Search

検索したいワードを入力してください

ブラック企業の見分け方7選を紹介!|ブラック企業の特徴とは?

初回公開日:2019年09月02日

更新日:2019年09月02日

記載されている内容は2019年09月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

働き方改革により、少しづつですがブラック企業と呼ばれる会社は減ってきました。しかし、まだまだ世の中にはブラック企業であることすら気づかずに働いている人もいます。できることなら働きたくないブラック企業ですが、見分ける方法はあるのでしょうか。

ブラック企業の見分け方7選を紹介!|ブラック企業の特徴とは?

ブラック企業の特徴とは

ブラック企業と呼ばれる会社がありますが、どのような特徴があるのでしょうか。一般的にブラック企業と言うのは、労働時間が長かったり考えられないようなノルマを課したりと働く社員が心身ともにボロボロになってしまう会社の事を言います。

労働基準法を盾にしても、どこ吹く風といった雰囲気で改善することすらない会社もあります。時々、過労死や自殺に追い込まれてしまう社員のニュースがありますが、それもブラック企業です。

極端な労働時間やノルマを課す

働く社員には、それぞれ個人の能力があります。仕事のできる人は、周囲からも信頼され仕事を任されることも増えます。しかし、仕事ができるからと言って毎日残業が続くどころか会社に宿泊するくらいまで働かさせれてしまえば、それはブラック企業です。

また、営業の仕事などで、仕事ができるできないに関係なく時間的にも絶対に無理だというノルマを押し付けるような会社もブラック企業です。

コンプライアンス意識が極端に低い

コンプライアンスとは法令順守とも言い、法律に違反する働き方をさせない場合に使う事が多い言葉です。しかし、ブラック企業の場合、コンプライアンスなどどこ吹く風という会社も少なくありません。

ブラック企業の場合、社員を人として扱わない場合もありますし、使い捨てということがあたり前の雰囲気になっています。見分け方として、会社に訪問した際にどこか重々しい空気が漂っていれば、ほぼブラック企業の可能性があります。

働く環境の改善を行わない

もともとブラック企業だったとしても、業務改善を行い働きやすい会社になれば問題ありません。しかし、全く改善をする考え方すらない場合は、完全なブラック企業です。

特に上長や社長がワンマンで逆らう社員を許さないという雰囲気の会社はブラック企業の可能性が高くなります。ブラック企業かどうかの見分け方としては、働く社員の生気がなくただ仕事をこなしているといった雰囲気があります。

何らかの理由で離職率が高い

新入社員の頃は、仕事が多少きつくても覚えるためだからと我慢する人も多いです。しかし、1週間前に入社していた先輩や、同期入社だった社員がすぐに辞めてしまい、自分がすぐに先輩になってしまう会社は、ブラック企業である可能性が高くなります。

いい社員を獲得するために、わざとそのようにしているというのが言い分です。見分け方としては、長続きしている社員がいないかいても長時間労働をしているなど特徴があります。

ブラック企業の見分け方7選

面接の際は、いい会社だというイメージがありますが、実際に働いてみるととんでもない労働条件だったというのがブラック企業の特徴です。では、ブラック企業で働かなくて済むための見分け方はあるのでしょうか。

こちらでは、ブラック企業かそうでないかの見分け方を7つご紹介します。面接時では分からなくて入社してしまった場合も、ブラック企業だと気づくことで退職を視野に入れる事もできます。

ブラック企業の見分け方1:抽象的な会社理念を掲げている

山登りをする際、登山道以外の道を行くと頂上にたどり着けないばかりか、遭難してしまう場合もあります。また、野草などを食べて良いのかどうかの見分け方もわかりません。きちんとした登山道があり、万が一のことを考えて登山することが一般的です。

会社も同じです。ブラック企業の場合、山登りで頂上を目指せという内容の業務をなんの説明もなしにやらせようとします。具体的な内容がわからない指示を出すのがブラック企業です。

ブラック企業の見分け方2:体育会系の社風

学生時代の運動部で、先輩の命令は絶対という経験をした人も多いです。ブラック企業では、いわゆる体育会系の社風があります。朝から気合を入れるために社訓を叫んだり、常に何か動いていなければ叱責される会社は、ブラック企業の可能性が高いです。

