Search

検索したいワードを入力してください

ブラック会社の見分け方とは?ブラック会社を見分ける9つのポイントを紹介

初回公開日:2019年10月01日

更新日:2019年10月01日

記載されている内容は2019年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

仕事を探してるけど、ブラック企業には入社したくないと悩んでいませんか?できれば働きやすいホワイト企業に入社して、仕事とプライベートを両立させたいですよね。この記事では、ブラック企業とホワイト企業の見分け方を解説しています。会社選びに悩む方は参考にしてください。

ブラック会社の見分け方とは?ブラック会社を見分ける9つのポイントを紹介

ブラック会社とは

ブラック会社とは、労働環境が悪く、長時間労働やハラスメントで労働者を使いつぶす会社のことです。ブラック会社の多くは給料も人間関係も悪く、離職率が高いです。そのため、ブラック会社は常に求人を出し続けている場合が多いです。

ブラック会社に入社してしまうと、労働に人生を捧げることになり、不幸になってしまいます。最悪の場合は、働き過ぎで命を落としてしまうケースも珍しくありません。

ブラック会社の見分け方のポイント9つを紹介

ブラック会社には特徴があり、見分け方も存在します。ブラック会社の見分け方を知ることができれば、働きやすい良い会社に入社できる可能性が上がります。

ブラック会社に入社してしまうと人生が破壊されてしまいかねませんので、なんとかブラック会社を入社前に見分けたいところです。

ブラック会社の見分け方のポイントをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ブラック会社の見分け方1:労働集約型の業界で多い

ブラック会社の見分け方として、労働集約型の業界かどうかという点が挙げられます。労働集約型の業界とは、人の手に頼る部分が多い業界のことです。代表的な業界としては、飲食業界や介護業界などのサービス業界が労働集約型と言われることが多いです。

労働集約型の業界でもホワイト会社は存在しますが、ブラック会社が多い傾向にあるのは確かです。ブラック会社に入社したくない場合は、労働集約型の業界は避けたほうが無難です。

ブラック会社の見分け方2:人気で華やかな業界で多い

ブラック会社の見分け方として、人気で華やかなイメージのある業界かどうかという点も挙げられます。代表的な業界としてはIT業界、広告業界などです。世間的なイメージとしては華やかで憧れる人も多いのですが、労働環境は悪いケースも多いです。

むしろ人気な業界の場合、労働環境が悪くても志望者が多いです。労働環境を改善しなくても人がたくさん来るとなると、ブラック会社でも問題なく存続できてしまいます。

ブラック会社の見分け方3:給与が低すぎる・高すぎる

ブラック会社の見分け方として、給与が低すぎるか、逆に高すぎるかという点も挙げられます。低すぎる場合も問題ですが、逆に高すぎる場合も注意する必要があります。最初は給与が高くても、ブラック会社の場合はほとんど昇給しない場合も珍しくありません。

給与が低すぎる場合は、当然ながら生活が苦しくなります。会社は従業員の生活を考えていない可能性が高いので、必然的にブラック会社である可能性も高くなります。

ブラック会社の見分け方4:年間休日数が少なすぎる

ブラック会社の見分け方として、年間休日数が少なすぎるという点も挙げられます。求人票に書かれている年間休日数が100日を下回る会社は、休みが少なく家庭やプライベートが犠牲になる可能性が高いです。

あまりにブラックな会社ですと、年間休日70日や60日を下回る会社さえあります。労働基準法では月4日の休日を与えれば良いとされていますので違法ではありませんが、それでは休みが少なすぎて体がついていきません。

ブラック会社の見分け方5:社名を検索するとブラックと出る

ブラック会社の見分け方として、社名で検索した場合にブラックと出るかどうかという点も挙げられます。その会社で働いている現役社員や、元社員が検索している場合が多いです。多くの人が検索している場合は、検索候補に出やすくなります。

社名だけでなく、業界名で検索すると出る場合もあります。検索してブラックと出たからといって本当にブラック会社であるとは限りませんが、入社を検討する場合は注意したほうが良いでしょう。

ブラック会社の見分け方6:社員の年齢が若いことをアピールしている

ブラック会社の見分け方として、社員の年齢が若いことをアピールしているという点も挙げられます。

社員の年齢が若いことは良いことにも見えますが、逆に言えば歳をとった中高年社員は会社にいられずに辞めさせられている可能性が高いです。そもそも会社ができたばかりの可能性もあります。

