Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!

経営企画の種類にはどのようなものがあるのかご存知でしょうか。経営企画の種類と経営の際に抑えておく必要があるスキルについてご紹介します。経営企画について理解しておけば、会社を大きくしたいと考えている組織業務に経営企画としてサポートをすることができます。

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!

経営企画とは

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!
経営企画という仕事はどのような種類の仕事になるのかご存知でしょうか。「経営」と「企画」という二つの種類の仕事が混ざった職業であり、求められる能力や求められる人材とはいったいどのようなモノなのか、わかっていない部分が多くあるでしょう。

会社経営に直接携わる事ができる経営企画とは、会社経営や事業内容を企画する立場にあります。本来社長がおこなう仕事はありますが、会社の規模が大きくなれば必要になります。

経営企画の種類

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!
経営企画の種類とは何かをご紹介します。経営企画の仕事内容の種類は豊富で、企業の状況によって異なるでしょう。経営企画業務の種類を大きく分けると、「経営管理」「事業計画」「インベスターリレーションズ」の3つの項目になります。

経営企画業務のそれぞれの種類について、詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。経営企画業務の内容や種類は、会社の規模や経営方針などによっても違いますので確認してみましょう。

経営企画の種類1:経営管理・経営会議運営・内部統制

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!
経営企画の種類の中で、一般的であるとされているのが、「経営管理」「経営会議運営」「内部御統制」の仕事です。企業を長い目で見た時に、どのようにすれば生産性をアップさせる事ができるのか、経営計画をして管理する事を「経営管理」と言います。

経営の中枢にかかわり、会議の資料作成や進行業務を「経営会議運営」、コンプライアンスを考えた経営に導くための「内部統制」も経営企画が受け持つ種類の仕事といえるでしょう。

経営企画の種類2:事業計画

経営企画の仕事の種類として「事業企画」があります。「事業企画」とは経営企画の部署が担当せずに、各部署の担当が計画する事もあるでしょう。各部署の事業計画を立案するのではなく、複数の部署の事業計画を統括したり、新規事業の立ち上げを行ったりするような業務内容も含まれています。

この他の種類では、事業提携や吸収合併交渉も経営企画部でおこなう場合もあり、経営企画部の中でも担当者を決める事も少なくないでしょう。

経営企画の種類3:IR・株式事務

経営企画の仕事の種類の「IR」とは、「インベスターリレーションズ」の略で、上場企業の場合、投資家のための広報活動をして業績状況や財務内容についてを報告しています。株式会社の場合、投資家用のさまざまな種類の資料を作成しなくてはいけません。

株主総会の采井谷株主からの質問なども対応し、経営企画として株主の意見を種類ごとに分けて経営側に伝える事も仕事の一部です。担当部署が設けられている企業もあります。

経営企画の業務内容

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!
経営企画の業務内容の種類についてご紹介します。業務内容の主なモノは6つの種類に分類されており、「経営企画をたてる」「経営管理」「取締役会などの経営会議の運営」「内部統制」「事業企画立案・実行」「その他の事務作業」です。

6つの業務内容について詳しくご紹介します。経営企画といっても、経営のサポートとしての役割よりも事務的な作業の方が多い事もある、データ管理や資料作成などを効率よく進める必要があります。

業務内容1:経営企画を立てる

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!
会社の経営企画敏江経営の長期的な展望計画を考えます。立案した計画をもとにして、進捗状況はどうなっているか、事業計画の策定がされているかなどを確認し、管理していく事が業務内容です。

従業員が多くいる会社などでは経営企画部署が設けられていますが、社長などの様な経営者のトップが経営企画としての仕事を担う場合もあります。業種によっても経営企画の立案業務は全く違ったものになる可能性があるでしょう。

業務内容2:経営管理

経営計画をもとにして、計画の立案や管理業務をおこなう事も経営企画の業務内容になります。予算の管理や利益計画なども経営に関わる事ですので、会社全体や部門ごとに経営企画担当の人材を置いている企業もあるでしょう。

各部門ごとに担当者がいたとしても、会社全体を見とおす様な視点を持って、調整していく事や改善案を提案していく事も業務内容です。長期的な計画の中であっても、常に見直したりする様な管理業務を担います。

業務内容3:取締役会など経営会議の運営

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!
経営企画は経営陣のサポートとしても事務方に徹する場合もあり、経営会議の運営や書類作成などは経営企画業務のひとつです。会議に必要なデータを資料として用意し、議事録なども作成しなければいけません。

経営会議における進行役も経営企画が担当する場合がほとんどで、経営会議の他にも株主総会の運営や進行、株主総会で出た意見をもとに、企業をより良くするために経営陣に意見を伝える事も大切になるでしょう。

業務内容4:内部統制

コンプライアンス意識を持った企業の経営のために、企業内のルールを定めて内部統制をはかる事も経営企画業務のひとつとなっています。さまざまな場面でコンプライアンスを意識しなければ、企業としての信頼はすぐに失ってしまうでしょう。

会社全体だけではなく、各部署や部門ごとに調査を行ったり、アドバイスや改善のための指導を行う事もあります。内部統制の手順についても経営企画が担当して計画しなければいけません。

