事に就いたときに後悔しないためにもその仕事について詳しく知っておく必要があります。

では、イラストレーターの仕事内容とは実際にどのようなものなのか、イラストレーターとして働いた場合の年収はどのくらいなのか、仕事のやりがいや魅力について見ていきましょう。

1:仕事内容

イラストレーターの仕事内容は、依頼主の依頼に応じてイラストを制作し、提供する仕事です。雑誌などの紙媒体などで使われるイラストを描きます。

イラストレーターの仕事の流れは、依頼をもらい、納期など詳しい要望を聞く、サンプルを送ってOKが出次第制作に入ります。制作中も作業の進捗を依頼主に見せ、修正や追加作業などを行って作品を仕上げるという流れになります。

2:年収

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
イラストレーターの年収は正社員とフリーランスの場合で異なります。正社員の場合は年収300~360万円程、フリーランスの場合の場合は実力に大きく左右されるので年収100万円未満の方もいれば年収300万の人も存在するという差が大きい世界です。

割合で見るとイラストレーターとして稼げる人は少ないといわれています。フリーランスの場合は安定収入とはいかない部分も頭に入れて置く必要があるでしょう。

3:やりがい・魅力

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
イラストレーターになる人は、絵を描くのが好きな人が多いので、自分の好きなことを仕事として生きていけることが魅力です。仕事を「仕事」と割り切らずに好きなことをしてお金を貰えるという生き方ができます。

また、会社員かフリーランスかという働き方を選べるところもイラストレーターの魅力です。イラストレーターのやりがいは、モノを生み出す力を持っていることで絵で人々に感動を与えられることでしょう。

イラストレーターに必要なスキル2つ

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
次はイラストレーターに必要なスキルを紹介します。イラストレーターに必要なスキルとして、Adobe社のIllustrator(イラストレーター)と同じAdobe社のPhotoshop(フォトショップ)の2つあります。

この2つのソフトは、プロも日常的に使用していますが、一般の人でも少しイラストやデザインに興味がある人であれば持っていることもあり有名なソフトです。

1:Illustrator

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
イラストレーターに必要なスキル1つ目はIllustratorです。Illustratorは、ベジェ曲線で描くパスでできたベクター画像を扱うソフトです。画像のサイズを変えても荒れません。本のページやポスターなどのレイアウトや漫画を描くのにも使われます。

単純な線・正確な図形を使ったイラストや説明図などのシンプルなイラスト、拡大縮小するものなど作成はIllustratorが得意とする分野です。

Illustrator®クリエイター認定試験

Illustrator®クリエイター認定試験というものがあります。Illustrator®クリエイター認定試験は、Illustratorの実務能力を測るために行う試験です。

Illustrator®クリエイター認定試験を取得すると、面接でIllustratorを使えるというスキルの証明になるでしょう。また、Illustratorの使い方を基礎から復習できることにもつながります。

2:Photoshop

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
Photoshopもイラストレーターに必要なスキルです。Photoshopが向いている加工は、全体の色味の調節・複雑なグラフィックやイラストの作成です。写真を加工したり、普通の絵のように、たくさんの色や線を重ねたりするデジタル絵画に使われます。

Photoshopはビットマップ画像といってドットの集まりで画像ができているため、拡大縮小すると画像が荒れてしまう特徴があるでしょう。

Photoshop®クリエイター認定試験

Photoshop®クリエイター認定試験というものがあります。Photoshop®クリエイター認定試験はPhotoshopソフトによる、画像編集・加工の能力を認定するために行われる試験です。試験では、ソフトを使用して指示通りの作業が正確にできるか、など問われます。

難易度は高い試験ではありませんが、合格率は6割程度といわれているので、しっかりと勉強をしていないと落ちてしまうことがあるでしょう。

Illustratorを使いこなすための勉強法

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
イラストレーターとして仕事をこなしていくには、アナログで絵を描くことが得意であっても、仕事になるとデジタル作業が入ってくるのでIllustratorソフトを使いこなす必要性が出てくるでしょう。

最後にイラストレーターに必要なソフトといわれるIllustratorを使いこなすための勉強法について紹介していきます。

入門書で基本を覚える

Illustratorを使いこなすための勉強法としてまず最初に行うことは入門書で基本を覚えることです。Illustratorは紙に絵を描いていく感覚とは異なり、色紙を切り絵のように切りとってカンバスの上に貼り付けていくイメージです。

実際には、点や線で面を描いていくような方法をとり、基本の操作方法を知らないと自分が思い描く形を作ることはできないので、まずは入門書で基本を覚えることから始めましょう。

チュートリアルを色々こなしてみる

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
Illustratorを使いこなすための勉強法としておすすめは、チュートリアルを色々こなしてみることです。

技術を習得したいと思ったときに一番大事なのは、手を動かすことになりますが、チュートリアルは実際に作成する手順を学ぶことができます。いくつかチュートリアルを見たら、実際に同じように形を作れるか挑戦してみましょう。

初めは簡単な形のものを選びましょう。数をこなすとソフトを扱うことに慣れていきます。

再度書籍で応用編をチェックする

再度書籍で応用編をチェックするのもIllustratorを使いこなすための勉強法として必要です。

ある程度Illustratorの使い方がわかるようになってきた後は、もう一度書籍を読み、知識を深めていきましょう。初心者ではなく、応用編、中級者向けの書籍を読むことをおすすめします。

同じ形でも作り方はいくつかあるので、応用方法なども数多く知っておけば、作業でも効率よく形を作っていくことができます。

プロが使うテクニックを真似してみる

ある程度Illustratorを使いこなし、描きたい形を描けるようになってきたら、次はプロが使うテクニックを真似していくのがIllustratorを使いこなすための勉強法として最も効率が良いでしょう。

色々なイラストを描く時は技を多く知っていることは大きな強みになるので、プロならではの難しい技が組み込まれているチュートリアルを選びましょう。

プロのイラストをトレースする

プロのイラストをトレースすることも、Illustratorを使いこなすための勉強法としておすすめです。

なぞるだけでは上手くはなりませんが、プロのイラストをトレースすることで、プロの作業量やバランス感覚が自然と養われていきます。

プロのイラストをトレースしてみると、作り方が分からない所が出てくるでしょう。そんな時はこれまでに読んだ書籍から使えそうな技が無いか考えて作り方を模索していきましょう。

オリジナルを作ってみる

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
Illustratorを使いこなすための勉強法としてオリジナルを作ってみるという方法も取り入れていきましょう。イラストレーターには個性が必要です。

オリジナルの作業をすることでソフトに慣れるだけではなく、どのようにして上手に作品を描いていけるかということにもこだわっていくので技術アップにつながります。

オリジナルの作品を作成してみて、ツールの使い方を身に付けると共にオリジナリティを磨いていきましょう。

ソフトを使いこなしてイラストレーターになろう!

イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキル
イラストレーターとは?イラストレーターの豆知識3つと必要スキルについて紹介しました。

やりがいが大きい分、精神力も必要になり苦労もある仕事ですが、デザインや絵を描くことに自信がある方、絵に携わる仕事がしたいという気持ちがある人はぜひillustrator・Photoshopなどのソフトを使いこなして、イラストレーターという職業を目指してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related