Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと

経営とは何か?会社はなぜ社会的存在として必要なのか?会社経営の目的とゴールはどこにあるのか?など会社経営者なら一度は考える疑問を「企業倫理」の側面から剔出し、経営者に必要な能力や経営者が失敗する理由などを総覧し、会社の成功と成長のファクターを渉猟します。

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと

経営とは

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
企業活動は顧客や市場のニーズを充足し、その商品やサービスを社会に送り出して社会生活を支えています。「経営」は、このような企業活動の管理、運営、監督などを意味する営為行為で、その目的とする所は、経営により会社を存続・成長させ会社に与えられた社会的責任を果たすことにあります。

会社経営の目的とゴール

会社経営の目的とゴールは「企業理念」として示されます。「企業理念」は企業にとり最重要な価値基準を示すもので、企業経営や組織が目指すべき方向や有り様、企業の社会的存在価値・意義を規定します。

「企業理念」は、企業の事業活動や社員の行動の基本を示すものであるため、会社経営の目的などをより具体的な言葉で表現するとともに、企業を取り巻くビジネス環境や社会的存在意義の変化に応じ見直しも考慮します。

目的1:会社をつぶさない

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
「会社をつぶさない」という企業目的の第一は、対外的に顧客や市場のニーズを充足し、継続的に企業活動を続ける過程でその社会的責任を果たすことにあります。企業はその商品やサービスを必要に応じ社会に送り出す役割があり、社会生活を支えています。

目的その二は、対内的に従業員への経営者の責任という面があります。会社・社会の一員である従業員の雇用を確保し、その賃金や福利厚生の欲求を満たすことが求められています。

目的2:会社の利益を増やす

企業の社会的責任を継続的に果たしていくためには、企業という生命体の活動を維持できるだけの適正な利益が企業経営の中で確保されなければいけません。適正な利益を得ることにより、従業員の幸福と会社経営資金を提供する利害関係者(株主・顧客)のニーズに応えることができます。

利益の確保により、従業員の賃金・福利厚生への配慮や株主配当、経営者の報酬など会社経営の責任を達成し、会社の存続や発展へと結びつきます。

目的3:社会貢献

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
企業は企業活動を通じて地域社会と深い関わりを持ち、企業が果たす製品やサービスの提供、納税、雇用などの社会的役割も、基盤となる地域社会などの健全な発展があってこそ可能となります。

このような意味から、企業は地域社会の健全な発展を支援するボランティア活動や環境保護活動、寄付などにも積極的に取り組み、社会とともに歩む「良き企業市民」としての役割を果たしていくことも必要です。

目的4:説明責任を果たす

企業は製品の安全性や品質に責任を持つ義務があります。この責任は、万一事故が起きた場合の賠償という法律上の責任だけでなく、クレーム・リコール事案などにおける消費者に対する迅速な対応(広報・回収など)も含まれます。

近年、企業の公害防止、省エネ、省資源、CO2削減、廃棄物削減、リサイクルなど環境問題への取り組みが求められています。このような社会的ニーズに対応した企業活動の取り組みがますます大切です。

経営者に必要な能力

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
企業は成長すると、株主の所有物から社会的存在という性格を強め、株主だけでなく、顧客、従業員、取引相手、地域住民と言った利害関係者の全体の利益を実現することが求められます。経営者は、そのような社会的存在としての企業を運営していく責任を負います。

その責任は単なる法令遵守だけでなく、多様な社会のニーズを価値創造、市場創造に結びつけ、企業の競争力を向上させ、株価の上昇をもたらすものでなければなりません。

能力1:ビジョンを描く力

経営者には経営理念や企業存続のためのビジョンを明確に描くビジョン策定能力と、それを実現できる資質が求められます。企業の社会的責任から、策定されたビジョンには社会的意義が求められ、社員の労働意欲を奮起するものであることが大切です。

経営者は、事業意欲に燃え、旺盛な企業家精神を発揮するとともに、描いたビジョンに基づいて、企業を取り巻く経営環境の変化に対応した的確な経営戦略や経営計画を策定します。

能力2:人を動かす力

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
経営者には、企業目標に向かって組織を動かす統率力・リーダーシップが求められます。この人を動かす力には、経営者の将来を見据えた構想力、確固とした信念、相手を許容し理解する気持ち、忍耐力などバランスがとれていることが重要です。

人を動かす力は企業経営で多くの部下を統率した経験により強化できますが、経営者の組織管理上必要不可欠であり、その技法の適不適が会社業績を大きく左右する要因となります。

能力3:変化に対処する能力

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
経営者は、絶えず流動化する企業外環境(政治、経済、社会、技術など)を把握し、これら環境に対応した長期的な将来構想をたて、それに沿った経営目標、経営戦略を策定する能力が求められます。

経営者は策定した経営目標や経営戦略に向かって全社員共通の学習を行い、社員が納得する目標を意思決定し、そのインセンティブにより有能感を高め、仕事における社員の創造性を引き出していきます。

能力4:計数管理能力

経営者が会社にとって重要な経営判断や決定を下すとき、必要不可欠な知識がファイナンスにおける計数管理能力です。資本市場における投資活動や企業の財務活動などにおいて、計量的な計数感覚が経営者の決断力や判断力に大きく影響を及ぼします。

経営者の計数管理能力とは、財務から出てきた数字の意味を理解し、適切な数値の読み方、分析の仕方により、自社の問題と課題を把握して迅速的確な対策がとれることを意味します。