業務内容5:事業企画立案・実行

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!
経営企画の業務のひとつが事業計画の立案と実行になります。会社全体の事業計画を立案する事はもちろんですが、各部門、各部署ごとに事業計画を立てて戦略を考えたりしなければいけません。他にも新しい事業をはじめようと考えた場合、立ち上げから実行までを経営企画の担当者がおこないます。

「新規事業の立ち上げ」「業務提携や事業提携」「M&Aの推進」も業務に含まれていますので、どのような事をおこなうのかご紹介します。

新規事業の立ち上げ

新規事業の立ち上げには、さまざまな調査が必要となります。市場調査や物流に関するルート確保、新規事業に関する部署の組織化を構築もしなければいけません。組織がきちんと構築される前には、経営企画の方でテストマーケティングやブランディングなどもおこないます。

新規事業の立ち上げには行動力や分析力が必要で、企業にとっての新しい収益源となるように考えていく必要があるでしょう。

M&Aの推進

経営企画の業務の中で、M&Aの推進事業にも携わる事があるでしょう。M&Aとは企業の合併や買収の事をいい、さまざまな企業間で活発に行われはじめています。成長戦略としては中堅中小企業の存続や後継者問題などの解決のためにおこなわれる事が多いでしょう。

M&Aは条件交渉によって会社の目的を果たせるかどうかが決まります。企業文化が似ている相手との組み合わせがオススメです。

業務・事業提携

業務や事業提携は多くの企業の中から協力できそうな条件を探りながら交渉を進める必要があります。本来事業提携は社長自らがおこなう場合がほとんどですが、大きな企業の場合には、社長ではなく経営企画部署で事業提携の交渉をおこなわなければいけません。

お互いの利害が一致してる場合、協力関係を保ちながら、商品の開発や物流のルート確保などを進めていきます。

業務内容6:その他の事務作業

経営企画には交渉事や会議運営の進行役としてだけではなく、経営のサポートとして日々の情報収集を欠かさずおこなわなければいけません。大きな企画に携わっていたかと思えば、細かな事務作業なども業務内容として含まれています。

事務作業は案外多く、集計したデータや情報を資料として作成するという業務もこなしていかなければいけないでしょう。経営企画部内で資料作成担当がいるなど、分担しておこなう事もあります。

経営企画になるために必要なスキル5選

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!
経営企画になるためには、どのような種類のスキルが必要になるのかご存知でしょうか。経営サポートとしての役割を持つ経営企画業務には、さまざまなスキルが必要になる場合もありますので、業務に必要なスキルとして5つをご紹介します。

経営企画になるために、必要なスキルを把握し、自分のスキルアップに役立ててみてはいかがでしょうか。情報に関するスキルや管理能力などの他に、コミュニケーション能力も大切になってきます。

経営企画になるために必要なスキル1:情報収集力

経営状況の現状把握のための情報収集能力は必要なスキルと言えるでしょう。経営サポートのためには、さまざまな視点から解決策へと導く筋道を導き出す必要があります。

解決策や新規事業を開拓するためには多くの情報を必要としますので、情報収集力は経営企画を目指している方はさまざまな場面でアンテナを張り巡らせて置かなければならないでしょう。

経営企画になるために必要なスキル2:情報分析力

経営は論理的な思考を展開して考えていく必要がありますので、情報を分析する事ができる分析力は必要です。自らが収集して算出した市場データをもとに数値が適正かどうかを導き出さなくてはいけません。

経営状況を明確に把握するためにはさまざまなデータや調査を行う必要があり、「中小企業診断士」や「公認会計士」「税理士」などの資格を持っていると便利です。

経営企画になるために必要なスキル3:実行力

経営企画を立案するだけではなく、計画を実行に移すための行動力も必要なスキルと言えるでしょう。自らが動いてさまざまなやり取りを矢面に立って行っていくようにしましょう。

経営企画になるために必要なスキル4:コミュニケーション能力

経営企画は経営の計画だけを立案すればよいのではなく、計画自体を実現させるためにも動かなければいけません。計画を遂行していく部署の社員に計画の意図や意義をプレゼンしていく必要があります。

コミュニケーション能力が高ければ、各部門間の意思疎通や橋渡しなどの調整もスムーズに行う事がでるでしょう。経営企画は交渉事も業務内容に含まれていますので、コミュニケーションは重要なスキルと言えるのではないでしょうか。

経営企画になるために必要なスキル5:経理・財務知識

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!
経理や財務知識も経営企画になるためには必要と言えるでしょう。経営に関する数字にはさまざまな種類がありますが、正確に数字を読み解くことができなければ、経営計画を立案する事ができなくなってしまいます。

経営指標などを分析する事ができる財務担当者や経理担当者などが経営企画という職業に選ばれる事もあるでしょう。ただ単に経営に関する数値が読めるだけではなく、管理会計の知識も必要です。

経営企画といっても業務は様々

経営企画の種類とは?経営の際に抑えておくべきスキル5選!
経営企画についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。経営企画業務の種類はさまざまあり、どれも組織を運営していくためには大切な業務である事が分かります。市場のニーズを調査する情報収集能力と、情報の種類に合わせた分析能力が必要になる仕事です。

会社の経営に直接関わってくる種類の業務企画ですので、大変に感じる部分もありますが、キャリアアップを目指している方であればぜひ目指してみて下さい。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related