体育会系かどうかの見分け方は、会社の壁になんとか10訓や命令口調の張り紙が常に貼ってあるなどの特徴があります。見分け方を覚えておき、面接の際にチェックしましょう。

ブラック企業の見分け方3:若手採用が活発

人生経験を積んだ社員は、ブラック企業かどうかの見分け方が経験でわかる人もいます。逆に社会に出て間もない若手社員は、働く職場がブラック企業であってもわからないことがあります。

会社の募集要項などで平均年齢が若い会社の場合、ブラック企業の可能性があります。

ブラック企業の見分け方4:入社前研修が多い

会社で働く際、研修期間というものがあるのが一般的です。しかし、ブラック企業の場合は、入社する前から研修と言う名目でいろいろな事をさせる場合があります。

そうすることで、苦労して入社したという達成感から、労働時間がながくなったり厳しい仕事でもすんなりと受け入れる場合があります。ブラック企業の見分け方の4つ目として、入社の前に何度も研修がある会社は注意しましょう。

ブラック企業の見分け方5:給料が不自然に高い

同じ時間を働くならば、給与が少しでも高い方が良いというのは働く人に共通する考え方ではないでしょうか。しかし、普通の相場よりも倍以上の給与がもらえるという謳い文句で募集をしている場合は要注意です。

基本的に給与が倍になるという事は、労働時間が長くなるか仕事を倍こなすかなどなんらかのリスクがあります。ブラック企業の見分け方の5つ目は、相場より不自然に高い会社はそのリスクが何なのかも理解しておきましょう。

ブラック企業の見分け方6:従業員数に対して求人数が異様に多い

ブラック企業の場合、常に採用募集を出しているという特徴があります。離職率が高いため、常に募集しない事には仕事そのものがこなせません。特にいくつかの求人情報サイトに全く同じ内容で募集をしている場合は要注意です。

ブラック企業の見分け方の6つ目は、従業員数以上に求人情報サイトなどに求人広告が出ていることがありますので、注意してチェックしましょう。

ブラック企業の見分け方7:面接で具体的な説明がない

会社の採用面接で、悪い印象を与えたくないということで会社に突っ込んだ質問をしない場合があります。

そのような場合は、聞かなかった方も悪いのですが、突っ込んだ質問をした際にもあいまいな表現でまともに答えようとしない会社の場合は、ブラック企業の可能性が高くなります。

ブラック企業の見分け方の7つ目として、面接の際にやんわりと質問したのに具体的な内容をまともに答えてくれない場合は要注意です。

ブラック企業を数字で見分けるには就職四季報がおすすめ

ブラック企業を見分ける際に使用するものとして、就職四季報があります。就職四季報とは、その会社の採用実績や年収など会社の情報が書かれています。うまく使う事で、ブラック企業に入社する可能性が低くなります。

では、具体的にどこをチェックすれば良いのでしょうか。これからブラック企業かそうでないかの見分け方について説明します。

3年以内の離職率

ことわざで石の上にも3年と言うものがあります。どんな仕事であれ、3年続ければそれなりの結果が出てきます。逆に言えば、3年以上続けられる会社は、それだけ待遇が良い会社でもあります。

ブラック企業かどうかの見分け方として、3年以内の離職率を就職四季報でチェックしておきましょう。例えば離職率が高い会社は、年収が良くてもブラック企業の可能性があるというのが見分け方の方法です。

平均勤続年数

どのような仕事であれ向き不向きがあります。不向きだった場合、残念ながら退職する場合もありますが、基本的に働きやすい会社であれば長続きする社員の方が多くなります。すべての社員の労働時間を合計し人数で割ったものが平均勤続年数です。

平均勤続年数が長くなれば、それだけ長く働く人も多いということになります。ブラック企業かどうかの見分け方として、その会社の平均勤続年数をチェックしておきましょう。

ブラック企業の見分け方を知ろう

ブラック企業の見分け方は、会社の雰囲気を見ていれば大まかな判断ができます。しかし、面接時には気づかなかったけど入社して初めてブラック企業だと気づく会社もあります。1度入社してしまえば、体が壊れるまで働かされる事もあるのがブラック企業です。

就職四季報やネットの情報だけではなく、その会社で働いた事がある人からの情報など入手することで、ブラック企業の見分け方を知るだけでなく自分の身を守ることになります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related