能力5:経営幹部や後継者の育成能力

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
経営者には、有能な経営幹部の育成や自らの後継人材を発掘・育成する大きな責任があり、会社経営を支える人材育成は経営者にとって重要な課題と言えます。

ただ、このような育成は時間を要するものであり、刻々変化する環境の中で一貫した育成システムで取り組むのは難しく、人事制度、教育体系、配置・異動などでの長期継続的な視点で経営幹部や後継者を育てる仕組みや、運用のあり方を考える必要があります。

経営者が失敗する理由

企業経営の仕事は、企画管理、運営、経営、監督機能など多岐にわたり膨大な知識や異なる専門性が必要です。これらを経営者一人で行うことは至難といっても過言でありません。

長期ビジョンや企業理念を示して人を動かし人を活かすのはリーダーとしての経営者の仕事ですが、その具体的マネジメントを経営者一人で行うことは現実的でなく、失敗の本質につながる大きな陥穽となります。

理由1:知識不足

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
経営者には、経営管理上、会社の経営状態を知るための経営分析に関する知識が求められます。経営状態を知るため会社の数値を分析することにより、経営活動の改善すべき項目を見つける手ががりが得られます。

経営者が、バランスシート、キャッシュフローなどのような経営分析に関する知識が不足した状態で経営判断や投資活動を行うことは、会社の存続にも関わる事態を招致しかねません。

理由2:現状を認められない

経営者の経営判断のミスにより会社業績に陰りが生じた場合でも、オンリーワンの立場である経営者が周囲の意見具申を聞き入れて、現状のミスを認めて迅速な対応をすることは稀です。

このような例は、過去に大きな失敗を乗り越えてきた経営者に見られるケースです。この場合経営者に進言できるのは、株主か社外取締役、コンサルタントですが、経営者に進言できる機会は極端に少ないのが現状です。

理由3:過去の成功体験が大きい

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
一般的に、成功した創業者経営者は、自分の過去の意思決定に自信があり、現状の企業経営に問題が認められても過去の成功体験に固執し、過去に培ったノウハウや方法を繰り返すことで傷口をさらに深くします。

成功体験が増えると根拠のない自信が積み重ねられ、経営者が体験したことのない異質なパラダイム・シフトが起きても、これに応えることができなくなります。

理由4:計数感覚不足

経営者の計数感覚とは、企業経営のどの局面が重要であるか、その数値はどの程度かを把握する能力をいいます。この計数感覚が鈍ると経営者としての意思決定に大きく齟齬が生じます。

計数感覚を強化するため、経営者は損益分岐点を中心にして絶えず変動費、固定費などの動きを注視する姿勢が求められます。

理由5:営利至上主義

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
経営者が営利至上主義に陥ると、会社の最高の価値基準である「企業倫理」もないがしろにされ、組織内にモラル・ハザードが顕在化します。モラル・ハザードの蔓延は社員のモチベーションを低下させ、製品の品質低下やクレーム事案の増加など引き起こします。

会社が目指す方向や有り様、その社会的存在価値・意義を見失うと優秀な社員が会社を去り、残った行き所のない無気力な社員のみでは組織として長期低落の道しかありません

経営者必読のおすすめ本3冊

ビジネス環境のグローバル化に伴い、絶えず流動化する政治、経済、社会、技術、情報などを正しく把握することが求められています。経営の指針となる示唆を与えてくれる経営者必読のおすすめ本を見てみましょう。

おすすめの本1:V字回復の経営

本書は事業再建コンサルタントだった著者・三枝匡が、その体験をもとに赤字体質企業におけるダメ要因を抽出し、効果的な処方箋を読者に提示してくれます。本書はフィクション仕立てですが、著者が関係した企業五社の事業改革が題材となり、その生々しい記録を再現してくれます。

著者は、改革は皆で一つの方向に走る必要性を説きつつ、改革を阻もうとする組織内の反対勢力を削ぎ落とす「切るべきガンは切る」蛮勇を求めます。

おすすめの本2:競争の戦略

経営とはなにか?会社の成功と成長に必要なこと
著者マイケル・ポーター(ハーバード大学教授)は、マーケティングにおける事業戦略として、3つの類型を説明します。

「コスト・リーダーシップ」戦略は、コスト上の利点を戦略として競合他社を圧倒します。「差別化」戦略は、競合他社製品との機能面やサービスで差別化し優位性を確保します。「集中」戦略は、対象を特定の顧客層や特定地域に集中し、競合他社の製品を凌駕します。

おすすめの本3:ビジョナリー・カンパニー

著者ジェームズ・C・コリンズ(ビジネス・コンサルタント)は、卓越した企業に共通する「時代を超える生存の原則」を剔出し、読者にその事例を紹介します。

書名のビジョナリー(visionary)とは「先見性・予見力のある」ことを意味し、そのような会社の例として、IBMやマイクロソフトなどを挙げ、時代を超えて生存していく企業がもつビジョンや仕組みを考察していきます。

経営は難しくておもしろい仕事

企業活動は顧客や市場のニーズを充足し、その商品やサービスを社会に送り出して社会生活を支えています。また、企業・社会の一員である従業員の雇用を確保し、その賃金や福利厚生の欲求を満たしています。

経営を取り巻く環境は、グローバル化の進展や社会の価値観や意識の変化など厳しさを増していますが、経営は会社経営を通じてその社会的責任を果たす有意義な仕事であり、やりがいと面白みのあることに間違いはありません。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related