長く働きたいのであれば、中高年の社員も多い会社を選んだ方が良いでしょう。人間はいつまでも若くはいられません。

ブラック会社の見分け方7:社名に社長の名字が入っている

ブラック会社の見分け方として、社名に社長の名字が入っているかどうかという点も挙げられます。なぜならば、中小零細企業で一族経営の会社が多いからです。会社の役員は創業者一族で固められており、一般社員は冷遇されることが多いです。

ただ、日本企業のほとんどは一族経営とも言われており、大企業でも社長の名字が社名に入っている会社は多いです。あくまでもブラック会社を見分けるための1つの目安と考えておきましょう。

ブラック会社の見分け方8:従業員数が少ない

ブラック会社の見分け方として、従業員数が少ないかどうかという点も挙げられます。大企業でもブラック会社ではない保証はありませんが、従業員数の少ない中小零細企業ほど給料が低い傾向にあるのは確かです。

実際に大企業のほうが給与や退職金制度なども充実している、という統計結果もあります。

従業員数が少ない会社は、必然的にワンマン経営になりがちです。社長と気が合わない場合、辞めさせられてしまう可能性も高いです。

ブラック会社の見分け方9:社内の雰囲気が殺伐としている

ブラック会社の見分け方として、社内の雰囲気が殺伐としているかどうかという点も挙げられます。面接を受ける際に会社に訪問しますが、社内の雰囲気を良く観察してみましょう。怒鳴り声が聞こえてきたり、社員の覇気がなかったりする場合はブラック会社である可能性が高いです。

求人票だけでブラック会社を見分けるのは、限界があります。結局は面接に行った段階で、実際に社内の雰囲気を見てから判断する必要があるでしょう。

ホワイト会社の見分け方4つ

ブラック会社だけではなく、ホワイト会社の見分け方も存在します。ホワイト会社に入社できれば給与も人間関係も良く、働きやすいので人生が良いものになります。逆にブラック会社に入社してしまうと、人生が仕事一色に染まってしまい、その割に給与も低くなってしまいます。

ホワイト会社の見分け方をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ホワイト会社の見分け方1:インフラ系など既得権益のある成熟産業・規制産業で多い

ホワイト会社は、インフラ系など既得権益のある成熟産業や規制産業で多いです。無理な営業活動をしなくても一定の需要が常にあり、規制で守られているので価格破壊が起きにくいからです。利益が安定して出ているため、給与も労働環境も良いです。

逆に参入が容易で競争の激しい業界ですと、雇用も安定せず労働環境も悪い場合が多いです。そのぶんチャンスがあり給与が高い場合もありますが、業務量が多くブラック会社が多いです。

ホワイト会社の見分け方2:ホワイト企業アワード

ホワイト会社は、ホワイト企業アワードに選ばれた会社に多いです。ホワイト企業アワードとは、一般財団法人日本次世代企業普及機構が開催している、ホワイト企業を認定する活動のことです。

評価指標はビジネスモデルや生産性だけではなく、ワークライフバランスや柔軟な働き方なども含まれています。労働環境の良い会社でなければ、ホワイト企業とは認定されません。ホワイト企業と認定された会社から仕事を探すのも良いでしょう。

ホワイト会社の見分け方3:くるみん・プラチナくるみん認定企業

ホワイト会社は、くるみん・プラチナくるみん認定企業に多いです。くるみん・プラチナくるみん認定とは、産休や育休の取得など、子育て世代の働きやすさを実現している企業を厚生労働省が認定する制度です。

仕事だけではなく、社員の家庭を考えているホワイト会社だと判断できます。ブラック会社では家庭を犠牲にして働く場合が多いので、ホワイト会社を探すのであればくるみん・プラチナくるみん認定企業から探すと良いでしょう。

ホワイト会社の見分け方4:転職口コミサイトで評価が高い

ホワイト会社の見分け方として、転職口コミサイトを活用する方法もあります。転職口コミサイトを使えば、その会社で働いている現役社員や元社員の会社の口コミを見ることができます。働きやすいホワイト会社であれば、悪い口コミは少ないでしょう。

ただ、比較的従業員数の多い会社ではないと、口コミがほとんど存在しない場合が多いです。ホワイト会社を見分けたいのであれば、比較的従業員数の多い会社を選んだほうが無難です。

会社の見分け方のポイントを押さえてしっかり情報収集しよう

ブラック会社の見分け方のポイントと、ホワイト会社の見分け方をご紹介してきました。会社選びで人生まで決まってしまう場合が多いので、会社の見分け方のポイントを押さえて、情報収集はしっかりやっていきましょう。

特に今は仕事も比較的多い傾向にあり、ホワイト会社に入社できるチャンスも増えてきています。しっかりとブラック会社とホワイト会社の見分け方を押さえて、働きやすい会社を見つけましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related